【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

10年経っても仕事ができない…という悩みはここから生まれる

「社会人10年経っても仕事ができないと感じる…」
「勤続10年目だけど仕事が向いてないと悩むことがある…」
「入社10年目で辞めたいと考えることが多くなった…」

10年目という節目において、多くの人が「自分は仕事ができない…」「今の会社を本当に続けるべきか?」と悩んでいます。

社会人10年目となると、下記のように多くの人が30代に突入し「若手ベテラン社員としてキャリアで大活躍できる」時期です。

▼社会人10年目の年齢(学歴別)

高卒:18歳で卒業→28歳
短大・専門卒:20歳で卒業→30歳
大卒:22歳で卒業→32歳
大学院卒:24歳で卒業→34歳

にも関わらず「仕事ができない」「向いてない」と感じるということは、何かしら問題がある証拠だと言えます。

それは、単に「本人のメンタルの問題」という内的要因なこともあれば「会社環境が合ってなく活躍の機会に恵まれない」という外的要因なこともあります。

そして、10年以上も勤めていることから、無意識のうちに「長く働いたのだから退職の選択肢はない」「転職しようにもしがらみが増えて辞めにくい」といった、ジレンマや迷いも生じやすくなります。

そこで当記事では、10年目で「仕事ができない…辞めたい…」と今の自分のキャリアに悩む人に向けて、その原因となる要素から対処法まで、参考になりそうな情報を厳選してお届けします。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

社会人10年目で仕事ができないのはなぜ?向いてない証拠?

「社会人10年目なのに仕事ができない…」
「勤続10年目だけど今の仕事が向いてないと不安…」

もし読者がこのようにお考えなら、それは「実際は仕事ができてるのに、仕事ができないと錯覚している」だけの可能性が高いです。

なぜなら、10年も続いてる時点でその仕事が向いてないということは、まずあり得ません。

ですので、考えられるとしたら

  • 仕事ができないと不安になる要因が今の職場環境にある
  • 入社当初からあった「会社への違和感」を放置して今に至る
  • 自分の能力やスキルを客観的かつ正当に評価する機会が少ない

のいずれに該当するかと思われます。

なので、まずは「本当に仕事ができないのか?」「もしそうだとするならどういった要因で仕事ができないと思いこんでいるのか?」の原因から探っていきます。

これまでの勤務経験を振り返りながら

身に覚えのある状況がないか確かめましょう

自己評価が低いので「仕事ができない」と錯覚している

第一に考えられるのは「自己評価が低い」という原因です。

一般的に「能力の高い人ほど自分を過小評価し、そうでない人ほど他人を過小評価して自分を過大評価する」という傾向にあります。

たとえば、職場の上司が「お前は仕事ができない」という言動を日々繰り返しており、それを真に受けていたとすると、実際は仕事ができているのに「自分は仕事ができないんだ…」と思い込んでしまうことがあります。

キャリアの振り返りをしていない

仕事ができるかどうかの評価は、自分の中の判断や、今の会社内の評価だけでは測れないものです。

なぜなら、仮に「今の会社や上司の評価が適切でない」とするなら、どれだけ能力やポテンシャルのある人材も過小評価され続けるからです。

どこの職場でも一定以上通用する能力=仕事ができる」と定義するなら「今の会社で培った経験やスキルが転職市場(=他の会社)でもどれだけ通用するか?」で考える必要があります。

そのためには、今までの勤務経歴の振り返り…いわゆる「キャリアの棚卸し」が効果的です。

しかし、「自分は仕事ができない」と自己評価が低い人ほど、実は自分の「これまで」を振り返ることをしていないことが多いです。

仮に、しっかりとキャリアの棚卸しをしているなら、少なからず「自分はこれだけのことができる」と客観視できるからです。

もっとも、転職活動を行ったことがなければ、履歴書や職務経歴書の作成をする必要すらないため「勤務経歴が長い人ほど陥りがちな罠」だと言えるかもしれません。

「10年経っても仕事ができない」と不安になってしまうのは、

  • 今の会社の中で自分がどれだけ成長したのか?
  • 10年間の勤務経験を経て身についたスキルは何か?
  • 目指していたキャリアパスに沿っているか?
  • そもそもキャリア上の目標や人生設計はあるのか?

といったことを、今まで考えずに生きてきたからかもしれません。

理想のキャリアや実現したいライフスタイルを持つことなく、ただ単に「与えられた仕事をこなす日々」を送るだけでは、成長できるかどうかは会社次第の運任せとなってしまいます。

目標も立てずに惰性で働き続けるだけだと
成長してる実感は湧いてこないんですね…

また、キャリアの振り返りを行うにあたり、人によっては「自分の過去と向き合うことが苦痛…」だと感じる点にも注意です。

能力の高い人ほど「できなかった後悔や失敗」ばかり思い出し、上手く行っていたことは忘れてる…という傾向にあるからです。

忙しい日々に追われて
自分の経歴を振り返ったり
人生の目標を見つけることを
怠ってた人も多いのではないでしょうか?

その場しのぎの仕事ばかりでスキルが身についてない

「スキルが身についてない」
「誇れる実績や成果物がない」
「会社や顧客の利益に貢献できてる気がしない」

こういった悩みから「勤務10年目でも仕事ができない」と錯覚してる場合もあります。

とくに非技術職(≒文系職)は「コミュニケーション」という曖昧なスキルによって日々の仕事をどうにかしてることが多いため、スキルが身についてる実感が得にくいかもしれません。

また「会社で求められる役割をまっとうするほど、逆に仕事ができなくなる(≒他所で通用しなくなる)」という現象にも注意を払う必要があります。

会社によっては「本質的でない仕事」「その場しのぎでどうにかしてる仕事」ばかり振られることもあります。

▼本質的でない不毛な仕事の例

  • 情報を上から下、横から横に流すだけ
    例:自分には何の決定権もない伝書鳩のような仕事
  • クレーム対応ばかりに時間を取られる
    例:なんの利益にもならない罵声を浴びせられるだけの不毛な感情労働
  • その場しのぎの対応ばかり
    例:本質的な解決策ができないで「できない言い訳」を並べるだけのお役所仕事
  • 取引先や上司の機嫌取りばかり
    例:無駄な会議や接待で相手に意思決定させるのが仕事
  • 何のために仕事してるのか上司自身がわかってない節がある
    例:無駄な会議やプロジェクトの乱立、無茶な目標を追って現場が消耗など
  • 顧客の利益を損ねるようなモラルの低い方法で収益を上げている
    例:客の車をゴルフボールで破壊して見積額をかさ増しするようなビジネス

こういった仕事ばかり無心でこなしていると「本当に意味があるのか、人の役に立っているのかわからない、虚無感や罪悪感ばかりが募る」という状態に陥ります。

これは組織が大きければ大きいほど生じやすく、公務員や大企業でも十分あり得る話です。

機会を得られずに社内評価や役職が上がっていない

仕事ができるかどうかを手っ取り早く判断する基準は「昇進できたか?」「役職が就いたか?」「給料が上がったか?」など、社内評価を得ているかどうかです。

勤務10年となると、多くの場合は「管理職/マネージャー」という立ち位置で部下を持つなど、キャリア的にも活躍の幅が広がる時期です。

また、一般的には20代後半~30代にかけて年収が上昇していくため、勤務10年目で年収がさほど上がっていないことで「仕事ができない…」と伸び悩むことは十分に有りえます。

受け身で「10年間同じ会社で働く」だけでは「昇進できるかどうか?」「新しい仕事を任せられるかどうか?」は、すべて運任せになります。

たとえば、下記のような「昇進・昇給できない要因」というのは、往々にして会社組織に潜むものだからです。

▼真面目に働き続けても昇進・昇給できない要因

  • 上の役職のポストが空いておらず昇進機会が与えられない
    例:零細企業でベテランが管理職ポジションにいる
  • 社内の昇進制度が形式的でどんなに能力や実績があっても評価されない
    例:年功序列、年齢によって機械的に昇進、大卒者優遇、派遣・契約が評価されないなど
  • 上司の不当評価によって活躍の機会が与えられずにいる
    例:評価をねじ曲げて人事に報告している、零細企業で社長の選り好みで評価が決まる、巧妙なやり口で左遷させられる、男尊女卑の考えが強く女性を過小評価する社風など

これらの要因により、多くの会社では「どれだけ真面目に働き続けても、それが評価に結びつくとは限らない」ものです。

会社のおかしさに疑問を抱いても行動していない

最後に紹介するのは「理不尽な会社に何の疑問を持たないまま、漠然と仕事を続けている」という原因です。

▼会社に疑問を持っても何も行動しない人の例

  • 何年間も同じような業務(ルーチンワーク)ばかり振られて、昇進や配置替えがないことに不満を持たない
  • 明らかに上司に過小評価されたり、人格非難のようなハラスメント行為をされてるのに、律儀に耐えている
  • それなりに難しい仕事をこなしたりスキルを身につけても報酬に結びつかないことに不満を抱いていない
  • 会社の経営状況や将来が不安なのに転職を考慮してない

今や、終身雇用制も崩壊し「転職が当たり前」となったキャリアの時代です。

「会社や上司が間違えることはない」と安心し切って、会社や上司のやり方がおかしいと思っても何の疑問も抱かないことは、それだけで「何も考えてない」と思われてもしょうがないことだと言えます。

たとえば、明らかに上司がハラスメント行為を行う問題人物だとしても、黙って耐えることで従業員が潰れて辞め続ける状況を放置することは「会社にとって大きな損失」となりす。

真に会社にとっての利益を考えるなら「上司のハラスメント行為を問題として取り扱い、会社全体で対策を講じさせる」のが最善となります。

そんなこと言われても
社内の人間関係で問題は起こしたくないよ…

大半の人が、そういった面倒事に首を突っ込むよりは「黙って耐える」「静観する」のが普通です。何も正義感を持って自己犠牲を顧みずに会社と戦えと言いたいわけではありません。

そういった状況に出くわしても「自分は大丈夫だろう…」「そのうちなんとかなるだろう…」と他力本願で危機感のない態度を決め込み続けると、巡り巡って「逃げ続けた負債」となるという話です。

「今の会社、ちょっとヤバいかも…」「上司がヤバイ奴…」とわかってるにも関わらず、

  • 万が一に備えて転職先を見つけておく
  • スキルアップして他の職場でも通用するように備えておく
  • 社内の人脈を築いたら部署替えを希望しておく

などのリスクヘッジができてない時点で「人生設計やキャリアプランニングが甘い…」と言われてもしょうがないことです。

そういった人ほど、いざ社内の雲行きが怪しくなった時に行動できず「今の会社にしがみつくしか選択肢がない」という状況に追い込まれるのです。

上の言いなりになるだけでなく
時に会社のやり方に疑問を抱いて行動したり
不満のある感覚でも折り合いを付けて
落とし所を見つけていくのが
「真の大人」というものなんですね

この世には「我慢するべき理不尽」と「我慢する価値のない理不尽」があります。

前者は耐えるべき期間を待てば報われることがありますが、後者はどれだけ耐えても余計なストレスが増したり、誰かに都合よく使われておしまい…という違いがあります。

この2つのどちらかを見極めなければ「正社員なのにずっとバイトレベルの仕事から抜け出せない…」という事態は、十分にありえることなのです。

極端な話、「ただなんとなく新卒で入った会社を続けていただけ」「新卒入社した会社をすぐ辞めてフリーターとなるも20代後半で正社員として覚悟決めて働く」だと、後者の方が苦労や挫折が多い分、30代以降に活躍する…ということもあります。

入社10年目で仕事ができないと感じてる人が今すぐやるべきこと

ここまで、かなり「耳に痛い話」をしてきました。

しかし、入社10年目になっても「自分は仕事ができない…向いてない…」というレベルの悩みを抱いていることは、それほど深刻な問題なのです。

今の会社で一生働き切る覚悟もない…
会社で出世するために積極的な姿勢を示すこともない…
貪欲にスキルアップして転職していく意欲もない…

このような「どっち付かずの人生観」「ずっと受け身のままの姿勢」という働き方は、本質的に「すべてが運任せ」「会社の理不尽な取り決めも全部受け入れる」となり、自分の意志や行動で人生を変えることを自ら放棄する行為だと言えます。

そして残念なことに、勤務10年の「アラサー~30代」ぐらいの年齢になると、こういう耳の痛い指摘をしてくれる人物は周りにいなくなります。

なぜなら、自分自身の人生を自分で決めて進んでいれば、当たり前に理解できることだからです。

しかし、不安になることはありません。

これから紹介することの中から、できることを行っていけば、十分取り返しが付く範囲です。

まずは自分の「これまで」を振り返る

前述したように、自己評価の低さが「10年経っても仕事ができない」と感じる要因になっている可能性があります。

そのために有効なのは「今までの勤務経験を振り返る」という方法です。

できれば、履歴書や職務経歴書のように「時系列順で参加したプロジェクトや配属された部署」を記載するぐらいまではした方がいいでしょう。

思い返しても
「書くことがない」場合は

どうすればいいんでしょうか?

10年以上勤務していたなら、それなりに書くことはあるでしょうから、もし今までのキャリア歴を書き出すことができないなら「現状では書くことが難しい」という課題がわかるわけですから、それだけでも一歩前身です。

会社に希望を出してみて挑戦の機会を得る

もし、ここまで読んで「会社の評価が低い」「新しい仕事に挑戦する機会が得られない」と感じてるなら、今の会社に対してアクションを起こしてみるのも一つの手です。

残念ながら、黙って真面目に与えられた仕事をこなすだけでは、年齢を重ねるごとに評価されにくくなります。

「仕事ができない」という悩みは「今まで自発的に何もしてこなかった」とも置き換えられます。

今の会社について詳しくなる

日本国内の多くの企業は「メンバーシップ型雇用」と呼ばれる価値観や体制で動いてます。

メンバーシップ型雇用とは、企業が従業員を長期的に雇用する雇用形態を指すビジネス用語です。

メンバーシップ型雇用に求められるのは「自社について詳しい(自社が所属する業界含む)」「会社への忠誠心が高い」といった資質です。

そのためには「自分が働く会社のビジネスモデルや提供製品」「業界内での自社のポジション」「競合との差別化ポイント」「会社の業績や将来性」など、会社についてより深く理解しなければなりません。

多くの場合、こういった「自社について理解が深い人」ほど、管理職ポジションとして昇進していきます。

なぜなら、経営層と課題感が近くなっていくからです。

スキルアップや資格取得などでリスキリング

リスキリングとは「学び直し」とも訳され、社会の変化に対応するために、新たにスキルを身につけたり、現在のスキルをアップデートしたりすることを指す言葉で、政府も企業相手に推奨しています。

どれだけ良い大学を出ても、勤務歴10年となると、流行りの学問や知識が変わっていたり、習ったことを忘れているなどします。

また、30代以降に仕事求められるスキルが高度化する中で、学び直しをしなければ新しい仕事にまったく対応しきれないことも多くなります。

転職活動を通してキャリアを見直す

仕事に対する不満や違和感を感じているなら、転職活動を通じて自身のキャリアを根本から見直すことも一つの有効な手段です。

そもそもが仕事ができないと悩む人ほど「転職活動=仕事を辞めたい時にやること」という短絡的な考え方をしがちです。

実際には、先に紹介したような

  • 今までのキャリアを振り返って整理する
  • 他の会社でも通用するかどうか知っておく
  • 業界に詳しくなり必要なスキルを把握する

といったことを行う機会となるため、今の会社で続けるべきか転職するべきか判断する意味でも、転職する気がない人でもやっておく価値の高い行為です。

実際、仕事ができる人ほど常日頃から転職活動をコッソリ行い、最新の情報を得たり、業界で必要とされるスキルを把握するなどして、万が一の際にすぐ転職できるよう計画的な行動をしています。

「仕事ができない…」という危機感があるなら

一度、転職活動を通して

今の自分を客観視する機会を設けてみると

違った考え方を取り入れられるかもな…

転職のプロに相談してキャリアを見直す

ただし、転職活動をすると言っても「ただ転職サイトに登録して求人情報を閲覧するだけ」では何の収穫にもならない点には注意です。

しかし、実際には多くの人が「転職サイトに登録して満足」「求人情報だけ見て満足」で終わりがちです。

本当に今の「仕事ができない」自分に不安や焦りがあるなら、転職エージェントなどのプロに相談できる転職サービスの活用を強く推奨します。

なぜなら、実際にプロに相談してみた方が得られる情報の正確さは高いですし、自分一人だけで悩んでいては気づかない「自分が抱えている本質的な課題」も浮き彫りになることがあるからです。

仮に、読者が「本当は仕事はできるポテンシャルはあるのに、会社環境によって機会に恵まれない」という状態なら、転職した方が確実に年収アップや待遇の向上につながります。

たとえ、今の会社での評価が悪いとしても、客観的に見て「10年勤務した」という経歴だけでも、転職市場では引く手数多なので、自分の実力を正しく知る意味でも、ぜひ一度転職サービスでプロに相談してみてください。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【勤務歴・年齢別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました