仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

転職エージェントの口コミや評判を参考にし過ぎてはいけない理由

何らかのサービスを利用する際、ネットで口コミや評判を参考にする方は多いと思います。

ですが、転職エージェントに関して言えば、あまり口コミや評判を参考にしすぎない方がいいと感じていますので、その理由についてご紹介していきます。

転職エージェントの口コミや評判を参考にしない方がいい理由は?

転職エージェントは自分の経歴次第で対応が変わる

転職エージェントは無料で利用できる反面、ビジネスとして明確に「人材価値のある利用者」「転職成功率の高い利用者」が優遇されやすいという仕組みになっております。

ですので、常識的に考えて、年収アップの見込める利用者or転職意欲の高い行動力のある人材が優遇されやすくなって、当然なのです。

逆に言えば、人材価値が大してない利用者や、あるいは行動意欲が低い利用者は、そこまで丁寧に対応してもらえません。

ネットの口コミ・評判ですと、利用者の経歴の詳細が一切わからないため、実際に自分が使ってみて、丁寧な対応をしてもらえるか否かは、判断できません。

また、最近では転職エージェントが多数登場しており、各サービス毎に得意分野や対象者層も違ってきていますので、自分と利害が合うエージェントを選ぶことの方が、口コミ・評判を参考にするよりもよっぽどスマートだと言えます。

担当者・アドバイザー次第で評判は分かれる

転職エージェントは、担当者との相性が大きく左右してくるので、口コミ・評判を参考にするのはあまりに無意味でしょう。

どんなにいい口コミ・評判が並んでいても、自分の担当者が新人で未成熟なら対応に不満が残るかもしれません。

逆に悪い口コミ・評判は、質の悪い担当者1人が生み出したものであって、他の担当者の対応は丁寧かもしれません。

それを見極めるのは、ネットの口コミ・評判だけでは物理的に無理です。

転職エージェント側も、わざわざ「エージェントの交換が可能」ということを明記しているぐらい、担当者との相性は大事だと思われているので、仮に合わない担当者と出くわしたら入れ替えを頼めばいいだけの話です。

転職エージェントの悪評があまりにも低次元過ぎる

転職エージェントの口コミ・評判でも、とくに読むに値しないレベルのものが、あまりに低次元過ぎるクレームレベルの悪評でしょう。

実際、各所の口コミサイトなどで転職エージェントの悪評を見てみますと、

  • 担当者個人名を出しての批判
  • 対応についてではなく、担当者の人格を攻撃するような批判
  • サービス内容とは関係ない、経営者のプライベートや過去に関する批判

…など、社会人としての常識やモラルに欠ける口コミ・評判もあり、こんなものは参考にするかどうか以前の問題です。

ネットには「ステマ」「自作自演」の口コミ・評判も多い

転職エージェントの口コミ・評判を参考にしすぎない方がいい理由としては、ステマ・自作自演が多いからです。

たとえば「職業名・年収・性別・年齢:口コミ内容」という形式で口コミ・評判を並べている記事は、1人でそれっぽいことを書いて、あたかも多数の人の口コミ・評判のように演出することが可能です。

こういうことを書くと、確実に同業サイトからは嫌われるのですが。

別にこのようなステマ・自作自演は「信じるほうが悪い」とも言えるので、やりたい人は勝手にやればいいと思ってはいるのですが、中には実態とかけ離れ過ぎている捏造的な口コミ・評判の類もあります。

そういった口コミ・評判をうのみにして転職エージェントを利用すると、思い違いをしてしまうハメになり、結果的に利用者もエージェント側も対応時間が無駄になるだけの結果にしかなりません。

ですので、口コミ・評判を参考にするなら一つのサイトや一個人の意見だけでなく、出来る限り多くの意見を見ておき、極端にズレた意見は無視するなど、明らかに間違った情報に流されないようにしましょう。

転職では公開できない情報が多いので口コミ・評判が曖昧になりがち

転職においては、公開できない情報が多いため、口コミ・評判は非常に曖昧なものばかりとなります。

とくに「企業名・会社名」「自分の所属会社」などの一番知りたい情報は誰もが隠すに決まっていますので、参考にしようがないのです。

しかも、転職エージェントでは「非公開求人」を戦略的に扱っているため、しっかり面談に参加して意欲を見せた人ほど、より良い情報を得やすいという性質も踏まえておくべきです。

事実、非公開求人の中でもとくに条件が良いものや最新の求人は、面談に参加してエージェントと付き合いのある人に優先的に回されることとなります。

このあたりのエージェント側の事情を知っておけば、口コミ・評判を参考にし過ぎることがいかにバカげているかは、おわかりいただけることでしょう。

エージェントで転職成功した人はわざわざ口コミ・評判を書かない

転職エージェントで転職を成功させた人は、わざわざ口コミ・評判を書きません。

転職活動自体、今の会社にバレずにこっそり行うものですので、まともな感覚のある人ほど黙って転職を成功させます。

逆に言えば、本気で転職活動を行っているにも関わらず、転職に関する口コミ・評判をペラペラしゃべっている人は、考えなしのバカか当サイトのように営業の意図があるかのどちらかです。

よって、転職を着実に成功させているかしこい人ほど、重要な情報を他人には公開しないのです。

まとめ

以上のように、転職エージェントの口コミ・評判を参考にし過ぎることが、いかにナンセンスかをお伝えしてきました。

もちろん「火のないところに煙は立たない」という言葉もある通り、口コミ・評判の生まれる背景には何かしらの理由や原因があるので、あくまで判断基準のひとつとして使うのはありかもしれません。

とくに転職エージェントの場合、口コミ・評判に流されないで「本当にこのエージェントは自分に合うのか?」という自己分析も大事になってきます。

ですので、転職エージェントを使うべきどうか悩んでいる方は、口コミ・評判だけを頼りにしすぎないという考え方も身につけておくといいでしょう。

転職エージェント

転職エージェント選びでお悩みの方へ?

転職エージェント選びでお悩みではないですか?

当サイトでも様々な転職エージェントをご紹介して、その実態を確かめておりますが、まだまだ国内の転職エージェントは課題の多いサービスだと思っております。

ですが、出来る限り一人でも多くの読者に自分に合ったエージェントを見つけ出し、理想の転職先を見つけていただくため、より詳細なエージェントの情報を提供しております。

たとえば、転職エージェントは以下のように、利用対象者層が分かれていることはご存知でしょうか?

分類 対象年齢・対象経歴 該当サービス
総合転職エージェント 全年齢対象・経歴不問 リクルートエージェント
doda
パソナキャリア
Spring転職エージェント
マイナビエージェント など
キャリア層向けエージェント 30代以降がメインターゲット
年収500万~600万以上
JACリクルートメント
ビズリーチ など
外資系・ベンチャー系エージェント 全年齢対象
英語系スキルなど
ロバート・ウォルターズ(英語)
シンアド(デザイン・広告) など
既卒・第二新卒向けエージェント 20代がメインターゲット
正社員経験がなくてもOK
就職Shop
いい就職ドットコム
ハタラクティブ
DYM就職
ウズキャリ など
業界特化エージェント 全年齢対象
各種業界経験・学歴・スキルが必要
メイテックネクスト(製造・メーカー)
シリコンスタジオエージェント(ゲーム) など

もしご存知でなかった方は、以下の記事で国内転職エージェントの勢力図を解説していますので、ぜひとも参考にしてみてください。

また、転職エージェントに関してよくある質問や利用者の不満も踏まえ、独自にQ&A記事も作成しておりますので、こちらも参考にしてみてください。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。