転職の厳しい現実|30代~40代の未経験からの転職は厳しい?20代でも経歴によっては難しい?

転職したいけど私の経歴や年齢だと厳しいよね…?

転職したくても求人の条件が厳しくて採用される気がしない…

このように「転職は厳しいものだ」とお悩みの方は多いと思います。

そんなことはない!

転職活動はしっかり行えば
誰でも成功させることができる!

えぇ…
でも転職って経歴がないと出来ないイメージが…

私なんてもう30代だし経歴も替えが利かないと思う…

「転職が厳しい」と考えている方は、おそらく以下のように考えているかと思います。

  • 経歴がよくないと転職は成功しない
  • 年齢によっては転職は厳しくなる

これらはあくまで「一般論」としては間違いありません。

ですが、逆に言えばしっかりとした転職活動を行えば厳しいわけでもありません。

転職できない人にありがちなのが
「転職は厳しい」と決めつけて
行動する前から諦めてしまうパターンだな

そんなこと言われても
一般的に「厳しい」条件なら
大した経歴のない僕は転職は無理なのでは…?

私も大した経歴なんてないし
年齢も30歳を越えたから
どこも雇ってくれないに決まっている…

大丈夫だ
転職活動初めの際には
誰もが自信がない状態からスタートするが
最終的にはしっかり転職を決めて終わることがほとんどだ

「転職が厳しい現実」というのはあくまで一般論であって、しっかりとした転職活動を行えば、誰にでも意外とチャンスはあるものです。

もし、読者の方も「自分には転職は厳しい…」と悩んでいるのであれば、最後まで読んでみて、本当に転職は厳しいものかどうなのかを考える機会にしてみてください。

スポンサーリンク

転職は年齢を重ねるごとに厳しくなるのが通説だが、最近は事情が変わりつつある

まずは「転職は歳をとるごとに厳しくなる」という通説について解説していきます。

「なぜ、転職は歳を取る毎に厳しくなるのか?」を考えてみよう

年齢と仕事の成果や能力に関係ってあるんですかね?

ぶっちゃけ「ない」と言ってもいい!

えぇ…
じゃあ、なんで転職は歳をとると厳しくなるんですかね?

それは採用に関して
以下のような「通説」があるからだ

  • 30代までに経歴に目立つ実績がないと内定が取れない
  • 30代以降は管理職(マネージャー)経験がないと採用されない
  • 日頃から経歴・キャリアを意識してないと転職不可能
  • 35歳以降は転職がほぼ不可能

これって正直すべて「偏見」じゃないですか?

そうだよ(即答)

えぇ…
そこは否定してくださいよ!

残念ながら「事実」だから仕方がない

つまり転職における採用は「偏見」で
年齢制限があるのもそのせいってことですよね?

そうそう
だからまずは「年齢によっては転職は厳しい」と思われがちという現実を受け入れた上で
転職活動していく必要があるわけだ

20代の転職が比較的簡単なため、相対的に30代以降は「厳しい」と思われがち

そもそもで言えば「30代以降の転職が厳しい」のではなく「20代のうちの転職が容易」と説明した方が正確です。

20代のうちは未経験からでも新卒生同様に採用してくれる企業と
ほどほどの経験でポテンシャル採用してくれる企業があるからな

たしかに「第二新卒・既卒」の採用に
積極的な企業や業者も増えてますもんね

第二新卒~新卒入社後3年以内に離職した者、ないし離職を考えている者
既卒~就職が決まらないまま卒業して3年以内の者

※一般的に「3年以内」という目安があるが、それ以上の期間の者でも既卒・第二新卒向けのサポートは受けられることがある。

ぶっちゃけ20代の人材なんて
企業からすれば大した差なんてないので
「転職するだけ」なら簡単なんだ

逆に言えば30代以降の転職は厳しくなるってことですよね?

もちろん「若さ(将来性)に期待して採用する」という
ラッキーチャンスは得られにくくなるね

そんな…
年齢で差別するなんて酷い…

まあまあ
そんなに落ち込まないで
次の項目を読んでくれ

転職が厳しい理由を「年齢」だと思っている人は「年齢以外のアピールポイント」を使いきれていないだけ

転職活動で「年齢」しか使わなければ
厳しいものとなるのは当たり前なんだよ!

えぇ…
と言っても勤務経歴ぐらいしか
アピールできる実績がないですよ~

私なんか社内で使えない人扱いされてますもん…

ほうほう
じゃあ逆に考えてみようか

転職が上手く行かない人にありがちなのが
「年齢」「勤務日数」だけしかアピール材料がないというパターンだな

「年齢」「勤務日数」だけしかアピールしないから
「歳をとると転職は厳しいもの」と臆病になってしまうわけだ

それは確かにそうかも…

そういえばどこの職場にも
「年齢だけが取り柄の使えない上司」っていますもんね…

うむ
言い方は辛辣だが…
「年齢(=勤務日数)だけで勝負する=歳だけしかアピール材料がない」と見られてしまうのは間違いないな

なので「歳をとると転職は厳しい」と考えているのであれば
発想を変えてみて「年齢以外の要素で勝負する!」と思えばいいわけだ

年齢が理由で転職が厳しいと思っているなら「転職エージェント」で相談しておこう

「転職は年齢で厳しくなるわけではない」という理屈はわかったんですけど
具体的に自分がどうすればいいかはイマイチわからないかも…

というか自分に全く自信がないので
年齢や経歴以外に何をアピールすればいいかすらわからない…

そんな君たちにオススメなのが
「転職エージェント」と呼ばれる
無料で利用できる転職支援サービスだ

えぇ…
転職エージェントってなんか怪しいし
転職の相談をするのって怖くないですか?

確かに「転職エージェント」はビジネスだから
すべてを信じるわけにはいかないけど
しっかり活用すれば以下のようなメリットが得られる

  • 職務経歴書の作成や面接対策のアドバイスを受けられる
  • 自分に合った求人を厳選して紹介してくれる
  • 年収の交渉をしてくれる

転職エージェントを使えば
無料でこれだけのサービスが受けられるんですね!

私の知人には30代後半以降にも関わらず
転職エージェントを活用したことで
意外な優良企業から内定をもらった者もいたぞ

でも経歴が良くなかったり年齢が高いと
あんまりサポートしてもらえないんじゃ…

そんなことはないぞ!
転職エージェントは誰でも登録可能で
原則的には誰にでも求人を紹介してくれる!

※時期や職種によっては「紹介できる求人がない」とされることもあります。

へぇ…試しに使ってみようかな…

今すぐ登録しておくべきオススメの転職エージェント!

最後に当サイトで厳選した
オススメの転職エージェントを紹介していくぞ

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも国内No.1の求人数を保有する「リクルートエージェント」は必ず使っておきたいです。

▼リクルートエージェントの特徴やメリット

  • 人材業界No.1最大手の転職エージェント
  • 転職成功実績40万件以上
  • 求人数最多、大手・有名企業求人の取扱多数
  • 面談までのスケジュール調整がスムーズ
  • 面談拠点全国(電話・メールだけでも可能)
  • スマホアプリひとつで連絡対応可能

リクルートエージェントでとくに注目したいのが、

「圧倒的求人量」
「スピーディなサポート対応」
「スマホアプリでの効率的な連絡体制」

…の3つです。

「リクルート」は知名度もバツグンなので
信頼性も高い業者ですからね!

うーん
でも僕はリクルートには苦手意識があるなぁ…

そういう人もいるだろうから言っておくが…
多くの転職採用をしている企業が
「まずはリクルートから使おう」となるので
大手・有名企業の求人もリクルートには集まりやすい

たしかにリクルートは有名企業だけあって
求人も大手や有名企業が多いイメージがありますもんね

また人材業界の事情を少し知っていればわかるが
「他の転職エージェントはリクルートとの差別化を意識」しているので
まずは国内No.1のリクルートエージェントを使ってみて

合わないと思ったら他のエージェントを使ってみる流れがオススメだ

リクルートエージェントは業界No.1だけあって、求人量・使いやすさ・スピーディーさなどが圧倒的ですので、登録して求人を紹介してもらうだけでも便利です。

また、電話面談・メール連絡だけで転職活動を進めることも可能で、転職活動の目安は約3か月ほどです。

登録フォームに沿って入力していけば、自動で面談予定の案内が送られてくるので、少しでも転職したいと考えている人は早めに登録を済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントについて
もっと詳しく知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてくれ!

Spring転職エージェント

世界No.1の人材会社アデコの手がける「Spring転職エージェント」もオススメです。

▼Spring転職エージェントの特徴やメリット

  • 世界No.1の人材会社アデコが運営(外資系)
  • 求人は「量より質」の傾向で情報の精度が高い
  • 求人情報に広告色が一切ない
  • 担当者の求人提案力に期待できる
  • 担当者個人が利用者と企業の仲介を担う

とくにSpring転職エージェントで注目したいのは
「両面型コンサルタント」と呼ばれる仕組みだ

うーん…
これって何か違いあるんですか?

面談担当者が「企業」「利用者」どちらも担当するので
より詳しい転職先の情報提供や事前の根回しに期待できる

国内の転職エージェントだと
「企業」に営業する担当者と面談担当者が別々なので
情報の精度や事前の根回しは落ちるわけですね…

そうそう
国内大手は「質より量」だとするなら
Spring転職エージェントは「量より質」に期待できる

Spring転職エージェントは外資系運営だけあって「求人の量より質重視」という運営体制が強く、転職に対する納得度や情報の精度にこだわりたいのであれば、非常にオススメできる転職エージェントだと言えます。

また、Spring転職エージェントは担当者個人の裁量幅が大きいため、転職に関する連絡も融通が利き、非常に満足度の高い転職につながりやすくなります。

リクルートエージェント同様、外資系として世界No.1の実績を持つ最大手人材会社ですので、気になる方はSpring転職エージェントの登録もお忘れなく。

Spring転職エージェントについて
もっと知りたい方は以下の記事を読んでみてくれ!

ハタラクティブ

20代向けにオススメの転職エージェントが「ハタラクティブ」です。

▼ハタラクティブの特徴やメリット

  • 20代向けの転職エージェント(就職支援サービス)
  • 経歴不問、既卒・第二新卒・フリーターから中卒・大学中退者まで対応
  • 転職エージェントと違って職務経歴書入力の手間なし
  • 書類選考なしで企業との面接可能
  • 親身な面談(カウンセリング)対応に期待できる

ハタラクティブは20代向けの転職エージェントだ

他の転職エージェントと何が違うんですかね?

どちらかというと20代向けのエージェントの場合は
「就職活動やり直し」という側面が強い
そのため「就職支援サービス」という名称が使われている

※仲介業者を経由して転職サポートしてもらえるという点では、転職エージェントと大きな違いはない。

就職活動のやり直し…?

たとえば
「ブラック企業に入社して自信がなくなった…」
「早期離職したので正社員に戻れるか不安…」
「メンタル面が不安なので就職できる自信がない…」
…といった働くことに対して挫折経験があり
就職活動のリベンジをしたい人向けだと言える

その証拠に
キャリアアップ意識の強い転職エージェントと比べると
20代向けの就職支援サービスは
カウンセリング面に力を入れている所が多い

たしかに意識の高いイメージのある
普通の転職エージェントよりは
親しみやすいデザインの業者が多いですもんね

なので以下のような読者は
20代向けのエージェントを使った方が
より自分に合ったサポートに期待できそうだ

  • 早期離職などで経歴に傷があり自信がない人
  • 就職先が決まらずにフリーター・非正規で過ごしてる人
  • うつ・ブラック企業からの離職など、ネガティブな退職理由がある人

ネガティブな退職理由がある人は

カウンセリングをしっかりした方が上手く行くので
ビジネス色の強い転職エージェントよりも
20代向けのサービスを活用しておくといいかもな

ハタラクティブは20代のフリーター・第二新卒・既卒向けの転職エージェント(就職支援サービス)で、以前にネガティブな退職理由がある利用者が多めです。

ビジネス色の強い他の転職エージェントと違い、ハタラクティブを始めとした就職支援サービスはカウセリング面に力を入れているため、自信のない人でも一から丁寧なサポートに期待できます。

また、ハタラクティブは全国10か所に拠点があるので、面談に参加しやすいのも特徴です。

もし読者が20代で経歴に自信がないのであれば、ハタラクティブを利用してみるといいでしょう。

ハタラクティブについての
詳しい解説は以下の記事をどうぞ!

転職の知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました