仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

転職の厳しい現実。20代・30代・40代以降の年齢別に転職活動のリアルをご紹介!

「転職したいけど現実は厳しいよね?」
「転職活動者の話を聞いてもどこも厳しい話ばかり…」

そのようにお悩みではないですか?

転職活動を無策で考えなしに行ってしまえば、書類選考すらまともに通らない厳しいものになりがちです。

一方で、驚くほどすんなり転職先から内定をもらい、待遇も給与もアップする人もいます。

当サイトを運営する中で筆者が見つけた「転職が厳しい…」と感じている人の特徴は、おおむね以下の通り。

  • 企業側の年齢制限を意識していない
  • 自分の職歴で通用する職種・業種をしっかり見極めていない
  • 年収・待遇面であまりにこだわりすぎている
  • プロのアドバイザーから指導・サポートなしで転職活動を行っている

最近では、人材会社を仲介して転職活動する場合は「転職エージェント」と呼ばれるサービスを使うことが当たり前になってきています。

転職エージェントをしっかり活用し、専門的なアドバイスを受けていれば、以上のような「転職を厳しいと感じる理由や原因」は、プロの方がしっかりと教えてくれます。

もし読者の方が「転職の現実って厳しいよね…?」と不安でお悩みなのでしたら、それは単に「転職に関しての知識がなく、市場分析・自己分析も不十分」な証拠でしょう。

ですので、現実を正しく認識するためにも、しっかり最後までお読みください。

転職は年齢を重ねる度に厳しくなる現実

転職市場の常識ですが、年齢を重ねれば重ねるほど厳しくなります。

「厳しい」というよりは、年齢を追う毎に「経歴」「経験」を求められるようになるため、自分の経歴と合致した転職先が少なくなる…と言ったほうが正しいかもしれません。

市場原理的に就職先選び放題である新卒時から、徐々に正社員として採用される間口が狭くなるのですから、これは当たり前です。

ですので、ひとつだけ覚えておきたいことは、就職活動時のように無策に「数撃ちゃ当たる戦法」で応募し続けても、まず採用されるわけがないということです。

多くの「転職は厳しい…」「書類選考すら通らない…」と嘆いている方は、例外なく上記の勘違いをしております。

ですので、まずは自分の年齢から「自分と同年代の人材は、どのような転職方針で成功しているのか?」を意識してみてください。

年齢層別の企業側の採用方針ですが、おおむね以下の通り。

年齢層別の転職活動の方針

  • 20代→未経験職への入り口がまだ見つかる時期。就職活動の失敗のリカバリーとしての転職活動
  • 30代→管理職、または管理職候補としての能力を求められる時期。社内環境で出世コースがない…などの社内ポジションが理由での転職が中心。
  • 40代→管理職として、同ポジションでの転職が中心。他社の空きのポスト狙いが中心。
  • 50代以降→生き残りのための転職。リストラ候補・会社の倒産などに伴い、年収面を妥協してでも転職する方針が中心。

総じて言えば、未経験職への転職は20代までが限界、それ以降は「今の会社と同じ条件で転職出来れば上々、多くの場合は妥協せざるを得ない」ということです。

転職活動では書類選考はまず通らないと思っておこう

転職活動をする際に知っておきたいのは、書類選考はまず通らないということです。

それには以下のような理由があります。

  • 経歴が必要な求人は「非公開求人」とされていることがほとんど
  • 人材会社が「選考代理」を兼ねているため、人事がまともな企業ほど人材会社を経由している
  • 書類選考だと、経歴・経験が採用企業のニーズと合致していないと面談にすら呼ばれないため、職務経歴書の書き方が下手だと人事の目に止まらない可能性もあり

もちろん、職安経由でしか応募していない程度の採用に力を入れていない企業や、あるいは「誰でも出来る仕事」レベルで経歴・経験を必要とされない仕事であれば、書類選考でも通る可能性はあるでしょう。

ですが、仮に読者のあなたが「今までの経歴を少しでも有効にアピールして、出来るだけいい条件で転職したい」と本気で思っているのであれば、書類選考に頼らない方がいいです。

少なからず、書類選考中心で転職活動するにしても、

  • プロから履歴書・職務経歴書の添削指導をしてもらう(ハローワークでも可)
  • 自分が採用される見込みのある職種・業種をしっかり絞って応募する
  • 登録制の転職サイトで非公開求人を紹介してもらい、届いた求人の中から応募する

…など、客観的なアドバイスを受けておくなり、会員制の転職サイトをしっかり活用するべきです。

それがなぜかというと、まったくの転職活動初心者が人事から面談に呼ばれるような効果的に自己アピールできる職務経歴書が書けるわけがないからです。

また、転職が厳しいと思っている方は、例外なく「自己分析」「企業・業界分析」が出来ておらず、自分の人材価値を正しく認識できておりません。

企業・人事側の目線から考えても、リスクの高い中途採用者を書類選考だけで応募するのは非常にリスクが高い上に、書類確認・送付でコストがかさむわけですので、選考に関しては非常にシビアです。

逆に言えば、シビアに採用していない企業はミスマッチ採用確率が高くなりやすいので、ラッキー入社出来たとして、長く続けられるまともな会社でない可能性も十分ありえます。

「つぶしの利かない経歴」の場合、転職は厳しいものとなる

転職が厳しくなることが予測されるのは「つぶしが利かない経歴」の場合です。

つぶしが利かない経歴とは色々な条件があるのですが、代表的な例で言えば、

  • 民間企業とまったく仕事内容が異なる「公務員」
  • 他業界で通用しない特殊過ぎる「技術者」
  • 競争倍率が高い+非正規雇用化が進んでいる「事務職」

…など。

未経験職への転職が可能な20代のうちならともかく、30代以降につぶしが利かない経歴から転職する場合は、厳しくなるのは間違いありません。

逆に転職市場でも重宝されている人材は、

  • どこの会社でも必要不可欠な「営業職」
  • 成長事業で人手不足な「IT・WEB系の技術者」
  • 海外の事業展開・取引で活躍できる「外国語スキルありの人材」

…など。

転職は市場原理が働く以上は、経歴・職種が「需要<供給」であれば厳しくなって当たり前です。

ですので意識しておきたいことは、

「全体で見渡した時、自分と同じ程度の人材はどれぐらい存在するのか?」
「自分と同じレベルのキャリアで出来る仕事の総数はどれぐらいあるのか?」

…という要素です。

たとえば、有効求人倍率が低い「事務職」に関しては、全体の募集に対して応募が多すぎるので、どれだけ経歴や経験があっても、採用される確率が落ちます。

ただ、これに関しても、一から業界分析・企業研究をしてから転職市場全体を見渡す能力を身につけるのはあまりに時間がかかりすぎるので、素直にプロに相談して判断を仰いだほうがスムーズに転職活動を進められるでしょう。

転職の厳しさを緩和するなた、転職エージェントでプロのサポートを受けておくこと

以上のように、転職活動が厳しくなる要因としては、

  • 年齢層毎に中途採用方針が異なることを知らず、就活生レベルの応募を繰り返している
  • 書類選考で無策に応募し続けている(しかもプロから添削指導を受けていない)
  • つぶしが利かない経歴にも関わらず、高望みしすぎている

…など、多くの原因が考えられます。

いずれにせよ、自分一人の力で中々採用されないような方は、本人の実力・知識不足ですので、素直に転職エージェントでプロからアドバイスをもらっておく方が、何倍も効率よく確実に転職を決められるはずでしょう。

とくに30代以降の方ですと、選べる求人の絶対数自体が少なくなるわけですから、転職エージェントの担当者づてに席の空いた求人を優先的に紹介してもらわなければ、いつまで経っても受かる見込みのない求人に応募し続けるハメになりかねません。

しっかりとした人材を中途採用したい企業の多くは、転職エージェントを経由して非公開求人で募集していることがほとんどですが、このような常識も知らないのであれば、転職が厳しくなるのは当たり前です。

転職エージェントを複数利用しておき、担当者からしっかりと「今の自分の経歴で転職するなら、どれぐらい厳しいのか?」という現実を聞いておけば、少なからず自分の人材価値を見誤ることはなくなります。

本気で後悔のない転職を成功させたいと考えている方は悩んでいるだけではなく、今すぐ行動して転職エージェントの登録だけでも済ませておきましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。