転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

当サイトでは、いくつかの転職エージェントを紹介しております。

しかし、中には、

「転職エージェントって何?」
「転職エージェントって使う意味あるの?」
「転職サイトと何が違うの?」

…と疑問を抱いている方もいるはずでしょう。

そこで当記事では、一から転職エージェントの仕組みや特徴をお伝えして参ります。

スポンサーリンク

転職エージェントとは?

「転職エージェント」とは、転職に関する相談やサポートを行ってくれる総合的なサービスのことです。

転職は「企業と転職希望者」の間だけで行われるものと思われがちです。

しかし、効率・スケジュール調整・マッチング精度などの問題から、多くの企業は人材会社に採用に関するアレコレを任せていることが多いのです。

また、求職者側も一から転職活動をしていては、時間や手続きの面で非常に効率が悪くなります。

そこで、転職エージェント側で求人選びや情報提供をサポートすることで、転職希望者側の負担を減らしてくれます。

転職エージェントでは「企業-転職エージェント(人材会社)-転職希望者」の三者がWIN-WINになるように、転職に関するアレコレを調整してくれるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いは?

読者の中には「転職エージェントと転職サイトって何が違うの?」と疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

ざっくり言えば「仲介役の人がサポートしてくれる前提か否か」の違いが大きいだけで、国内の人材会社ではエージェント制への移行が進んでいる傾向にあります。

というのも、転職サイトだけで求人情報を選んで応募すると、以下のようなデメリットがあり、企業にとっても求職者にとっても効率が悪いからです。

  • 転職サイトが多すぎてどこを使えばいいのか困る
  • 忙しくて求人を探す時間がない
  • スケジュール管理が面倒
  • 求人票の真偽や企業情報を確認するのが面倒(エージェントに聞いた方が早い)
  • 職務経歴書の書き方がわからない(人によって書き方が変わってくる)
  • 募集条件が曖昧すぎて迷う(エージェントに判断を任せた方が早い)

筆者自身、他人に相談するのが得意な性格ではないので、転職サイトで求人情報を集める日々を続けていましたが、今思えば転職エージェントでプロから意見をもらっておく方が何倍も手っ取り早かったと反省している節もあります。

また、大手転職エージェントでは転職サイト同様、求人検索やメールでの求人紹介が行われているため、転職サイト的な使い方も出来ます。

(リクルートエージェントdodaSpring転職エージェントいい就職ドットコムなど)

逆に、エージェント制ではない純粋な転職サイトでは、面接オファー・適性診断・年収査定・求人情報の最適化で差別化が行われており、自分自身で情報の取捨判断が出来る人にとっては有用なツールとなっております。

(ミイダスリクナビNEXTビズリーチなど)

転職エージェントと転職サイトの細かい違いや、使い分けについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

転職エージェントを利用するメリットは?

ここからは、転職エージェントを利用するメリットをご紹介していきます。

なお、転職エージェントはビジネスである以上、メリットを受けられるかどうかは利用者の使い方次第になってきますので、デメリットと照らし合わせた上でお読みいただけると、より参考になるかと思います。

メリット1.優良求人に出会える可能性が高くなる

転職エージェントを利用すれば、単純に優良求人に出会える可能性が高くなります。

それには、以下のような理由があるからです。

  • 効率・採用力アップのため、優良企業ほどエージェントに採用を委託する
  • 「非公開求人」として、表に出ていない優良求人を紹介してもらえる
  • 採用募集開始から間もない求人を優先的に紹介してもらえる
  • エージェント側で営業した上での求人作成なので、情報精度が高め

いずれにせよ、得られる情報が限られる転職サイトやハローワークと比べると、転職エージェントで得られる求人情報は質も鮮度も高くなりやすいことには間違いはありません。

また、転職エージェントでは多くの求人が「非公開求人」として扱われていますが、これは本当に優良な求人は採用見込みのある人にしか紹介しないことで、選考の余計な手間を省くためです。

非公開求人に関しての詳細は、以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

メリット2.自分に合った求人を見つけやすくなる

転職エージェントを利用すれば、自分に合った求人を見つけやすくなるというメリットがあります。

というのも、転職活動始めたての方は、ほとんどが「自分に合った求人」を見つけるスキルを持っていません。

また、就職活動と違って、経歴や年齢が採用に大きく影響してくる転職活動では、採用見込みのある求人も絞られてきます。

そのため、転職エージェントで以下のようなサポートを受けることで、自分に合った求人を見つけやすくする必要が出てきます。

  • キャリアカウンセリングを受けて、適性を確かめていく
  • 業界・企業情報を受けとることで、人材市場を理解しておく
  • エージェント担当者から意見をもらい、自分のキャリアを見直す

「自分に合った求人」を見分けられないのであれば、それは「自分に合った求人を見抜くためにどんな情報が必要かすらわかっていない」可能性が高いです。

自分に合った転職先を見つけ出すためにも、転職エージェントで客観的な情報を得ておくメリットは大きいと言えるでしょう。

メリット3.転職の負担が減り効率よく活動できる

転職エージェントを利用することで、転職活動の負担を減らすことが可能となります。

転職活動では、主に以下のような負担がかかります。

  • 求人探しに時間がかかる
  • 業界分析・企業研究の参考になる情報がなかなか見つからない
  • スケジュール管理がめんどう
  • 面接の練習が出来ない
  • 職務経歴書を書くのに時間がかかり、判断力も要される

これらの転職活動に関するアレコレを実際にやってみるとわかりますが、非常に時間がかかる上に、頭も使います。

また、時間をかけて履歴書・職務経歴書を作成したにも関わらず、書類選考すら通らない…という体験を重ねると、精神的にも消耗します。

転職活動で失敗してしまう人は、何もかも自分一人で行ってしまった挙句、間違った転職方法で体当たりし続けていることが多いです。

しかし、最初から転職エージェントを効果的に活用しておけば、無駄な負担を減らすことが出来るのです。

また、転職エージェントで似たような経歴の成功者の話や、転職活動のおおまかな流れを聞いておけば、成功イメージが湧いてきてモチベーションも高くなるかもしれません。

いずれにせよ、協力者の得られにくい孤独な転職活動において、転職エージェントは心強い味方になり得ることは間違いないので、ぜひとも早めに活用しておきましょう。

転職活動に関する負担をあらかじめ知っておきたい方は、以下の記事をご参照ください。

メリット4.転職活動に関するスキルが身につく

転職エージェントを利用することで、転職活動に関する以下のようなスキルが自然と身につきます。

  • 自分の人材価値を把握出来る(自己分析力)
  • 業界・企業の情報に詳しくなる
  • 求人情報を見分ける能力が身につく
  • 履歴書・職務経歴書の作成能力が身につく
  • 面接での受け答えやアピール方法が身につく
  • 転職エージェント担当者との付き合いを通し、コミュニケーションスキルが身につく

多くの転職エージェントでは、利用者とマンツーマンで協力しながら転職活動を進めていくことになるので、しっかりと活用すれば上記のようなスキルが身につくはずです。

このようなスキルや知識を身につけておけば、転職サイトを有効活用して自分で転職先を探すなど、様々な応用が利きます。

最終的に転職エージェントを使わずに転職先を見つけ出す結果になるとして、転職エージェントを活用しておくメリットは大きいのです。

転職エージェントを利用するデメリットは?

転職エージェントを利用するメリットは大きいですが、その反面でデメリットも存在します。

あらかじめデメリットを把握しておき、自分の置かれた状況に合わせてエージェントを利用することを心がけてください。

デメリット1.エージェント側の都合に流される恐れあり

転職エージェントはビジネスである以上、エージェント側の都合に流される恐れが出てきます。

具体的には、以下のようなことが起こることは想定しておきましょう。

  • エージェントごとに提案求人に偏りがある
  • 特定の求人に応募するように促してくる
  • ノルマに追われた担当者が不自然に急かしてくる

もし、不自然に急かしてきたり、特定の求人に誘導する意図を感じたら、やんわり断ったり、見返りに情報提供を求めるなどして相手の出方を伺い、自己防衛することも忘れないように心がけましょう。

デメリット2.エージェント担当者の能力や相性に依存しがち

転職エージェントは、担当者の提案力や裁量範囲、利用者の経歴や性格面での相性に依存することになりがちです。

そのため、合わないエージェント担当者は、早めに見切りをつけておくことも、お互いに時間を無駄にしないためには大事になってきます。

最近では、事前に「他の担当者も紹介できるので、希望があれば言って欲しい」と前置きしてくるエージェントも増えているので、遠慮なく申し出ておきましょう。

また、それ以前の問題として、エージェント担当者自体の能力やコミュニケーションスキルが必ずしも完全ではない可能性も、考慮しておくべきです。

中には失礼な言動をしてきたり、見当違いの提案をし続けてくる担当者もいるかもしれません。

その場合も、早々に見切りをつけおく必要もあるでしょう。

信用できないエージェントの対策は、以下の記事にまとめてあります。

また、転職エージェントは複数者利用しておき、それぞれの提案求人を吟味しておくことも大切です。

デメリット3.仲介を通すことで手間やすれ違いが生じる恐れあり

転職エージェントは、利用者と企業を仲介する以上、すれ違いや二度手間が生じることが予想されます。

考えられるケースや、実際に報告されているケースなどは、以下の通りです。

  • 紹介された求人を扱っている部署と担当者が違う
  • エージェント担当者のスケジュール管理のミス
  • 紹介先企業とエージェント担当者で言っていることが違う

これらのケースはエージェント限らず、人を通す以上、どんな場面でも起こり得ることです。

報連相や事前確認を徹底し、仮にこれらのすれ違いやミスが起こった場合も、冷静に対処して自分のアピール材料にするぐらいの気持ちで利用しておくといいでしょう。

転職エージェントの選び方は?

最後に、転職エージェントの選び方について解説していきます。

まずは、求人数が多く効率よくサポートを受けられる大手転職エージェント「リクルートエージェント」の利用を強くオススメします。

既卒・第二新卒向けの「ウズキャリ」を運営する株式会社UZUZのTwitter広報アカウントでも、同様のことが語られていることからも、最初に大手転職エージェントを使っておくのが、いかに無難な判断かはご理解いただけるかと思います。

また、卒業後3年以内の「第二新卒」「既卒」に該当する方や、正社員経験が少なめの20代であれば、第二新卒・既卒向けの就職支援サービスも併用しておくと、より自分に合ったサポートを受けられるかもしれません。

既卒・第二新卒向けの就職支援サービスについては、以下の記事に詳しくまとめてあります。

一部業種や職種によっては、業界特化型の転職エージェントも使っておくと、より専門性の高い求人提案を受けられるはずです。

その他にも、外資系企業運営で世界No.1の運営する「Spring転職エージェント」は担当者個人の提案力や裁量に期待でき、人材派遣会社の手がける「パソナキャリア」は国内企業との強い結びつきがあるなど、各エージェントごとに運営体制や紹介先企業に細かな違いがあるので、様々なエージェントから提案を受けておくと、より良い転職を成功させることができることでしょう。

詳しい転職エージェントに関しての情報は、以下の記事にまとめてますので、ぜひともご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました