40代以上の転職は厳しい?40歳以降の転職の現実と難しくなる理由とは?

 

スポンサーリンク

40代になると途端に求人が減ります

40代は本当に転職は厳しいと痛感しました。
というのも、求人が本当に減ります。40歳になってから、職場でいろいろなことがあり一時期転職を真剣に考えることがありました。年齢的にも転職するなら今がラストチャンスかな、というようなことも考えていたし、職場では考えが合わなくなってきたこともあったので、職場に行くのもしんどくなっていました。
私は地方の街に住んでいることもあったのでネットでの転職エージェントなどを使ってもあまり情報はなさそうだったのでハローワークに行きました。登録を済まし、仕事を探してみたのですが、本当に40過ぎの求人は見つかりづらかったのが衝撃的でした。スタッフの方に相談しても転職はやめなさいと諫められました。
結局は転職をすることは一旦やめて今もその職場で働いています。

求められるスキルと共に転職先への定着性が求められる部分

私は40代で転職活動を行いましたが、最終的に転職先は決まったものの、活動自体は厳しいものでした。自分の経歴には自信があったので比較的すぐに決まると思っていましたが、いざ活動を始めると思うように進みませんでした。エージェントに登録して、すぐに求人を紹介して頂き、書類選考まではスムーズでしたが、面接の段階になると通過しないことがほとんどでした。40代での転職理由は色々あるかと思いますが、年齢的にスキルアップというよりは現職への不満を持って転職する人が多いと思います。選考する側は即戦力としてすぐに活躍を期待しているので、少しでもアンマッチがあって辞めてしまうことがないか、定着性もチェックしています。ですので面接の時に現職への不満を少しでも述べてしまうと、同じことがあると辞めてしまうのでは?と思われ、面接でNGとなることが多くあり、厳しい転職活動でした。

35歳以下で募集しているところが多い

まず35歳まででってところが多いです。ですので40歳過ぎてからの転職ですと就ける職はかなり限られてしまいます。ですので長年勤めていてそれなりに給料をもらえてる場合に転職をするのってかなりのリスクがあるなあって感じます。私は会社員から自営になったけども私のように自営をするっていうのなら年齢は関係ありませんが自営は自営でまたリスクがあるにはあります。上手くいくかわからないからです。40代から転職しても良いケースで言えば独身であまり出費がないような人や今後あまり結婚などを考えてないようなら人なら全然ありかなとは思います。既婚者ですとやっぱり厳しいとおもいますしヘッドハンティングされての転職でなければ非常にリスクが大きいでしょう。

年齢が40を超えているのでなかなか合う条件がないです

40代で転職となると職種がだいぶ狭くなると思います。また歳をとるにつれて体力もあまりなくなってきたので残業等もあまりできる気がしないので、そういう条件を細かく指定してしまうとかなり厳しい状況だと思います。給料面でも今の職場より上の条件を望むとかなり難しく高みをなかなか望めない状況です。40過ぎての転職なのでこれが最後の転職にしたいので失敗はしたくないのでしっかりと考えて転職活動をしたいです。しかし、家庭もあり子供もいるのでずっと職がないままというわけにも行かないので、早めに決めなくてはならないという使命感にも襲われてしまいます。面接に行くにも時間が必要ですし、家庭のことも両立したいのでなるべく早く決めたいです。

年齢による応募制限がある求人が多い

40代以上で転職が厳しいと思った理由・体験談は、転職を考えたときにハローワークの求人サービスなどで求人情報を検索してみても年齢制限があったりして、40以上でもOKという求人募集自体が少ないことを実感しました。求人についてあからさまな年齢制限を設けることは出来なくはなっていますが、年齢を入れて検索すると出て来る求人情報がほとんど福祉関係や医療関係になってしまっています。未経験で40代でも大丈夫という求人は、なかなか見つからないというのが現状です。あったとしても給与面や勤務条件面で、今の職場よりも良い求人はなく、転職自体を諦めるしかないのが現状です。40代以上の転職者に求められているのは、管理職としての実績と能力だと思うので、そういう管理の仕事をしてきていないので、転職は厳しいと思いました。業種全体の業績も落ちて来ている今の職場で、いつ切られるのかビクビクしながら働くしかありません。

求人の少なさ

39歳の時に退職して、違う業種に転職しようと職業安定所に通ったんですが、かなり厳しい就職活動になりました。まず、年齢を40代として見られるので求人が少ないです。そして、私の場合前職がアパレル販売だったので、実務経験が全くない状態でした。40代の求人の殆どは、実務経験が有る人材もしくは何らかの資格をもった人材の求人が殆どだったので、なかなか紹介してもらえるものがなかったです。運よく面接までいっても面接で断られたりしました。パソコン教室の職業訓練まで受講しましたが、一番希望の職種には就くことが出来ず、違う職種で仕事を見つけました。40代になってスキルのない状態での転職はとても厳しいと痛感しました。

希望する業種への職務歴がないこと

私は20代の時に将来を見据えて宅地建物取引主任者(現在は宅地建物取引士)の資格を取得していました。ただし、当時は不動産業界ではなく、全く無関係の業種で働いていたため、不動産関連の実務は経験することなく過ごしてしまいました。40代になり、体力的な衰え、さらに健康状態も芳しくなかったため、力仕事が求められる製造業を辞職して転職活動をしたのですが、役に立つと思っていた宅建の資格が実務経験がないということで全くなんの武器にもならなかったことで転職市場の厳しい現実を思い知りました。転職活動当時は給与や福利厚生などの条件にこだわっていたのですが、失業状態が長引いたため、それらの条件を捨てて、不本意ながら日雇いの仕事をこなすしかない状況となってしまいました。

パソコンのスキル

40代で転職が厳しいと思った理由は 私は 大学を卒業したのち 食品会社の営業として就職しました。 ほとんど外回りの営業で会社内にいることは 朝と会社に戻って その日の報告や 次の日の訪問の予定と準備などの業務に追われていました。やりがいもあり 契約が増えると それに伴い報酬も上がり 楽しく仕事ができたいたと思います。結婚 出産ののち やはり家庭と仕事の両立が厳しくなり 40代で転職を考えたのですが 求人は事務職が中心で さらに業務は パソコン必須でしたが 事務職よ経験がないため パソコンを使うことが ほとんどできず
そうなると なかなか雇ってもらうことができず 転職の厳しさを痛感しました。若い世代だと 学校で既にパソコンを学んでくるので即戦力となるため やはり40代でパソコンを操るのは至難の業で どうして不利になる厳しい部分でした。

これまでの職業から全く違う業種に転職しようと思っても、面接では必ず「この業種のスキルはないんでしょ?」と言われる

40代の転職は求人そのものが少なく、あるとしても「全くの素人」はまず相手にされないことが一番きつかったです。
これまでの職業に限界を感じて、新しいことにチャレンジしたいと思っても、「この業界の経験やスキルはないんでしょ?」と言われてしまう。
転職してから指導を受けてスキルアップしたいと思っているのに、入る前から経験やスキルを求められてしまう、それが40代の厳しい現実です。
10代20代の方が覚えが早いのはわかりますが、若い内は気遣いや社会の一員としての覚悟が足りず、すぐに連絡もなく辞めてしまうのに、面接をすぐ通ってしまうのを見て、とても悔しい思いをしました。
本気で収入が欲しい40代未経験者を最初からはねてしまうのは、会社としてどうかと思ってしまいます。

そもそも求人自体が少ない

私は製パン業界で働いています。
それまで働いていた工場が移転。
家を購入したばかりの私にはとても通えない距離でした。
そんな訳で思い切って転職することを決意。
業界歴20年以上なので転職先はいくらでもあると軽く考えていました。
1ヵ月くらい休養を取ってから就活を始めたのですが、ここで40代の転職の厳しい状況を知りました。
一般の募集を見ても。ほとんど求人がないんです。
載っているのは給料が安い一般職ばかり。
仕方なく転職サイトなどにも登録したのですが、私の希望する条件が高すぎるのか、まったく見つかりません。
たまに紹介して下さる案件も、私の希望とは大きくかけ離れていました。
知人に尋ねても見つからず、結局かなり妥協する感じで転職することになってしまいました。
これまで積み上げてきたキャリアはいったい何だったんだろうと、かなり落ち込みました。

転職するならもう少し前にしておけばよかった…

私は、定年前に正社員での仕事を退職しました。業界は金融で職種は情報システム担当でしたが、コンプライアンス室を兼務していました。情報システムといっても開発が専門でしたので、できれば開発を希望して、ハローワークに紹介をお願いしています。実際、金融系でコンプライアンス勤務とあり、応募しましたが、希望は営業職でコンプライアンスを兼任してほしいとのことでした。これは、ハローワーク担当者が連絡を取ってわかったことで、求人票には何も記載がないので、連絡を取ってみないと実際とは違うのがわからないのが厳しいです。

転職をするならもう少し前にしておけばよかったと思うことがあります。前職は、転職で入社しましたが、最初から情報システムとコンプライアンス室兼任の辞令でした。入社時はわからなかかったのですが、その会社は何度も合併をして、現在、金融会社の子会社で、管理職は副部長までで、部長以上は親会社からの出向者でした。そのため、出世は、ある程度で止まってしまいます。そんな内情を知っていなかったので、実際に勤務してみると、かなり社員同士の競争が激しかったです。5年以上勤務すると、ほとんど仕事のアップデートができず、単純な仕事の繰り返しになります。10年以上の社員は、他社に転職した場合は、給料のアップが見込めない状態です。そこで、不満を言いながらも退職まで頑張ろうとしているようでした。
確かに40代以上でこの状況は厳しいです。厳しいですが、退職前ぎりぎりでしたが、あと10年働くと考えて、次の転職先を探そうと思っています。

職種の選択肢が減る

私は30代後半に3年勤めていた会社からリストラ宣告を受けました。すぐに仕事を始めたかったのですが、新しい仕事を探そうと思っていてもなかなか良いところが見つかりませんでした。私は事務の仕事が良かったので、お給料と勤務時間、パソコンを使うお仕事という条件で探したのですがどのお仕事も35歳までという条件がありました。そのため、自分の希望の範囲を広げて探すようにしました。40代でも雇ってもらえるお仕事は、お給料も減り正社員ではなく契約社員かパートしかありませんでした。迷いましたが仕事をしない訳にはいかないし、妥協をして契約社員として働くことになりました。40代では転職は厳しいということを痛感しました。

専門職なら求人はあると思うが、一般事務なら若い人を企業は求めていると思った。当然、求人数も減る。

一般事務ならいくらでも若い子を採用するだろうし、40代の求人数も減ります。少ない求人に応募してもなかなか面接まで行くのは本当ひ少なく厳しい。面接でも失礼な事をズケズケ言われたました。40歳で子供なしだと、これからお子さんはご希望ですか?とか、お子さんがてきてらどうされますか?とか。
セクハラ的な言動てすが、当時は正社員になりたくて我慢していました。今だつたら憤慨すると思います。年下の面接官に
こんな事を質問され、むっとしてあたら、おじいちゃんの乗常務さんがかばってくれたのがうれしく結局採用となり、現在もそこて働いています。いろいろ不満はありますが、それなりのかいしゃです。今でも転職したい気持ちもありますが、すでに50歳となり、ギャンブルはできないと諦めました。

新しい技術への適応、仕事への順応

電子機器の技術職として働いています。生涯現役を目指して精進の日々です。
しかしながら、40代にもなると他の会社への転職は厳しいものがあると感じることがしばしばあります。
技術の変遷が早い分野なもので、身に着けた知識はすぐに陳腐化してしまう一方、年齢による新しい知識に対する学習能力は低下が否めず、若い技術者に後れを取ることも増えてきます。
加えて、細かい部品を扱う作業が多いため、年齢により視力が低下してくると、そういった作業がままならなくなってきます。
そのあたりは経験でカバーとは簡単に言いますが、現実はそう優しくはありません。
実際、年配になってから転職してきた技術者と何人となく仕事を一緒にしたことはありますが、細かい作業に対応できず、新しい技術が理解できず、それ以前に作業手順を覚えるのに手間取ったり。ほどなく職場を離れていった人も少なくありません。
経験してきた技能が活かせる方向性が合致した仕事であればともかく、そういった仕事はなかなか巡り合うことが難しいことを考えれば、こういった業種では年配になってからの転職は厳しさを感じます。

プログラマーからSEをやっておりました。年齢制限はかけていないのですが「20、30歳代が活躍しています。」とういう文言が多数ありました。

40代以上の転職でIT部門に復帰するために、転職を決意しました。とりあえずは職業訓練校に行き、当時3倍の難関でしたが、なんとか合格しました。1年間の訓練校中は何度か面接をしましたがすべて落ちました。訓練校終了後は高校のIT関連の仕事に応募しましたが、面接はしてもらえましたが校長に40なってまでなにやってるのかさんざん嫌味を言われたあげく不採用でした。その後は学校法人の面接では「なぜ会社をやめたのですか?」と聞かれずパートだったためようやく雇ってもらいました。その後15年ほど勤めた後、やめざるを得なくなったのですが、ハロワ経由にもかかわらず履歴書を出しても無視、パートや派遣すら厳しいのです。「仕事が流れる可能性がある。」と言われ、粘って聞いてみると「人気があって20,30代の人が大勢応募している。」と実情を言ってくれました。1年たってもIT関連には再就職できませんでした。

「こんな人が多く働いています」の職員紹介欄が20代30代までが圧倒的に多く、応募すらできない求人がとてもとても多い現実に悩みました。

40すぎてハローワークに職探しに行った時、PCの職種検索エンジンに年齢ではじかれてしまい
「条件の合う求人はありません」という画面が何度も出てはため息をつきました。

幸い私は保育士と幼稚園教諭資格を有しておりましたが、ハローワークでも「保育士求人コーナー」「看護師求人コーナー」などの国家資格所有者専用にパーテーションで仕切られた別対応窓口があり、手に職とはこういうことかと驚いたものです。

それでも40代というだけで家庭があったり小さな子供がいたりすると「夜勤NG」「土日出勤が難しい」などで結局好条件の求人にたどり着けないのです。
やっと条件の合う求人を見つけてもハローワークの職員の方に
「この保育所は離職率が高いです。理由はいろいろですが皆さんすぐ辞めてしまう保育所だから年中求人出してるんですよ。ご紹介はできますが正直あまりおすすめしかねます」
と言われ戸惑ったりしました。

その時はもうその保育所しか選択肢がないくらい間口がせばめられてしまっており一年近く働きましたが、やはり厳しい場面を目の当たりにし、他保育士やリーダーをつとめた保育力のあるベテランさんですら「もういいです、辞めます!」と円満とは言えない退職光景を見ました。

手に職があったとしても、やはり転職において若さは財産であると思い知る経験でした。

向上心と集中力

20代はガムシャラに仕事に取組み、30代になると少し先を見据えながら仕事と共に自分自身のスキルアップのため、勉強を取り入れて仕事に活かしていくことを目標としていた。この頃になると、プライベートでは結婚や子育てと忙しくなりながら40代を迎える。今まで仕事で培ってきた経験や知識を自分自身どの道を進むかを考えると同時に、部下等指導を行わなければならない立場となり、自分自身のことだけを考えていれば良い時期が過ぎて行く。この立場を自分自身に問いかけを行っていると、今まで考えて来なかった転職というキーワードが頭に残るようになる。それまで転職のきっかけがなかったわけではないが、そこまで考える状況(余裕)ではなく、目の前のことに対応していくことで精一杯の状況であった。今後を考え出したときには、自分だけではない家族というものが生まれて一人ではない環境、現状を変えることにためらいを持ち出すことによって転職が厳しい状況になっていた。仕事のみに集中していた時期よりは環境と自分の体力により、集中力が落ちると共に向上心も低下していることを感じた。

40歳での転職は厳しい

現在40代で40歳ジャストです。転職が厳しいと思う部分は、長期キャリア形成のため35歳までという求人が実際あります。40歳と35歳の人が同時期に応募した場合、経験よりも年齢により35歳が対象になります。特に私の職種はその傾向が強いので、40歳での転職は厳しいと感じています。

40代で転職が厳しいと思った経験として、福祉職である私はある国家資格を取得しました。実際欲しかった国家資格で、その資格を業務でも生かしたいし、もっと上を目指して転職活動を行いました。しかし求人を実際に探すと30代には感じなかった40歳という壁に直面しました。私はある程度福祉界の経験はあったものの、企業は長く働いてほしいと言う長期キャリア形成のために、若い職員が欲しい傾向がありました。面接で年齢を言うと、この歳から資格を取ったことは驚かれますが、それ以上の反応は少ないかなと言う印象でした。20代、30代のころは、転職活動に置いて年齢がネックになるなんて考えもしませんでした。こんなに違いがあるものかと感じました。

事務仕事もスキルを求められる

求人募集は年齢層が気になります。
職場が若年層か、制服のデザインなど、、
いざ求人に応募し、面接の機会を設けて頂いても
今までの職場の退職理由をことこまかに、結婚などで職歴が空白の期間の事まで、尋ねられたりします。
資格があれば、何故、この資格を?の様な問いかけもあります。
こちらが正社員の有無を尋ねても、若い頃はすぐに返答頂いたりしたのですが、はぐらかされたりもします。
生活があるからだと思うのですが、収入面でも、月いくらぐらい儲けたいかの問いなども事細かに、、
採用が決まり出勤しても、仕方のない事なのですが、自分の先輩が歳下の方だったりします。
40代以上の退職からの転職は決意と勇気が必要かと思います。
退職する前に、真剣に立ち止まり冷静に考える事は大切で、世の中は自分が思ってるほど、甘くなくて、なかなか採用が決まらない事は当たり前。現実は厳しいんだなっと思いました。

紹介求人の少なさや、年齢制限

40代での転職がこんなにも厳しいものだとは思いもしませんでした。今回は私自身、派遣の仕事がしてみたく、前職を辞めて募集してみました。すぐには見つからないのは覚悟していましたが、正直ここまで時間がかかるとは思ってもいませんでした。
約2ヶ月近くの無職状態でした。
それでも、食べていく、支払いもしなくてはいけないということで、単発のバイトで繋いではいましたが、2ヶ月と言うのは流石に長かったですね。考えが甘いなって思いました。
おかげで、貯金を多少なりも使うことになりましたね。まぁ、ある程度は覚悟していましたが、ここまでとは思わなかった。
年齢でここまで左右してしまうとは思わなかったですね。
今では何とか職に付けましたが、もしコレから考えてる方がいるのならば、それなりの覚悟はやはり必要ですね。
何せ、自分よりも若い人に仕事も教えてもらうことになりますからね。

タイトルとURLをコピーしました