転職して一週間で辞めるのはあり?退職理由の伝え方はどうするべき?

「入社して一週間だけど、仕事辞めたい…」
「転職して一週間しか経ってないけど、転職したい…」

この記事に訪れた方は、そうお悩みのはず。

一週間で仕事を辞めるのは決してよいことではありません。

ですが、もし毎日毎日仕事を辞めたいと考えていたり、今の会社で続けていく自信がないと感じるのであれば、辞める選択肢もありだと思います。

もちろん、その場合は今度は長く続けられる職場を見つけ出す必要も出てきます。

もしかすると、一週間で辞めたくなっている読者の方は、仕事選びが間違っていて、長く続けられる職場を見つけ出す方法や、自分に向いている職場を見つけ出すコツがわかっていないだけなのかもしれません。

ですので、この記事を読んでみて、今の仕事を続けるべきか考えてみたり、仮に辞めるとしても次は長く続けられる職場を探し出すためのきっかけにしてみてください。

スポンサーリンク

転職して一週間で辞めるのは自由だがその後のことは考えておくこと

転職して一週間で辞めるのはありかなしか?…と問われれば、自分自身の責任で辞めるのであれば、誰にも止める権利はありません。

ただし、一般的には以下のような理由で、一週間での退職は後々のキャリアで不利になりがちです。

  • 次の転職先選びで早期離職の経歴が傷として見られ、警戒されやすい
  • 辞め癖が身につき、職を転々として仕事が長く続かないようになる
  • 上記のような理由から、経歴以上に採用の際に性格面で警戒されやすい

会社からすれば、社員として雇うからには「一日でも長く続けて早く戦力になって欲しい」という意図があります。

ですので、中途採用するにしても「すぐ辞めるような人材」は一番の警戒対象となり、長く続けられる良い条件の企業ほど採用を控えられることになります。

その結果「働けるなら誰でもいい」という意図の企業からしか採用されなくなり、職場に恵まれないまま何度も退職を繰り返すハメになりがちです。

このような事情があるので、転職して一週間で辞めるにしても、次に良い職場を見つけるために以下の3点を考えておくことは必須だと言えるでしょう。

▼一週間で辞めるなら考えておきたいこと

  • 一週間で辞める理由をしっかり説明できるか?
  • 次の転職先の希望は明確か?
  • 希望を満たせる経歴が自分にあるか?
  • 次の職場は長く続ける気があるか?
  • またすぐに辞めてしまわないか?

以上のようなことをしっかり考えないまま辞めてしまうと、次の転職先選びで難航する未来は目に見えているので、対策は必須です。

たとえば、今の会社を辞めるにしても「何が嫌で辞めたのか?」をしっかり説明できなければ、次の転職先選びの面接の際に「この人は嫌なことがあったらすぐ辞める人だ…」と思われ、不利になってしまいます。

とくに前歴に転職に有利な経歴やスキルがないのであれば、一週間で辞めてしまった経歴が傷として大きく目立ち、書類選考・面接だけで内定を勝ち取ることは困難になってきます。

ですので、転職エージェントや就職支援サービスに登録してプロのアドバイスを受けておくなどして、在職中に次の転職先から内定をもらうまでは辞めない方が失敗のない仕事選びが出来ると言えるでしょう。

経歴に傷がついてしまっても転職は可能ですが
20代の若者や前歴のある人でないと難航しがちです

転職して一週間で辞めてもいいケースは「ミスマッチ採用」の場合

転職して一週間で辞めるのは経歴的には好ましいことではありませんが、中には辞めてもいいケースも存在しており、企業側の採用が杜撰なことで起こる「ミスマッチ採用」の場合は辞めてしまっても問題ないかもしれません。

▼転職して一週間で辞めてもいいミスマッチ採用の例

  • 求人票と業務実態が違い過ぎる
  • 入社前に提示された条件と実際の条件が違い過ぎる
  • 会社の社風や社員と相性が合わな過ぎる
  • 引継ぎがまったくできていない(前任者と同等の能力をすぐに求められる)

転職後の早期離職で多いのが「求人票と実態が違う」「入社(契約)前の条件と実際の条件が違う」というケースで、これは「企業側の過剰な広告フレーズを用いた求人票」や「他の部署が作成した求人票」を参考にした上での採用の場合、起こりやすいミスマッチです。

求人票と実態が違うから辞めたいという話は
少なくはないので以下の記事も確認してみてください

また、多いのが「転職先の社風が合わない」「会社に馴染めない」「中途採用者という理由で邪険にされる」など、転職先の職場と自分の性格・仕事観がまったく合わないというケースです。

他にも「前任者からの引継ぎが出来ていない」「採用した部署と実際に働く部署で引継ぎが出来ていない」など、入社する前の社内の問題を中途採用者に丸投げするなど、中途採用者を迎え入れる以前の問題を抱えている会社もあります。

会社側の問題を中途採用者に押し付ける企業も
中には存在するということだな…

一週間で辞めた後は3ヶ月~半年以内に次の転職先を決めること

上記のようなミスマッチ採用が原因で辞めるとしても、次を決める際には「早期離職した人=次もすぐに辞めるかもしれない」という疑いの目で見られることは間違いありません。

ですので、面接対策をした上で「以前の会社は自分の不注意でミスマッチ採用を見抜けなかった」と説明できるようにしておくといいでしょう。

また「次の仕事は長く続ける」と説得力を与える上では、辞めた後にすぐに転職活動を再開することも企業側に意欲を見せられるので、効果的だと言えるでしょう。

う~ん…
でも半年で次の転職先を見つけられる自信がないかも…

もし、読者が今の仕事を辞めて3ヶ月~半年以内で転職先を見つける自信がないなら、転職エージェントの利用を強くオススメしておきます。

転職エージェントでは3ヶ月以内の転職を想定しており、実際に利用者の大半が3ヶ月以内に転職を成功させているので、今の仕事を辞めたいならすぐにでも登録して転職活動を始めておきたいです。

転職エージェントの中でも効率の良さなら
大手の「リクルートエージェント」がオススメだ!

リクルートエージェントは業界No.1の求人数を保有しており、スマホアプリひとつでメール対応・求人管理も終わり、担当者との面談も電話だけで済むので、非常にスピーディーに転職活動を進められる転職エージェントです。

リクルートエージェントを見てみる【完全無料】

転職エージェントの紹介は
記事の最後でもお届けするので
気になる方はチェックしてみてくださいね!

転職一週間で辞める時の退職理由の伝え方はどうする?

転職一週間で辞めたい人で、悩むのは「会社にどう退職理由を伝えるか?」ということでしょう。

結論から言えば「一身上の都合」の一点張りで問題ありません。

というのも、会社は法律で労働者が辞めることを止める権利を一切持っていないからです。

また、法律で定めている範囲では、辞職の申告をした段階で最短2週間で辞められるので、いかなる退職理由であっても、退職届を受理させれば辞めることが可能です。

ただし、いきなり辞職を申し出たり退職届を出したとしても、上司がすんなり受け入れてくれるかどうかは別問題で、いくら正当な退職理由があったとしても引き留めにあう可能性は消せません。

もし上司の引き留めにあって
すんなり辞められないならどうすればいいんですか?

仮に退職理由を告げても、上司が退職手続きを行ってくれないのであれば、以下のような対処を段階的に行うといいでしょう。

  1. 直属の上司以外に退職の意志を告げる(退職に関する手続きを行う人事・総務部など)
  2. 退職届を上司以外の部署に送付して証拠を残しておく(メール・書類送付でも可)
  3. それでも退職出来ないなら外部の力を頼る(退職代行、弁護士、ハローワークなど)

直属の上司が無理やり引き留めてくるのであれば、直接の権限を持つ部署に申告するという方法が、手続き上はスムーズに進むはずです。

ただし、退職に関しての交渉が上手く進まない場合は、最悪は法律的な問題に発展することも考えられるので、詳しくは以下の外部記事をご参考ください。

もっとも一週間という短い期間で辞めるなら
上司側も無理に引き留めてくる可能性は低いだろうな…

上記の退職理由や法解釈はあくまで最悪の場合を想定した話であり、入社一週間以内の人材であればそこまで大きな仕事を任されているわけでもないため、引き留めにあう可能性はそこまで高くないので、しっかりと辞める意志さえ伝えておけばすんなり辞められるはずです。

それでも引き留めにあった場合は退職代行と呼ばれる業者に依頼し、自分の代わりに退職の意志を会社に伝えてもらうという方法もあります。

退職代行は有料のサービスですが、退職に関する面倒な交渉を代わりに行ってくれる上に、辞められない場合は費用は発生しないため、安心して利用できます。

オススメの退職代行は業界でも最も多くの退職代行実績のある退職代行EXITで、電話相談・LINE相談だけでも依頼可能です。

退職代行EXITを見てみる【相談無料】

新卒一週間以内で仕事を辞める場合はどうする?

読者の中には、新卒採用されて一週間以内で辞めたいと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

新卒から辞める場合は「第二新卒」として扱われ、卒業後3年以内であれば就活生同様の扱いで次の就職・転職先を選ぶことが可能です。

ただし、下記のケースに該当するのであれば数ヶ月~3年以内は続けた方がいいかもしれません。

▼新卒生が一週間以内で辞めない方がいいケース

  • 研修がしっかりしている大企業(とりあえず続けておくだけ社会スキルが身につくため)
  • 貯金がない、もしくは辞めた後に経済的に頼れる人(両親)がいない
  • 辞めた後にすぐ転職活動を開始する見込みがない

新卒生がすぐに辞めて第二新卒扱いになるとしても、早期離職してしまった経歴は残るため、次を決める際に「この人はまたすぐ辞めるんじゃないか…?」と疑われやすくなり、転職活動の際にやや不利になることがあります。

ということは新卒生は
一週間以内に辞めない方がいいってことですかね?

その人の就職活動内容にもよるけど
以下の事に思い当たりがあるなら辞めてもいいかもしれないな…

▼新卒生が一週間以内に辞めてもいいケース

  • 就活で妥協して大して働きたくもない企業へ入社してしまった
  • 事前の情報集めをせずにブラック企業に入社してしまった
  • 教師や親の意向で自分の意志を殺して入社してしまった

新卒生がすぐに辞める際に考えておいて欲しいことは「今の会社は本当に自分の意志で納得して選んだ会社か?」ということです。

もし、就職活動で焦って「とりあえず内定だけもらっておかなきゃ…」「世間体が悪い…」という理由で選んだのであれば、嫌々仕事を続けることになるので早めに転職活動を行い、自分自身で納得して働ける仕事を見つけ出すべきでしょう。

嫌々仕事を続けても辛いだけですので
以下の記事も参考にしてくださいね…

新卒一年目で退職する場合、辞めた後の転職活動方針を見誤るとダラダラフリーターとして過ごしてキャリアを積む機会を逃すことになったり、短期離職を繰り返して仕事が長く続かない人も多い点には注意です。

ただし、辞めた後にしっかり転職活動を行えばやり直しは出来るので、どうしても今の会社を辞めたいなら退職を戸惑う必要もないでしょう。

新卒一年目に辞めたいと考えているなら
以下の記事を読んで慎重に退職を検討してみてくれ…

転職して一週間で辞めると決めたらすぐに行動をしておこう

以上のように、転職して一週間で辞める際にはキャリア的に不利になる要素もありますが、そうでないこともあります。

ただ、一週間の段階で「辞めたい…」と悩んでそのままダラダラと続けたとしても、仕事に集中できない状態が続くだけの可能性が高いです。

そのような状態が続くぐらいなら、辞めること前提で行動しておき、転職活動を進めておく方が自分のためになると言えるでしょう。

もし、読者の方が一週間で辞めてこれから転職先を見つけたいのであれば、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが相談に乗ってくれた上で、自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことで無料で利用できます。

転職エージェントの詳しい解説は
以下の記事を確認してくれ!

今回の記事で紹介したような「一週間で辞めるべきか?」「辞めた後の経歴の傷をどう説明するか?」という点に関しても、転職エージェントを使えばプロがアドバイスしてくれるので、自分一人で悩むよりは確実に良い転職先を見つけられるはずです。

また、文中でお伝えした通り、転職エージェントを利用すれば3ヶ月以内の転職先が決まることがほとんどなので、今の職場を辞めたとしてもすぐに対応することが可能です。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました