40代以上の転職は厳しい?40歳以降の転職の現実と難しくなる理由とは?

「40代以降の転職は厳しい…」

ネット上での転職の悩みを見ていると、40代の転職は厳しいという意見をよく見かけます。

結論から言えば、経歴に差がついてしまっている40代以降の転職が厳しいのは間違いなく事実です。

ですが、冷静に自分の市場価値や転職市場を踏まえた上で活動すれば、必ず道は開かれます。

この記事では40代で転職の厳しい現実に直面している人に向けて、以下の内容をお伝えしていきます。

  • 40代の転職が難しい理由
  • 40代以降でも採用してくれる会社は?
  • 40代以降が具体的に転職活動で行うべきこと

経歴のある方はもちろんのこと、経歴不足で転職活動で悩んでいる40代の方でも、できる限り転職先が見つけられるために見落としがちな考え方も交えていますので、ぜひご参考ください。

スポンサーリンク

40代の転職が厳しい理由とは?

40代以降からの転職が厳しいと言われる理由について、その根拠や企業側の事情も合わせて紹介していきます。

単純に採用してくれる企業が減る

40代の転職が厳しい理由は、単純に採用してくれる企業が激減して求人母数が減るからでしょう。

以下、当サイトで集計したアンケートのコメントです。

私は地方の街に住んでいることもあったのでネットでの転職エージェントなどを使ってもあまり情報はなさそうだったのでハローワークに行きました。登録を済まし、仕事を探してみたのですが、本当に40過ぎの求人は見つかりづらかったのが衝撃的でした。スタッフの方に相談しても転職はやめなさいと諫められました。

40代以降の求人母数が減る理由については、後ほど解説します。

面接での不採用が続きやすい

求人母数が減ることに加え、面接での不採用が続きやすい点も、40代の転職が厳しいと言われる原因です。

匿名掲示板2chの40代の転職スレッドでも、同様の報告が目立ちます。

354 名前:名無しさん@引く手あまた[] 投稿日:2020/04/28(火) 19:40:13
40で転職したがやはりかなり厳しかった。書類はまだ通るが面接が通らない。応募だけなら50社はした。平均年齢高い会社はまず無理、幹部候補じゃないと、平社で採用してくれる会社は社員の半数以上が中途入社の会社ぐらい。転職回数が多いと尚更厳しい。

出典:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/job/1565232424/

これも後ほど詳しく解説します。

マネージャー・管理職経験が求められる

40代以降の人材は、マネージャー・管理職経験が求められるため、経歴によっては転職が非常に不利になってきます。

今まで平社員の経験しかなかったり、現場仕事しかこなしてなかった人は、転職が非常に厳しくなるわけです。

また、企業側も40代の採用ともなると定年退職まで見据え慎重になるので、これまでマネジメント経験のない人材の可能性に賭けてのリスクの高い採用は控えがちです。

そのため、今まで管理職経験に恵まれなかった人材も問答無用で弾かれるため、転職してマネジメント経験を積む…という算段も通用しにくくなるわけです。

年収ダウンを受け入れないといけないことが増える

40代以降の転職ともなると、それなりの年収を求めることになるでしょうが、前述のような厳しい状況も相まって、どうしても年収ダウンを受け入れざるを得ない人もいます。

その場合、年収ダウンを許容できないでいると、転職ハードルが高い求人に応募し続けるしか方法がなくなるわけです。

独身者ならともかく、家庭持ち・子持ちで年収を削れない人であったり、生活水準を落とすことに抵抗があるなら、年収ダウンは心理的に中々受け入れ難いものだと思います。

未経験からの採用が実質的に閉ざされる

40代以降になると、未経験からの採用も実質的に閉ざされます。

例外もいくつかありますが、資格取得・再就職支援などのサポートなしで転職するならともかく、完全未経験職への転職はほぼ無理だと考えておいた方がいいでしょう。

体力的な衰え、物覚えの低下を考えると、経験のない40代以降はどうしても吸収の早い若手に見劣りがちになるわけです。

40代以降でも採用してくれる会社は?

40代以降でも採用してくれる会社について解説していきます。

転職活動を円滑に進めるため、企業側の採用意図を知っておくことも大事です。

書類選考・面接時に、人事・企業側の意図を踏まえた上で的確なアピールをすることは必要不可欠ですので、事前に抑えておくといいでしょう。

管理職・マネージャー経験がある

何度もお伝えしている通り、40代以降の転職は管理職・マネージャー経験がないと非常に厳しくなります。

ですので、管理職・マネージャー経験があるならしっかりアピールすることはもちろん、経営目線での視野を持った志望動機を考えることも大事です。

仮に、管理職・マネジメント経験がないのであれば、自身の経歴の中から少しでも部下を従えて率先して取り組んだ業務内容をアピールできれば、管理職候補としての道は開けるかもしれません。

スペシャリストとして特化した専門性がある

管理職・マネージャー経験がなくても、技術職であればスペシャリストとして高い専門性があれば、転職できることもあります。

スペシャリスト人材に該当する場合、以下の点を重点的にアピールしておきましょう。

  • 実績・経歴
  • 習得しているスキルや資格
  • 関わったプロジェクト案件の規模

とくに技術レベル以上に、関わったプロジェクト案件の規模はわかりやすい指標となるので、プロジェクト内で担当した業務や経験を面接でアピールできるようにしておくと、プラス評価になりやすいはずです。

経営幹部候補としての資質がある

経営幹部候補としての資質があることも、40代以降の人材に求められることです。

40代の採用ともなると、企業側も定年退職まで見据えた上での採用となるので、経営幹部となり得るポテンシャルが必要となります。

  • 会社経営に対して理解はあるか?
  • 面接で余計な事を口走らない冷静さは持ち合わせているか?
  • 対人折衝力や政治力はあるか?

このように、実務能力以上の社内外で上手く立ち回るスキルや成熟した人間性も求められるため、面接時には落ち着いた対応力を見せつける必要があります。

面接での落選率が異様に高い場合は、年齢相応の落ち着いた振る舞いができているかどうかも、見直しみるといいでしょう。

経営者と仕事に対する理念や考え方が合う

面接最後の決め手は人柄や考え方…つまり「その会社に合うかどうか」です。

これは40代の管理職クラスの人材であっても同じことで、とくに経営階級との価値観、および企業全体の理念や考え方と自身の仕事観・人生観が合致するかも非常に重要になってきます。

  • 会社の経営理念の根本を理解しておく
  • 自身の仕事観を明確にする
  • 会社が抱えている課題や社会的使命を知っておく

このように、高いレベルでの経営者目線を持ち、実務能力以上の根本の価値観を企業とマッチさせる必要が出てきます。

極論、どんなに優秀な人材であっても、会社の方針を理解しないばかりか、造反のリスクがあるような人材は、管理職・幹部候補として企業側も採用したくなります。

人員が足りてないないので即戦力のベテランが欲しい

これまで紹介したことと打って変わって、人員が足りていないので即戦力のベテラン人材が欲しい…という場合は40代でも比較的内定がもらいやすい求人枠です。

  • 前任が抜けた穴を埋めたい
  • 職場の年齢バランスを踏まえて40代の人材が欲しい
  • 人手が足りていないので40代でもOK

企業によって意図は異なるでしょうが、おおよその方針として「即戦力が欲しい」という場合は、前述のような中長期でのキャリア形成を見越した採用と違い、内定をもらえるチャンスが大きいと言えます。

ただし、今までの経歴や経験が合致していないといけないため、ポテンシャル採用されにくい点には注意です。

わかりやすく言えば、今の職場と同じ役職・同じような仕事の求人が出るのを待つ…という形になるので、自身の職種によっては中々穴が空きにくいと考えおき、期待し過ぎないようにしておくべきでしょう。

慢性的に人手不足の業種・職種はハローワーク経由で探す

40代以降でどうしても転職が厳しいのであれば、慢性的に人手不足で未経験からでも転職可能な仕事を見つけるしかないでしょう。

インフラ関連の仕事は40代以降からでも転職できたとの報告が多いので、要チェックです。

この場合、転職というよりは再就職に近い側面があるので、ハローワークを経由して職業訓練校に通うなどして、地道に活動するほかないでしょう。

管理職としての資質がない場合、消去方で再就職支援を活用せざるを得ない場合もあるはずなので、自身の経歴やスキルを踏まえた上で、冷静なキャリアの選択を行いましょう。

40代以降の転職活動はどうするべき?

40代以降の転職活動の方針について、解説していきます。

とにもかくにも応募数を増やす

40代で転職が厳しいと感じている場合、とにかく応募数を増やすことがまずは大事でしょう。

求人母数が減り、なおかつ採用率が落ちる以上、数をこなすことは当たり前という認識で臨むべきです。

その過程で、落選する原因を突き詰めていき、以下の点を改善しましょう。

書類選考で落ちる→経歴が不十分な可能性があるため自分に市場価値を見直す
面接で落ちる→エグゼクティブクラス向けの転職サービスで面接指導を受ける
最終面接で落ちる→経営に関する理解が不十分、事前の企業情報の調査が不十分

書類選考が一切通らない場合は、経歴が足りていない、あるいは転職市場で通用しない可能性が高いので、再就職支援や非正規雇用も視野に入れておく必要が出てきます。

転職活動に時間をかけすぎて精神的に消耗しないためにも、計画的かつ効率的に応募をこなしておくといいでしょう。

自分の経歴を客観的に見直すことも大事

上記でも紹介した通り、転職活動では自身の経歴を客観的に見直すことも大事です。

40代ともなると、経歴の地盤は固まっており未経験職へ就くのが厳しい以上は、20代・30代以上にシビアに自分の人材としての価値を把握しておく必要があります。

「厳しい…」という曖昧な言葉で片づけるのではなく「なぜ、厳しいのか?」が説明出来るぐらい、徹底して自分のキャリアについて知っておくことも大事です。

応募先企業の経営方針をよく理解しておく

40代以降ともなると、幹部候補・エグゼクティブクラスでの採用も多くなるので、会社の事業内容から経営方針まで深く理解しておく必要があります。

事前に会社の事業内容や企業沿革をチェックしておくのは当然のこと、決算書からIR情報まで確認し、会社全体について理解しておき、面接の受け答えの精度を高めておくことも大事です。

経歴不十分なら派遣社員も検討しておく

経歴不十分なら派遣社員(または無期契約社員)への転職も検討に入れておくべきでしょう。

正社員から派遣社員へ転職すると年収は下がりやすい一方で、労働環境は融通が利きやすくなる傾向にあります。

そもそも、40代正社員でそこまで年収が高くないのであれば、派遣社員へ転職した方が仕事が楽になる場合もあります。

また、一部の専門職に関しては派遣社員でも高年収が維持できることもあるため、正社員にこだわらない方が柔軟な働き方ができる可能性もあります。

40代の転職にオススメの転職サービスは?

最後に、40代向けにオススメの転職サービスをご紹介していきます。

まず、大手転職エージェントとして求人数の多い「リクルートエージェント」と「doda」は、とりあえず登録しておいて損はないはずです。ただ、若手向けの求人が多数なため、過剰な期待はしない方がいいでしょう。

年収500万~600万クラスの方は「ビズリーチ」や「JACリクルートメント」など、ハイクラス向け・エグゼクティブクラス向けの転職サービスもオススメです。

とくにビズリーチは、有料で職務経歴書の添削からヘッドハンターの紹介まで用意されているので、エグゼクティブクラス目指して転職するのであれば、有料であっても活用しない手はありません。

派遣社員への転職を考えている方は、国内最大手の「テンプスタッフ」と「JOB NET(マンパワーグループ)」の二社がオススメです。

自分のキャリアに合わせた転職サービスを活用し、担当者から的確にフィードバックを得ることが転職成功の近道ですので、今回ご紹介した内容を参考に厳しい転職活動を乗り越えるきっかけにしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました