5日目で仕事を辞めたい人へ。一週間も仕事すれば先なんて見えます。その先にあるのは地獄です

「1日目で仕事辞めた」という、衝動的な人は多いですよね。

しかしながら「5日目で辞めたい…」という現実的な人も結構多いんです。

というのも、月曜日勤務から開始だとすると、5日目で丁度最初の休日になるわけですから、一息ついて「やっぱり合わない、無理」と考えてしまう人が増えるんですね。

5日目で辞めたいと思ったなら、辞めるべきです。

休日明けたら、あとは憂鬱な月曜日を繰り返すだけの、苦しい一生しか待っていません。

「5日目で辞めるなんて…」と無責任で自分勝手なことを言う人もいますが、逆ですよ。

合わない仕事で、5日も勤務したほうがすごいんです。

既に身体や精神が悲鳴を上げているならば、なおさら辞めるべきです。

その先にあるのは、ただの地獄です。

身体を壊し、寿命を縮め、挙句の果てにうつ病になる未来しか待っていません。

辞めたい仕事を5日も続けるすごさ

そもそも、辞めたくなるような仕事を、5日も続けられる時点ですごいです。

「自分には合わない」
「やる気がわかない」
「やめたい…」

そんな自分に合わない仕事を、5日も我慢して続けられるのは、かなりすごいことですからね。

「三日坊主」という言葉もありますが、だいたいの人は3日で飽きて辞めてしまうものです。

仕事の場合は、金銭面や生活の問題で嫌々続けているしょーもない人が多いだけの話で、辞めてもいい条件が整ったら、みんな3日で辞めますからね。

5日も耐えたことは賞賛に値します。

だいたい、仕事なんて5日も続ければ職場の人間関係や先行きなんて見えますから、自分に合わないと思ったら辞めてしまったほうがいいです。

憂鬱な月曜日を迎える現代人のやる気の無さ

5日目で仕事を辞めなかったら、あとは憂鬱な月曜日を何度も何度も繰り返すだけの、グロテスクな生活が続くだけです。

「憂鬱な月曜日」という言葉があることからもわかるとおり、みんな嫌々仕事をしているんです。そういう人たちは、嫌々仕事をしているので、しょーもないレベルの仕事しかできません。

一方で、月曜朝からスポーツジムに通って、そのまま出社してやる気に満ち溢れて働く人もいます。そのような人々は、月曜日を憂鬱だとは思っていません。

なぜなら、自分に合った仕事で、ライフワークの一環として仕事を楽しんでいるからです。

「辞めたい…」と思いながら毎週憂鬱な月曜日を迎えながら仕事するか、意欲を持って毎週さわやかな月曜日を迎えて仕事するか。

どちらがいいかは、火を見るよりも明らかですね。

「憂鬱な月曜日」を毎週迎えているのは、辞める勇気のない臆病者や、そもそも辞める選択肢すら思いつかないようなやる気のない人なんです。

そういう奴に限って、ダラダラ仕事をし続け、やり甲斐だとか責任感がどーのと言い訳しだします。

そして、そういう人は、実はいくらでも替えのきく人材であることにも一生気づかないで、都合よく使われるだけの人生を送るわけです。

あとは「5日」というサイクルが続くだけです

5日目で辞める決心がつかなかった場合、土日に休日を過ごして、やめたい気持ちが和らぐことでしょう。

そして、憂鬱な月曜日を迎えて、また徐々に辞めたくなって金曜日を迎え、土日で気持ちが和らいで、憂鬱な月曜日を迎えて…気づけば何年も何十年も経って、年老いていきます。

5日目で辞められないというのは、そういう意志薄弱の証拠でもあるんです。

5日目の後の休日で気持ちが和らいで「ま、いいか」「もう少し頑張ってみるか」と妥協して、ダラダラ仕事し続けているのが、今の日本の現代人の正体ですからね。

5日目で辞める決心がつかなければ、一生同じ職場で嫌々働く地獄が待っているだけです。

あとは、決定的にやめる理由ができるか、あるいは勤め先から解雇されるなどの、やめるきっかけがなければ「やめたい」と思いながらも、行動できない地獄が続くだけです。

5日目で「やめる」と決めたらすぐに行動しましょう

5日目というのは、仕事を続けるか辞めるかを決めるにおいて、最後の境界線です。

何度も言いますが、ここで辞める決心がつかなければ、あとは寝て休日を過ごして、憂鬱な月曜日を迎え続けるだけの無限地獄が待っているだけです。

やめたい仕事をダラダラし続ける生き地獄を送らないためにも、今ここで覚悟を決めて行動しましょう。

転職エージェントに今すぐ登録しておこう

5日目で仕事を辞めるなら、今すぐ転職エージェントに登録しておくことを強くオススメします。

転職エージェントは、登録後に面談の日程を連絡してきて、その後カウンセリングから始まり、自分に合った仕事を紹介してもらえます。

5日目で決心をつけて転職エージェントに登録してしまえば、あとは担当の方と話を進めていくだけで、次の自分に合った仕事先も見つかります。

何度も言いますが、ここで行動しなければ、後は憂鬱な月曜日を迎え続けるだけの地獄しか待っていません。今すぐ、寝る前に転職エージェントに登録しましょう。そうすれば、あとは流れに身を任せるだけで、自分に合った次の仕事も見つかります。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ