20代で手取り15万円以下は安い?生活は苦しいし結婚も無理?正社員で手取り15万なら転職するべき?

手取り15万円という額は、最終学歴大学卒の初任給平均より少し上という絶妙な額で、最低限の生活基準のラインだと言えます。

学歴・雇用形態(派遣・フリーター)・地方住み・年齢にもよりますが、、手取り15万円以下から収入が上がらないのであれば、転職を検討するなどしてキャリアを見直す必要があるかもしれません。

当記事では「手取り15万円」という数字を元に、転職して年収アップを目指すべきかどうかについて解説していきます。

手取り額計算参照元https://doda.jp/guide/oubo/tedori/
平均年収・月収参照サイトhttps://heikinnenshu.jp/

スポンサーリンク

20代で手取り15万円は正社員なら普通の額だが20代後半なら低め

20代で手取り15万円と言う額はどれぐらいの額なのでしょうか?

手取り15万円から逆算すると、額面での月給は18万円から20万円になります。

新卒生(大学卒)の初任給平均が19万円ほどだと考えると、20代であれば手取り15万円は妥当な額だと言えるでしょう。※地方の場合は13万~15万ぐらいが相場。

参考https://heikinnenshu.jp/kininaru/shinsotsu.html

学歴を問わない場合でも、都内の20代向けの未経験向け求人を見てみると「月20万~」の条件が多いことからしても、手取り額15万円は学歴問わず正社員であれば普通の額と言えます。

年収の上がる20代後半で見てみると、

大企業の平均月給が25.9万円
中小企業の平均月給が23.7万円

…という試算なので、20代後半の手取り額は18万~22万ぐらいでしょう。

参考https://heikinnenshu.jp/kininaru/24sainenshu.html

手取り15万円って低く感じますけど
20代前半だと意外と普通の額なんですね…

20代後半からは昇給も考えると
やや低めの額で物足りないけどね…

20代前半であれば手取り15万円であっても大丈夫ですが、20代後半以降も手取り15万円以下であれば転職を検討するなどして、収入アップを考えた方がいいかもしれません。

でもこれって都内の正社員が基準ですよね…
地方勤務や派遣社員はもっと低くていいんじゃないですか?

20代で手取り15万円というのは正社員・都内勤務という条件が基準なので、派遣社員(非正規)・地方住みという条件が加わる毎に、20代で手取り15万円よりも低めの数字になるはずです。

地方は物価が安いのでともかく、派遣社員やフリーターで将来が不安な人も、20代後半以降で手取り額15万円はキャリアについて考えておいた方がいいかもしれません。

手取り15万円での生活は苦しいが一人暮らしは可能

手取り15万円で十分な生活は送れるのか気になる方もいらっしゃるはずです。

まず、考えないといけないのが「家賃」でしょう。

一人暮らしの家賃相場が4万~5万ぐらいなので、手取り額の3分の1は家賃で消えることとなります。

「住宅手当」で多少は軽減することができるかもしれませんが、そこまで大きな効果には期待できません。

もっとも、社員寮完備の企業に勤めることで家賃を丸々節約できることも出来るので、住まいにこだわらないのであれば、手取り15万円でもだいぶ余裕ができるはずでしょう。

住宅手当が出なかったり社員寮住みでもなければ
手取り15万円だと3割強は家賃で減ってしまうわけですね…

残りの10万円を生活費にあてるとすると、生活に必要な光熱費・電気代・通信費を差し引いた上で、交際費と食費を削ってようやく月1万円貯金できるかどうかのラインです。

手取り15万円だと贅沢できないどころか
食費と交際費も削らないと貯金すら出来ないんですね

年2回のボーナスがあれば違ってくるが
ボーナスなしならカツカツな生活になってしまうね…

手取り15万円で一人暮らしすると、切り詰めた生活をしなければ貯金すらできない…というギリギリの生活水準で過ごすこととなります。

ただし、ひとつだけ考えておかないといけないのが年2回のボーナス(賞与)の存在です。

ボーナスで年間120万以上の収入がプラスされれば、実質的な手取り額は月あたりプラス10万円となるので、そこまで生活は苦しくならないはずです。

もっともこのご時世、ボーナスが出ない会社も珍しくはないので、事前にボーナス支給の実績を確認しておくことも大事でしょう。

世の中にはボーナスが出ない会社もあるので
以下の記事も確認しておいてくれ…

ネット上の手取り15万以下の人の声や意見は?【2chなど】

12 名前:名無しさん@引く手あまた[sage] 投稿日:2015/10/27(火) 20:34:05.25 ID:sTmLn6QS0.net
手取りとは言わないかもだけど
都内が勤務地でも交通費なし派遣の場合
交通費引くと余裕で15万以下になる

22 名前:名無しさん@引く手あまた[sage] 投稿日:2015/10/30(金) 17:08:21.26 ID:4zAyd/V40.net
実家暮らしなら余裕だろうけど1人暮らしだと給料の半分近く持っていかれるからつらい

27 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2015/11/05(木) 21:29:05.96 ID:C4EwU9iVO.net
今月は残業30時間以上しないと手取り15万以上いかない計算。
時給制やから月によってかなりかわる。

49 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2015/11/20(金) 22:37:46.12 ID:Hz7rHnYr0.net
手取り月15万前後だけどノルマもなければプレッシャーもない
先輩、上司から怒られこともなければ残業も月5時間以内
ただボーナスはないし祝日は出勤(土日基本休み)
いいのか?悪いのか?

69 名前:名無しさん@引く手あまた[sage] 投稿日:2015/11/29(日) 13:02:33.08 ID:QIZfDD9r0.net
15歳年上の上司が手取り20万無いことを知って、辞める決意をした
そんな俺は手取り15万ありません

190 名前:名無しさん@引く手あまた[sage] 投稿日:2016/05/17(火) 19:06:51.71 ID:I3hI3L8I0.net [1/2] 15万は生活するのに最低限ラインだよね。地方、実家で。
しかし、余裕のある今後はないよな。
これ以上都市部の公務員の感覚で税金とかもろもろ上げられると洒落にならなくなる

214 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2016/06/09(木) 19:15:16.68 ID:rPtHLsoR0.net [1/2] 都内で15万以下なら本人が悪い
将来性無いならすぐにでも転職しろ
地方ならよくある

276 名前:名無しさん@引く手あまた[sage] 投稿日:2017/02/28(火) 01:41:24.80 ID:rVT5RnKB0.net
手取り15てやばすぎるよな。
一人暮らしするとどんながんばっても10万超える

出典:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1445427508/

手取り15万の仕事や生活から抜け出すには転職する必要あり

残念ながら、手取り15万クラスの会社は、将来性がありません。

最近は若者の非正規雇用も多いですが、手取り15万クラスとは「正社員」という肩書きが用意されるだけであって、非正規雇用レベルの待遇なのです。メリットと言えば、せいぜい厚生年金や福利厚生ぐらいですね。扶養控除もありますが、結婚が実質無理な収入ですので、飾りでしかありませんね。

そんな企業で必死に働いてみても、数年後には「頑張ってもちっとも報われない」と消耗していくだけです。

しかし、悲観する必要はありません。

なぜなら、若いうちに転職を視野に入れておけば、年収アップは見込めるからです。

転職に大事なのは行動力とキャリア思考

「自分には能力がないから転職は無理」
「手取り15万クラスの仕事だと転職は無理」

…と、自分の今の能力で将来の可能性をつぶしてしまう人は多いです。

しかし、それは勘違いです。

転職は行動力と、転職市場を意識したキャリアアップ思考さえあれば、誰でも年収アップが可能なんです。

多くの人は、今の仕事をやめたくなってから初めて行動してしまうため、転職に失敗してしまいがちです。

しかし、早いうちに転職を意識することで、年収アップの見込める企業へ入社するための経歴づくりが可能となるわけです。

わかりやすく言うなら、新卒時に学校に通いながら就活していたように、仕事をしながら転職活動を行っていくわけですね。

そうすることで、学歴や能力にとらわれず、大幅な年収アップが見込めるようになるわけです。

そういったキャリア思考がない人は、ダラダラ今の仕事を続けてしまうので、手取り15万クラスの仕事でいつまで経っても貧乏生活から抜け出せなくなるのです。

転職活動は早いほど有利

「転職活動はやめたくなってからするもの」という意識では、残念ながら年収アップは見込めません。とくに手取り15万クラスの仕事ですと、人材市場では非正規雇用レベルの評価なので、下手をすれば正社員としての転職もキツイです。

そのため、早期から転職市場を意識したキャリアづくりや資格取得を目指す必要があります。

実際に、転職を成功させて年収を上げている人は、常に空いた時間に転職コンサルタントに相談して、キャリアづくりの意識を持ち続けています。

そういった現実に目を背けているような人が、20代後半になって現実を知り「結婚できない」「保育園が~」などと、醜い言い訳をしているのが今の社会の現状なんです。

転職活動は早ければ早いほど、有利になります。

若いうちから数年単位で計画的に転職することで、年収500万円以上の仕事に就くことは、誰でも可能になるわけです。

転職エージェントに登録し、年収アップを目指そう

手取り15万クラスの仕事から抜け出したいならば、早いうちに転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントに相談してみることをオススメします。

あらかじめ「すぐに転職したいわけではない」と説明しておけば、急かされることもありません。

転職エージェント側からすれば、成長性のある人材なのですから、すぐに転職したい相談者でなくても丁重に扱ってくれます。むしろ、中長期的な視野でキャリア形成したい人材は、転職エージェント側からしても上顧客とも言えますね。そのため、年収アップに向けて具体的なアドバイスももらいやすいです。

転職エージェントは登録から面談まですべて無料で利用できるんで、今の収入に満足できない方は、早いうちに登録しておくことべきでしょう。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました