30代からの転職は厳しい?未経験からのチャンスは減るがやり方次第ではどうにかなる!

「30代からの転職は厳しい」という声がネットではよく見受けられます。

結婚に仕事に健康…
考えることが多くて
転職にあてる時間なんてない!

私は「30代だから~」という理由で
転職活動も婚活も中々上手くいかない…

30代ともなると、ライフステージが多様化してくる年齢となり、転職活動に時間を割く余裕がないことも「30代からの転職は厳しい」と言われる原因かもしれません。

今までキャリアを意識してこなかったから
未経験職に就くチャンスもなくなって転職する意欲が湧かない…

女性の管理職採用は敬遠されがちなので
正社員採用での募集も少なく感じるかも…

また、30代からの転職は「未経験からの採用が控えられがち」「管理職(マネージャー)としての資質が求められる」など、20代までの経験が大事になってきます。

やっぱり30代からの転職は厳しいか…

辛くても今の会社にしがみつくしかないか…

ちょっと待った!
諦めるのは早いぞ

30代以降の転職は言わば
「今までの経歴をフルに活かした転職先選び」

ただ闇雲に求人に応募するだけでは
書類落ちし続けても当たり前と言える

う~ん
でも転職のノウハウってわかりにくいので
結局、求人応募し続けるだけにしかならないんですよね…

「戦略」なんて言われても
自分の経歴がどこで役に立つかもわからないし…

このように「求人応募し続けても落ちる」「転職での自己アピール方法がわからない」など、30代以降で転職が厳しいと感じている方はいませんか?

もし、そうであれば「効果的に自分の経歴をアピール出来ていない」「自分の経歴が活かせる転職先を選べていない」のかもしれません。

そこで当記事では「30代以降の転職が厳しい」と言われている原因を掘り下げながら、その対処法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

30代以降は未経験職への転職は厳しくなりがち

一般的に30代以降からは未経験からの採用が控えられがちとなります。

未経験採用の多い20代向けの就職支援サービスからも
「30代以降はサポート対象外」とされてますからね

私は派遣社員経験しかないけど
やっぱり30代から正社員になるのは無理なのかしら…

結論から言うと
「30代からの未経験採用求人の総数は減る」
「30代からの未経験採用自体がなくなるわけではない」だ!

いや…
理屈はわかるんですけど
30代以降でもOKな未経験職求人って見たことないですよ…

30代以降の転職が厳しいと言われている理由としては、30代以降でもOKな未経験職求人が見つかりにくいことが、大きな原因だと考えられます。

完全な未経験職への転職はかなり厳しいと考えておこう

以上のような事情もあって、30代以降からの完全未経験職への転職はかなり厳しいのが実情です。

現実的には、今までの経歴を活かした上での転職でなければ成功しにくいので、現実的な選択肢は限られて来るわけです。

僕なんか営業が嫌になり過ぎて他の職種を探してるんですけど
前歴を活かさないとまともな転職先が見つかりませんよ…

30代からでも未経験職で挑戦したっていいじゃないですか!

そうは言われてもな…

企業側だって
「30歳までに挑戦してこなかった消極的な人」
「一貫した経歴で働き続けなかった人」
などは警戒して採用を控えたくなると言うものよ

大した経歴がないからって
挑戦さえさせてもらえないのは酷いですよ…

まぁまぁ…
落ち着いてくれ

ど~しても完全未経験職に就きたいと言うなら
「職業訓練校」に通ってからの就職という手がある

また最近では「JAIC」を始め
20代向けの就職支援サービスを手がける業者も
35歳ぐらいまでなら年齢層を広げる動きもある

でもそれってごく一部の話ですよね?

いやいや
国内の人手不足や働き方の価値観の変化で
30代でも未経験職へ挑戦するチャンスは増えつつあるので
状況が変わってきてることは覚えておいてほしい

あとでしっかり説明してくださいね…

「職業訓練校」を始め、30代から完全未経験職へ転職する手段がゼロというわけではないのですが、正攻法で転職しようとすると非常に厳しくなりがち…と言うのが実情です。

また、20代向けの未経験職対応の就職支援サービスでも対象年齢が30代まで広がる動きがありますが、これはあくまで経歴にネックがある人の救済措置的な側面が強く、キャリアアップ転職につながりにくい点には注意です。

30代からの転職は管理職(マネージャー)目線が求められやすい

30代からの転職が厳しくなりやすいのは「管理職(マネージャー)」としての資質が求められやすくなるからでしょう。

管理職になるなんて考えたこともない…

リーダーなんて責任だけ重くなって
給料はほとんど上がらないじゃないですか!

そんなこと言っても
現実的に30代以降の人材には
「リーダーシップ」を企業は求めるからなぁ…

だいたい「女性は管理職に向かない!」みたいな偏見が多くて
書類選考も問答無用で落ちるじゃないですか!

僕らの世代なんて「管理職は疲れるだけ、ほどほどに稼ごう」みたいな
価値観の若者ばかりなんですよ!

ならば逆に考えるといい

君たちみたいに「管理職は嫌だ!」と考える人が多いのであれば
逆に言えば「管理職になる気」があれば採用される確率は高まるわけだ

あぁ…言われてみれば確かに…

確かに!
女性でも管理職採用してる企業を見つければ…!

だいたい日本の企業なんて上層部も大したことない連中ばかりなんだし
「管理職になる気がある!」とアピールさえ出来れば
割と30代の転職はどうにかなることも多いのだ

みんなが「やりたくない」からこそ
チャンスがあると考えることも出来ますね!

「管理職(マネージャー)の資質」と言っても、何も特別な能力や経歴は必要ありません。

多くの場合は「管理職になるのは嫌だなぁ…」と考えられがちなので、逆に言えば「管理職になる気さえある!」としっかり伝えられれば、採用される確率はグーンと高まるわけです。

それと管理職の場合
今の職場の状況次第では
「上の席に空きがない」という理由があれば
転職する動機にもなりやすい!

あぁ…たしかに…
うちの職場はお局が居座っていて
仕事の出来る部下が辞めていきますからね

そうそう
職場の状況に次第では
「管理職の仕事に挑戦できない」ということもあるので
そのまま転職の動機にしてしまえばいいのだ

でも本当にそれだけで
転職活動って有利になるんですかね?

管理職目線がないまま転職活動するよりは
管理職になる見通しがある方が
企業にとっては将来性の高い人材だと判断されやすくなるよ

確かに上の仕事を一切やろうとしない人は
それだけでマイナス印象ですもんね…

このように30代からの転職を考える場合は「管理職(マネージャー)候補」としての転職理由も見つけ出しておき、効果的にアプローチすることも大事になってきます。

30代以降は家庭持ちが増えるので転職先に求める条件がシビアになりやすい

見落としがちですが、30代以降の転職の場合、家庭持ちが増えて転職先に求める条件が増えるため、結果的に「厳しい」という声が上がりやすくなる側面もあるはずです。

あぁ…たしかに…
私も結婚や出産を考えているので
育児休暇についてはこだわりあるかも

僕なんかは婚約もしてますし
結婚してからの転職は考えにくいなあ…

そうそう
30代ともなると人によってライフワークが様々なので
「30代だから転職が厳しい」と言われても
「そんなものは人に寄る」としか言いようがない!

あ、でもそれって「独身なら転職しやすい」ってことですかね?

独身は身動きが取りやすい分
多少は転職先に求める条件が緩くなりやすいかもね

じゃあ逆に家庭持ちは転職しにくいってことですかね?

そこは希望条件(年収、勤務地)はともかく
福利厚生や家庭との兼ね合いにも寄るだろうね

いずれにせよ
独身での転職よりは
企業・家庭間での調整項目が増える以上
「30代以降の転職は厳しい」との声が上がりやすい側面はある

「30代以降の転職は厳しい」と言われる原因として、家庭との兼ね合いが多くなり、自由に転職先が選べない人が増えることもあることは覚えておきたいです。

家庭などの制約が多くなると
無意識で「この条件はなし」と選り好みしていることも増え
結果として転職条件を高望みしていることもある得るからね

家庭を優先するあまり、転職先条件を絞り過ぎた結果「30代以降の転職は厳しい」と判断している人が多いだけの可能性もあるので、これも転職の際の判断要素として知っておくといいでしょう。

35歳以降の転職は絶望的!?

「転職は35歳まで説」というものが存在しますが、最近ではだいぶ定説が崩れて来ております。

「35歳からの転職ノウハウ」が多数出版されるほどであり、根拠もなく「35歳説」がはびこっているかがお分かりいただけるかと思います。

どっちにしても
35歳以降になると転職はますます厳しくなるってことですかね?

通説がある以上
年齢だけで判断してくる会社からは
残念ながら書類選考の段階で落とされやすくなるかもね

えぇ…
じゃあ35歳以降の転職活動はどうすればいいんですか?

35歳以降でも採用してくれる企業を見つけ出す!

それが出来ないから苦労してるんですよ!

まぁまぁ
それも後ほど話すから落ち着きたまえ

まずは20代のキャリアをしっかり見直すことが大事

30代以降の転職で厳しいと感じている方は、一度しっかりと20代のキャリアを見直して整理してみることも大事です。

たとえば、以下のように自分の経歴をしっかり見直し「今まで何をしてきたか?」「それを他の職場でどう活かせるか?」を考えておくことが、転職活動での自己アピールに必ず役に立ってきます。

  • 一社だけしか勤務経験がない場合→今まで行ってきた仕事の役割や業務内容を整理して他に活かせる場所がどれだけあるか把握する
  • 職を転々としている場合→今までの経歴から共通項を見つけ出す
  • 非正規の経歴しかない場合→今までの経験から正社員への糸口がないか確かめる
  • 職歴がほとんどない場合→仕事を選り好みせずにあらゆるチャンスにしがみつく

そうは言っても中々自分の経歴でアピール出来る部分が見つからないんですよね

大丈夫だ
最初はみんなそんなもんさ

でもしっかり出来ないと
内定もらえなくなりがちで
転職意欲も下がっちゃいますよね…

そうそう
なので30代以降の転職は
必ず「転職エージェント」を有効活用しておきたいね

30代からの転職を成功させたいなら転職エージェントは活用しておこう!

今回紹介した通り、30代以降の転職は複雑な要因が重なって厳しくなりがちです。

ですので「転職エージェント」を活用して、プロに相談しておく方がスピーディーかつ確実な転職につながると言えるでしょう。

でも転職エージェントって怪しくないですか?

怪しいかどうかはともかく
素直にプロのアドバイスを受けて
職務経歴書を添削しておくだけ
より良い転職につながる可能性は上がると言えるよ

転職エージェントってなんか意識高い感じがして
利用するのをためらっちゃうんだよなぁ…

それはあくまでイメージの話であって
実際は今までキャリアなんて意識したことがないような
普通の利用者の方が大半だよ

いずれにせよ30代以降の転職ともなると
経歴・家庭などが人に寄りけり過ぎて
一概に「こうだ!」という鉄則がないので
個別に合わせた意見や提案が必要になりやすいんだ

あ、もしかして…
30代で転職が厳しいと思ってる人って
実はまったく転職のプロに相談してない人ばかり?

だろうね
「転職は厳しい」なんて言ってる暇があるなら
エージェントに相談して活動を進めた方が建設的だからね

でも相談すると厳しい現実を突きつけられるだけで嫌だなあ…

それは違うな

「正しい現実を受け入れる能力」
「それを踏まえて正しい方向に努力出来る」
「エージェントと協力して転職活動できる協調性」

この3点があるだけでも
「仕事が出来る人」という印象を受けないか?

たしかに…

前向きに考えるなら
転職エージェントを使いこなせること自体が
立派なビジネススキルと言えるわけだ

30代ともなると仲介役を通して
仕事をこなすことも多くなる時期だ

多少今までの経歴が足りてないと感じていても
転職エージェントを使いこなすだけで
より良い転職につながると考えると
大した労力ではないと思うぞ

そうですね!

転職エージェントでしっかり相談して
30代からの転職を成功させたいと思います!

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました