アクチュアリーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

アクチュアリー(Actuary)という言葉は「actus(公務の)記録員」を意味するラテン語の”Actuarius”が語源。
一般には、確率論や統計学を駆使して、死亡率は事故・災害の発生率などをお見積もり、保険料や年金の掛け率の適正な算定や、将来の支払いに備えるための準備金の適切な積立を行う数理の専門家のことを言う。
死亡のように「いつ起こるかわからないが、確実に起こる将来の出来事」の発生確率を評価し、望まれない出来事の発生確率を減らすように知恵を絞り、起こってしまった出来事の影響を軽減することを考える。
アクチュアリーは、主に保険会社や信託銀行などに所属している。
リスク管理や資産運用など、その活躍の場は幅広い。
日本で「アクチュアリー」という場合、日本アクチュアリー会の「正会員」を指している。
正会員資格を取得するには、日本アクチュアリー会が実施している資格試験に全科目で合格し、その後、プロフェッショナリズム研修を受ける必要がある。
保険会社で保険商品を設計するなどの仕事をする保険計理人や、年金に関する業務を行う年金数理人の仕事をするには、この日本アクチュアリー会の正会員であることが必要となる。
資格試験は、基礎科目となる第一次試験が5科目、専門科目となる第2次試験が2科目の計7科目で、すべての科目で合格しなければならない。
全科目合格までには最低でも2年を必要とすると言われている。
資格試験の受験資格は、原則として大学卒業者。
大学で専門的に数学を学んでおくのがオススメだが、高度な数学的知識だけでなく、保険・年金に関する幅広い知識と判断力が必要とされる。
幅広い実務経験が求められることなどから、保険会社や信託会社などに就職し、仕事をしながら勉強するケースがほとんど。
また、受験費用補助など、資格取得を応援してくれる会社もある。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました