20代後半の職歴なしの転職方法。正社員採用が厳しくなることは知っておこう!

編集長
20代後半職歴なしの
スコシテン編集長です

20代後半になると、正社員として採用されるのが難しくなります。

それには以下のような理由があるからです。

20代後半が正社員になるのが厳しい理由

  • 「25歳・27歳・30歳」ごとに採用ハードルがグッと上がる
  • 第二新卒(新卒後3年以内)の20代前半に区分されないため、未経験職へのチャンスが少なくなる
  • 「卒業して3年以内の採用」は国から助成金が出るため、採用に積極的な企業が多いが、そこから外れると途端に厳しくなる→参考リンク:特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)|厚生労働省
  • 同年代のライバルは「管理職候補」などして地盤を固める時期で、他者と比べられやすい

20代後半の職歴なしの方は、おそらくこう思っているはずです。

「まだだ…まだ慌てている時間ではない…」

しかし、あえて言っておきましょう。

ぶっちゃけ「20代後半職歴なし」というだけで、もう半分ぐらい取り返しのつかない時期に来ております。

その厳しい現実を知っていただくためにも、20代後半の職歴なしの転職活動が厳しい理由と、具体的な対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク

20代前半と20代後半の職歴なしの違いは?

就職・転職・キャリア・人材市場について詳しくなると「20代前半と20代後半の扱いには差がある」ことがわかってきます。

全体的な傾向としては、以下の通り。

20代前半…既卒・第二新卒層として、未経験職でも採用されやすい。就活生の延長として扱われる。

20代後半…第二新卒からは外れ、同年代の人材とも比べられるため、経歴・経験を求められる年代。職歴なしの場合、非正規社員を選ばざるを得ないことも。

詳細はこちら→【決定版】20代の転職事情まとめ。自分に合った転職情報が見つからない人は読んでおこう!

ハローワークなどの求人を見てみても、未経験からしっかり研修で教育してくれるような企業は20代前半までの募集が多く、20代後半はなかなか書類選考すら通りません。

それぐらい、若さは意外なほどに評価される要素なのです。

20代前半は「第二新卒・既卒」として未経験職へ就きやすい

20代前半の職歴なしの場合(あるいは短期離職者)、人材市場では「第二新卒・既卒」として分類され、就活生と同じぐらいに優遇されやすい立場となります。

事実、第二新卒・既卒の就職サポートを行っている業者は、就活生向けのサポートも並行している業者が多く、感覚としては「第二新卒・既卒は就活生の延長線上」と思っていただければわかりやすいかと思います。

この「第二新卒・既卒」ですが、狭い意味では「卒業後3年以内」が目安とされております。

その理由は単純で、卒業3年以内が就活失敗のフォローが出来る時期だからです。

そこから外れてしまうと、年齢を追う毎に採用されやすい求人が減り、正社員になるチャンスが減っていくのです。

この辺の事情は、企業・社会側の複雑な事情や慣習なども踏まえなければ理解できないので、以下の記事などをご参考ください。

関連:既卒・第二新卒が企業に歓迎される理由「若ければチャンスはある」は本当なのか?その真相に迫る!

20代後半以降は、問答無用で採用を控える企業が多くなる

20代後半以降の職歴なしの場合「25歳・27歳・30歳」という節目ごとに、採用されやすい求人が減る傾向があります。

「25歳」という区分は、おそらく「国の助成金の対象」となる、大学卒業時の22歳から3年以内から外れる年齢だからです。同様に、院卒の場合は+2年で27歳で合致します。

参考リンク:特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)|厚生労働省

また、当サイトのスポンサーである「ウズキャリ」を運営する株式会社UZUZの経営者の方の書いた本でも、この年齢制限について説明されております。

年齢別に見ると、求人数がガクッと落ち込む年齢が三つあります。一つめは25歳、二つめは27歳、そして一番大きく求人数が落ち込むのは30歳です。 これは就活している既卒、フリーター、第二新卒の方にほとんど知られていないことです。

ある企業の工場が事業縮小のため閉鎖することになりました。そこで働いてい た従業員には、IT分野のエンジニアとして働き続けてもらおうと、職種を変えるための研修を実施したそうです。その研修で実施された確認テストの結果、27歳以上の方は26歳以下の方と比べて著しく点数が悪かったのです。 このような結果から、未経験の分野に適応できる年齢の目安として、「27歳」という年齢が採用の現場で広がったのです。

出典:「既卒、フリーター、第二新卒の 就活はじめの一歩」

この説明だけ読むとイマイチ納得いかないですが、実際問題として「年齢だけで判断して、書類選考で容赦なく不採用にする企業」が多数存在する以上は、現実を受け入れるしかありません。

以下の記事にも、より詳しく人材会社・採用企業側の事情を踏まえた解説を書いておりますので、ぜひご参考ください。

20代後半からは「非正規雇用」の紹介も増える

また、20代後半の職歴なしとなると、既卒・第二新卒向けの就職支援サービスを利用しても「契約社員」「派遣社員(特定派遣社員)」の紹介が増えきます。

契約社員と派遣社員とは?

契約社員…正社員採用のリスクを抑えるために、試用期間として契約社員として採用する企業が増える。大手企業では、中途採用は契約社員から採用する企業が増えている。

関連:契約社員だと採用されやすい?中途採用で契約社員から働くメリットとは?

派遣社員(特定派遣社員)…雇用主が派遣会社となり、実際に働く現場は委託先となる社員制度のこと。

どちらも制度や仕組みを理解しておけば、企業側・求職者側どちらにもメリットのある制度ですが、まだまだ正社員終身雇用制度の考え方が根強く残る日本においては、今ひとつ理解されていない制度でもあります。

事実、一度採用されたら解雇しにくい正社員と比べれば、非正規雇用者は契約期間終了とともに解雇されるリスクもあるので、不安定な立場になることは間違いありません。

ただし、企業側もバカではないので、非正規雇用でも正社員と変わりない仕事をこなせたり、あるいは長期間しっかりと努力して成長している人材は、正社員として昇進してくれる制度もあります。

そのためには、新卒入社した正社員以上に、自発的に努力して仕事でも結果を出さなければいけません。派遣社員の場合なら、派遣会社と派遣先双方に対しての根回しも必要になってきます。

何かと誤解の多い非正規雇用ではありますが、しっかり制度や採用している企業側の事情を理解しておけば、メリットの多い制度でもあるので、事前に把握しておきましょう。

20代後半の職歴なしなら今すぐ転職活動しないとチャンスが逃げていく

以上、20代後半の職歴なしに関する、転職事情に関しての解説でした。

現実問題として、20代後半以降の職歴なしは、年を追う毎に正社員採用されにくくなるので、しっかり知っておきたい事実です。

正社員として採用されたいのであれば、今すぐ行動し、求人内容を妥協してでも正社員になれる求人に積極的に応募しましょう。

若さだけでどうにかなる20代前半の時期と違って、すでに年齢で人材価値を判断する企業からは「成長性や将来性がない」と判断される段階に来ているのです。

ですが、そうでない企業からは正社員採用されるチャンスはまだ残っていますので、早めに就職・転職活動に取り組みましょう。

20代対象の就職支援サービスを活用しておこう!

職歴なしの20代後半の方で、何が何でも正社員として採用されたい方は、既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービスのご利用をオススメします。

ただでさえ「20代後半職歴なし」というハンデを背負って就職・転職活動するのは厳しい状況ですので、プロに相談して採用される見込みの高い求人に狙いを絞って応募したほうが、採用される確率が上がるに決まっています。

人材会社の運営するサービスは、利用者が採用される見込みの高い求人を優先して紹介してくれるので、1人で地道に求人を探して応募していくよりも正社員採用されやすいです。

20代後半の職歴なしともなると、選択肢は限られてきます。

まだ取り返しのつくうちに、ぜひとも20代向けの就職支援サービスを有効活用しておいてください。

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の通りです。

いい就職.com

★アピールポイント
◎正社員求人限定
◎ブラック企業徹底排除
〇カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
〇創業者に既卒経験ありで利用者目線
〇サイト登録式で求人情報閲覧可能
〇中堅企業の紹介多め
〇2001年からの長い運営実績のある老舗
★デメリット
×サイトデザイン・機能がやや古め

ハタラクティブ

★アピールポイント
◎20代向けの転職エージェント
◎20代であれば経歴不問
◎効率重視、登録1分で完了
◎書類選考なしで面接可能
◎全国に面談拠点あり
◎電話面談・Skype面談対応
※ニート・フリーター・学歴なしでも対応
★デメリット
×契約・派遣社員の求人あり

★アピールポイント
◎効率重視、登録1分で完了
◎全国に面談拠点あり
◎最短1週間の内定実績あり
〇中堅~ベンチャー企業多め
〇一部、上場企業の求人も

★アピールポイント
◎面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
◎社長がニート・フリーター経験あり、利用者目線に沿った運営方針
◎若手中心のベンチャー企業、20代目線のサポート
◎IT・WEB系の紹介中心
◎「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能
★デメリット
×面談に時間をかける方針のため、効率は落ちる

JAIC(ジェイック)

★アピールポイント
◎全国で定期的に説明会開催中
◎地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給
◎正社員の紹介限定
◎営業系の求人中心
★デメリット
×集団面接会あり

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひとも利用してみてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

フリーター既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました