これで問題なし!3ヶ月で仕事を辞めたい時に知っておくべきこと注意するべきこと

入社3ヶ月目で辞めたいと悩んでいませんか?
入社3ヶ月目で辞めることは早期退職として経歴に傷がつくので、悩むのも仕方ありません。
ですが、どうしても会社が合わないなどの理由があり、辞めたくなることもあるでしょう。

その場合、どのようにして辞めるべきかどうか判断すればいいのでしょうか?
また、3ヶ月で辞めた後の転職は可能なのでしょうか?
この記事では入社3ヶ月目で辞めたい人に向けて、事前に知っておきたいことをお伝えしていきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

2021年現在、転職市場はコロナ明けを見込んで、採用に積極的な企業が増加しています。
最近では、転職も珍しくなくはなくなっていますが、辞めようと悩んでいる方にとって、仕事を辞めるかどうかは、人生の重大な選択であることでしょう。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から、転職手続きのサポートまで、まとめて行ってくれます。

初めに利用しておきたい転職エージェントは、国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でも利用可能なので、登録がまだお済みでない方は、この機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

3ヶ月目で仕事を辞めたい原因は?

まずは、3ヶ月目で辞めたくなる原因についてご紹介していきます。
短期離職の場合、1年以上の退職と比べて、

  • 会社や社内の人間と合わない
  • 仕事の内容についていけない
  • 求人情報や事前の説明と会社の実態が違う

など、ミスマッチ採用であることが非常に多いです。
これは求職者側の事前の調査や確認不足でもあり、会社側が採用段階で求職者側が自社に合うかどうか見抜けなかったとも言えます。
読者の方に知っておきたいことは、会社の人事も完璧ではないので採用を謝ることはあり得るということです。
そういった点も踏まえながら、ご自身の今の状況と照らし合わせてお読みください。

社内の人間関係が悪い

3ヶ月目で辞める原因として非常に多いのが「社内の人間関係が悪い」というものです。
具体的には以下のようなケースです。

  • 既にいる社員に独特の雰囲気や派閥があって馴染みにくい
  • 上司が圧力的で怖い
  • 仕事について何も教えてくれない

このような職場の場合、そもそも中途採用者を迎え入れるような余裕がなく、短期離職者が多いため常に採用を行っていることが多いです。
なぜそうなるかと言うと、自社の人間関係の悪さや労働環境の悪さ、あるいは癖のある上司が中途採用者の早期退職を招いていることを理解しておらず、闇雲に求人を出しているからです。
また、職場の人間関係が悪い会社は、人間関係が悪くなる要因が会社自体にあると考えられるため、他の点でも不満を抱えやすくなるかもしれません。
詳しくは以下の記事に記載していますので、気になる方はこちらも参考にしてみてください。

職場の雰囲気(社風)が合わない

3ヶ月目で辞めたい理由として「職場の雰囲気(社風)が合わない」というものもあります。
会社には「社風」と呼ばれるその会社の雰囲気や企業文化があり、経営理念や集まる人材、仕事の仕方によって変わってきます。
具体的には以下の通りです。

  • 時間厳守など細かいルールがいくつもある会社
  • 無駄な雑談は許されない緊張感のある職場
  • 活発的な体育会系の会社

読者が「今の会社がなんとなく合わないので辞めたい…」と悩んでいるのであれば、それは会社の社風が自分の性格や仕事の仕方に合っていないのかもしれません。
仮に社風が合わないことが理由で辞めるのであれば「今の会社がどのような社風で何が合わないのか?」「自分の性格や仕事に求めるものは何でどのような社風の会社なら働きやすいか?」を考えておくと、次の職場選びで間違わずに済むはずでしょう。

仕事内容についていけない

3ヶ月目で辞めたい理由に「仕事についていけない」というものもあります。
これは具体的に以下の通り。

  • 仕事を教えてくれない
  • 以前の職場環境と違いすぎて今の職場環境に対応できない
  • 業界や会社の用語が多用されるなどわからないことが多すぎる
  • 前任や同僚と同等以上の能力を求められている
  • 即戦力として期待されて過ぎている

理由は色々と考えられますが、少なからず入社3ヶ月にも関わらず周りと同等のレベルの仕事を求められるているのであれば、注意が必要です。
もちろん、そのような環境で必死に仕事についていく気持ちは大事ですが、世の中には気持ちや頑張りだけではどうにもならないことの方が多いことも忘れてはいけません。
また、このような会社は研修制度や社内教育が充実しておらず、新入社員や中途採用者に対しても「自分で考えて動け!」という風潮が強いため、自発的に学んで動けない人間にとっては非常に辛い職場環境だと言えるでしょう。

求人情報と会社の実態が違いすぎる

求人情報や面接時の説明、雇用契約と会社の実態や実際の条件が違う場合も、3ヶ月目で辞めたくなる原因の一つです。
これは具体的には以下の通り。

  • 求人票記載の内容と会社の実態が違い過ぎる
  • 仕事内容が事前の説明とまったく違う
  • 休日日数や残業時間が求人情報よりも明らかに多い

この場合、雇用契約書の記載内容が根拠となりますが、多くの場合は会社側に都合のよい契約条件が記載されており、会社側の方が立場が強いため、求職者側は理不尽な仕事内容に対しても何もできないことも少なくありません。
もし、求人情報と業務実態が違う場合、対応方法は以下の通りです。

  • ハローワークに相談する
  • 労働監督署に相談する
  • 弁護士に相談して会社を訴える
  • 諦めて転職する

とくに雇用契約書と業務実態が違う場合は、会社側に非がある可能性も考えられますので、場合によっては弁護士に相談して訴えることも一つの手です。
ただ、たった3ヶ月勤めた会社にそれだけの労力を割くぐらいであれば、黙って退職した後、転職先を見つけた方が精神的な負担は少なく済むという考え方もできます。
いずれにしても、求人情報と業務実態があまりに違い過ぎる会社は、そのような方法で採用しなければ人が来ないような悪質な会社だと言えますし、何より、事前の説明や約束も守れない会社で働き続けるリスクは大きいので、当てはまるのであれば辞めることを前向きに考えておくといいでしょう。

時間拘束が多すぎる

あまりに仕事に関しての時間拘束が多いことも、3ヶ月で辞めたくなる理由の一つかもしれません。

  • 休日が少ない(週に1日しか休みがない)
  • 残業が多い(日2時間以上が続く)
  • 有給休暇を取得しにくい
  • 飲み会の参加など仕事外の付き合いを強要される
  • サービス残業を強要される

休日や残業に関しては、いくら法律や社内規則で定められていたとしても、実態は社内で働く人間の意識によって変わってくるものです。
周りの社員が残業ばかりしており、休日が少ないことも当たり前だと思っているのであれば、それが会社の常識となってしまいます。
わかりやすく言えば、3ヶ月目で「仕事に関しての時間の拘束が多い」と感じているのであれば、よほどのことがない限り、辞めるまで同じ生活が続くと考えるべきでしょう。
ブラック企業問題が世間を騒がせて働き方の変わる会社があった一方で、依然として残業時間が減らない会社や、仕事外の付き合いを強要する会社もまだまだ存在するので、仕事に関しての時間拘束がストレスだと感じるのであれば、今の会社環境を見直すきっかけにしてみてください。

3ヶ月目で仕事が向いてない人の特徴は?

3ヶ月目で辞めようかどうか悩んでる人に「今の仕事が向いているかどうか?」を基準にされる方もいらっしゃると思います。
仕事の向き・不向きを判断するためには様々な指標がありますが、一番大事なのは自分の気持ちと向き合ったり、行動を振り返ることです。
早い話、毎日仕事に行くことが楽しみであったり、何かしらのやりがいを見い出せるのであればその仕事は向いてると言えますし、逆に仕事が嫌で無理に続けているのであれば向いてないと言えます。
そういった点も踏まえながら、今の仕事が本当の自分に向いているかどうかを判断するといいでしょう。

毎日、辞めたいと思いながら嫌々働いている

毎日、嫌々働いているのであれば、それは向いてない仕事である可能性が高いです。
たとえば、以下のような状態が続くなら注意が必要です。

  • 毎日、会社に行くのが嫌でしょうがない
  • 仕事のことを考えると憂鬱な気持ちになる
  • 仕事内容自体がまったく楽しくない

ただ、会社が嫌になる理由としては「社内環境の問題」と「仕事自体の適性」は分けて考えなければいけない点には注意です。
どういうことかというと、たとえば今の仕事が営業職であれば「会社自体の仕事のやり方が悪いだけで営業の仕事には適性がある人」が、会社自体が嫌いなあまり「すべての営業職が向いてない」と決めつけてしまう可能性があるということです。
ですので、嫌々働いている場合は「職場環境に問題があるのか?それとも仕事内容自体が嫌なのか?」は冷静に見極めておくべきでしょう。

仕事にやりがいや希望を見出せない

どんな仕事にもやりがいであったり、何かしらの成長している実感、あるいは夢中になれる瞬間があるものです。
ただ、それを見つけられるかどうかは本人の気持ちや適性次第です。
よく「努力し続けられることも才能のうち」と言いますが、仕事にも同様のことが言えるかもしれません。
筆者は他人の仕事や趣味に対して「よくそんなこと続けられるな…」と思うことがありますが、それは本人に適性があるからこそ、続けられることなのだと思います。
入社3ヶ月で仕事にやりがいを見い出すのは中々難しいことだと思うので、判断する基準としては「今の仕事で夢中になれることがあるか?」「周りの社員はやりがいを感じているか?」を考えてみるといいかもしれません。
少なくとも、周りの社員がやりがいを感じられていないのであれば、自分自身もそうなる可能性が高いですし、会社自体が自社の仕事に対してやりがいを与えたり、何かしらの希望を感じさせる取り組みを行っていない可能性が高いと言えるでしょう。

仕事内容に自分が得意だと思えることが一切ない

向いている仕事とは「他人よりも得意なこと」とも言い換えられます。
たとえば、筆者は肉体労働は苦手で他人よりも劣りますが、文字や数字情報を処理するようなことやアイデアを出すことは得意だと感じます。
よりわかりやすく言い替えるなら「自分は当たり前にできるけど、他人は当たり前にできないこと」が、自分の得意なことであり向いている仕事です。
仮に、今の職場で自分が得意だと思えることや、周りの社員よりも優れている感じる部分があるなら向いている仕事である可能性がありますし、そうでなければ向いてないと言えるかもしれません。

3ヶ月目で仕事を辞めたい場合は具体的にどうする?

ここまでは「3ヶ月目で辞めるかどうかの判断ポイント」をご紹介してきました。
ここからは具体的に「3ヶ月目で辞めたい場合にすべきこと」をご紹介していきます。
すでに辞める決意が固まっている方や、辞めた後に次の仕事が見つかるかどうか不安な方は、ぜひご参考ください。
また、仕事を辞める際にすべきことや確認すべきことは、以下の記事のもまとめてありますので、気になる方はこちらも合わせてお読みください。

関連:会社を辞めたいと思った時はどうする?退職から転職までをスムーズに進めるためには?

3ヶ月目で辞めたくなる仕事を無理に続けてもしょうがないと知っておく

3ヶ月という短期間で辞める場合、他人に相談しても止められることが多いでしょうし、世間体も悪くなり、次の転職活動時にも必ず退職理由を尋ねられるので対策しておかなければ経歴に傷がついたものとして扱われやすくなります。
そう考えると無理にでも今の仕事を続けた方がいいと思いがちですが、逆に考えると「3ヶ月目で辞めたくなるような仕事を無理して続ける必要があるのかどうか?」とも言えます。
筆者自身、嫌な仕事はとりあえず放置する期間を設けるようにしてますし、無職期間も何度か経験していますが、無理に続けなくとも、仕事辞めてもなんとかなる経験しているので、仕事を辞めることに抵抗がありません。
事実、無理に辞めたい仕事を続けても得るものは少ない上に仕事への熱意や集中力は下がりますし、そのような状態で他人と仕事しても相手に失礼なだけだとも思います。
そもそも、終身雇用も崩壊している今の日本において「一つの会社で長く続けることが偉い」という考え方自体が合わなくなっているため、よほど待遇に恵まれている会社でもなければ、無理に続ける必要性も薄いです。
いずれにせよ「3ヶ月目で辞めたくなるような嫌な仕事をずっと続けるか?」「3ヶ月で辞めて不利な状況で転職活動に臨むか?」のどちらかは決断しなければならない状況に置かれているのは間違いありません。

辞めると決意したら周りの意見は聞かなくてもいい

仕事を辞める際、他人に相談したいと思う気持ちはあるでしょうが、相談するにしても相手は選んだ方がいいでしょう。
少なからず、同居している家族や恋人は生活の不安から止めてくる可能性が高いですし、上司や同僚に相談するとあらぬ噂が広がって会社で居場所がなくなり、仮に辞めない場合に悲惨なことになるかもしれません。
また、一般論として3ヶ月という短期間で辞めることはあまり良い印象を与えないため、他人に相談しても止められることが大半でしょう。
ただ、何度も言っている通り、大切なのは「自分自身の気持ち」です。
仮に読者が3ヶ月目で辞めたいと思っているのであれば、他人に相談したところで気持ちは揺るがないはずです。
ですので、すでに心の中で辞めることをほぼ決めているのであれば、不要な相談は避け、着々と辞めるための準備を進めておくのが堅実でしょう。

退職の際に引き留められることは覚悟しておく

3ヶ月目で辞める場合、会社側に退職を引き留められる可能性は非常に高いです。
前述の通り、会社側に人手が足りていないことが多い上、上司の責任問題に発展する可能性がある以上、仮にお世辞であっても一応は社内の人間は引き留めようとするものです。
その際、変に相手の話に合わせて辞めるかどうかためらってしまうと、退職手続が難航してしまいがちです。
ですので、辞めると決めたのであれば、会社側にいくら引き留められようとも、揺るがない意志で「退職する」という決意を伝えましょう。
そうすれば、会社側も交渉の余地はないと諦めて、すんなり退職手続きを進めてくれるはずです。

ただし、転職の目処は立ててから辞めておく方が今後が安心

何度もお伝えしている通り、3ヶ月目での退職は経歴に傷がつくことになるため、ある程度の転職の目処は立てておきたいところです。
ただ、筆者の経験から言えば、貯金等の生活の余裕さえあれば、とりあえず辞めてから腰を据えて転職活動に臨むのもありだと思います。
というのも、在職中の転職活動は冷静な判断ができなかったり、辞めたい一心で焦って入社したくもない会社に入ってしまう…等のリスクもあるからです。
ただ、理想で言えば今の仕事を続けたまま、次の転職先から内定をもらってスムーズに転職した方がいいのも事実です。
どちらにしても、次に紹介する転職エージェントを活用するなどしておけば、転職先を見つけ出すこと自体はさほど難しくありませんし、3ヶ月目で辞めた経歴も面接対策をしっかり行えばどうにかなるので、しっかりと退職と転職の準備を進めておくことが大切です。

3ヶ月目で辞めたいなら転職エージェントに相談しておくこと

3ヶ月目で辞めたいのであれば、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは無料で利用でき、自分に合った求人を紹介してくれ、転職活動のサポートも行ってくれます。

3ヶ月目で辞める場合の使い方としては、

  • 本当に今の会社を辞めるべきかどうか?
  • 仮に辞めたとして今の自分の経歴でどれだけの求人を選べるのか?
  • 退職の際の手続きや内定先との調整をサポートしてもらう

といった情報を、プロから客観的にアドバイスしてもらうというのがスマートでしょう。
また、一度退職してから転職活動するのであれば、避けたい自体はダラダラと転職活動してしまい空白期間が長引くという事態です。

こうなると、無駄に資格取得に励んでしまったり、内定がもらえないような求人ばかり応募してしまう、逆に簡単に内定がもらえる代わりにすぐ辞めたくなるような離職率の高い企業に入社してしまうなど、転職活動の失敗要因になってしまいます。
そういった事態を避けるためにも、転職エージェントを利用してみて、一度プロに相談してみることを強くオススメします。

仮に転職せずに今の仕事を続けることになるとしても、転職エージェントに相談することで自分の気持ちが整理できたり、自社の状況について冷静かつ客観的に判断できるものです。
ですので、3ヶ月目で辞めようかどうか悩んでいる方は、この機会にぜひとも転職エージェントを活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました