20代未経験からの転職は失敗しやすい!?確実に転職を決めたいならウズキャリを使うべき理由とは?

「20代だけど今の仕事が自分に合っているからわからない…」
「20代だけど転職したい…」
「20代だけど職務経験が少なすぎて選べる仕事が少ない…」

当サイトに訪れた方は、このようにお悩みの方も少なくないかと思います。
当サイトの管理人も、20代の大半のうちを既卒・フリーターとして過ごし、大した学歴も経歴もないまま転職活動に臨んだため、同じような悩みで苦労しました。
その結果、無駄な資格を取ることに時間をかけてしまったり、自分に合った仕事の見つけ方がわからないまま、大変苦労しました。
その時の経験もあり、当サイトではキャリアに悩む人に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すための手がかりを多数掲載しています。

世の中にはたくさんの人材サービスがありますが、インターネット上の情報も多くは人材サービスの広告掲載の都合で歪められていることも少なくありません。
とくに私が20代前半~中盤の頃は「ニートやフリーターから正社員になるのは無理」「20代の転職は厳しい」と言った情報があふれており、就職・転職に希望が持てませんでした。
今はだいぶ20代の未経験者向けの情報も充実しており、筆者自身の認識も「若ければ、(しっかり転職活動しておけば)未経験からでも採用される」という風に変わってきています。

ただ、転職未経験者、あるいはキャリアで失敗が続いているような人は、そのように思えないことも多いと思います。
仮にそうだとしたら、それは「正しい転職方法を知らない」「会社選びを根本的に間違っている」のいずれかの可能性が高いです。
筆者自身、20代の頃はどちらもできておらず、キャリアに希望が持てないでいました。

結論から言っておくと、20代未経験者向けの就職支援サービスをしっかり活用することが、最短かつ確実に転職を成功させるためのコツになってきます。
とくに当サイトでも優先してオススメしている「ウズキャリ」は、後ほど紹介する様々な理由もあって、絶対に使っておいて欲しいサービスです。

上記の事情や背景も踏まえ、20代の未経験からの転職(正社員経験なしからの就職も含む)を成功させるための方法について、徹底的に解説していきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

2021年現在、転職市場はコロナ明けを見込んで、採用に積極的な企業が増加しています。
最近では、転職も珍しくなくはなくなっていますが、辞めようと悩んでいる方にとって、仕事を辞めるかどうかは、人生の重大な選択であることでしょう。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から、転職手続きのサポートまで、まとめて行ってくれます。

初めに利用しておきたい転職エージェントは、国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でも利用可能なので、登録がまだお済みでない方は、この機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

20代の若手人材が勘違いしている転職活動の落とし穴とは?

20代の若手人材の多くは、これから紹介する「転職に関する勘違い」をしており、それが転職活動の妨げになっていることが目立ちます。

筆者自身、勘違いが多いまま転職活動に臨んだため、失敗したと感じています。まだ若い読者には無駄な失敗をせずに効率よく転職してもらいたいので、しっかり確認しておきましょう。

大企業勤めや公務員が安定というわけではない

安定しているという理由だけで大企業や公務員を目指そうとしてしまうことです。これは親世代のキャリア観や学校で教わるキャリア観が時代に合ってないから起こる誤解だと言えます。

大企業や公務員は組織が大きいがゆえに「上から言われたことを忠実にこなす能力」が求められがちです。
その組織体質がゆえに「やりたい仕事を選べない」「やりたくもない仕事を延々と押し付けられる」「部署替えで望まない転勤にも応えないといけない」といったリスクもあります。

関連大手の仕事はつまらない!大企業に向いていない人の特徴〇選!
関連【適職診断あり】公務員に向いてない人の特徴〇選!

いずれにしても「大企業や公務員が安定している」というのはあくまで数字や制度の話であって、働いた後の自分自身の精神の安定や人生の充実度には結びつかないということです。

また、2020年に日本の中で最も従業員数の多いTOYOTAの社長ですら「終身雇用は難しい」と公に発言しており、たとえ大企業であっても一つの企業で働くという選択肢が安定しない時代に突入していることは、20代の若手人材なら薄々と感じているはずです。

関連終身雇用の崩壊はすでに終わっている!一つの会社に依存し続けるリスクとは?

大手人材サービスで仕事を探すデメリットは多い

転職先を探す際、リクルートやIndeedなどの大手の転職サービスを活用することが多いかと思います。大手転職サービスは便利で求人情報が多い反面、以下のようなデメリットも潜んでいます。

  • 担当者の提案力がない(事務的な対応になりがち)
  • 一定以上の職歴がないと相手にされない
  • 送られてくる求人が自分に合ってない

20代の未経験者にとっては、職務不十分で相手にされない、または良い求人が送られてこないで自信を失くしてしまう原因にもなりかねないので、利用する際には注意が必要です。

関連記事見込みなし!?転職エージェントに相手にされない時に試しておきたい対処法

ハローワークは特性をよく理解して活用しておく

仕事を探す際、ハローワーク(公共職業安定所)を活用してる方も少なくないかと思います。国が運営している以上、最低限の機能は揃っていますし、求人数だけで言えば大手のリクルートも越えます。

ただ、ハローワークには以下のような問題もあります。

  • 求人の質がまちまち(明らかに条件の悪いものが混ざってる)
  • 求人検索機能が使いにくい(職種/業界区分がわかりにくい)
  • 著しく質の低い職員がいる(説教をしてくるなど)

もっとも、以下のような場合はハローワークを使わざるを得ないこともあるので注意です。

  • 人材会社の少ない地方での仕事を探す時
  • 職業訓練校に通いたい時
  • 転職サービスの対象外になりやすい40歳以降の転職時

関連記事ハローワークのメリットとデメリットを徹底解説!公共職業安定所を使った方がいい人とそうでない人の違いとは?

「ハローワークを使うな!」とは言いませんが、選択肢の多い20代の若手人材はできれば民間企業の運営する就職支援サービスや転職サービスも併用しておくべきでしょう。

資格取得やスクール受講は慎重に判断する

職務経験がないうちは、資格やスキルの取得やスクールに通うなど「何らかの形になる結果がほしい」と意識が向きがちです。

とくに多いのが、本来は資格を取得しなくても就職・転職できたかもしれないのに、長い時間やお金をかけて大して転職活動に役に立たない資格を取ることに労力を割いてしまう人です。

資格に関しては以下の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

また、最近ではオンラインのプログラミングスクールも登場していますが、明らかに料金を取りすぎな業者や、無料な代わりにカリキュラム内容がよくない業者も増えているので、事前にしっかり学習内容や就職斡旋先も確認した上で選びましょう。

スキルがあっても選べる仕事が増えるとは限らない

日本では「スキルさえあれば仕事に困らない」という声もありますが、それはあくまで「そのスキルが市場で必要とされている限り」です。

さらに言えば「必要なスキルは各自勉強して身につけるもの」という方針の会社も少なくないため、どうしてもスキルを身につけたいのであれば、スキルが習得できる職場環境を選ぶ方が何倍も手っ取り早いはずでしょう。

ただ、世の中には「スキルが身につかない仕事や会社」も存在するので、以下の記事で把握しておくといいでしょう。

関連記事将来が不安!?スキルが身につかない仕事に共通する5つの特徴

フリーターや非正規雇用は長い目で見たら損の方が多い

20代の若者の中で、フリーターや非正規雇用を選ぶ理由として「楽そうだから…」「責任が軽いから…」というものもありますが、最近ではアルバイトや非正規雇用者でも、正社員同等の作業量を振ってくる職場は少なくはありません。

逆に言えば、正社員でも楽な仕事や責任の軽い仕事は存在します。

転職前提のキャリアが当たり前になりつつある現代では、20代の内に正社員経験があるかないかでその後に選べるキャリアの選択肢に絶望的な差がつくので、若いうちに正社員を目指しておきましょう。

関連記事フリーターはなぜダメなのか?何が悪いのかを徹底解説!

自己分析をしっかり行い自分の性格や志望動機を明確にする

転職活動が難航する人に多いのが「自己分析ができていない」という状態です。

自己分析はわかりやすく言えば「自分の性格や行動原理を追求して言葉にすること」のことです。

この自己分析は自分一人で悩んだり考えるだけでは進まないことも多く、他人からの客観的な意見や評価をもらう必要があります。

また、自己分析が不十分ですと、履歴書や職務経歴書の作成から面接のアピールまで詰まりやすいので、苦手であっても克服しておきましょう。

企業研究や業界分析をしておかないと選択肢が狭くなりがち

応募先の企業を調べる「企業研究」や、起業の属する業界を調べる「業界分析」をせず、求人情報や口コミ情報だけで企業の実情を調べようとする人も少なくありません。

そもそも、知っている業界/企業/職業が少なければ、自分から探せる求人情報が大幅に減ってしまうという問題もあります。また、求人情報を見ただけで「どのような会社で、どのような人材を求めているか?」も判断できません。

ただ、これについては企業研究や業界分析にかかる時間や、分析の精度を上げるための時間がかかりすぎるため、企業研究や業界分析を行ってくれる第三者のアドバイスや情報提供を参考にした方が効率的です。

どうしても自分で業界分析や企業研究を行いたいのであれば、Amazonなどで気になる業界に関する書籍を調べて購入しておくといいでしょう。

合わない会社には無理に入社しなくてもいい

最後に知っておいて欲しいことは、合わないと感じた会社は無理に入社しなくてもいいということです。

一つの仕事を長く続けるためのコツは「その会社に入社する納得感があるか?」だと思います。

残念ながら、企業側は自分たちが不利になる情報を隠し、納得感のない採用を行い、求職者を理不尽にコキ使っていることが多いのが実情です。

本当に「この会社で働きたい!」と思える会社と出会えるまで、転職活動を続けるのも立派な選択肢のひとつだと言えるでしょう。

20代未経験者の転職(就職)活動ならウズキャリを使うべき理由とは?

ここまで紹介した通り、20代未経験からの転職活動は失敗する要素が多いのが実情です。
このような失敗要因を避けて効率良く転職するなら、20代向けの就職支援サービスを活用するのが一番です。

ただ、最近では20代未経験人材の需要が高いため、多くのサービスが登場しており、どれを使うべきか悩む方も少なくはないと思います。
そこで当サイトで一番オススメしたいのは「ウズキャリ」という、20代向けの就職支援サービスです。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

大手転職エージェントよりも20代向けの就職支援サービスの方がサポートは強い

20代向けの就職支援サービスは「新卒から既卒/第二新卒向けの求人や就職支援に特化している」という特徴があり、とくにカウンセリング(面談や相談)に時間をかける方針が強めです。

逆に大手の転職エージェントである「リクルートエージェント」や「doda」などは求人数が多い反面で、カウンセリング面は弱くなりがちで、一人一人あたりにかける時間も少なくなりがちです。

とくに、経歴の少ない人は大手転職エージェントでは冷遇されやすいのが実情ばかりか、中には騙したり脅すような手口で無理やり応募させるような担当者がいるとの話もあります。

現役人材会社社長が悪徳エージェント(紹介会社)の手口を暴露します。

そういう意味では、最初からウズキャリのような20代未経験者向けの支援に特化しているサービスを活用し、マンツーマンのサポートを受けておいた方が失敗せずに済むはずでしょう。

20代向けの就職支援サービスは乱立しているのでウズキャリに利用を絞った方がいい

20代向けの就職支援サービスは、若手不足の会社が多い中、乱立しているのが現状です。
そうなると「どこを使うべきか?」という悩みが生まれ、転職活動に踏み切れない方も多いはず。

ぶっちゃけますと、どこの20代向けの就職支援サービスを使っても求人傾向自体はあまり変わらないのが実情です。
ですので、どちらかというと「実際に就職・転職が決まるまでのサポートはのきめ細やかさや、研修・教育の充実度」で選んだほうがいいわけです。

そういう意味でも、インターネット上での情報公開に積極的で運営方針も示しているウズキャリが一番のオススメです。

また、ウズキャリはそこまで大きくない会社ですので、LINEやChatworkでのネット経由での連絡にも対応しており、面談もネット経由で済むので、わざわざ事業所まで面談に行く必要がありません。

強いて他の就職支援サービスを挙げるなら、営業職志望なら研修がしっかりしている「JAIC」を使った方がいいかもしれませんが、そうでなければとりあえずウズキャリでいいでしょう。

ウズキャリならIT業界への転職サポートにも力を入れている

最近の若手なら、漠然と「IT業界で働きたい…」「プログラマーになりたい…」と考えてる方も多いはず。
その点、ウズキャリも若手が多いためかIT・WEB企業への紹介に強く、最近はオンラインスクールの運営も開始しています。
ウズキャリのオンラインスクールは有料ですが、他の業者よりは良心的な値段設定がされており、その後の就職サポートもしっかり行ってくれるので、気になる方はチェックしておくといいでしょう。

ウズキャリの情報はオープンにされているので信用度も高い

ウズキャリがオススメできる最大の理由として、社内で働く人や過去の利用者の情報が積極的に公開されているという点があります。

TwitterからYouTubeでも積極的に情報発信されているため、相談するのが怖いと感じるなら、まずはウズキャリ内の雰囲気を知ってから使うべきかどうか判断してみるのもいいかもしれません。

「UZUZ就活チャンネル」って何?上手に使い倒す方法教えます!【紹介動画】

筆者自身、ウズキャリを運営する株式会社UZUZと仕事のやりとりを行っていますが、普段からTwitterやYouTubeで見知った方と関わる安心感もあるので、仕事がスムーズに進んでいます。

ウズキャリの登録方法と利用後の流れ

ウズキャリの登録の流れは、以下のような形になります。

  1. ウズキャリ登録ページで個人情報を入力して登録する
  2. 面談に関しての連絡が来るので都合のよい日時を回答する
  3. 面談を行う(WEB面談可能)
  4. 以後、個別の状況に合わせて必要なサポートを行ってくれる

詳しい登録方法や登録後の流れは、以下の記事でも紹介しております。

関連記事ウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

また、登録後にウズキャリを上手く活用するためのテクニックや気をつけておくべきことは、以下の記事でも紹介しています。

関連記事ウズキャリを登録後に120%使いこなすためのマル秘テクニックを公開!

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

タイトルとURLをコピーしました