独身女性は仕事に集中するべき?仕事しかない女のキャリアはどうする?独身女性の転職事情は?

男女共同参画社会が叫ばれて久しいですが、女性のキャリアはまだまだ厳しいものだと言えます。

とくに独身女性は30代を越えると婚活市場や転職市場でも年齢面で不利になりやすいため、

「キャリアを取るか?」
「結婚に向けて活動するか?」

…と悩む年齢だと言えます。

周りに結婚を急かされるけど
出来れば仕事に集中したいし
でも将来のことを考えると不安…

まだまだ、日本では男社会の風潮が残っているため「女性は結婚して家庭を持つもの」という価値観の押し付けが強く、独身女性はキャリアやライフプランについて悩むことも多いことでしょう。

そこで当記事では、独身女性の仕事に焦点を当てて、今後のキャリアをどうするべきかを解説していきます。

スポンサーリンク

仕事しかない独身女性は仕事に集中した方がいい?

仕事しかない独身女性は仕事に集中した方がいいのでしょうか?

結論から言えば
本人の経歴・キャリア次第だな…

具体的に言うなら男性と平均年収が同じ程度であるなら、独身女性であってもキャリアウーマンとして経歴を積んでいく方向性もありだと言えます。

参考までに男女別の平均年収を紹介しておくと、

20代男性:369万円
20代女性:319万円

30代男性:481万円
30代女性:375万円

…という集計結果が出ています。

年代平均年収
全体男性女性
20代345万円369万円319万円
30代442万円481万円375万円
40代507万円567万円401万円
50代以上622万円671万円428万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

げぇえ…
私こんなに年収もらってないかも…

あくまで転職サイトの調査結果なので
実際の平均値はこれよりも下だと考えて見ておこう

独身女性がキャリアを考える際、平均年収をひとつの目安とするのであれば、30代男性の平均年収である450万~500万円あたりが、仕事に集中するか否かの判断ラインだと言えるでしょう。

ただし、派遣社員として働きながらプライベートの時間を確保することを優先していたり、賃金相場の下がる地方住まいの女性であれば、もっと下のラインの年収を基準にしてもいいかもしれません。

でも仕事が楽でそこそこ稼げれば
別に年収はほどほどでも良くないですか?

「年収が上がらない
=役職がつかない
=いつまでも同じ仕事が続く」

こう考えてみると
今の職場で定年退職まで
働き続ける自信はあるか?

正直、ないです…

ここで平均年収を目安としているのは年収の数字よりは、

「仕事にやりがいを感じなくなる」
「いつまでも同じ職場で働く閉塞感」
「役職がつかない不公平感」

…と言ったリスクがあることを考えておきたいからです。

年収だけが仕事のすべてではありませんが、女性は年収面・待遇面でもまだまだ不遇な状態が続いているので、仕事に集中してキャリアを積む場合は、男性よりも不遇な扱いを受けやすい現実は考慮しておきたいところです。

30代以降の独身女性は職場で辛い思いをしがち?

30代以降の独身女性は職場で辛い思いをしがちという意見がありますが、これには以下のような理由があります。

▼30代以降の独身女性が仕事で辛い理由

  • 周りから「結婚しないの?」と聞かれる度に劣等感を感じる
  • 若い女の子が優遇される場面が目について嫉妬してしまう
  • 女性の管理職・マネージャー採用に消極的な会社では昇進できないことも多い
  • 今までキャリアを考えてこなかった人は転職も不利になりがち

30代以降の働く独身女性の意見を見ていると、

「独身であることに引け目やコンプレックスを感じる機会が多くなる」
「若い女性が露骨に優遇されているところを鼻につく」
「男尊女卑の考え方で仕事でも過小評価される」

…など、結婚に対する価値観の違い、性差・年齢による仕事で不当評価を辛いと感じることが多くなります。

別に結婚なんかせずとも仕事があるし…

もちろん「仕事しかない!」と自分に言い聞かせ、仕事に打ち込みバリバリのキャリアウーマンとして働くのも、立派な選択肢だとは思います。

ただ、現実問題として、女性の社会進出に消極的な企業が多かったり、女性の幸せ=結婚と考えている人が多い以上、価値観が合わずに周りから理解を得られない機会は増えてしまうのです。

世間体や周りの不当評価を気にせず仕事に打ち込めるのであれば、女性でも独身を貫きながらキャリアを積む選択肢はありかもしれませんが、そうでなければ結婚も念頭に入れたキャリア形成をしておくと、後々の人生でも後悔は少なくなるはずです。

婚活市場では30代以降の独身女性は不利になりやすい?

よくネットでは「30代以降の女性は婚活が不利になる」という意見があります。

たしかにプロフィールやステータスだけで見れば、30代以降の女性は婚活で不利になりやすい側面はあるでしょう。

ですが、30代以上向けの婚活サービスを利用したり、年齢以外の魅力(見た目、性格、収入や経歴)を使えば、いくらでもチャンスはあると言えるので、30歳を過ぎたからと言って諦める必要はないでしょう。

むしろ、中途半端にダラダラ働き続けるよりは、30代独身女性は婚活と仕事の両方に時間を使っておく方が、将来性を考える上では堅実かもしれません。

30代独身女性でも恋愛・結婚市場では
需要があるんですかね…?

間違いなくあると言えるぞ!

近年の日本では、働き方も恋愛・結婚観も多様化しているため、自分では考えられないようなニーズも存在します。

そのため、30代以降の独身女性でも出会いの場や婚活に使うサービス・ツールをしっかり使い分けることで、キャリアと恋愛・結婚の両立がしやすくなってると言えるでしょう。

30代以降のハイステイタスの独身者が集う
『Fusion Bridal』ではキャリアと結婚を両立したい方に
オススメできる婚活サービスです

Fusion Bridalは、30代・40代のキャリアのある男性・女性の登録者が中心の婚活サービスで、登録者6万人越え、年収の高い職業や社会的地位のある職業の登録者が多く集まっています。

登録の際には、結婚・職業状況を確認できる公的書類の提出が必須で、入会費や月の会費もかかりますが、その分結婚意識の高い人や収入のある人と出会える可能性が高くなるので、30代以降の独身女性で仕事も結婚も本気で取り組みたい方は必見です。

Fusion Bridalを見てみる【登録5分】

30代以降の独身女性の転職キャリア|派遣社員として働く場合

30代以降の独身女性が転職を意識してキャリアを積む場合、まずは派遣社員として働くという選択肢が出てきます。

▼30代以降の女性が派遣社員としてキャリアを積むメリット

  • スキルを積めば様々な職場で通用しやすい(とくに事務関係)
  • 結婚・出産を考えている場合、人生設計の融通が利きやすい
  • しっかりとした派遣会社に登録しておけば職場を替える際もスムーズ
  • 女性の働き方や価値観に理解のある派遣会社・社員が多い

読者の中で既に派遣社員の方もそうでない方も、仕事・プライベートを両立した働き方を意識するのであれば、派遣社員としてキャリアを積むことは現実的な選択肢だと言えるでしょう。

でも派遣社員って年収や待遇面では不利じゃないですか?

たしかに正社員と比べると年収は劣るかもしれないが
以下のような点では正社員よりは優れているぞ!

▼派遣社員が正社員よりも優れている部分は?

  • 社会保険・福利厚生が充実している
  • キャリア支援・資格取得のサポートあり(下手な企業よりも充実)
  • 転職する際に派遣会社を通せばスムーズに行く
  • 正社員と比べ責任の軽い仕事が主なので合わない職場は辞めやすい

何かと勘違いの多い派遣社員ですが、制度と性質をよく理解し、派遣会社を上手く活用すれば柔軟なキャリア形成が出来るのです。

そのため、派遣社員は仕事とプライベートを両立させたい30代以降の独身女性にとっては堅実な選択肢だと言えます。

正社員ではなく派遣社員を選ぶメリットは
以下の記事でも解説しているぞ!

派遣社員として働くためには、派遣会社への登録が必須となりますが、面談ありの派遣会社でしっかりと話し合った上で、自分に合った職場を紹介してくれる会社の利用をオススメしておきます。

30代以降の独身女性で
派遣社員としてキャリアを積むなら
テンプスタッフ」がオススメです!

テンプスタッフは全国展開の大手派遣会社で、様々な職種・業種に対応している上、女性の働き方に対しても理解の高い派遣会社です。

初回面談さえ済ませてしまえば、求人応募や保険の管理などはネット上でも行えるので、効率よく仕事探しと情報管理をすることができます。

また、テンプスタッフは大手ならではの福利厚生・社会保険が充実しており、結婚・育児に関する支援実績も豊富なので、独身女性の中でも結婚を視野に入れている人なら登録しておく価値はあると言えるでしょう。

テンプスタッフを見てみる【完全無料】

30代以降の独身女性の転職キャリア|正社員として働く場合

30代以降の独身女性で、バリバリのキャリアウーマンとして働く意欲のある方は、正社員として挑戦し続ける選択肢もありでしょう。

ただ、その際は以下の点に注意したキャリア形成をする必要があります。

  • 女性の活躍・昇進に理解のある会社で働く
  • 女性の管理職・マネージャー採用実績のある会社で働く
  • 女性でも活躍実績のある職種・業種を選ぶ
  • 育児休暇の実績のある会社で働く

とくに考えておきたいのは、30代以降は管理職・マネージャー目線での経歴が求められるようになるので、女性の管理職・マネージャー採用に意欲的な会社で働かなければ、チャンスが得られないこともあるということです。

あ~うちの会社
女性に管理業務やらせたがらないかも…

正社員として長く働く意欲があったとしても
30代以降でチャンスが得られにくい職場は
出世・昇進・昇給にも期待できないので転職を考えておくべきだな!

30代独身女性が正社員としてキャリアを積む場合、一番考えておくべきことは「この会社で定年退職まで自分は働けるか?」という点です。

仮に読者の方が「女性だから…」「独身だから…」という理由で社内で不当な評価を受けていると感じるのであれば、それは転職活動を通してキャリアを見直す時期に来ているのかもしれません。

でも転職活動って情報が多くて
一体何からすればいいかわからないんですよね…

それなら一度「転職エージェント」
キャリアアドバイザーに相談してみるといいぞ!

転職エージェントというサービスを利用すれば、転職に関する悩みの相談やこれからのキャリア形成に関して具体的なアドバイスをもらうことができるので、キャリアや転職について悩む30代以降の独身女性は使っておくべきでしょう。

転職エージェントって相談だけでもOKなんですか?

転職エージェントは登録も相談も無料で、必ずしも使ったからと言って転職する必要はありません。

その場合、登録時の転職期間を「未定」としておいたり、初回面談時で「転職に関する情報が知りたい」と伝えておけば、エージェント側からも急かされることはないでしょう。

最後に当サイトで厳選した
オススメの転職エージェントを紹介していくぞ

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも国内No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」は必ず使っておきたいです。

▼リクルートエージェントの特徴やメリット

  • 人材業界No.1最大手の転職エージェント
  • 転職成功実績40万件以上
  • 求人数最多、大手・有名企業求人の取扱多数
  • 面談までのスケジュール調整がスムーズ
  • 面談拠点全国(電話・メールだけでも可能)
  • スマホアプリひとつで連絡対応可能

リクルートエージェントでとくに注目したいのが、

「圧倒的求人量」
「スピーディなサポート対応」
「スマホアプリでの効率的な連絡体制」

…の3つです。

「リクルート」は知名度もバツグンなので
信頼性も高い業者ですからね!

うーん
でも僕はリクルートには苦手意識があるなぁ…

そういう人もいるだろうから言っておくが…
多くの転職採用をしている企業が
「まずはリクルートから使おう」となるので
大手・有名企業の求人もリクルートには集まりやすい

たしかにリクルートは有名企業だけあって
求人も大手や有名企業が多いイメージがありますもんね

また人材業界の事情を少し知っていればわかるが
「他の転職エージェントはリクルートとの差別化を意識」しているので
まずは国内No.1のリクルートエージェントを使ってみて

合わないと思ったら他のエージェントを使ってみる流れがオススメだ

リクルートエージェントは業界No.1だけあって、求人量・使いやすさ・スピーディーさなどが圧倒的ですので、登録して求人を紹介してもらうだけでも便利です。

また、電話面談・メール連絡だけで転職活動を進めることも可能で、転職活動の目安は約3か月ほどです。

登録フォームに沿って入力していけば、自動で面談予定の案内が送られてくるので、少しでも転職したいと考えている人は早めに登録を済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントについて
もっと詳しく知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてくれ!

Spring転職エージェント

世界No.1の人材会社アデコの手がける「Spring転職エージェント」もオススメです。

▼Spring転職エージェントの特徴やメリット

  • 世界No.1の人材会社アデコが運営(外資系)
  • 求人は「量より質」の傾向で情報の精度が高い
  • 求人情報に広告色が一切ない
  • 担当者の求人提案力に期待できる
  • 担当者個人が利用者と企業の仲介を担う

とくにSpring転職エージェントで注目したいのは
「両面型コンサルタント」と呼ばれる仕組みだ

うーん…
これって何か違いあるんですか?

面談担当者が「企業」「利用者」どちらも担当するので
より詳しい転職先の情報提供や事前の根回しに期待できる

国内の転職エージェントだと
「企業」に営業する担当者と面談担当者が別々なので
情報の精度や事前の根回しは落ちるわけですね…

そうそう
国内大手は「質より量」だとするなら
Spring転職エージェントは「量より質」に期待できる

Spring転職エージェントは外資系運営だけあって「求人の量より質重視」という運営体制が強く、転職に対する納得度や情報の精度にこだわりたいのであれば、非常にオススメできる転職エージェントだと言えます。

また、Spring転職エージェントは担当者個人の裁量幅が大きいため、転職に関する連絡も融通が利き、非常に満足度の高い転職につながりやすくなります。

リクルートエージェント同様、外資系として世界No.1の実績を持つ最大手人材会社ですので、気になる方はSpring転職エージェントの登録もお忘れなく。

Spring転職エージェントについて
もっと知りたい方は以下の記事を読んでみてくれ!

ハタラクティブ

20代向けにオススメの転職エージェントが「ハタラクティブ」です。

▼ハタラクティブの特徴やメリット

  • 20代向けの転職エージェント(就職支援サービス)
  • 経歴不問、既卒・第二新卒・フリーターから中卒・大学中退者まで対応
  • 転職エージェントと違って職務経歴書入力の手間なし
  • 書類選考なしで企業との面接可能
  • 親身な面談(カウンセリング)対応に期待できる

ハタラクティブは20代向けの転職エージェントだ

他の転職エージェントと何が違うんですかね?

どちらかというと20代向けのエージェントの場合は
「就職活動やり直し」という側面が強い
そのため「就職支援サービス」という名称が使われている

※仲介業者を経由して転職サポートしてもらえるという点では、転職エージェントと大きな違いはない。

就職活動のやり直し…?

たとえば
「ブラック企業に入社して自信がなくなった…」
「早期離職したので正社員に戻れるか不安…」
「メンタル面が不安なので就職できる自信がない…」
…といった働くことに対して挫折経験があり
就職活動のリベンジをしたい人向けだと言える

その証拠に
キャリアアップ意識の強い転職エージェントと比べると
20代向けの就職支援サービスは
カウンセリング面に力を入れている所が多い

たしかに意識の高いイメージのある
普通の転職エージェントよりは
親しみやすいデザインの業者が多いですもんね

なので以下のような読者は
20代向けのエージェントを使った方が
より自分に合ったサポートに期待できそうだ

  • 早期離職などで経歴に傷があり自信がない人
  • 就職先が決まらずにフリーター・非正規で過ごしてる人
  • うつ・ブラック企業からの離職など、ネガティブな退職理由がある人

ネガティブな退職理由がある人は

カウンセリングをしっかりした方が上手く行くので
ビジネス色の強い転職エージェントよりも
20代向けのサービスを活用しておくといいかもな

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの転職エージェント(就職支援サービス)で、以前にネガティブな退職理由がある利用者が多めです。

ビジネス色の強い他の転職エージェントと違い、ハタラクティブを始めとした就職支援サービスはカウセリング面に力を入れているため、自信のない人でも一から丁寧なサポートに期待できます。

また、ハタラクティブは全国10か所に拠点があるので、面談に参加しやすいのも特徴です。

もし読者が20代で経歴に自信がないのであれば、ハタラクティブを利用してみるといいでしょう。

ハタラクティブについての
詳しい解説は以下の記事をどうぞ!

働く女性・キャリアウーマン転職の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました