転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!

転職アドバイザー
元転職エージェントの
ヒビキです

「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり表に出てこないので、不安に思われる方がいても決して不思議ではありません。

この記事では、転職エージェントに関してのよくある質問や疑問にお答えしていきます。

もくじ

転職エージェントの仕組みについて

Q.そもそも、転職エージェントって何?

プロのアドバイザーが面談した上で仲介役となり、転職先へのサポートをしてくれるサービスの総称のことです。

マーケティング上のネーミングで「エージェント」という言葉が使われていますが、多くの転職サービスでは仲介役にプロのアドバイザーが関わることになるので、厳密には国内の転職サービスの多くが「転職エージェント」と考えて問題ないでしょう。

実際には面談に至る前にも、自分の経歴に合わせて求人情報が届くので「転職サイト+面談サポート」という認識で使うと間違いないでしょう。

関連:転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

Q.プロに相談する意味はあるの?

おおいにありです。

1人で転職活動をすると、恐ろしく非効率的です。

簡単に言えば、このサイトに書いてある転職情報をすべて自分で集めた上で、さらに自分で実践するぐらいのレベルで大変です。

素直にプロに相談して、客観的かつ正確な情報を聞き出しましょう。

関連:「仕事を辞めたい」相談相手は誰にすべき?大人なら転職に関する相談相手は第三者にしておこう

Q.どの転職エージェントがいいの?

転職エージェントおよび運営会社ごとに傾向や運営体制が違うので、一長一短です。

初心者であれば、全職種・全業界・全国の求人を取り扱っている「リクルートエージェント」「doda」の二社は鉄板でしょう。

関連:初心者にオススメの転職エージェント6選!初めに使うべき転職エージェントはどこがいい?

また、外資系企業アデコの運営する「Spring転職エージェント」も同様に全職種・全業界・全国対応なので、こちらも要チェックです。

関連:Spring転職エージェント(アデコ)をオススメする理由。世界No.1転職エージェントの合理的な人材ビジネスの実態とは?

理系・製造系なら「メイテックネクスト」が製造業人材派遣会社の老舗で満足度も高めです。

国内人材派遣会社として社会事業と強いコネのある「パソナキャリア」は対応の丁寧さと親身さに定評あり。

Q.エージェントは複数利用してもいいの?

OKです。むしろ複数利用推奨です。

ほぼすべての転職エージェント公式サイト内の回答でも「他社エージェントとの併用可」と明記されているぐらいですから。

関連:転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

Q.転職サイト(求人検索型)との違いは?

超ざっくりと説明すると以下の通り。

転職サイト→自分で好きな求人を見つけて応募できる
転職エージェント→自分の経歴にマッチした求人を紹介してもらえる

一見すると上の方が選択肢は広いように感じますが、転職サイトは広告求人という都合上、人気求人は倍率が上がって採用確率が低くなるデメリットがあります。

就職活動と違い、転職の場合は今までの経歴やキャリアで選考に受かる求人自体が限られてくるので、転職エージェントの方が効率的です。

また、最近の転職サイトは「スカウト」「オファー」の搭載が当たり前であり、受け身で気楽に使えるように出来ています。

Q.非公開求人って何?

一般には公開されていない求人のことで、転職エージェントに登録して、なおかつ適性があれば閲覧できる求人のことです。

多くの転職エージェントでは約8割が非公開求人だと公表されています。

ただし、この「非公開求人」には以下のようなビジネス面での戦略がある点には注意。

  • 本当に表に公開できない優良案件
  • 非公開だけど、他業者では普通に公開している求人
  • 求職者の注目を集めるためのオトリ求人

下のパターンは、受かる見込みの低い求人で、大企業や有名企業を餌に利用者を釣るためのものですね。

ですので応募する前に、他の転職エージェントや求人サイトを併用して、比較しておくと無難でしょう。

料金・利用の流れについて

Q.本当に無料なの?

国内の主要転職エージェントはすべて完全無料で利用できます。

これは転職エージェントを経由して人材を紹介することで、企業側が成果報酬を支払うビジネスモデルで成り立っているからです。

そのため、転職希望者は無料で利用できる仕組みなわけですね。

当サイトのオフィシャルスポンサーである「ウズキャリ」を運営している株式会社UZUZ様がyoutubeで、わかりやすく解説してくれております。

例外は課金制のある「ビズリーチ」です。

これはビズリーチが「企業・ヘッドハンターとのマッチングサイト(プラットフォーム)」というシステムで、根本的に他社の転職エージェントとビジネスモデルが異なるからです。

…とは言え、登録自体は無料、スカウト求人も届きます。

それで気に入ったら課金という、いわゆる「ソシャゲ形式」だとご理解いただけるとわかりやすいでしょう。

ちなみに余談ですが、このビズリーチのビジネスモデル自体は欧米発のビジネス専用SNS「LinkedIN(リンクトイン)」の流用…だと思われます。

さらに、そこからパクって独自機能を加えたサイトが「リクナビNEXT」「MIIDAS」などであることからして、最近はSNS型の転職ツールが主流であることがわかるでしょう。

Q.面談を受けなくても登録できる?

すぐに面談を受ける気がなくても、登録自体は可能です。

そもそも、面談に確実に呼ばれる保証がなく、まずは求人受け取りから応募するという流れが一般的です。

ですので、長期での転職活動を見越して、求人紹介・情報取得目的だけでもOK。

「doda」のような転職サイト併合型のエージェントもあるので、面談に行くつもりがなくても利用しておく価値は十分あり

ただし、本気で内定をもらおうと思ったら面談に参加したほうがスムーズに行く点は予め抑えておきましょう。

Q.今の会社にバレない?

自己管理を徹底しているならバレません。

前提として「メールアドレスは転職活動用のアカウントを用意しておく(スマホで通知出ないように設定)」「会社のパソコンから登録しない」などの基本を守っておけば、大丈夫でしょう。

転職エージェント側ではしっかりプライバシーに配慮して個室面談、書類のカバー添付などの対策が行われているので心配不要です。

ただし、担当者によっては日中連絡してくるケースもちらほらあるそうなので、必ず面談時に電話をかけてきては困る時間帯を指定しておくといいでしょう。

Q.個人情報の管理は信頼できる?

大手人材会社であれば管理は徹底しているでしょうから、まず問題ないでしょう。

…が、相手も人なので保証は出来ません。

現職の守秘義務や極秘情報などは、経歴面でプラスになると思っても伏せておくのが無難でしょう。

また、家族構成や住所についての記載も最小限に留めておき、担当者との面談前に余計な個人情報を提供しないようにしておくのも防衛策としては有効です。

面談について

Q.面談が不安です…

誰もが初対面の人と話すのは不安なものです。

登録や面談希望の際に「転職は初めて」「面談が不安です」「コミュニケーションに自信がありません」などと記入しておき、カウンセリング面に期待できそうな担当者に当たる確率を高めておくとベターかもしれません。

また、有給休暇を活用しておいて他の面談者の少ない=担当者の対応時間に余裕のある平日の面談を組んでもらうと、急かされずに済むかもしれません。

ノルマに追われて急かしてくる担当者というや、面談経験が浅い未熟な担当者もいるので、過度に期待しないようにしておきましょう。

また、あまりに今の仕事での心理的不安が大きい場合は、転職エージェントではなく厚生労働省のメンタルヘルスケアなどを活用して、対人面の不安を和らげておくといいかもしれません。

Q.面談はいつ呼ばれるの?

転職エージェント側の事情や時期にも寄ります。

早くて1~2週間の業者もあれば、一向に面談に呼ばれない場合もあるそうです。

エージェント側は多数の相談希望者を抱えているので、より優先的に面談を受けたいのであれば、以下の点に気を配っておくといいでしょう。

Q.面談ではどこまで話していいの?

今の仕事の悩みや愚痴から、転職先・年収の話など、なんでもOKです。

ただし、担当者によってはカウンセリング面が弱かったり、転職を急かしてくる場合もあるので、自分と相性が悪いと感じたら交換を申し出ましょう。

また、明らかにうつ病手前の状態で精神・肉体ともに消耗しているのであれば、転職エージェントではなく、まずは心療内科・メンタルヘルスに相談しておく方がいいでしょう。

Q.担当者って信用できるの?

あくまで転職エージェントは「ビジネス」ですので、過信は禁物です。

一端の社会人であれば、相手側の事情を読み取った上で、上手く信頼関係を築きましょう。

味方にすれば心強い存在であることは間違いありません。

関連:転職エージェントが信用できない場合の対処法。担当者がやる気がない・急かしてくる場合の対策とは?

関連:転職エージェントが合わない!使えない!態度がムカつく!そんなあなたに落ち着いて読んでいただきたい

登録条件・経歴などについて

Q.学歴・経歴に不安が…

基本的に、学歴・経歴不問で利用できます。

ただし、公開していないだけで業者ごとに目安の学歴・経歴の基準はあるので、実際に登録してみなければ判断不能です。

最大手の「リクルートエージェント」と「doda」に関しては、かなり広い層の登録を受け付けているので、まずはこの二社を使っておくといいでしょう。

また、既卒・第二新卒・フリーター・ニート層は専門の転職エージェント(就職支援サービス)も充実してきているので、そちらもチェックしておくといいでしょう。

関連:既卒・第二新卒は就職・転職に有利って本当?既卒・第二新卒が企業に求められる理由を解説!

Q.職務経歴書(レジュメ)って用意しておいたほうがいい?

なくてもOKですが、ハイクラス系になるとアップロードの必要がある場合もあります。

Q.非正規から正社員への転職もOK?

可能です。

一般的なキャリアコースからは外れますが、非正規雇用者の数が増えてきているので、問題なく正社員求人を紹介してもらえるでしょう。

ただし、最近は正社員の中途採用に慎重な企業では「契約社員」からの採用を考えている企業が増えているので、契約社員形態も選択肢に入れておくといいでしょう。

関連:契約社員だと採用されやすいって本当?転職で契約社員を目指すメリットとは?

Q.年齢は何歳までOKなの?

何歳からでも可能です。

ただし、あくまで建前ですので、年齢が上がるに連れて紹介してもらえる求人が減ることは覚悟しておきましょう

Q.過去に登録したことがあっても再登録できる?

可能です。

人材会社によっては登録データが残っていて重複する場合もあるので、ひとまず登録して確認しておきましょう。

ログイン形式でないエージェントの場合は、そもそも再登録しないと再度の利用が出来ない場合もあります(「Spring転職エージェント」など)。

その他の質問

Q.大企業や有名企業に応募できるの?

よく公式サイトトップに掲載している企業一覧や、メールマガジンで届く求人は「すべてオトリ求人」ぐらいに考えておき、期待しないほうがいいでしょう。

原則として転職エージェントでは、求人を選ぶ権利が与えられないので、利用者側の経歴や交渉力次第です。

どうしてもこだわるのであれば、受け持っている業界・職種がマッチしている担当者を見つけ出し、優先的に紹介してもらえるように根回しするなど工夫しましょう。

Q.転職エージェント使えば年収って上がるの?

あなたの適性年収や市場価値、あるいはその時の経済状況次第です。

今の年収が低すぎれば、上がる可能性は大いにありえます。

ただし、転職エージェント側は安定志向で「内定をもらいやすい転職先」を選んでくるので、交渉で年収が釣り上がることにはあまり期待しないほうがいいでしょう。

どうしても年収面にこだわるのであれば、ヘッドハンターの在籍するビズリーチで直交渉するのが確実でしょう。

関連:転職エージェントを活用して年収アップを目指す際に知っておくべきこと。ハイレベルな転職を成功させたいなら読んでおこう

Q.ブラック企業がないって本当?

厳密な定義での「ブラック企業=労働基準法違反をしている企業」は、まずないでしょう。

人材会社側も取引先として実態調査を行っているので、自己申告制の求人サイトやハローワークよりは少なめでしょう。

ただし、実態調査=営業訪問ですので、紹介先企業側がタイムカード改ざんなど行っていたりした場合、見極めは困難です。

とはいえ、内定後のアフターフォローやアンケート調査なども行っているので、あからさまなブラック企業に引っかかるリスクは減らせるでしょう。

Q.ホワイト企業が多いって本当?

あるかもしれませんし、ないかもしれません。

中途採用者を募集している企業は、相応の事情があるので面談時に相手側の事情を知っておくといいでしょう。

Q.紹介先企業側の社風や人間関係がわかるって本当?

求人サイトやハローワークよりは、そういった情報が事前に得られる点では本当です。

しかし、人間とは第一印象でわからないものですので、本当のところは自分の目と耳で確かめるしかありません。

Q.面談バックレたらブラックリストに載るって本当?

そういう噂もあるみたいですね。

大手の登録者数の多さと面談キャンセル数を想定すれば、いちいちそんな無駄な作業に時間を費やすとは思えません。

…が、どうしても面談に参加できない場合は、社会人としてしっかりと連絡を入れておきましょう。

Q.途中で転職活動やめてもいいの?

問題ないです。

適当に「今の会社でもう少しキャリアを積んでみることにしました。また機会があったらお世話になります」など、角の立たない断りの連絡を入れておきましょう。

同様に縁を切りたいエージェントにも同じ方法で断れば、強引な勧誘にも対処可能です。

Q.求人だけ受け取って、直接応募したほうがいいんじゃ…?

そこに気づくとは…やはり、天才か?

ぶっちゃけ、答えは「YES」です。

業者が一番困るやり方であり、人件費削減目当ての紹介先企業から提案してくることもまれにあるそうです。

ただし、転職エージェントしか保有していない非公開求人の場合、紹介先企業に常識を疑われる結果になるので、やめておく方が無難でしょう。

また、紹介先企業も短期的な利益で人件費を削ってくるということは、転職後も人件費を削ってくるモラルのない会社だと疑えるので、信用できるかどうかは利用者の判断次第です。

紹介してくれた転職エージェントや担当者を立てる意味でも、しっかりとエージェントを経由して応募しましょう。

転職エージェント

オススメの転職エージェント

現在、国内では100以上の転職エージェントが乱立しており「どこのエージェントを使えばいいかわからない!」という状態になりつつあります。

当サイトではあらゆる情報網から独自の方法で調査し、選りすぐりの転職エージェントをそれぞれの需要に合わせてご紹介しています。

関連:国内主要転職エージェント9社を徹底比較!企業規模や運営方針などからエージェント傾向を徹底分析!

転職エージェントは完全無料で利用できるので、少しでも転職に興味のある方はこの機会に登録しておきましょう。

「転職エージェントって何?」と疑問の方は、以下の記事に詳しく紹介しています。

関連:転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

転職活動初心者は以下の大手3社を併用しておくのが間違いないです。

  • リクルートエージェント→求人数No.1。大手なので効率よく転職先が決まる
  • Spring転職エージェント→世界No.1の外資系企業。担当エージェントの個人裁量幅が広く、直交渉でき話が通しやすい点が魅力。
  • DODA→総合転職情報サイトとしてエージェント制以外のサービスも豊富

転職エージェントは運営会社によって提案力や紹介先にも特徴があるので、いくつか併用しておくのが鉄則です。

関連:転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

まずは「広く浅く」の大手エージェントから使っておき、納得の行く転職先が見つからないのであれば他のエージェントを使っていくのがいいでしょう。

リクルートエージェント

初心者であれば、国内人材サービス企業としても最大手の「リクルートエージェント」を使っておくのが定番でしょう。

求人数10万件以上、紹介実績31万人越え、面談場所も全国展開、国内No.1企業として転職ノウハウや紹介先企業とのコネも充実しているので、まず間違いないです。

デメリットを挙げておくと、大企業特有のビジネスライクさ・効率重視の傾向があるので、人によってはサポート不十分に感じる可能性がある点です。

ただし、それを差し引いても国内人材サービス会社No.1の情報力と求人数を得られるメリットが大きすぎるので、まずはリクルートエージェントを使っておくといいでしょう。

Spring転職エージェント(アデコ)

国内では有名ではありませんが、世界No.1の実績を持つ「アデコ」運営の「Spring転職エージェント」もかなりオススメです。

外資系運営と聞くとややハードルが高く感じるかもしれませんが、実際は経歴不問・英語スキルなしでも登録できるぐらい間口が広いです。

管理人もSpring転職エージェントを利用していますが、以下の点がかなりの強みです。

  • 担当者から直接求人案内のメールが届き、そのまま応募・交渉できるので、国内エージェントのように無駄な事務手続きは不要
  • 求人の精度が非常に高く、他の転職エージェントとも提案が被りにくい
  • 自分に合った最新の求人が届くため、レスポンスの早い人ならチャンスも大きい

融通の利かないところのある国内エージェントよりも、かなりチャンスを得やすいエージェントだと感じていますので、登録推奨です。

ただ、デメリットは関東・関西圏の求人が中心で、地方求人の取り扱いには弱いところ。

ビジネスメールでの求人案内もかなり丁寧で精度も高く、個人間でやり取りも出来るので、交渉力があれば自分からアプローチもしやすく、非常に合理的な転職エージェントです。

登録は無料で、求人案内が随時届く形式ですので、興味があればすぐに利用しておきましょう。

DODA(デューダ)

リクルートエージェントと同じぐらいにオススメしたいのが「DODA(デューダ)」という転職エージェントです。関連→DODAがオススメの理由

「リクルート」「マイナビ」に比べてやや知名度は低いですが、実はリクルートに次ぐ国内第2位の業績を誇るパーソルグループの運営する転職エージェントで、長い歴史と実績を持つ転職サービスです。

関連→リクルートとの比較記事
関連→DODAの運営会社に関する記事

DODAの強みは以下の通り。

  • 全国各地に拠点あり
  • どんな学歴や経歴でも登録可能
  • 担当者が2人付くため効率のよい転職活動が実現可能
  • 100社以上のエージェントと提携しているため情報量が圧倒的

転職エージェントとして総合的なバランスが非常に優れているところがDODAをオススメする大きな理由です。

リクルートエージェントと同じく、面談場所も全国展開しているので同時に利用しておき、両者から提案される求人を比較しておくといいでしょう。

関連コンテンツ