差が開く29歳と30歳の転職の違いは何?29歳からの転職が難しいと悩んでいる人が知っておきたい事実とは?

29歳というと、20代最後の年齢ですね。

29歳は転職市場において、20代の強みを活かせる最後のチャンスです。

30代になると、企業人事も「30代」という視点で採用を決めるため、求められる能力のハードルがグーンと高くなります。

「29歳と30歳じゃ大して違わないだろ…」と思われる方もいるかもしれませんが、現実は違います。

29歳であれば「まあ、20代だし」という心理が働きますが、30代になってからは明確に「30代として」という心理が働きますからね。

企業の人事も人なので、そういった心理は抱くものです。

そのため、29歳は「20代」という人事の心理ハードルの低さを有効に使える、最後のチャンスとなります。

もしあなたが転職について悩んでいるなら、今すぐ行動するべきです。

今回は、29歳の社会人が確実に転職を成功させる方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

29歳の転職では20代の総括をしよう!

転職に必要なのは「徹底した自己分析」です。

「なんとなく転職したい」
「もっと年収上がらないかな」
「今の職場が嫌だから…」

…なんて、消極的な理由では、転職を成功させるのは難しいです。

また、どんなに現職ですごい成果を出せた人でも、自己分析が曖昧なら「たまたま現職で成果を出した人」という評価しか得られません。

そのため、まずは20代での社会人経験で培った経歴を、洗いざらい上げて、自分の強みを見つけ出さなければなりません。

とはいえ、20代の経験全てを挙げていくと、キリがないので、まずは企業がとくに29歳の人材に求める点を紹介していきます。

29歳の転職に求められるのは”適応力”

転職において重要視されるのが「適応力」ですね。

どんなに現職ですごい活躍をしていても、他の会社に行ってポテンシャルを発揮できないのであれば、新人と変わりないわけですからね。

たとえば、

  • 円滑な人間関係の構築方法
  • 最新の技術や知識を常に勉強し続け、成長してきたか
  • 様々な部署や案件、取引先とのやりとりを経験してきたか
  • どれだけのプロジェクトに関わり、実績を上げてきたか

…などが、とくに問われます。

社内でのうのうと言われるがままに仕事してきた人では、こういった自己分析をすることも難しいはずです。

逆に、明確な意識を持って会社で働いていた人は、仕事や自己学習の動機もはっきりしていたはずですので、ひとつひとつの経験が強みとして活かせるはずです。

29歳の転職に求められるのは”マネジメント能力”

また、29歳の転職に必要なのが「マネジメント能力」、つまり人材育成経験ですね。

30代からは、中間管理職経験はともかく、後輩への指導力も必要とされる年齢です。

組織というのは、年齢が上がるほど、技術力や現場経験よりも「マネジメント能力=指導力」が要求されるようになります。

新たな転職先では、前職の経験や知識が評価され、ノウハウを活かさなければならないことも多くあります。

その際に、前職でどれだけ人材育成の貢献してきたかは、ひとつの評価ポイントになるわけですね。

現職で後輩や部下にまともに指導もせず、自分の仕事だけしかこなしてこなかった人は、その程度の評価しかされませんし、企業からしてもあまり魅力的な人材には思われません。

29歳の転職に求められるのは”飛び抜けた技術力・経験”

ただし、適応力やマネジメント能力がなくても、それをはねのけるほどの技術力や経験があれば、転職することも可能となります。

とくに専門性の高い技術や知識での制作実績であったり、業界内での外国語での取引実績などは、高く評価されます。

なぜなら、それは他人では替えの利きにくい、希少性の高い優秀な人材である証拠だからです。

適応力やマネジメント能力に関して言えば、誰でも努力次第でどうにかなる能力ですが、専門性の高い実務経験というのは、その業界内で勤務しなければ身につかない能力ですからね。

コミュニケーション能力に不安な方でも、専門性の高い能力に自信があるなら、積極的に転職活動しましょう。

29歳の転職は”転職動機”を明確にしよう

また、転職において重要なのは「転職動機」ですね。

「絶対にこの人材が必要不可欠だ!」と相手の企業に思わせる、必然性がなければ、企業としてもなかなか採用には踏み切れないものです。

自己分析同様、志望動機が曖昧ですと、採用は見送りにされやすいです。

とくに転職において求められやすい、

  • 年収
  • 待遇(労働時間、休日など)
  • 生活との兼ね合い(結婚、育児、ライフワーク)
  • 社内の人間関係や社風など、企業との相性

…といった要素は、どれが大事かしっかり定めておきましょう。

どこかしら妥協しなければ、自分に合った職場はなかなか見つかりませんからね。

年収を上げるのは難しめです

中でも、年収を上げるための転職はかなり困難と言えます。

極論で言えば、年収が下がってもいい場合は、転職はかなり容易になりますし、自分に合った職場を見つけられます。

相手側の企業としても「年収が下がってでもウチで働きたいのか!」と、採用にも積極的になります。

ところが、年収アップが希望の求人では、相手としても採用に慎重にならざるを得ないからです。

とくに、どの業界も努力だけでどうにかできる「適応力・マネジメント能力」といったコミュニケーション面だけでは、なかなか年収アップは見込めません。

というのも、単純にライバルが多いため、業界内での市場価値なども評価に反映されるため、どんなに現職で成果を出していても、正当に評価されにくいからですね。

たとえば同程度の能力の人材だとしても、金回りのいい競争の激しい業界と、安定しているけど金回りは普通程度の業界なら、前者の方が評価されます。

そういった、現職での評価を吹き飛ばすには、やはり徹底した自己分析により、自分だけしかできない個性的な能力をアピールして、強気で攻めていく必要もありますね。

転職エージェントで転職しよう

20代最後の29歳で転職を成功させるなら、まずは急いで転職エージェントに登録し、面談を受けることを強く推奨します。

転職エージェントは利用は無料で、企業側が費用を負担しています。そのため企業側は、より優秀な人材を求めていることが多く、年収アップの見込める求人も少なくはありません。

また、エージェントと呼ばれる担当者が、自己分析や履歴書・職務経歴書の作成、そして面接指導も行ってくれます。さらに、転職希望者の前評判を企業に予め報告してくれるため、年収アップの見込める転職を成功させやすいサービスです。

年収アップに成功した最近の転職者は、ほとんどの方が転職エージェントを利用しています。

逆に言えば、自分だけで転職活動している人は、よっぽど運や人脈がない限りは、年収アップは見込めませんね。

20代最後のチャンスを棒に振らないためにも、まずは転職エージェントに登録して、自分に合った求人を見つけ出しましょう。

タイトルとURLをコピーしました