【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

入社1週間で辞めるのはあり?その後の転職は難しい?新卒・中途別に続けるべきかどうか、退職時のポイントを解説!

「転職して1週間しか経ってないけど辞めたい…」
「中途採用されたけど合わないから1週間で辞めたい…」
「だけど1週間で辞めると引き留められそうで不安…」
「1週間で辞めたらその後転職で不利にならないか不安…」

このようにお悩みではありませんか?

転職が当たり前になった時代、中途採用枠も広がっている世の中ですが、誰もが転職に成功しているわけではありません。また、企業側の採用も完璧とは限らないわけですから、合わない人を採用してしまうケースも珍しくはないものです。

ですので、不幸にも合わない会社に入社してしまった中途採用者が、一週間勤めてみて「なんか合わない…」「思ってたのと違う…」と感じてしまい、続けられる自信がなく辞めてしまいたいと思うことがあっても、何ら不思議なことではありません。

ただ、企業側にも都合があるのですから、せっかく雇った人材に一週間で辞められては困るため、多くの場合は引き留めてくることが予想されます。そうなると、どれだけ退職したくてもすぐに辞められない可能性も出てくるため、辞めるにしても最低限の準備や計画は必要です。

また、中途採用から一週間足らずで辞めてしまった場合、次の会社に入社する際の面接対策が必要になってきたり、書類選考の段階で「すぐ辞める人だ」と判断されてしまうリスクも出てきます。いずれにしても、1週間で辞めたいのであれば、先のことも考えた上で行動した方が後悔しないで済むはずですし、スムーズに辞める段取りも整えやすくなります。

そこで本記事では、中途採用後一週間で辞めたい人に向けて、辞めたくなる要因や理由を踏まえた上で、実際に辞めるための手順や注意点、また、辞めたの次の仕事はどうするべきかなど、必要な情報をまとめてお伝えしていこうかと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

1週間で仕事を辞めたくなる理由や原因は?

まずは1週間で仕事を辞めたくなる代表的な例をご紹介していこうかと思います。

1週間で辞めたくなるような場合、企業側の採用ノウハウや手順が悪い場合もあれば、求職者側の事前確認が不足していたケースもあり、どちらが悪いかの判断は難しいものです。また、どちらが悪いと言い合っても既に辞めたいと考えているなら、後はそれが早いか遅いかの問題になりますし、一週間で辞めたいと感じてしまうような職場で長く働いても辛いだけです。

もちろん、辞めた後に転職活動を行う際には、今の会社を辞めた理由を責任転嫁するような言い方で伝えてしまわないように気をつける必要がありますが、それは後から面接対策時に考えれば済む話です。ただ、そのためにも「なぜ、今自分が辞めたいと思っているのか?」「自分自身にも至らぬところがあったのではないか?」と考えておくことは大事です。

ぜひ、ここで紹介している例から、自分の置かれた状況や心理に近しいものと当てはめてみて、思い当たる所がないか考えてみてください。

求人内容や事前説明と実際の仕事内容が違った

まず初めに、よくあるケースが「事前に思ってたものと実際の仕事内容が違った」というものです。

たとえば、

  • 事前に説明された内容と実際の仕事内容が違う
  • 求人内容の紹介文と仕事内容が違う
  • 希望してない配属や業務の割り振りが為された
  • そもそも事前に業務内容の説明すら受けてない

といった例です。これはとくに正社員や契約社員として雇用する場合、会社側の命令に原則的に逆らえない都合か、入社後に事前の説明とはまるで違う仕事を振ってきても問題ないと認識しているためか、十分起こり得ることです。

わかりやすい基準となるのが「入社前の雇用契約の署名合意をどのような手順で行ったか?」で推し量るというものでしょう。

通常、採用ノウハウが確立されている企業ほど、雇用契約を結ぶ際の段取りが決められているため、直属の上司との立ち会いでお互いの認識に相違がないか確認した後、正式に雇用契約を結ぶという流れが行われます。これは採用する側としても早期退職につながらない防衛策として行うメリットがあるので、慎重な企業ほど重視する過程となります。

ですので、もし、人事や直属の上司との立ち会いがないまま一方的に中途採用者側に署名を強要するような採用過程であった場合も注意が必要です。強要でないにしても、会社側で契約内容に関して質問できるような機会や雰囲気を設けないこと自体、後々の早期離職の可能性を甘く見ていると捉えられても仕方のないことです。

また、正式に雇用契約が結ばれた後でないと話せない業務内容の詳細であったり、入社後の段取りや、人材としての期待値を伝えるなどの工程も設けていない場合、さらに注意が必要です。この段階で既に「社内で中途採用に関しての情報伝達や意思統一ができていない」という可能性が見えてきて、中途採用者に不信感を抱かせてしまっている点で、企業側の採用意識が高くないことが透けて見えてきます。

もちろん、このような事態にならないために、中途採用される側も事前に雇用契約内容を確認して不明な点を質問したり、認識に相違が生じないように業務内容をこまめに確認するべきなのですが、中途採用経験が初めてであったり、契約書確認をするような業務経験でもなければ、通常は「採用する企業側がしっかりしているという前提」で考えてしまうものでしょう。

ここで大切となるのは「企業側に中途採用者に対して入社前と入社後のギャップが生じないための、確認プロセスが丁寧に設けられていたかどうか?」ということです。事前の求人内容や情報と実際の仕事内容に違いが出てしまうのは、企業側がこのプロセス(過程)を軽視した結果に過ぎません。

採用前までの担当者と直属の上司が別で仕事が著しくやりにくい

採用には「この人だから」が入社の決め手になることも、よくある話です。

たとえば「採用担当者の対応が丁寧でスムーズに内定まで進めた」「この面接官が上司なら仕事しやすいし相談もしやすいと思ったから入社を決めた」から「なんとなくこういう人たちなら雰囲気的に馴染めそう」まで、直感的な人で選ぶ側面があるものです。

しかしながら、採用段階で関わった担当者や面接官と、実際に働く部署の上司が違うという事態はこれもまたよくある話です。またその際、採用段階で関わった人に相談や連絡ができなかったり、あるいは相談しても採用後は対応が雑になるなど、入社後に見えてくる実情も出てきます。

また、中途採用の際には企業側は「求人票を作成している会社や部署」「面接を行う面接官」「採用を決定する人事部や経営階級」「入社後に配置される部署の上司」とで情報が行き違い担当者が変わることも珍しくありません。

ですので、人で入社する会社を選んでしまった節があるなら、実際に社員という立場になった段階で扱いや接し方が変わったのだと受け取り、その状況を飲めるかどうか冷静に考え直しましょう。

コネ入社や人脈での紹介による入社で断りづらい状態だった

次によくあるのが「コネ入社(縁故採用)」や「他人の紹介(人脈)」で入社してしまった際のケースです。ここでは広義で「ハローワークや人材会社の担当者経由での入社」も含むものとします。

コネ入社や他人での紹介の場合、義理人情で「この人の紹介だから…」「ちょうど仕事を探していたから、その場のノリで…」という理由だけで即断即決しやすく、冷静に事前情報を怠りやすくなります。また、企業側としても紹介して繋いだ人物への信頼が高い場合は同じように「この人の紹介だから…」と選考段階での査定が緩くなりやすいものです。

ですので、実際に入社したら思ってた仕事内容と違ったり、紹介した者と直属の上司の仕事観や性格が違いすぎて合わない上に、紹介者との社内の距離が遠くて相談もしにくいなどの状態が生じた場合、単に「紹介した者のおかげ」であった要素が一切なくなるわけですから、一気に違和感を覚えて辞めたくなるわけです。

また、紹介やコネ入社で厄介なのが「恩があるので辞めにくい…」という心理が発生したり、あるいは紹介者の面子を潰して信頼を損ねる可能性があるという点で、企業側にとっては「まさか辞めるわけないだろう」と楽天的に考えてしまいがちです。

このように、ビジネスにおいては「この人だから…」「良かれと思って…」で行動した結果、それが裏目に出てしまうことも往々にしてあるものなのです。また、このケースに該当する場合、辞めないで続けたとしても「紹介者の面子を潰して信頼を損ねるわけにはいかない…」「義理や恩があるから…」と考えてしまう義理堅い人はなまじ無理ができるばかりに、心身ともに憔悴しきってしまうことが多く見受けられます。

ですので、そういう時こそドライに自分の本心と向き合い、辞める決断を行う勇気が求められます。

周囲の人間から急かされたり世間体のために嫌々入社してしまった

これは新卒~第二新卒層に多い話ですが、周囲の人間(親や恋人)から急かされたり、あるいは同年代の友人と比べて焦るなど、言わば「世間体を取り繕うためだけに、入りたくもない会社に入社した」という場合も、すぐに辞めたくなる可能性大です。

このケースの場合、本質的には自分の軸(考え方や理念)がないわけですし、心理的にも焦りが生じていて「入社できればどこでもいい」と投げやりな考え方になるため、入社前に違和感を覚えていてもそのまま入社してしまう判断をしやすくなるのです。

それでたまたま、相性が良い上司や同僚と仕事できたり、仕事内容自体が適性とマッチしていれば長く続くものですが、そのような幸運に恵まれなければ、そもそもの働く上での覚悟や動機付けが脆いのですから、早期に辞めたくなってしまってもしょうがないことでしょう。

仕事内容が難しくついていけないと感じている

最後に紹介したいのが、仕事内容が難しくてついていけないケースです。

国内の多くの企業は慢性的人手不足で余裕もないものですから、中途採用者に文字通り「即戦力」を求めがちです。とくに経歴に過大評価される要素(高い学歴や難関資格、有名企業勤めなど)があると、すぐに職場に馴染んで周りと同じ水準の仕事ができるような過剰な期待を寄せられることがあります。

また、最近ではとくに人手不足で未経験状態でも現場仕事を任せられるITエンジニアやプログラマー、未経験からでも成果主義の性質上チャンスを与えられやすいコンサルティングファームや営業職などは、難しい仕事でもあるにも関わらず入社後に放置されやすい傾向があります。

通常、このようなミスマッチを防ぐため、企業側もOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)と呼ばれる研修期間を設けるなどして、どのような中途採用者でも自社内の業務に馴染めるように工夫するものです。それもなしに入社後の仕事内容があまりに難しいと感じるなら「今の自分の能力に見合ってなかった」と前向きに受け入れ、辞めないで必死で食らいつくか、辞めた上で自分に見合った働き方ができる会社を探すか、早めに判断しておきましょう。

一週間で仕事を辞めたいならどうするべき?

一週間で仕事を辞めたい場合、具体的にどうするべきなのでしょうか?

転職して一週間で辞めるのは自由だがその後のことは考えておくこと

転職して一週間で辞めるのはありかなしか?…と問われれば、自分自身の責任で辞めるのであれば、誰にも止める権利はありません。

ただし、一般的には以下のような理由で、一週間での退職は後々のキャリアで不利になりがちです。

  • 次の転職先選びで早期離職の経歴が傷として見られ、警戒されやすい
  • 辞め癖が身につき、職を転々として仕事が長く続かないようになる
  • 上記のような理由から、経歴以上に採用の際に性格面で警戒されやすい

会社からすれば、社員として雇うからには「一日でも長く続けて早く戦力になって欲しい」という意図があります。

ですので、中途採用するにしても「すぐ辞めるような人材」は一番の警戒対象となり、長く続けられる良い条件の企業ほど採用を控えられることになります。

その結果「働けるなら誰でもいい」という意図の企業からしか採用されなくなり、職場に恵まれないまま何度も退職を繰り返すハメになりがちです。

このような事情があるので、転職して一週間で辞めるにしても、次に良い職場を見つけるために以下の3点を考えておくことは必須だと言えるでしょう。

▼一週間で辞めるなら考えておきたいこと

  • 今の会社を一週間で辞める理由をしっかり次の転職先に説明できるか?
  • 次の転職先の希望は明確か?その希望を満たせる経歴が自分にあるか?
  • 次の職場は長く続ける気があるか?またすぐに辞めてしまわないか?

以上のようなことをしっかり考えないまま辞めてしまうと、次の転職先選びで難航する未来は目に見えているので、対策は必須です。

たとえば、今の会社を辞めるにしても「何が嫌で辞めたのか?」をしっかり説明できなければ、次の転職先選びの面接の際に「この人は嫌なことがあったらすぐ辞める人だ…」と思われ、不利になってしまいます。

とくに前歴に転職に有利な経歴やスキルがないのであれば、一週間で辞めてしまった経歴が傷として大きく目立ち、書類選考・面接だけで内定を勝ち取ることは困難になってきます。

ですので、転職エージェントや就職支援サービスに登録してプロのアドバイスを受けておくなどして、在職中に次の転職先から内定をもらうまでは辞めない方が失敗のない仕事選びが出来ると言えるでしょう。

経歴に傷がついてしまっても転職は可能ですが
20代の若者や前歴のある人でないと難航しがちです

一週間で辞めた後は3ヶ月~半年以内に次の転職先を決めること

上記のようなミスマッチ採用が原因で辞めるとしても、次を決める際には「早期離職した人=次もすぐに辞めるかもしれない」という疑いの目で見られることは間違いありません。

ですので、面接対策をした上で「以前の会社は自分の不注意でミスマッチ採用を見抜けなかった」と説明できるようにしておくといいでしょう。

また「次の仕事は長く続ける」と説得力を与える上では、辞めた後にすぐに転職活動を再開することも企業側に意欲を見せられるので、効果的だと言えるでしょう。

う~ん…
でも半年で次の転職先を見つけられる自信がないかも…

もし、読者が今の仕事を辞めて3ヶ月~半年以内で転職先を見つける自信がないなら、転職エージェントの利用を強くオススメしておきます。

転職エージェントでは3ヶ月以内の転職を想定しており、実際に利用者の大半が3ヶ月以内に転職を成功させているので、今の仕事を辞めたいならすぐにでも登録して転職活動を始めておきたいです。

転職一週間で辞める時の退職理由の伝え方はどうする?

転職一週間で辞めたい人で、悩むのは「会社にどう退職理由を伝えるか?」ということでしょう。

結論から言えば「一身上の都合」の一点張りで問題ありません。

というのも、会社は法律で労働者が辞めることを止める権利を一切持っていないからです。

また、法律で定めている範囲では、辞職の申告をした段階で最短2週間で辞められるので、いかなる退職理由であっても、退職届を受理させれば辞めることが可能です。

ただし、いきなり辞職を申し出たり退職届を出したとしても、上司がすんなり受け入れてくれるかどうかは別問題で、いくら正当な退職理由があったとしても引き留めにあう可能性は消せません。

もし上司の引き留めにあって
すんなり辞められないならどうすればいいんですか?

仮に退職理由を告げても、上司が退職手続きを行ってくれないのであれば、以下のような対処を段階的に行うといいでしょう。

  1. 直属の上司以外に退職の意志を告げる(退職に関する手続きを行う人事・総務部など)
  2. 退職届を上司以外の部署に送付して証拠を残しておく(メール・書類送付でも可)
  3. それでも退職出来ないなら外部の力を頼る(退職代行、弁護士、ハローワークなど)

直属の上司が無理やり引き留めてくるのであれば、直接の権限を持つ部署に申告するという方法が、手続き上はスムーズに進むはずです。

ただし、退職に関しての交渉が上手く進まない場合は、最悪は法律的な問題に発展することも考えられるので、詳しくは以下の外部記事をご参考ください。

もっとも一週間という短い期間で辞めるなら
上司側も無理に引き留めてくる可能性は低いだろうな…

上記の退職理由や法解釈はあくまで最悪の場合を想定した話であり、入社一週間以内の人材であればそこまで大きな仕事を任されているわけでもないため、引き留めにあう可能性はそこまで高くないので、しっかりと辞める意志さえ伝えておけばすんなり辞められるはずです。

それでも引き留めにあった場合は退職代行と呼ばれる業者に依頼し、自分の代わりに退職の意志を会社に伝えてもらうという方法もあります。

退職代行は有料のサービスですが、退職に関する面倒な交渉を代わりに行ってくれる上に、辞められない場合は費用は発生しないため、安心して利用できます。

オススメの退職代行は業界でも最も多くの退職代行実績のある「退職代行SARABA」で、電話相談・LINE相談だけでも依頼可能です。

新卒一週間以内で仕事を辞める場合はどうする?

読者の中には、新卒採用されて一週間以内で辞めたいと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

新卒から辞める場合は「第二新卒」として扱われ、卒業後3年以内であれば就活生同様の扱いで次の就職・転職先を選ぶことが可能です。

ただし、下記のケースに該当するのであれば数ヶ月~3年以内は続けた方がいいかもしれません。

▼新卒生が一週間以内で辞めない方がいいケース

  • 研修がしっかりしている大企業(とりあえず続けておくだけ社会スキルが身につくため)
  • 貯金がない、もしくは辞めた後に経済的に頼れる人(両親)がいない
  • 辞めた後にすぐ転職活動を開始する見込みがない

新卒生がすぐに辞めて第二新卒扱いになるとしても、早期離職してしまった経歴は残るため、次を決める際に「この人はまたすぐ辞めるんじゃないか…?」と疑われやすくなり、転職活動の際にやや不利になることがあります。

ということは新卒生は
一週間以内に辞めない方がいいってことですかね?

その人の就職活動内容にもよるけど
以下の事に思い当たりがあるなら辞めてもいいかもしれないな…

▼新卒生が一週間以内に辞めてもいいケース

  • 就活で妥協して大して働きたくもない企業へ入社してしまった
  • 事前の情報集めをせずにブラック企業に入社してしまった
  • 教師や親の意向で自分の意志を殺して入社してしまった

新卒生がすぐに辞める際に考えておいて欲しいことは「今の会社は本当に自分の意志で納得して選んだ会社か?」ということです。

もし、就職活動で焦って「とりあえず内定だけもらっておかなきゃ…」「世間体が悪い…」という理由で選んだのであれば、嫌々仕事を続けることになるので早めに転職活動を行い、自分自身で納得して働ける仕事を見つけ出すべきでしょう。

嫌々仕事を続けても辛いだけですので
以下の記事も参考にしてくださいね…

新卒一年目で退職する場合、辞めた後の転職活動方針を見誤るとダラダラフリーターとして過ごしてキャリアを積む機会を逃すことになったり、短期離職を繰り返して仕事が長く続かない人も多い点には注意です。

ただし、辞めた後にしっかり転職活動を行えばやり直しは出来るので、どうしても今の会社を辞めたいなら退職を戸惑う必要もないでしょう。

新卒一年目に辞めたいと考えているなら
以下の記事を読んで慎重に退職を検討してみてくれ…

転職して一週間で辞めると決めたらすぐに行動をしておこう

以上のように、転職して一週間で辞める際にはキャリア的に不利になる要素もありますが、そうでないこともあります。

ただ、一週間の段階で「辞めたい…」と悩んでそのままダラダラと続けたとしても、仕事に集中できない状態が続くだけの可能性が高いです。

そのような状態が続くぐらいなら、辞めること前提で行動しておき、転職活動を進めておく方が自分のためになると言えるでしょう。

もし、読者の方が一週間で辞めてこれから転職先を見つけたいのであれば、転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが相談に乗ってくれた上で、自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことで無料で利用できます。

今回の記事で紹介したような「一週間で辞めるべきか?」「辞めた後の経歴の傷をどう説明するか?」という点に関しても、転職エージェントを使えばプロがアドバイスしてくれるので、自分一人で悩むよりは確実に良い転職先を見つけられるはずです。

また、文中でお伝えした通り、転職エージェントを利用すれば3ヶ月以内の転職先が決まることがほとんどなので、今の職場を辞めたとしてもすぐに対応することが可能です。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【勤務歴・年齢別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました