仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

【男女別】20代の平均月収を徹底解説!これが本当の平均月収だ!【厚生労働省データ参考:平成29年度版】

当記事では厚生労働省集計のデータを基に、20代の平均”月収”のデータをまとめています。

多くの転職サイトで平均月収・年収が公開されていますが、集計方法が不明で信頼性の低いものも多数見受けられます。集計方法が不明、あるいは転職サイト利用者のものの場合、平均よりも高いことが多くあるので、注意が必要です。

当記事では信頼性のもっとも高い厚生労働省のデータを基にしているため、実態とかけ離れていることはありません。

転職を考えている方や、今の収入に満足できていない人は、ぜひ参考にしてください。

参照元:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

20代前半男性の平均月収

20代前半(20~24歳)の平均月収21万円

  • 下位10%の月収…16.5万円
  • 中間層の月収…20万円
  • 上位10%の月収…25.8万円

20代前半男性の平均月収分布

月収額 全体比率
11万 0.3%
12万〜13万 1.7%
14万〜15万 5.4%
16万〜17万 13.1%
18万〜19万 21.1%
20万〜21万 23.3%
22万〜23万 16.5%
24万〜25万 9.2%
26万〜27万 4.3%
28万〜29万 2.2%
30万〜31万 1.2%
32万〜33万 0.7%
34万〜35万 0.4%
36万〜39万 0.3%
40万〜44万 0.2%
45万〜49万 0.1%

20代後半の男性の平均月収

20代後半(25~29歳)の平均月収24.8万円

  • 下位10%の月収…18.3万円
  • 中間層の月収…23.9万円
  • 上位10%の月収…31.7万円

20代前半男性の平均月収分布

月収額 全体比率
11万 0.2%
12万〜13万 1.0%
14万〜15万 2.7%
16万〜17万 4.8%
18万〜19万 8.8%
20万〜21万 14.8%
22万〜23万 18.4%
24万〜25万 16.3%
26万〜27万 11.3%
28万〜29万 7.3%
30万〜31万 4.9%
32万〜33万 2.8%
34万〜35万 2.0%
36万〜39万 2.0%
40万〜44万 1.2%
45万〜49万 0.5%
50万〜59万 0.5%
60万〜69万 0.2%
70万〜79万 0.1%

20代前半女性の平均月収

20代前半(20~24歳)の平均月収20万円

  • 下位10%の月収…15.5万円
  • 中間層の月収…19.9万円
  • 上位10%の月収…25.2万円

20代前半女性の平均月収分布

月収額 全体比率
11万 0.3%
12万〜13万 3.1%
14万〜15万 9.0%
16万〜17万 17.3%
18万〜19万 21.3%
20万〜21万 20.8%
22万〜23万 12.9%
24万〜25万 7.5%
26万〜27万 3.7%
28万〜29万 1.9%
30万〜31万 0.9%
32万〜33万 0.9%
34万〜35万 0.4%
36万〜39万 0.2%
40万〜44万 0.1%

20代後半の女性の平均月収

20代後半(24~29歳)の平均月収22.5万円

  • 下位10%の月収…16.2万円
  • 中間層の月収…21.9万円
  • 上位10%の月収…29.3万円

20後半女性の平均月収分布

月収額 全体比率
11万 0.4%
12万〜13万 2.5%
14万〜15万 6.1%
16万〜17万 9.7%
18万〜19万 14.5%
20万〜21万 17.5%
22万〜23万 16.6%
24万〜25万 12.0%
26万〜27万 7.4%
28万〜29万 4.8%
30万〜31万 3.1%
32万〜35万 2.9%
36万〜39万 1.4%
40万〜44万 0.6%
45万〜49万 0.3%
50万〜59万 0.2%
60万〜69万 0.1%

平均よりも月収が低い場合は転職すべき?

「平均よりも月収が低い?」と悩んでいて、転職を漠然と考えている人は多いことかと思います。しかしながら「転職して月収が下がったらどうしよう?」「新卒入社した会社を辞めたら月収が下がる…」と同時に不安になるものです。

結論から言っておくと、20代の方は初めての転職で月収が上がる確率は高いです。

下のグラフは大手転職エージェント「doda」で公表されているグラフですが、転職で年収アップに成功した人の転職回数を表したグラフです。このグラフからわかる通り、転職市場を意識したキャリアづくりをしておけば、転職で年収が下がることはないと言ってもいいでしょう。

また、年齢別のグラフを見てみるとわかりますが、20代前半であれば24歳以下であれば年収40万円、20代後半となれば年収50万円のアップが見込めます。平均13%以上もの収入アップにつながるので、中途採用されやすい20代のうちに転職を考えておく価値は十分あると言えるでしょう。