40代独身男性の転職はかなり有利!40代独身男性が転職を絶対に成功させる秘訣を教えます

私は某人材派遣会社で勤めていたことのある、ライチと申します。

世間では、

「40代からの転職は厳しい」
「40代の人材なんてどこも欲しがらない」

…なんて聞きますが、まったくそんなことはありません。

むしろ、40代の人材は喉から手が出るほど、欲しい会社もあるぐらいです。

というのも、やはり40代の人材は経験値が高く評価されるからです。

どんな会社や業界であっても、40代まで働いているのであれば、相応の経験があるはずですからね。

さらに言えば、独身男性であれば扶養・保険の負担や家庭に配慮する必要もないので、企業側からすればまさに黄金とも言うべきレア人材です。

40代独身男性の転職の過ち

ところが、40代独身男性の多くが、転職で過ちを犯してしまう傾向があります。

実は、タテ割り型で人材採用に融通の利かない会社というのは、40代独身男性を過小評価しやすい傾向にあるんです。

そこを見誤って、古風なタテ割り型な会社ばかりに応募した結果、不採用が続き自分に自信を失くす40代男性は多いようですね。

その結果「自分には価値も能力もない…」と挫折し、アルバイトや派遣社員などの安い賃金で働くことを選んでしまう40代独身男性も、かなりいます。

40代独身男性が転職で大事なのは、求人先選びです。

「数撃ちゃ当たる」というのは、もはや昔の言葉です。

40代男性を欲しがらない・活かしきれないような会社に応募し続けても、採用されるわけがありません。

それどころか、かえって自分の人材価値を過小評価され続け、自信を失くす結果になります。

まずは、誤った転職をしてしまわないように、身長になることが大事です。企業側も40代の採用は慎重になるので、求職者側も慎重に行動するべきです。

古風な企業や大企業は避けよう

古風な企業や大企業の場合は、ずば抜けて高い専門性の高い能力や著しい社会的功績がないと、まず転職は成功しません。

というのも、社内内部での出世コースや人材教育制度などが、良くも悪くもしっかりしているため、融通が利きにくいのです。

いくら前職で素晴らしい人材管理や教育の出来た管理職であっても、大企業からすれば、かえって職場を乱す存在になりますからね。

なまじ、そういった企業は待遇も給料もいいため、魅力的に思えて募集したくなりますが、まず採用されないので、応募するだけ時間と労力の無駄です。

世の中、努力だけではどうこう出来ないことの方が多いですからね。

柔軟性のある会社や若手の多い業界をねらうべき

40代独身男性は、人材採用に柔軟性のある会社や、若手の多い業界をねらうべきです。

「若い人に指導されるのは嫌だ」なんて甘えた40代は、採用されるチャンスはありません。

40代の転職の際にもっとも敬遠される要素が「年齢が高いことに対するプライド」です。

とくに、20~30代の若者は、40代中高年以降の「年齢が高いほうが偉い」という古くさい価値観を嫌います。

いくら人生経験があろうが、他の職場に行けば新人同様ですからね。

「郷に入っては郷に従え」という言葉がある通り、まずは年齢による無駄なプライドは一切捨てて、謙虚な姿勢で転職に望みましょう。

40代ならではの経験を活かせば年収アップも狙えます

しかしながら、40代男性が若手よりも経験値が上なのは確かです。

40代独身男性が転職を成功させるには、若手に従う謙虚さと40代ならではの経験による頼もしさ、どちらも持ち合わせて発揮できる会社に転職させることが必須となります。

とくに、ビジネスにおいての具体的な成功経験、主に

  • 数百人規模の管理職経験
  • 数々の取引先との商談経験
  • 社内への新システム導入の指導経験
  • ビジネスに役に立つ、様々な業界との太いパイプ・人脈

…など、社内でリーダーシップや他者とのパイプ役を経験したことがあれば、人材価値もグッと跳ね上がります。

逆に、しょーもない上司のご機嫌取りや、飲み会・接待ゴルフなどの経験は、若手の多い業界ではまったく通用しません。

ヤンキーの武勇伝語りではないのですから、くだらない上司の自慢話レベルの仕事の経験談は、まったく評価されませんよ。

今や、バブル期社員の仕事に直接関係のない取り柄なんて、一切通用しないことは、自覚しておきましょう。

逆に、ビジネスに役に立つ具体的な経験がたくさんあれば、年収アップの転職も狙えると言えます。

40代独身は転職において有利

また、40代男性と言えば既婚者も多く、独身男性は既婚者に比べれば段違いに転職で有利になります。

「家庭を持つと男は変わる」などと時代錯誤なことを言っている人も多いですが、それはあくまで正社員終身雇用制度がしっかりしていた時代の話です。

家庭のために仕事している人間なんて、たいがいが嫌々会社に従っているだけの人材ばかりなので、会社側からすればお荷物みたいなもんです。家族=人質みたいなもんですから、単に扱いやすいだけですからね。

逆に、独身男性の方が仕事にやり甲斐を持ってくれる分、転職においては高く評価されます。

その証拠に、育児休暇関連の法案が整っても、積極的に取り入れている会社は少ないですからね。

家庭よりも仕事を優先できる男性は、やはり企業側からすると信頼できる人材なんです。

独身男性であることを武器に、自信を持って転職しましょう。

今どき、家庭を持つなんてただの甘えです。

40代独身男性が転職するなら転職エージェントを使おう

今回紹介したような、40代独身男性ならではの強みを活かす企業を効率よく見つけるためには、転職エージェントを利用するのが一番です。

転職エージェントでは、担当者が求職者の適性を診断してその人に合った仕事を紹介してくれます。そのため、古風な会社や絶対に40代を採用しないような会社に不採用通知されて精神的に消耗するリスクもグッと下がります。

また、転職エージェントでは非公開求人も多く、転職サイトやハローワークでは絶対に見つからないような、優良求人も見つかりやすいです。とくに企業のプロジェクトに関して、他業界の経験者をヘッドハンティングしている場合もあり、意外な穴場求人が見つかることも珍しくありません。普通に転職活動していたなら、そういったチャンスはまずないですからね。

転職エージェントは土日の面談も行っていますので、在職中の方は休日を有効活用し、面談を受けてみましょう。

登録から転職まで、すべて無料で利用できるので、今すぐ登録しておくべきです。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ