仕事を3ヶ月目で辞めたい理由とつらいポイント。向いていないと思うなら勇気を持って転職活動を始めてみよう!

仕事を辞めるかどうかは3ヶ月目の判断が重要です。

恋愛においても「魔の3ヶ月」などと言われますが、一通り新しい環境に慣れて自分の向き・不向きがわかるのは、おおよそ3ヶ月もあればわかるのです。

つまり、仕事を辞めるのであれば3ヶ月目が節目。

今の職場での仕事を思い返してみてください。

一度でもやり甲斐を感じたことはありますか?
理想の環境で気持ちよく働けていますか?

…もしそうでなければ、3ヶ月目で辞める決断をすべきです。

今回は3ヶ月目で向いていない・辞めたいと感じる方に辞めたほうがいい理由を紹介していきます。

ぜひ、世間体や周りの批判を恐れず、勇気を持って辞めてくださいね。

仕事を3ヶ月目で辞めたくなるつらい理由とは?

仕事についていけない

3ヶ月目で辞めたくなる大きな理由は「仕事についていけない」からですね。

関連:レベルの高い職場についていけない時の対策。そのまま頑張るべきか?それとも転職するべきか?

「周りの同期が覚えが早すぎてつらい…」
「上司に叱らればかりでつらい…」
「前の職場と違いすぎてつらい…(転職後の場合)」

こういったことを3ヶ月目で感じているのであれば、辞めることを考えたほうがいいです。

仕事なんて3ヶ月もすれば一通りマスターできますが、それもできないということは今の仕事が合っていない証拠

自分に向いていない仕事を続けても、周りに取り残されてつらいだけではなく、最悪うつ・過労死のリスクもあるので、潔く「就職・転職の仕方が間違っていた」と見切りをつけて、次の職場を見つけ出すのも大事な決断ですよ。

社内の人間関係や社風が合わない

仕事を3ヶ月目で辞めたくなる理由は、社内の人間関係が合わないから。

会社に合うか合わないかは職場の人間関係が9割以上影響を及ぼします。

社内が殺伐としていれば仕事はミスを許されないプレッシャーの多いものになりますし、逆に大学生ノリで雑談の多い職場は仕事が進めず残業が増えがち。

また、会社には「派閥」という政治的な事情もあり、組織内での人間関係の対立の激しい社風もあります。

社内の悪い人間関係は、仕事のパフォーマンスに影響を与えますので、どうしても合わないと感じるのであれば、辞めることを考えておきましょう。

関連:人間関係の悪い職場の特徴6つ。人付き合いで疲れる職場は転職することが最善の方法!

関連:仕事の人間関係に耐えられない!仕事でストレスを抱える原因とリスク、対処法について。

上司と合わない

3ヶ月目でで辞めたくなる理由は「上司と合わない」ですね。

「仕事を全然教えてくれない愛想の悪い上司」
「前の部下や他の人と比べてくる上司」
「性格が合わない上司」
「ハラスメント同然の行為を行ってくる上司」

こういう上司と仕事とすると、ストレスが溜まりますよね。

実際、転職においては「上司や経営者が決め手・理由」としている人が多く、それだけ上司の相性は仕事に大きく影響を与えるということです。

関連:転職先は「上司や社長」を理由に選んでもOK。「誰のもとで働くか」で仕事と人生は決まると知っておこう!

求人・面談条件と業務内容や労働条件違った

3ヶ月目で辞めたくなる理由が「求人情報・面談条件と実態が違った」という場合ですね。

  • 「週休二日制」と書いているのに土日も出勤あり
  • 残業時間が求人票よりも異常に多い
  • 業務内容が思っていたものと違った

こういった「入社前のイメージと仕事内容の実態がかけ離れている」というケースは、よく起こり得ることなのです。

なぜなら、採用募集をしていう企業側も入社した側も、お互いのイメージが一致していない状態だからです。

3ヶ月勤めても我慢出来ないぐらいの食い違いがあるのであれば「事前によく確認しなかった自分が悪い」と反省して、次につなげましょう。

即戦力としてあまりに多く求められすぎている

3ヶ月目で辞めるべき判断基準に「即戦力としてあまりに多くが求められている」という点があります。

入社3ヶ月で即戦力として多くが求められるケース

  • 人手不足でいち早く戦力になって欲しい場合
  • 経歴や実績で過剰に期待されている場合
  • 上司や先輩が完璧主義で「新人でも仕事が出来て当たり前」と思っている場合

明らかに自分本来以上の能力を求められている場合は、上司や先輩に相談し、それでもダメなら転職を視野に入れておきましょう。

関連記事:「即戦力!」を求める企業はバカ。転職で失敗する人の「即戦力」の認識の過ち

あまりに残業が多すぎる

仕事3ヶ月目で辞めたくなる理由は、あまりに残業が多すぎる場合でしょう。

最近では「ワーク・ライフ・バランス」や「働き方改革」の影響で、残業や休日出勤を排除する方針が増えています。

仕事のために生きているわけではないのですから、最低限のプライベートの時間は確保したいものですよね。

また、採用基準の甘い会社は人手不足のブラックな職場もあり、そういった会社はすぐに辞めていく人も多い傾向にあります。

関連:人がどんどん辞めていく会社には残らないほうがいい。その理由を教えます

3ヶ月間耐えられないレベルでの残業が続くのであれば、辞めることを考えておいたほうがいいでしょう。

3ヶ月で辞めたくなる場合、仕事の選び方に問題あり

3ヶ月目で辞めたくなるような会社に入社してしまう人は、そもそもが仕事の選び方が間違っている可能性もあります。

3ヶ月目で辞めたくなる人の間違った仕事の選び方

  • 求人情報をうのみにしている
  • 面接で雇用条件や業務内容をしっかり確認していない
  • プロからアドバイスをもらわずに転職活動をしている(自分に合った企業から内定をもらいにくくなる)
  • 自己分析・業界研究などの事前のリサーチが足りていない

こういった事前準備がしっかりできないまま「なんとなく…」「良さそうな条件だから…」で入社すると、思ったのと全然違った仕事に就いてしまう結果になります。

3ヶ月目で辞めるのであれば、自分の反省点もしっかりと踏まえた上で、次により自分に合った会社に入社できるようにつなげましょう。

3ヶ月目で辞めるなら転職エージェントを有効活用しよう

「仕事を3ヶ月目で辞める」という失敗を二度と起こさないためにも、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントとは、プロがカウンセリングした上で本当に自分に合った転職先を紹介してくれるので、長く働ける理想の職場と出会える可能性が大きくなります。

その他にも、転職エージェントでは以下のようなサポートが無料で受けられます。

  • 履歴書・職務経歴書の添削や指導
  • 面接の模擬練習や指導
  • 紹介先企業の社風や人間関係、面接官の傾向などの事前情報の提供
  • 自分に合った求人票を集めてくれる
  • 面接の日程調整や推薦文での前評判を送ってくれる
  • 内定後の退職から入社のサポートもしてくれる

これらのサービスが無料で利用でき、より自分に合った長く働ける職場に就ける可能性が高くなるので、3ヶ月目で辞めようと悩んでいる方はぜひ転職エージェントを使ってみてくださいね。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ