転職エージェントを活用して年収アップを目指す際に知っておくべきこと。ハイレベルな転職を成功させたいなら読んでおこう

転職エージェントを利用する際、多くの方は「年収アップ」を目的にすることでしょう。

本音で言えば「年収は高ければ高いほどいい」わけですので、それは当然の欲求です。

そして一般的認識として「年収の高いほど、社会的価値の高いハイレベルの仕事」であることは、疑いようもない事実。

しかし、実際問題、年収が上がるかどうかはすべて”運”と言わざるを得ないのも確かです。

今の会社が不当に低い年収であれば、転職するだけで年収は上がります。

逆に、今の会社の年収が平均より高めであれば、転職すると年収が下がるリスクもあります。

つまり、自分から狙って年収を上げることは非常に困難だと言えるのです。

自身の経歴や市場価値、あるいはその時の経済状況によって年収が決まるわけですので、正直一個人で出来ることなんてたかが知れています。

ただし、立ち回り方や市場価値などをしっかりと抑えておけば、不当に安い年収で雇われるリスクを下げることは可能です。

そしてその方法の1つが「転職エージェントを使うこと」なのですが、エージェント側にも様々な思惑が絡みますので、年収を上げるとなると様々な事情と思惑を知っておく必要があります。

今回は、交渉術の基本や転職エージェントの事情、そして年収を決める会社側の都合などを踏まえた上で、より有利な年収条件を引き出すための転職活動の考え方をご紹介していきます。

転職エージェントは「年収アップ」に前向きだと知っておこう

まず、大原則として「転職エージェントはビジネスである以上は、年収アップには意欲的」だと言うことをは知っておきましょう。

これについてはほぼすべての転職エージェントで「転職成功の際、紹介企業側から年収の一定割合を報酬として受け取る」と説明されており、転職希望者と転職エージェント側の利害は一致します。

ただし、現実問題としては、転職エージェント側の利益になっても、担当のキャリアアドバイザー個人の利益にはならないという事情もあるので、その点に関しては十分知っておくべきです。

ですので、キャリアアドバイザー個人から有利な条件を引き出す場合は「担当者個人との付き合い方」に重きを置くべきでしょう。

転職エージェントを使えば”最低限のライン”は保てる

とはいえ、企業側としては「出来る限り年収アップにつながる転職を成功させたほうが利益が上がる」というビジネスモデルの前提があるため、最低限の年収ラインが確保できる事実は忘れてはいけません。

多くの転職エージェントでは、平均年収テーブルから事務的に求人を提示してくるので、その求人の平均年収が「市場価格」だと抑えておくべきでしょう。

要は「”ベスト”ではなく”ベター”」ということです。

提示された求人で年収が上がりそうなら万々歳、そうでなければ慎重に転職先を吟味しておくべきです。

転職エージェント担当者の事情を知っておこう

転職エージェントの担当者は多数の利用者を抱えており、その上でノルマも課せられています。

「1人の見込みのある転職希望者を、ワンランク上の転職先に無理して転職させるべきか?」
「多くの転職希望者を、高確率で転職させるべきか?」

この2つの選択肢で考えた場合、前者の利益は担当者個人からすれば皆無ですので、普通に考えてば後者を選ぶに決まっていますよね。

学校の教師が優秀な生徒をガンガンえこひいきして伸ばすよりも、下の層に勉強を教えて平均点を上げるのと同じです。

より有利な転職条件を引き出したいのであれば「相手目線で考える」ことは徹底しておきましょう。

企業側も「年収アップ」に前向きである

次に、転職先の企業の事情について考えてみましょうか。

正直言って、会社側も従業員は手放したくないですから、出来る限り「年収アップ」をしたいのは至極当然の考え方です。

採用までにかけた時間的コスト、支払った費用を考えれば、定着率を高めたいのは企業としては当然の欲求ですよね。

それも他社で経験やスキル積んだ中途採用者、しかも「今の会社が気に食わないなら辞めればいいや」と考えて実際に実行した経験があるわけですから、よほど人事か経営者がバカでもなければ、まず「年収アップ実現に向けて取り組むべき」と判断するに決まってます。

しかし、企業側の年収査定についてはより複雑な事情が絡みます。

企業が中途採用者の年収を決める要素の例

  • 自社内の経理状況
  • 自社の売上や業績
  • 自社内の同レベルの人材との兼ね合い
  • 競合他社との兼ね合い
  • 人材採用に関する予算
  • 株主の意向
  • 経済状況

ここまで複雑な要因が絡めば、企業側が年収を上げるにはあまりに検討しなければならないことが多すぎるとわかるはずです。

そのため、求人を出した時点での年収条件でも、かなり譲歩して提示していると考えるべきなのです。

それも転職会社経由での募集であれば、人材会社からおおよその相場や競合他社との兼ね合いも検討しているはずですので、かなり「適性年収」に近いと考えるべきです。

少なからず、自身の年収アップを考えるのであれば、こういった複雑な会社の経理状況も予測できるようにしておくべきでしょう。

「年収アップ」の決定権を誰が持つかを考えておこう

こうして考えていくと、転職での年収が決まるまでに、非常に複雑な問題が絡んでいることがわかってきます。

そして、覚えておきたいことは「年収の額は、そう簡単に個人の裁量で決められるものではない」ということです。

つまり、転職エージェント側も転職先の面接官や人事も「年収が上がる」と明言することが出来ないのです。

なぜなら、転職の際に関わる人の多くが、実質的な決定権を持たないから

ベンチャーの経営者ですら、経済状況や相場、あるいは自社内の人件費との兼ね合いにより、そう簡単に採用者の年収を決定できるわけがありません。

転職サイトでもよく年収幅の広い求人が見受けられますが、それだけ年収を明言することは企業側としては避けたいわけです。

もっと相手の立場になって考えてみましょうか。

ぶっちゃけた話が、転職エージェントは「この人の内定を決めても年収上がらないし…」と考え、転職先の人事も「この人を入社させて会社に貢献しても年収上がらないし…」と考えているわけです。

ここまで説明すればわかりますが、率直に「もっと年収を上げてくれ」と頼み込むことは、自ら「私は組織において、年収がどのような手順で決まるか想像できません」と告白するようなもの。

もっとわかりやすく言えば「自分は社会を知らないバカだ」と言うようなもので、ハッキリ言って「悪手」以外の何物でもありませんよね。

つまり、転職活動の際に年収についてはおおよその目安を提示して、あとは「察する」方が、総じて良い結果につながるわけです。

それだけ、労働者側の年収に関しての交渉材料は小さく、実質的な選択肢は「YESかNO」の二択と考えておくべきでしょう。

転職での年収については「言わぬが花」

以上のように考えていくと、転職活動において「年収に関しては”言わぬが花”」であることが見えてきたことでしょう。

転職エージェントを使う・使わないに関わらず、年収についてはこちらから切り出さないというのが鉄則です。

というのも、交渉においては「先に数字を切り出したほうが不利」という大原則があるからです。

たとえば、仮に転職希望者がありとあらゆる手段を使って「適性年収」「市場価格」を探り出したとしましょう。その数字が限りなく正しいとします。

その額が「年収600万円」だとしましょう。

転職先が内心で「この人材が優秀であれば1年後に『年収+100万円』する予定だ」という意図で昇給に好意的な採用をしたとして、本人から「年収600万円」と切り出せば、会社側からすれば「それでいいなら昇給する必要がないな」と判断されることにもなるわけです。

つまり、下手に勘ぐって交渉の真似事を行うと、自らチャンスを潰す結果にもなる

しかも、会社側はシビアに給料を検討していますので「昇給の約束は絶対にできない」という事情があります。

ですので、人事側に「1年後に年収+100万円」という前向きな意図があっても、絶対に発言することは許されないわけです。

つまり、どうあがいても「先に明確な数字を切り出したほうが不利」になるのです。

もちろん、相手が不当に低い数字を提示して来たら断るべきですが、そうでなければ相手が高い条件を提示してくるまで黙っておくべきなのです。

ここまで説明すれば「表面上、物分りがよく相手の要求を飲んでいる”フリ”」という立ち回り方が、いかに転職活動においても有効かはおわかりいただけることでしょう。

それでも年収アップにこだわるなら?

以上のことを踏まえますと、何が何でも年収アップ実現を果たすのであれば「企業側から年収アップの契約を取った上で転職を内定させる」しか、確実な方法はありません。

そして、その有効な手段が「黙って待つ」しかないところが、いかに採用される側が弱い立場であるかを物語っていますね。

それも転職先の経理状況や昇給ベース次第なので、どうあがいても不確定要素が絡みます。

ただし、この絶望的な状況下でも、年収アップの転職を成功させる戦略はゼロではありません。

それは「年収アップにつながる転職=明確にエージェント側・採用企業側の利益につながる」という条件を整えることです。

多くの転職エージェントが「”ベスト”ではなく”ベター”」という選択肢で動くのであれば、妥協せず「”ベター”ではなく”ベスト”を尽くす」相手を見つけ出すことこそ、年収アップ転職を成功させる秘訣になるのです。

しかし、そこまで交渉力も熱意もある転職エージェントは、国内でも限られていますし、単純に”相性”の要素も大きくなってきます。

現実的に考えれば「転職者の年収アップが自身の利益になる」という立場は「転職成功者の年収額が、そのまま自身のインセンティブになりやすいエージェント」「完全フリーランスのヘッドハンター」などに限られてきます。

年収アップにベストを尽くしてくれる転職エージェントの条件

  • 個人プレイの外資系運営転職エージェント(成果が自身の評価に反映されやすいから)
  • 成果が個人の昇給・報酬につながりやすいベンチャー系エージェント(転職を成功させた場合、相対的な企業への利益率が高い)
  • フリーランスのヘッドハンター(企業から直接報酬をもらえることが多い)
  • 転職エージェント側の抱えている求人(=案件)と自身の経歴がマッチする(需要と供給が高いレベルで一致する)

以上のような転職エージェントを利用することが、転職で年収を上げるための現実的な選択肢になってきます。

ですので、年収アップに強くこだわるのであれば、マッチング精度が高く、なおかつ担当者の個人裁量幅が大きい小規模の企業or個人プレイ重視の外資系エージェントを選ぶという選択肢が現実的になってきます。

以下、その条件を満たす転職エージェントをご紹介していきます。

BIZREACH(ビズリーチ)

妥協を許さない転職先選び、とくに年収アップに強くこだわるのであれば「ビズリーチ」の利用は第一に検討に入れておくべきでしょう。

ビズリーチは国内の転職サービスでも珍しく有料機能(月2,980円~)が備わっており、逆に言えば「転職希望者も企業・ヘッドハンターと対等な立場で取引できる」サービスとして設計されています。

具体的には「自身からヘッドハンターを検索でき、依頼できる」「転職先探しと年収交渉を依頼できる」「ヘッドハンターのプロフィールや実績を閲覧できる」「企業から一般公開されていない優良求人が届く」など、求職者側からも積極的に営業を仕掛けられるような設計となっており、転職業者のように「転職者不利」になりにくいのが特徴です。

ヘッドハンターはフリーランス・ベンチャー企業在籍の凄腕ばかりが揃い、ヘッドハンターのみが保有している超優良求人もあるので、自身と利害関係の合うヘッドハンターを見つけ出せれば、劇的に年収アップ転職の成功率が上がると言えるでしょう。

また、職務経歴書の作成の指導や優良なヘッドハンターと出会うためのノウハウ伝授など、登録後のアフターフォローも充実しているので、サイトの使い方に不安のある方でも安心して利用できます。

一部の基本的機能は登録無料で利用できるので、本気で年収アップ転職につなげたい方は、試しに利用しておくといいでしょう。

JACリクルートメント

ハイクラスの転職、とくに「外資系企業」「グローバル展開している日系企業」への紹介に強みを持つのが「JACリクルートメント」です。

登録者の目安も「年収500万~」とレベルが高く、年収アップに高い意欲があるなら登録しておく価値ありです。

外資系運営、両面型のコンサルタントが在籍していますので、担当者の提案力や交渉力にも期待できます。

ただし、JACリクルートメントの運営方針や対象者を見ていると年収を上げるための転職エージェント」ではなく「高年収の転職求人を重点的に集めている」という方針ですので、担当者の交渉力については運も絡みます。

年収500万以上クラスともなると引く手あまた、転職エージェントも複数利用が当たり前ですので、あくまで選択肢のひとつとして利用しておくのが堅実です。

Spring転職エージェント(アデコ)

年収アップを売りにしているエージェントではありませんが、運営体制が合理的であらゆるキャリア層に対応している世界No.1の人材サービス会社アデコの手がける「Spring転職エージェント」もオススメです。

Spring転職エージェントは両面型の転職エージェントで、担当者と直接やりとりが出来るため、担当者次第では年収面の要望を通しやすくなるというメリットがあります。

そのため、ハイクラスとまでは行かずとも、出来る限り年収アップを実現したい中間層にとっては、利用しておく価値ありと言えるでしょう。

日本国内の転職エージェントと違って、オトリ求人で平均年収を錯覚させる広告手法も行っておらず、求人情報でより具体的な年収条件を提示してくれる点も、年収にこだわる方にとってはうれしいところ。

求人提案の質やマッチング精度も高めですので、サブの転職エージェントとして登録しておき、良質な求人情報を受け取っておく価値はあります。

パソナキャリア

国内第3位の人材会社として、独特のポジションに存在するのがパソナ。

そのパソナが運営する「パソナキャリア」も、意外と高年収の案件が潜んでいます。

パソナキャリアもとくに年収アップを売り込みにしているわけではありませんが、専門性の高い求人、あるいは国内事業と密接に関わるコアな求人も保有していますので、結果として年収アップを実現できる可能性が高い点に注目です。

転職者一人一人の対応が丁寧で時間をかける傾向ですので、経歴やスキルがある人であれば、結果として年収が上がる可能性が高まります。

そもそも、日本の企業は「実力・成果」よりも「信頼・コネ」の方が重視される傾向があるので、国内事業と強い結びつきのあるパソナキャリアを利用しておくことも、現実的な年収アップの選択肢と言えるでしょう。

…より逆説的に言うと、派手な実績や成果がなくても、パソナキャリアのコネを活かすことで、意外な高年収求人を紹介してもらえる可能性が高くなるということです。

そういった面で、ビジネス性を捨て社会事業に寄った社風のパソナキャリアは、意外な天職と出会いやすいとも言えるでしょう。

パソナキャリアの場合、企業の利益率は低いものの、その分「社会に役に立つ人材=高年収の案件に紹介」という原則を徹底している社風ですので、その点の信頼性はバツグンだと言えます。

年収アップの転職は”妥協を許さない”ことが大事

以上、転職エージェントを活用して年収アップを実現するための方法をご紹介してきましたが、一番大事なのは”妥協を許さないこと”だと言えるでしょう。

関連:本当に信用できる転職エージェントの見つけ方。妥協を許さないことこそ成功の秘訣。

率直に言って、今の会社の方が条件がいいと思う提案に関しては、すべて「NO」を突きつけるぐらいの覚悟で挑まなければ、年収アップにつながる転職は厳しいです。

また、転職エージェントやヘッドハンター毎に保有している求人は違いますので、相手に何を言われようが挫けず、妥協せずに「納得できる理想の求人」を見つけ出すべきです。

そのためには、今回紹介したような求人提案の質が高い転職エージェントや、年収アップの交渉力に期待できるエージェントを併用し、慎重かつ地道に転職活動を進めていくべきでしょう。

転職活動には様々な通説や方法があり、キャリア層ごとに正解も変わります。

また、転職エージェント毎に運営方針や思惑もあり、さらには多様な働き方が増えるにつれ、もはや何が正解かわからない時代になっています。

その中でも「年収を上げるための転職」は困難な道になりますが、方法や選択肢をしっかりと見極め、行動し続ければチャンスを掴める時代になってきているのもたしかです。

ぜひ、今回紹介した考え方や転職エージェントを有効活用し、キャリアアップ転職を実現させてみてください。