20代で手取り15万円以下の仕事は転職を視野に入れて年収アップを目指そう。一生貧乏生活が続きますよ

20代前半で手取り15万円以下というのは、残念ながら低所得層に含まれます。

正社員であっても、正直フリーターと変わらないレベルですからね。

昇給ペースが2年に1万ほどで、ボーナスも出ないのであれば、正社員とは名ばかりの非正規と変わらないレベルの給料レベルです。

さらに言えば、正社員としての責任も被さる分、下手をすればアルバイトで働いたほうがマシとも言えるレベルです。

サービス残業のあるような会社なら、時給あたりがアルバイトの最低賃金を下回るケースすらありますからね。

そのような人材を使い潰す企業は、残念ながら将来性もなく、年収が上る可能性は限りなく低いです。

しかし、めげることはありません。

20代前半なら、転職を視野に入れてキャリアアップをはかれば、手取り15万クラスの苦しい生活から抜け出すことは十分可能です。

そこで今回は、手取り15万の貧乏正社員生活から抜け出すための、転職に向けた働き方について紹介します。

手取り15万円の厳しい現実

まずは、手取り15万円という生活が、いかに苦しいかを再確認しましょう。

手取り15万というのは、20代前半では地方レベルでの月給です。

地方の家賃や生活費であっても、せいぜい手元に3万円残ればいい方です。

都市圏であれば、とことん家賃や食費を削らなければ、自由に使えるお金はほとんど残らないレベルです。

都市圏であれば、通常は高卒・専門卒でも初任給18万~20万程度は手取りでもらえますからね。

手取り15万というのは、スタートラインからしても最低ラインなのです。

20代前半の方には想像しにくいかもしれませんが、手取り15万クラスですと、20代後半以降からはどんどん生活が苦しくなってきます。

結婚や葬式などの冠婚葬祭費などの急な出費。
親の病気や介護などに向けた貯金。
もしものための、健康保険金。

結婚も視野に入れると手取り15万では到底まともな生活はできません。手取り15万クラスの会社の昇給ペースですと、20代後半の社会人生活はまともに送れないと気づくわけですね。

残念ながら、これが日本の今の現実です。

保育園問題なども話題になっていますが、手取り20万クラスさえ、一般的な家庭生活が厳しい時代なのです。

こうした厳しい現実を20代前半に強烈に意識しておかなければ、20代後半で思うように昇給しなかった時に、苦しい思いをするハメになります。

手取り額を上げるには転職を考える必要があります

残念ながら、手取り15万クラスの会社は、将来性がありません。

最近は若者の非正規雇用も多いですが、手取り15万クラスとは「正社員」という肩書きが用意されるだけであって、非正規雇用レベルの待遇なのです。メリットと言えば、せいぜい厚生年金や福利厚生ぐらいですね。扶養控除もありますが、結婚が実質無理な収入ですので、飾りでしかありませんね。

そんな企業で必死に働いてみても、数年後には「頑張ってもちっとも報われない」と消耗していくだけです。

しかし、悲観する必要はありません。

なぜなら、若いうちに転職を視野に入れておけば、年収アップは見込めるからです。

転職に大事なのは行動力とキャリア思考

「自分には能力がないから転職は無理」
「手取り15万クラスの仕事だと転職は無理」

…と、自分の今の能力で将来の可能性をつぶしてしまう人は多いです。

しかし、それは勘違いです。

転職は行動力と、転職市場を意識したキャリアアップ思考さえあれば、誰でも年収アップが可能なんです。

多くの人は、今の仕事をやめたくなってから初めて行動してしまうため、転職に失敗してしまいがちです。

しかし、早いうちに転職を意識することで、年収アップの見込める企業へ入社するための経歴づくりが可能となるわけです。

わかりやすく言うなら、新卒時に学校に通いながら就活していたように、仕事をしながら転職活動を行っていくわけですね。

そうすることで、学歴や能力にとらわれず、大幅な年収アップが見込めるようになるわけです。

そういったキャリア思考がない人は、ダラダラ今の仕事を続けてしまうので、手取り15万クラスの仕事でいつまで経っても貧乏生活から抜け出せなくなるのです。

転職活動は早いほど有利

「転職活動はやめたくなってからするもの」という意識では、残念ながら年収アップは見込めません。とくに手取り15万クラスの仕事ですと、人材市場では非正規雇用レベルの評価なので、下手をすれば正社員としての転職もキツイです。

そのため、早期から転職市場を意識したキャリアづくりや資格取得を目指す必要があります。

実際に、転職を成功させて年収を上げている人は、常に空いた時間に転職コンサルタントに相談して、キャリアづくりの意識を持ち続けています。

そういった現実に目を背けているような人が、20代後半になって現実を知り「結婚できない」「保育園が~」などと、醜い言い訳をしているのが今の社会の現状なんです。

転職活動は早ければ早いほど、有利になります。

若いうちから数年単位で計画的に転職することで、年収500万円以上の仕事に就くことは、誰でも可能になるわけです。

転職エージェントに登録し、年収アップを目指そう

手取り15万クラスの仕事から抜け出したいならば、早いうちに転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントに相談してみることをオススメします。

あらかじめ「すぐに転職したいわけではない」と説明しておけば、急かされることもありません。

転職エージェント側からすれば、成長性のある人材なのですから、すぐに転職したい相談者でなくても丁重に扱ってくれます。むしろ、中長期的な視野でキャリア形成したい人材は、転職エージェント側からしても上顧客とも言えますね。そのため、年収アップに向けて具体的なアドバイスももらいやすいです。

転職エージェントは登録から面談まですべて無料で利用できるんで、今の収入に満足できない方は、早いうちに登録しておくことべきでしょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ