【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

正社員として働き続けるのは無理だと感じたら?正社員になれない人はクズなのか?

20代終わるまでニートだったアラトです。

 

「20代で正社員はもう無理…」

 

このように悲観的になっている20代の方は、結構多いと思います。

実際、ニートはともかく、フリーターや非正規雇用の方でも、正社員になるのは厳しいイメージが、世間全体で出来上がっていますからね。

新卒採用からのレールを踏み外した人は、正社員になるのは厳しい事実は変わりありません。

…というか、学校側が「レールから外れた場合の復帰の仕方」を教えてくれないせいで、社会経験の浅い20代は「もう正社員は無理…」と考えるのも仕方ないことでしょう。

私も20代の間はニート・フリーターとして「自分はもうダメだ…」と、暗い気持ちで人生を過ごしていました。

しかし、考え方を改めれば、20代でも正社員になるチャンスなんていくらでもあります

「20代で正社員は無理…」と諦めている方は、単に「チャンスをつかむ方法」に気づいていないだけです。

…まあ、誰も教えてくれないので、気づかなくても仕方ないんですけどね。

私も気づくまでに、だいぶ時間がかかりました。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

いい子ちゃんのままじゃ、チャンスは来ない!

まず、正社員になれないで悩んでいる20代の方に、一つだけ言っておきたいことがあります。

 

いい子ちゃんのままじゃ、一生チャンスは来ねえぞ。

 

どういうことかというと、真面目に履歴書送って、面接でも当たり障りのない受け答えをする…という方法では、いつまで経っても正社員になるというチャンスは訪れないということですね。

そんな「いい子ちゃん学生独特の、マニュアルどおりの就職活動」みたいなのが通用するのは、学生のうちだけです。

厳しい話ですが、これを念頭においておかないと、本当にどこに行っても雇ってもらえません。

オレたちは道から外れた”アウトロー”だ!

だいたい、新卒採用後に入社して出世していくような「レールの上の人生」から逸れてしまった時点で「アウトロー」なんです。

今さら、学校や社会、あるいは親や先輩が用意してくれた「安心して生きられる方法」なんて、そんなもんなんのアテにもならねえんですよ。

だというのに、どこかで「真面目に働かないと…」「正社員になって立派にならないと…」と心のなかで真面目ぶっている。

 

…そんなんじゃねえだろ。

 

大学中退した?
就活を逃した?
就職先から内定をもらえなかった?
新卒入社した会社から逃げてしまった?
なんも考えずにダラダラフリーターし続けた?
実家に寄生したままニートで生きてきた?

 

世間からすれば”負け犬”。

どうあがいてもアウトロー。

 

いまさら、いくら真面目ぶろうが、もう「まともな人生」には戻れないんすよ。

少なからず、新卒入社後順調にキャリアを積んでいっているような人には、どう逆立ちしたってなれません。

「正社員になりたい…」ではいつまで経ってもダメなまま

そうなると、学生レベルの「なんとなく正社員になりたいなあ…」程度の気分で仕事を探したって、正社員として採用してもらうのは絶望的です。

…というか、新卒ですら、企業側からすれば、正社員で採りたくないのが本音ですからね。

さらに20代でも歳を重ねると、20代後半の中途採用転職組と、争い合わなければいけなくなるわけです。

そうなると、20代の非正規・無職が正社員になるのは、無理と思えるかもしれません。

しかし、それはあくまで、就活生レベルで就職を考えた場合の話です。

アウトローはアウトローらしく行きましょう。

 

「正社員になって働かせろや!!!!!!」

 

マジで、これぐらいのやる気と熱意と厚かましさが必要になってきます。

経歴も実績もない若者が、履歴書や面接でいくら真面目ぶったところで、企業に通用するわけがないんですよ。

「正社員は無理…」と最初から諦めてるような人は、ここがわかってない。

 

なりたい………」じゃ、ダメなんです。

正社員やらせろよ!!!オラァア!!」ぐらいの心意気が必要なんですよ。

 

 

 

どんなきたねえ手を使ってでも、
正社員の座を摑み取るしか道はねえんだよ!!!

アウトローらしく「自分を大きく」見せる必要がある!

アウトローは、自分を大きく見せなければ、生き残れない。

舐められたら、最後、一生他人に笑われる恥晒しの人生を送るしかない。

どーせ、オレたちなんて、ただのアウトロー。

 

だったら、面接で自分を大きく見せればいい。

 

自信がねえなら、ハッタリかまして「自分は将来大きな仕事がこなせる成長性ある人材だ」とアピールすればいいんですよ。

傍目から見れば「生意気」「社会を知らない」かもしれませんが、もとより何もない身分。

最初から「こいつ使えなそうだな…不採用」と、会社に舐められるよりも、ずーっとマシです。

経歴も実績もないなら、気持ちだけでも前のめりで行こう

新卒後に正社員の座を逃した、あるいは自ら手放してしまった人は、当然ながら経歴や実績では、他人に劣ります。

どんな過程や挫折があったとしても、世間からすれば「頑張っていない」で終わりです。

「今まで努力が足りなかった」と思うのであれば、今から頑張ればいいんです。

 

なっちまえよ!!!!
正社員!!!!

 

…いや、実際ですよ。

新卒入社後にぬくぬくと仕事こなしている同年代の正社員に、ニート・フリーターが勝てる要素なんて「気持ち・やる気・熱意」ぐらいしかないんですよ。

新卒社員の10倍ぐらいの仕事はやってやるわ!!!!」ぐらいの覚悟持ってないと、勝ち目がないわけです。

気持ちさえあれば、後はどうにでもなる

最近のちょっとかしこい若者は、精神論を鼻で笑いますが、最後に勝つのは気持ちの強い人間なんです。

だいたい、今時の若者なんて「指示待ち人間」や「いい子ちゃん」ばかり、仕事もドライにやっている人ばかりですよ。

そんな奴らに負けたくなければ、もう気持ちだけでも勝つしかない。

 

見下してんじゃねえええぞ!!!

いつか、てめえら越えてやるからな!!!

 

マジで、こんぐらいの気合い入れねえと、中途採用で正社員なんかやっていけねえっつうの。

就職支援サービスを有効活用しておこう

ここまで解説したように「正社員になれない…」というのは、単に正しい就職活動の方法を知らなかったり、ネガティブな情報にばかり流されて正社員になることの心理的なハードルを上げているだけの可能性が高いです。

社会に出てみればわかりますが「こんな人でも働くことができるの?」というぐらい、実は仕事に大した能力や実績は求められません。むしろ、若いうちほど「経験のなさを許してもらえる」というボーナスタイムです。

そういった現実を正しく知って、間違いのないキャリアを築くためにも、まずは20代向けの就職支援サービスでプロに相談してみることがオススメです。

20代向けの就職支援サービス?
怪しくない?ブラックばかりじゃない?

このように思われる方も多いでしょうから、20代向けの就職支援サービスが成り立つ理由について少しだけ解説させてください。

職歴なしは卒業後3年以内なら「既卒」と呼ばれます。既卒は人材市場では「若いという理由だけで価値がある人材」として需要があります。卒業後3年が経過していても、20代までは未経験職への就職をサポートしている業者は数多く存在します。

これは企業目線で考えた際にも、若手向けの人材紹介サービス経由で採用するメリットが大きいからです。

「企業は完璧な採用ができる!」と思いがちですが、実際にはそうではありません。

企業からすれば、若手の採用の際に判断ポイントとなるのが「すぐに辞めないかどうか?」「社内で問題を起こさないか?」といった点です。「職歴なしかどうか?」「経歴が足りない」「能力がない」といった要素は、実はさほど見られてません。

「採用ノウハウがなく求人を出しても人がこない」
「応募が来ても自社に合うかどうか見抜けない」
「誰でもOKな無料求人で募集したら変な人まで来て面接の負担が増える」
「すぐ辞める社員やモンスター社員の採用だけは避けたい」

こういった悩みを抱える企業の代わりに、就職支援サービスを運営する会社が採用や面接の負担を背負っている…という構図になるわけです。

ここまで説明すれば勘の良い方はお気づきかもしれませんが、就職支援サービスを利用すること自体が「採用企業の代わりに人材の選考や教育を行う=就職支援サービスのサポートをちゃんと受ければまともな職に就ける」ということになります。

自分一人で就職活動する場合に、ゼロから「求人探し→履歴書作成→面接対策」しなければならない負担を、就職支援サービスが代わりにしてくれるというわけです。その証拠に、ほとんどの就職支援サービスでは「履歴書なしで面接可能」となっています。

自分一人で就職活動しなきゃ…」と思ってたけど
そんなことしない方が実は効率的だった…!?

企業目線で見た場合も、無料求人で「誰でも応募できる」状態にするよりは、実績のある就職支援サービスを経由して人を雇った方が「すぐ辞める人材や問題社員を採用するリスクを減らせる」というメリットがあります。

ですので、採用に慎重で「いい人ほどを雇いたい」という優良企業ほど、実は表に求人を出さず、就職支援サービスを経由して人を雇おうとするわけです。

今までハローワークや無料求人サイトで
条件の良くない求人ばかり見ていた時間が
無駄だったかも…

この記事に訪れた「仕事の探し方がわからない…」という人ほど、就職支援サービスに相談した方が間違いのない仕事選びができるはずなので、この機会にチェックしてみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました