30代の転職が厳しいという現実。30代からの転職は慎重に行うべき!

最近では正社員雇用制度も崩れ、転職も盛んですね。

転職は誰にもチャンスがありますが、残念ながらそれはキャリアアップ・転職市場を意識した人材に限った話です。

今まで、自社内でしか努力しておらず、転職市場や外部の会社で評価される努力を怠っていては、転職活動も厳しいものとなります。

とくに30代ともなると、管理職の方も多くなり、社内の柱ともなる時期です。

それすなわち、良くも悪くも会社に染め上げられることを意味し、他社で柔軟にやっていく能力を失うことにもなります。

今、この記事をお読みの30代の方は、そういった「キャリアアップ・外部の会社で評価を得るための努力」を意識して行ってきたでしょうか?

もしそうでなければ、転職は厳しいものとなることを覚悟してください。

しかし、諦める必要はありません。

30代は、まだまだやり直しのきく年齢でもあります。

そこで今回は、30代の転職が厳しい理由を踏まえた上で、転職を成功させる秘訣を紹介していきます。

30代の人材は「柔軟性」「適応力」に欠けている

30代で今まで転職を経験したことのない人材は、良くも悪くも社風に染まりきって、柔軟性や適応力に欠けていると、採用側は判断します。

とくに部署替えの行われない規模の中小企業なら、柔軟性に欠けていると判断されているどころか、ダラダラ同じ仕事を続けていたと思われても仕方ないのです。

コンビニ店員のアルバイトに対し「同じ店舗でダラダラ仕事し続けているだけ」と、多くの社会人が決めつけているのと同じことですね。実際にコンビニ店員でも新しいサービスの導入や、細かい店舗の改善などを行っていることもありますが、外部からすればそんなことは知る由もないですからね。

それと同じことです。

正社員勤務10数年という経歴は、その程度の価値しかないわけです。

まずは、この厳しい現実を認識しましょう。

あんたがどんなに今の仕事に誇りを感じ、高い成果を出していても、転職先企業にとっては「で?うちでは何をしてくれるの?」という程度の価値でしないわけですからね。

30代後半はさらに絶望的に

さらに言えば、30代後半からの転職はかなり厳しいものとなります。

ニートでも35歳からは就職が著しく厳しくなると言われていますが、それは「35歳」という境界線が、就職・転職市場に明確な線引として存在しているからです。

早い話「35歳以上」という項目だけで、問答無用で書類選考を落とす企業も存在するわけです。仮に100人に1人の転職希望者に抜群の適性があったとしても、わざわざ書類選考や面接をする手間を考えると、35歳以上は見込みのない人材のほうが多いのですから、全員弾いた方が効率的なわけです。35歳未満であれば、100人に10人ほどは適正ありと、間口が広がるわけですからね。

効率の悪い方法を使って、いちいち一人ずつ審査していくほど、企業もバカでも暇でもありません。

転職するにあたって、35歳の壁は嫌でも意識しなければなりません。

書類選考すら通らない現実

そういった、年齢による「振り落とし」「門前払い」もある都合上、30代からの転職は書類選考すらまとみに通りづらくなります。

時間をかけて魂込めた書類も、年齢を見ただけで即「不採用」と判断されるわけです。

新卒時の採用や、転職で苦労したことのない方には想像しにくいかもしれませんが、書類選考すら通らないで先方から「今後のご健勝と発展をお祈りします」と送り続けられる、いわゆる「お祈り」は、精神的にくるものがありますよ。

報われない努力ほど、虚しいものはありませんからね。

この書類選考すら通らない現実と何度も向き合って、その上で面接を通り抜けて初めて、30代の転職は成功するわけです。

現職と比べてしまい「なんだかんだで今の仕事で生活できているから、転職なんて徒労は背負わなくていいや」と諦めてしまう人も、かなり多いわけです。

転職に必要なのは「市場を意識したキャリアづくり」

転職活動に積極的で、バリバリのキャリアアップ思考の社会人は、転職活動に有効活用できるキャリアづくりを常に意識しています。

キャリアコンサルタントから随時アドバイスを受けながら、他の企業のウケのいい経歴を作ったり、転職に有効な資格や技術を習得したりしているわけですね。

いわば「転職のために現在の仕事で成果を出している」わけです。ただ、賃金や自社のためだけに仕事をしている人間とは、意識が違いすぎるわけですね。

そういったキャリア思考の人材相手と戦わなければならないわけですから、今まで漠然と仕事していた30代では、転職活動は厳しくなって当たり前です。

今までの経歴から転職に有利なアピールを生み出そう

そうなると、今までの仕事の成果から、転職に有利なアピールポイントをひねり出さないといけないわけです。

「上司のご機嫌をとる」
「言われたことを忠実に確実にこなす」
「社風を理解して順調に出世コースを歩む」

…程度の意識では、社内では評価されても、他所ではまったく評価されません。

いかに自発的に動き、意識的に企業に貢献してきたかが大事になるわけですね。

早い話が、自分から意識して出した成果以外は「すべて運がよかっただけ」と、他人から思われても仕方がないわけです。

そういった評価を受けないためにも、自分が仕事で出した過去の成果を、自発的に挑戦した成果としてアピールしていく必要があります。

人脈を使うのもアリです

転職に有効なのは、人脈です。

早い話、他人の評価を使うことで、わざわざ自分からアピールする必要がないわけです。

自分の良いところは、意外と自分では気づかないものですが、他人はよくわかっているものです。

学生時代も、他人の評判を使って恋愛を有利に運んだり、あるいは進学・就職に有利に使うことを当たり前に行っていましたが、それは社会人になっても変わりありません。

人脈(=他人の評価)がなければ、どんなに有能な人材も評価されませんからね。

もし、転職に有効な人脈がないのであれば、それは努力を怠ってきた証拠です。

社外の他人に認めてもらわなければ、転職は難しくなって当たり前なのです。

転職エージェントを利用するのが一番です

ここまで読んで、

「自分にはアピールできるキャリアも人脈もないから、転職は無理だ…」

…と自信を失くしてしまった方もいるでしょうが、諦めてはいけません

最近では「転職エージェント」と呼ばれる、人脈のない方やキャリア思考でない方でも、よい転職先に就きやすくなるサービスが生まれています。

転職エージェントは、担当のエージェントと面談することで、転職希望者の適性を診断していき、おすすめの求人先を紹介してくれます。わざわざ、落とされる確率の高い書類応募をし続けるリスクも軽減できます。

また、履歴書・職務経歴書作成や面接の指導などもしっかり行ってくれるため、アピールポイントが不十分で不採用になるリスクも減ります。

さらに、転職エージェントは紹介先の企業に営業しているため、リアルな社風や人間関係の評判も得られ、ついでに前もって転職希望者の人柄や能力などの評判も、紹介先企業に伝えてくれます。エージェントが人脈として機能してくれるわけですね。

まさに、今まで社内でコツコツ努力を積み重ねてきて成果も出してきたけど、キャリアを意識していなかったような、30代正社員のためのサービスです。転職エージェントを利用して年収アップした30代正社員もたくさんいます。

逆に、転職エージェントを知らずに手探りで求人サイトやハローワークの求人で応募している30代の方は、転職業界の内情を知らないまま、厳しい現実と直面し続けているのが現状ですね。転職エージェントを利用しているか、していないかで差がつくわけです。

転職エージェントは登録から利用まで完全無料で、気軽な面談まで受け付けているため、すぐに転職する気がない方でも、キャリア思考を築いたり、自分の市場価値を知るためにも、いち早く登録しておくといいでしょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ