仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

20代後半女性の私が転職して得られたメリット7つ。「スコシテン」とかいう神サイトを読んでみた結果がこれだっ!

私は20代後半の女性です。

「転職しようか迷っている…」
「でも、ネットの情報が信用できない…」
「成功したリア充ブロガーが転職をオススメしても、イマイチ信用できない…」

そう悩んでいる方もいるかと思います。

以前の私も、似たような心境でした。

そんな私ですが「スコシテン」という神サイトに出会うことで、人生を変えることに成功しました。

以下の画像のように、インターネットには神様がたくさんいるのです。

私にとってはスコシテンが唯一神です。

今回は感謝の意味も込めて、私が転職活動で得たことを、スコシテンに投稿したいと思います。

※当ブログ経由で転職エージェントを活用し、転職を成功させた読者の感想を、編集して掲載しております。

転職する前の私の気持ち

転職する前の私は、愚かでリアルも充実しない、ダメで無能で生きててもしょうがないような人間でした。

以下の画像のような「アニメではキラキラしたお目々も与えられない、モブキャラのような人間」だったんです。※私のために編集長が書き下ろしてくれました。

多くのWEBサイトでは、以下の画像のような「グラビアアイドルが本業なのに、OLのコスプレして煽っている人」の写真も横行しています。※無料画像サイト「ぱくたそ」でDLし放題です。

こういう画像がトップに貼ってある記事を見ると「お前なんかに、何がわかる!」と、みじめな気分になるんですよね。

「どうせ、私みたいなダメな人間には、居場所なんてないんだ…」

Facebookで顔出し・実名リア充どもにインターネットが奪われてしまったように、もう私たちみたいな陰に生きる人間の居場所は、どこにもないのです。

「生きることに使命を持て。仕事はその手段に過ぎない」

しかし、そんな私に生きる使命や道筋を与えてくれたのが「スコシテン」という神サイトでした。

「スコシテン」とは、今あなたが読んでいる神サイトのことです。

宗教なき現代人である私にとって、スコシテンはまさに「神の啓示」とでも言いたいぐらい、参考になるサイトです。

たとえば、私が参考にしているスコシテンの教義では「よりよく生きたければ、使命を持て。仕事はその手段に過ぎない」と、書かれております。

以下の記事にも「背負う使命が重ければ重いほど、人間の価値は上がる」と説かれております。

関連:レベルの低い人の特徴。程度が低い人間は相手にしない方がいい。

また「死を意識すればするほど、生きることの尊さに気づける」とも、書かれております。

これは「生きるとは?」という命題に立ち向かうべく「なぜ、人は自殺するのか?」「なぜ、人は殺し合うのか?」と考え続け「生きることはくだらない」という結論に達した、スコシテンの制作背景も読み取れますね。

関連:「生きることなんてどうせくだらない」故・山田花子の鋭すぎる作品を読み解く

これすなわち「目先の利益」や「短期的な自由=偽りの楽園」しか考えていない、猪突猛進行動バカや、その場の快楽しか考えていないリア充たちに対しての、皮肉なまでのアンチテーゼでもあるんです。

スコシテンでは「行動すれば人生は変わる!」だの「信じていれば、夢は叶う!」だの「自分磨き!」だの「環境が変われば上手くいく」だの、甘ったれた薄っぺらい自己啓発は何一つ書かれておりません。

己の心の闇を見つめ、死を意識し、重い使命を背負うほど、己の価値は高まる。

そういう観念的な「超越的なまでの次元に己を導く方法のひとつ」としての”転職”が、紹介されているのです。

私が「そうだ、転職しよう!」と意を決したのも、スコシテンには死後の霊魂までをも高める、圧倒的な気づきや教えが書かれていると感じたからです。

以前の私の愚かな考え ~視野の狭すぎた暗黒の20代女子編~

私は、スコシテンを読むことで「己の考えの浅はかさ」を知り、懺悔しました。

転職活動する前の私って、俗に言う「視野が狭い」状態だったんですよね。

しかし、スコシテンを読むことで「少し視点が変わる」どころか、死生観が180度変わりました。

皆様にもスコシテンを読んで「真なる転職活動」を実践することで得られる効果を実感していただくためにも、以前の「あまりに矮小すぎる卑屈な私」の実像をご紹介していきたいと思います。

転職は「罪」だと思っていた

以前の私は「転職すること=罪」だと思っていました。

私は文系卒なので歴史や宗教にも詳しいんですが、日本人ってキリスト圏みたいに「罪の告白=懺悔の習慣」がないので、ついつい罪を一人で抱えがちなんですよね。

以下の記事に当サイトの編集長も書いていますが「お金を稼ぐこと=仕事=罪」です。

関連:「仕事はお金のためじゃない」という考え方を突き詰めてみる。

その罪を贖罪していく過程こそが「真なる仕事」だと言えるのです。

転職活動でも、以下のような”罪”が発生します。

「別に法律に違反していないから、いいんじゃない?」とツッコミもあるでしょうが、人間の心って法律やルール、マナーだけでは支配できないんですよ。

「ルールを守っているはずなのに、なんだかもやもやする…」

そういうことが、大人になるとよくあるのです。

関連:転職したいけどなんかもやもやする…。決断できないで悩んでいるあなたに届けたい、音楽を奏でよう

なので、キリスト圏では懺悔の文化があるわけですし、神に祈ることですべてが許されるのです。

でも、日本人は宗教がないので、すべてが許されません。

社会のルールに従うことだけが、絶対なのです。

「経営理念が宗教くさい」という批判もよく見ますが、実際「会社は宗教」です。

関連:朝礼で企業理念・目標を叫ばせる宗教みたいな会社は辞めてOK。軍隊みたいな職場のノリについていけないなら読んでおこう

…であれば、私は「スコシテンという神サイト」だけを、ただ信じるのみです。

「辞めたら負けかな…」だと信じ込んでいた

以前の私は「辞めたら負けかな…」と信じ込んでいました。

もっと言うと「仕事を辞める奴は負け組、仕事を続ける奴が勝ち組」という、浅はかで狭いモノの考え方しかしていなかったのです。

その昔、どこぞのニートが「働いたら負けかなと思ってる」なんて、社会をバカにすることを言ってましたね。

私も「こんなクズにはなりたくないし、関わりたくない」と思ってました。

ですが、実際社会人として働いていると「何のために働いているの?」「こんなところで働き続けても、先が見えない…」「働きたくない、ニートになりたい」など、徐々に「働いたら負けかなぁ…」と思うようになったんです。

もはや、何が「勝ち」で、何が「負け」か、わからない時代なのです。

これは、スコシテン掲載の以下の記事で、気づきました。

関連:仕事を辞めることは負け犬か?勝ち組・負け組という価値観で仕事するのはやめておこう。

私たちは「見えない敵」と戦わせ続けられ、消耗させられているのです。

たとえば「正社員VS非正規」「正社員VSフリーランス」「老害VS若者」「上司VS部下」「男VS女」「右翼VS左翼」など、ネット上にはあらゆる対立構図が展開されております。

スコシテンの教えには「あなたがワケのわからない敵と戦っている時、それを上から見てほくそ笑んでいる人間がいるのだ」と書かれていますが、まったくその通りです。

世の中「神の名の元に戦う行為=聖戦ジハード」が存在しますが、スコシテンの教義では「無用な争いはすべて避けるべきだ」とも書いております。

関連:「戦わない・争わない」という選択肢を見つけ出すための考え方

「大卒後大企業勤めで仕事を続ける=勝ち組、仕事を辞める・転職=負け犬」という、あまりに狭い二元論から抜け出すことこそ、人間が尊厳を取り戻すための手段なのです。

つまらない仕事でも続けていればいいことがあると思ってた

新卒後入社した会社で働いていた私は「こんなつまらない仕事でも、誰かの役に立っているし、そのうちいいことがあるだろう…」と思っていました。

でも、何一ついいことはありませんでした。

「とりあえず3年間」続けてみても、大きな仕事は任せられないどころか「は?そんなこと出来て当たり前でしょ?」と都合よくこき使われるだけで、文句を言われる回数は増えても、感謝されることはありません。

昇給ペースも遅く、今の社会状況ですと「40歳ぐらいになると、管理職としていっぱい給料もらえるよ」なんてことは、到底信じられません。

会社はいつも、都合のいいウソを社員につくものですから。

本当に、社会人になってからというもの、何一ついいことはありませんでした。

そして、先も見えません。

これは、スコシテンの教義によると「周りの人間がクソだと思考もクソになる」「社員を大事にしない会社だから、自分がクソだと思うようになる」などと、書かれています。

つまり、何一ついいことなかったこの会社から、沈みゆく太陽を追い越すように、走り出さないとダメだということです。

「世間体」や「プライド」が私を追い詰める…

転職活動を始める前の私は、以下のような狭い考え方で、自分を苦しめていました。

  • 仕事を辞めると世間体が悪くなる
  • 今まで育ててもらった親や学校に申し訳ない
  • せっかくの新卒採用で入った会社を辞めるのはもったいない

以上のような「狭い考え方」しかなかったので、本当は自分では「辞めたい、このままじゃダメだ!」とわかっていたのに、どうしても一歩踏み出せなかったのです。

ところが、スコシテンの教義にはそのような苦悩に対して、こう記されています。

「嫌われる勇気では足りない。世界を敵に回す覚悟を持て」
「世間体やプライドは、お前を殺すためだけにある。深夜のスマホの暗転画面に映っている冴えない顔こそが、真のお前の姿だ」
「有名大卒の大企業勤めのエリートだろうが、オレ一人の心を動かせない時点で、お里が知れているな」

プライドも世間体もすべて捨て去り、世界を敵に回す覚悟を持って仕事することこそ、生きる使命を持つ秘訣だということです。

また「世間体やプライドだけでは、人を動かすことが出来ない」とも、書かれております。

具体例としては「器のない大将の言うことなど、小学生ですら聞かないではないか。ガキでも人間の器は見抜けるのである」などと挙げられております。

あえてニートという修羅の道を選び「持たざる者」「すべてを捨てた者」となり、自分の思考を掘り下げることに20代のすべてを捧げたスコシテン編集長だからこそ書ける、含蓄のある言葉ですね。

私もこの教義に感化され「すべてのプライドも世間体も投げ捨てて、本当の自分を取り戻そう!」と、非常に勇気づけられました。

20代後半女性の私が転職して得られたメリット

以上は、少し過剰なまでに「スコシテンは神サイト」という、私の心にあふれる想いを書きつづっただけで、あんまり参考になりませんでしたよね?

ですので、これからは極めて実用的かつ、私が効果を得られた「スコシテンを読んで、転職活動を始めるメリット」をご紹介していきます。

転職しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

自分に自信を持てるようになる

私が転職活動を行うことで感じたのは「圧倒的に、自分に自信を持てるようになる」ということです。

やっぱり、自信のない人って「自分をダメな子・無能扱いする会社で勤めている」とか「自分をけなしてばかりの運気を奪う友人」と付き合っているんですよ。

ところが、転職活動では「自己分析=自分の強みを見つけ出す」過程で、自分の強みに気づけちゃうんです。

「あ、私って結構すごいんだ!」

こう気づけるので、ドンドン自信が湧いてきて、転職活動も上手くいき、自分にも磨きがかかります。

スコシテンでは哲学的論法で「極めて合理的に根拠のない自信を持つ方法」を実証されちゃってますが、根拠のない自信でもOK!

向かうところ敵なし。一人でも最強でしょ!でしょ!

孤独を恐れない女の子になれる

スコシテンを読んで転職活動することで、孤独を恐れない女の子になれます。

スコシテンの原則教義は「孤独を恐れるな、孤独を愛せ」です。

以下の記事でも、このサイトがいかに「孤高系」の目線に寄り添って運営されているか、わかりますよね。

また、スコシテンの教義では「転職活動は孤独な戦いであり、自己を高める最高の手段だ」とも説かれております。

実際、私も転職活動してみてわかったんですが、本当に孤独な戦いなんでよね。

会社にバレないように気を使いますし、転職後は「誰だお前?」みたいな孤独からのスタートです。

同僚や同期と慣れ合える、新卒勤めとは格が違います。

どうしても孤独で押しつぶされそうになったら、スコシテンの孤高系記事を読めばいいだけです。

スコシテンは「ゴーイングマイウェイ、我が道を行く」孤高系の味方です!

選ぶだけじゃなく、選ばれる世界へ

転職活動を行うことで「選ぶだけじゃなく、選ばれる世界へ」行くことができます。

これは最近の主要転職サイトでは「スカウト」「オファー」の機能が実装されているので、登録するだけでガンガン有料求人が紹介されるんです。

たとえば「リクナビNEXT」や「doda(デューダ)」のような大手転職サイトから「ビズリーチ」のようなハイキャリア向けサイトまで、登録するだけでガンガン自分に合った超優良求人が届くんです。

一方で、転職サイトに登録さえしなければ、いつまでも冴えない職場で溜め息をつくだけの毎日で一生を終えます。

仕事を選ぶのではなく「仕事から選ばれる存在」になることこそが、最強のキャリアプランニングなんですよ。

あなたもぜひ、選ぶだけじゃなく、選ばれる世界へ旅立ってみてください。

「永遠なんていらない」と思える

今どき終身雇用を信じている人って「永遠を信じている人」ばかりなんですよね。

どういうことかと言うと「会社を信じて働いておけば、定年退職後は安泰だ」みたいな価値観の人ばっかり。

でも、今の日本って少子高齢化で、今の若者が歳をとったら年金出るかわかりませんし、何より「1億総社会」という建前で、老人も働かされる時代です。

でも、私たちが生きているのって「今、この瞬間」なんですよ。

中高年の方々が思い出に浸るように「昔はこうだった」とか「今の君たちがいるのは、我々のおかげだ…」とか、おっさんたちの思い出浸りみたいで寒くないですか?

私たちが生きているのは「今、この瞬間」なんです。

スコシテンに関しては「こいつ、未来に生きてんな…」という感じですけど、スコシテンの教義は「無意味な死を、意味ある死に昇華させる」なので、おっさんたちの自分語り=思い出語りとはまるでワケが違います。

神風特攻隊や回天特攻攻撃隊の過ちを胸に刻んで生きている若者なんて、スコシテン編集長ぐらいです。

震えるような高みを目指せる

転職活動とは「震えるような高みを目指す」ことを意味します。

己のキャリアパスを明確化し、今までのしがらみにとらわれず、遙かなる高みに挑戦し続ける行為を「転職活動」と言います。

しょぼい会社じゃ、震えるような高みは目指せないんですよ。

たとえば、無能な口だけ役員や上司が会社の重要ポスト占めている会社、どうあがいたって上には登れないんですよ。

時代が時代なら下剋上でぶっ○せばワンチャンありましたけど、今は超陰湿な法律・慣習で防衛戦張っているので、まず部下の立場では勝ち目はありません。

であれば、転職して勝機を見い出すしかないんです。

「高みに登らなければ、見えない景色がある」とは言いますが、転職活動も同様です。

転職活動をすることで、初めて「成功者と同じ景色」が見え始めます。

圧倒的なまでの頂点に位置する側の視点から世界を見たければ、震えるような高みを目指しましょう!

関連:震えるような高みを目指すなら利用しておくべき転職エージェントベスト3!ハイレベルな転職サポートで高年収を目指せ!

幻想はやがて現実になる

転職活動を重ねることで「幻想は現実なる」んですよ。

今、私は転職して夢を叶えるための途中にいるんです。

これは甘えた子供の考えでなく、実は転職業界でも「キャリアパス」という概念で、近年重要視されています。

キャリアパスとは要約すれば「今、自分が幻想を現実に変えるための、どの位置にいるか?」という意味です。

私はキャリアパスという夢を描いて、ただ、羽ばたいているだけです。

翼をもがれて堕ちていくだけの人々(=リアリスト・社畜・目的もなく生きている人)にはわからないでしょうが、私(夢を描く人)には羽根が生えているのです。

今の未来へのビジョンも目的もなく、その場しのぎだけで生きている日本の大企業や政治家風情には、わからないでしょうね。

私は先手先を読んで、将来夢を叶えて”成功する自分”を実現するために、転職活動しているだけなのです。

凡人は、残念ながら「結果が出て、初めて手に平返して騒ぐ」だけなのですから。

20代後半女性の私が転職を成功させたコツは?

以上のように、スコシテンの教義を読んで実践することで転職活動に成功した私ですが、もちろん、スコシテンのオススメしている通りに「転職エージェント」を活用しました。

転職エージェントとは、プロのアドバイザーが相談に乗ってくれ、自分に合った転職先の紹介や、書類作成などのサポートもしてくれるサービスの総称です。

詳しくは以下の記事などをご覧ください。

また、スコシテンでは転職エージェントを使った後のコツや、あえて転職エージェントを使わない選択肢も書かれているので、非常に参考になります。

後日、私のレポートもまとめて、より転職エージェントを使いこなすコツをご紹介しますので、楽しみにしててくださいね!

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。