30代独身女性は仕事に集中するべし!結婚すれば幸せな時代は終わった!

いるんですよ。

未だに、

「女は30代までに結婚するべき!」
「女は結婚することが幸せ」
「30後半になると羊水が腐る」

だの、古くさい価値観でモノを語るやつ。

あなたの頭は恋愛スイーツとろとろ脳ですか?

頭が甘い甘いハチミツ並に溶けているとしか思えません。

いい大人が、中学生並みの恋愛観と家庭観で生きているのは、愚かとしか言いようがないですね。

今回は、30代独身女性がいかに現代社会において勝ち組であるかを、ご紹介していきます。

結婚は女の甘えた選択肢

だいたい「結婚して家庭を持つことが幸せ」とか言っているのは、動物レベルの次元の話です。

犬でも猿でも交尾すれば子供は産めますからねw

結婚して家庭を持ち、子供を育てるということは、女としては動物レベルの選択肢です。

家冠に女で「安」ですが、まさに安い女です。実際に、家にいる女ほど家計をケチって安い女に成り下がっていきますからね。

人間は知性や理性で、子供を持ったり家庭をつくるよりも、何百倍も人類の発展に貢献することができるんです。

愛が幸せだと思っているのは、もはや原始人レベルの話です。

現代の社会において、人間の喜びとは、自分の能力を社会に還元し、その分の収入を得ることなんです。

仕事に熱中する女性を見て「結婚できない言い訳で仕事している」と言っている、男に媚を売って養ってもらうしか能のない女もいますが、それは仕事のできない女の言い訳です。

女性社会人が男性並みの年収を稼ぐにはどうするべきか?女性でも活躍できる仕事を見極めよう!』という記事にも書いておりますが、結婚という妥協をしない女性は社会でも高く評価されます。

むしろ、結婚という甘えた選択肢で脱落する女性が多い分、ライバルが勝手に自滅していってると喜ぶべきです。

結婚生活は苦痛・我慢比べです

だいたい、結婚生活した主婦は「結婚して幸せ!」だなんて口にしていますが、実情は旦那の愚痴や子育ての文句ばっかりです。

自分で墓穴掘って、自分で墓穴に入るバカな主婦は実に多いんです。

というのも、結婚した自分を自己正当化するために、必死に「旦那が悪い」「子育ては女の幸せ」と無理して言っているだけなんですね。

そういった主婦層ほど、未婚女性を「結婚できない言い訳で仕事している!」だの、見苦しい自己肯定の言い訳をするんですよ。

育児している女性よりも、仕事して社会に貢献して経済回している女性の方が偉いに決まっているじゃないですか。

女性というのは、学生時代の他人叩きからもわかるように、他人を下げて自分を上げる悪しき習性を持つ生き物です。

本音では、結婚しないで仕事に熱心な女性が羨ましいだけなんです。

現実の見えないバカな既婚主婦

ところで、最近では若年層の低収入化が原因で、兼業主婦が増えていますね。

低収入層と結婚したら最後、育児や学費のために安いバイトで働かざるを得ない苦しい人生が待っています。

日本死ね」というブログも有名になりましたが、女はまともな計算も現実認識もできない奴がたくさんいます。

このご時世で低収入の男性と結婚するなんて、地獄のような人生しか待っていません。

まともに現実の見えている女性なら、普通は高収入男性としか結婚という選択肢がないわけです。あるいは、育児休暇環境の完璧な会社で勤めている女性ですね。

それ以外の女性が結婚を選ぶというのは「この先どんな苦労も二人で乗り越えていく」とかいう、結婚ハートフル物語に酔っているとしか、言い様がありません。

そういう夫婦ほど、二人でか弱い犬が肌を寄せ合うように、苦しくなった時プルプル震えだすんです。

お金のない家庭に幸せなんてありません。苦しい未来が待っているだけです。

「二人なら乗り越えられる!」とかいう頭お花畑夫婦は、ふたりはプリキュアの見すぎですね。

結婚で妥協するぐらいなら仕事で完璧を目指すべし!

妥協して地獄への道連れウェディングロードを歩むぐらいなら、仕事に集中して経済的にも社会的にも上に上がったほうが、よっぽど幸せで安定した生活を送れます。

というか、若さとか美容とか、金である程度解決できますからね。

金があれば男も子供も養えますし、今時平凡な家庭生活を選ぶやつなんて、バブル期の80年代の価値観が抜けきっていない証拠ですよ。

クレヨンしんちゃん見すぎじゃないですかねw

結婚して子供を作るなんて、バカでも出来ますが、仕事で成果を出すのは優秀な人間しかできません。

30代独身女性は、周りの動物並みの幸せしか感じられない女の呪詛は無視して、仕事で稼いで人間らしい幸せな人生を歩みましょう。

女性が仕事で伸びるためには転職エージェントを利用するべき

ところが、普通の職場でダラダラ仕事していても、女性の収入なんて頭打ちですよね。そういう職場で働いているレベルの女性は、たしかに「さっさと結婚して楽になろう」だなんて甘えた考えをしてしまうことでしょう。

ですが、30代独身女性のキャリアは、転職市場においてはかなり評価されます。実は、今勤めている職場よりも全然稼げる能力があるということも、珍しくはありません。

というのも、20代で結婚という甘えを選ぶ女性が多いせいで、経歴持ちの女性は高く評価されやすいからです。

とくに転職エージェントという、担当エージェントが適正を確かめてくれる転職サービスを利用すれば、より待遇のいい会社に転職しやすくなります。

20代で甘えた結婚をする女性が多い分、30代独身女性はどんどんキャリアアップして、収入の高い仕事に就くことができるわけですね。そう考えると、20代後半で甘えた結婚をして、安いバイトで家計の足ししか稼げなくなる主婦には感謝するほかありませんねw

何はともあれ、30代独身女性はチープな結婚観・人生観に惑わされず、自分の人生を楽しむために転職エージェントでより充実した仕事のできる職場を見つけましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ