仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

転職エージェントは登録だけでもOK?面談参加する気がなくても利用できるのか?

「転職エージェントは登録だけでもOKなの?」

そうお悩みの方もいるのではないでしょうか?

結論から言えば「転職エージェントは登録だけでもOK」です。

筆者も転職エージェントに登録して求人情報を受け取っていますが、社会人経験なしの私ですら問題なく利用できています。

職歴なしでも転職エージェントは利用できるのか?20代の元フリーター・現役ニートが試して見た結果…

転職エージェントを実際に使ってみればわかりますが、実際は「転職サイト+面談サポート」という感じなので、求人情報を受け取るためだけの登録も全然ありです。

とくに大手転職エージェント「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」「Spring転職エージェント」は、その傾向が強いので、まずは登録だけでもしてみて、求人受け取りだけでもしてみるといいですよ。

しかし、用心深い読者の方は、おそらく以下のようにお悩みなのではないでしょうか?

「登録だけして、面談に呼ばれなかったらどうしよう…」
「面談参加を断ったら不利にならない?」
「あんまり転職する気はないけど、求人情報だけは受け取っておきたい…」

…などなど、色々な思惑や不安があるかと思います。

そこで当記事では、転職エージェント側の事情やビジネスモデルなども踏まえながら、転職エージェントが登録だけでもOKな理由をご紹介していきます。

転職エージェントが登録だけでもOKな理由とは?

転職エージェントが登録だけでもOKな理由は、主に以下のとおり。

  • 登録するだけで自分の経歴に合わせた求人情報が届く(転職サイトとしての機能も持っている)
  • 面談に参加せずとも、スカウト・オファーが届く
  • 経歴面で需要の高い利用者は、登録だけしておいても担当者からスカウトが来る

以上のように、あくまで「登録は入り口」でしかないので、

逆に言えば、登録したからと言って、必ずしも面談に呼ばれるとは限らないということです。

ですので、

「面談参加はする気がないけど、求人情報だけは受け取っておきたい」
「今のところ転職する意欲はないけど、将来的に転職を考えている」

…という方でも、登録しておく価値は十分あります。

また、最近の転職業界では求人検索型の転職サイトは下火傾向で、転職エージェント自体が従来の転職サイトの機能も兼ねております。

これは単純に効率の問題で、ミスマッチ採用や企業側の選考の負担を減らす目的もあります。

そういった、人材会社側とその取引先となる採用企業の事情も踏まえておくと、転職エージェントに優良求人が集まりやすい状況になっていますので、どの道転職を考えるならば登録しておく方がいいでしょう。

大手人材会社は「人材バンク」として顧客情報を集めるのが目的

大手人材会社は、登録者数や求人情報があまりにも多すぎるため「とにかく顧客情報を集めてデータベース化し、社内の担当者毎に分けて求人情報を届ける・面談でサポートする」という感じで、運営されております。

俗に言われる「人材バンク」形式です。

参考リンク:人材バンクとは – コトバンク

どういうことかと「登録段階では、一個人の情報なんて膨大なデータの一部」としてしか扱われていないため、利用者が思ってるほど大した扱いはされていない…ということです。

では、その登録情報が人材会社によって役に立つのはなぜなのか、少し考えてみましょう。

  • 登録情報と連絡先さえ知っておけば、メール連絡などで定期的にアプローチできる
  • 転職業者側で職務経歴書を抑えておけば、それに合わせた求人の紹介が可能
  • 利用者の求人閲覧履歴やログイン頻度から、転職意欲を測ることが可能

このように、登録段階ではまだ「潜在的な転職希望者」程度にしか扱われていません。

面談に参加するなどして、登録者の転職意志の確認が取れて初めて、利用者の人材価値が確かなものとなるのです。

リクルートの「リクナビNEXT」も仲介サイトとして、他社のエージェントの多くも利用していますが、それだけ「転職見込み者の登録情報」そのものにも価値があるわけです。

大手なら求人情報を受け取るだけでも転職先候補の傾向をつかみやすい

大手転職エージェントに登録してみるとわかりますが、良くも悪くもビジネスライクで事務的です。

ですので、面談に参加しなければ、実際は登録して自分に合った求人を受け取るだけ…という使い方も可能です。

とくに最大手の「リクルートエージェント」と、国内No.2の「doda(デューダ)」についてはその傾向にあり、とにもかくにも”数重視”という感じです。

メールで紹介される求人傾向は”広く浅く”という感じですので、今の自分の経歴で選べる転職先候補を把握しておくために、登録して求人を受け取っておくだけでも自分の人材価値の把握になります。

逆に外資系企業アデコ運営の「Spring転職エージェント」は”深く狭く”という感じで、ディープで精度の高い求人が送られてきます。

上にも説明した通り、大手転職エージェントの場合は「とにかく登録者数を集めて、その中でも意欲の高い人材や経歴のある人材だけを面談に呼ぶ」という形式なので、登録段階で面談について考えすぎる必要はないでしょう。

どうしても不安な方は、登録段階で「面談参加希望」「転職時期について」という記入欄がどの転職エージェントにもあるので、しっかり「登録して求人を受け取るだけ(面談参加希望なし、転職時期未定)」と記入しておくと、間違いないです。

ただし、面談参加しておいた方が有利になりやすい

ただし、転職エージェントの登録を考えている方で、少しでも有利な求人情報やアドバイスを受け取りたい方は、面談参加しておいた方がいいです。

その理由は、多くの転職エージェントでは「面談参加した時点で正式登録完了(電話面談含む)」としているので、登録段階では「意欲の低い人材」として扱われるためです。

面談参加が不安な方は、おそらくこう考えているはずです。

「エージェントに急かされたらどうしよう…」
「面談って面接みたいにガチガチの雰囲気だから緊張する…」
「転職を迫られたら嫌だなあ…」

ですが、エージェント側もバカではないので、利用者が「在職中でそう簡単に辞められる立場ではない」ことぐらい、重々承知です。

あのリクルートエージェントですら「転職エージェントの面談は私服でもOK」と書いてあり、エージェントの面談参加はリラックスして参加してもOKなのです。

ですので「とりあえず、話だけでも聞いておくか…」という意志があるのであれば、面談参加しておいた方が得でしょう。

登録後に有利になるためにしておきたいことは?

以上のように、転職エージェントは「登録だけでもOK」です。

ただし、本当に登録だけで終わらせてしまうと、求人情報を一方的に受け取るだけで、何一つ進まない可能性もあります。

また、いざ転職する気になった場合も、登録時点で面談参加を希望していなければ、面談に呼ばれるかどうかは「スカウト・オファー待ち」になってしまうため、工夫が必要です。

ですので、登録した後も以下のことを行っておきましょう。

  • 職務経歴書のアップロード・定期的な更新
  • 受け取った求人に応募だけでもしておく
  • スカウト・オファーにはしっかり返信
  • 自分と相性の合う担当者とは個別連絡を
  • 面談に呼ばれたら出来るだけ参加しておく

これらの工夫を行っておくと、転職エージェント側にも「転職見込みのある人材」として、しっかりとした情報提供やサポートに期待できるので、意識してみてください。

職務経歴書のアップロード・定期的な更新

転職エージェントに登録しておく場合、絶対にしておいた方がいいのが「職務経歴書のアップロードおよび、定期的な更新」です。

転職エージェントでは多くの場合、登録段階で職務経歴を記入していくことになりますが、それとは別に職務経歴書(レジュメ)のアップロードも可能です。

ですので、登録段階では簡潔に記入した場合でも、後からアップロード・更新しておくといいでしょう。

エージェント側も、職務経歴書のアップロードの有無で人材の評価をしています。

ハイクラス向けの転職エージェント(ビズリーチなど)ほど顕著な傾向になり、それだけ充実した職務経歴書のアップロードが不可欠だと言うことです。

面談に呼ばれれば、直接職務経歴書の添削も指導してもらえますが、それもまず職務経歴書を雑でもいいのでしっかり仕上げていないことには、指導のしようもありません。

ですので、職務経歴書の添削を受けたい方であれば、なお一層のこと職務経歴書はアップロードしておくといいでしょう。

受け取った求人に応募だけでもしておく

転職エージェントに登録した後、確実にしておきたいのは「求人への応募」です。

記事内でも何度か述べている通り、転職エージェントは転職求人サイトの役割も持っているため、求人メールも多数届きます。

ですが、それはあくまで「登録情報から機械的に選出された求人情報」ですので、受かるかどうかは別問題です。

むしろ、転職初心者の場合は「まず受からない」と考えておいたほうが無難です。

なぜなら、自分と似たような経歴の利用者が全員受け取っている求人情報なので、応募倍率が高くなるからです。

とくに、国内の大手転職エージェントは、大手の優良求人をエサに利用者を面談におびき出すマーケティング方針をとっているので、送られてくる求人自体は「あまり受かる見込みはなさそう」と考えて、とりあえず応募だけでもしておくといいです。

送られてきた求人に応募することがきっかけで面談に呼ばれることもあるので、知っておくといいでしょう。

…このあたり、人材会社によって「非公開求人」を上手くエサに使っていることもあるので、あらかじめ知っておけば過剰な期待をせずに済むでしょう。

スカウト・オファーにはしっかり返信しておこう

転職エージェントに登録すると、多くの求人情報が届きますが、中でも目を引くのが「オファー」「スカウト」と言った機能です。

リクルートエージェントやdoda(パーソル社)並の大手になると、別の人材会社のエージェントからのスカウト・オファーも届くので、しっかりメールの内容に目を通しておくといいでしょう。

ただ、これも求人情報と一緒で「釣りエサのためのスカウト・オファー」もあれば、個人の担当者から直接打診が届くこともあるので、そのあたりは法人担当者の所属・担当範囲などを見極めておく必要があります。

いずれにせよ、転職エージェント側も見込みのある利用者を面談におびき寄せるのに必死ですので、そのあたりの事情は知っておいた上で使いたいものです。

自分の求めている求人を送ってくれる担当者には個別連絡を

転職エージェントでキャリアアドバイザーに相談することは「コネづくり」だと思ってもいいぐらい、担当者との相性や紹介先企業との関係は非常に重要な要素になってきます。

早い話が、転職エージェントの担当者が受け持っている求人範囲と、自分の転職したい業種・職種が合えば、WIN-WINの関係になれるのです。

そういう意味でも「合わない担当者は入れ替え」「複数のエージェントを利用しておく」ことは、より良い転職を成功させるために必ず行っておきたいです。

ですので、法人担当者の個人名での連絡してきていて、なおかつ自分の希望条件と合致した求人を送ってくれる方がいましたら、積極的に返信しておいて意欲を見せておくといいでしょう。

とくに外資系運営の「Spring転職エージェント」は、求人を送ってくれた担当者個人に直接連絡できるので、オススメです。

逆に国内の大手転職エージェントは「まずは面談に呼んでから」という傾向があって融通が利かないので、求人受け取りだけに留めておくか、ひとまず面談に参加して判断する…という使い方をするしかありません。

面談に呼ばれたら参加しておくだけ損はない

転職エージェントは登録だけでも利用可能ですが、出来れば面談参加しておくに越したことはないでしょう。

とくに大手の「リクルートエージェント」と「doda」は、アドバイザーと求人メールを送る部門で受け持っている求人が変わりますので、面談参加しておかないと絶対に受け取れない求人も存在します。

ただ、やはり多くの方は、

「面談に参加すると強引に転職をすすめられないか?」
「面談参加していい求人を紹介してもらえなければ骨折り損…」

…といった不安もあるかと思います。

その場合、面談に参加した上で「今すぐ転職する気はない」とハッキリ意思表示しておけばいいだけなので、話を聞いておくだけ損はありません。

それでも積極的にサポートしてくれるのであれば、利用者にそれだけの人材価値があるということですし、それでサポートが雑になるならそれまでの関係だった…と、返って早めに見切りをつけるきっかけにもなります。

転職エージェントの担当者側も、数多くの利用者を受け持っていますので、ハッキリ断っておけばしつこく迫ってくるようなことはしないはずですし、そこで縁が切れても他の転職エージェントを使えばいいだけなので、問題ないでしょう。

転職エージェントは登録だけでもしておいて損はない

以上のように、転職エージェントは人材会社側も「登録だけで終わる利用者が多い」こと自体織り込み済みで運営されていますので、心配せずに登録だけでも済ませておくといいですよ。

※ただし、既卒・第二新卒向けや、少数精鋭のベンチャー系エージェントは「とりあえず面談に参加してもらってから話を進める」という運営方針も多めです。

【決定版】既卒・第二新卒・フリーター・ニートの就職・転職情報まとめ ~集え、働かない若者たち~

外資系に転職したい人必見!未経験からTOEICハイスコア保有者まで利用できる転職エージェント一覧!

なので、登録だけなら大手転職エージェント「リクルートエージェント」「doda」「Spring転職エージェント」の3社がオススメです。

またひとつ言っておくと、自分の望まない求人案内を送ってくる担当者は無視してもOKですので、急かされないか不安な方もまずは登録してみるといいでしょう。

※ただし、無職・失業中の場合は、足元見られて急かされやすい傾向にあるので、注意です。

転職先が決まらないうちにとりあえず退職するのはあり?次を決めずに辞めるデメリットとは?

仮に登録して時間が経った後に「やっぱり転職しようかな…」と思ったら、登録した経歴書を更新すれば再度アクティブな人材として転職エージェント側にアピールできます。

なので、転職エージェントが気になる方は、今すぐ登録だけでも済ませてみてください。

転職エージェント

転職エージェント選びでお悩みの方へ?

転職エージェント選びでお悩みではないですか?

当サイトでも様々な転職エージェントをご紹介して、その実態を確かめておりますが、まだまだ国内の転職エージェントは課題の多いサービスだと思っております。

ですが、出来る限り一人でも多くの読者に自分に合ったエージェントを見つけ出し、理想の転職先を見つけていただくため、より詳細なエージェントの情報を提供しております。

たとえば、転職エージェントは以下のように、利用対象者層が分かれていることはご存知でしょうか?

分類 対象年齢・対象経歴 該当サービス
総合転職エージェント 全年齢対象・経歴不問 リクルートエージェント
doda
パソナキャリア
Spring転職エージェント
マイナビエージェント など
キャリア層向けエージェント 30代以降がメインターゲット
年収500万~600万以上
JACリクルートメント
ビズリーチ など
外資系・ベンチャー系エージェント 全年齢対象
英語系スキルなど
ロバート・ウォルターズ(英語)
シンアド(デザイン・広告) など
既卒・第二新卒向けエージェント 20代がメインターゲット
正社員経験がなくてもOK
就職Shop
いい就職ドットコム
ハタラクティブ
DYM就職
ウズキャリ など
業界特化エージェント 全年齢対象
各種業界経験・学歴・スキルが必要
メイテックネクスト(製造・メーカー)
シリコンスタジオエージェント(ゲーム) など

もしご存知でなかった方は、以下の記事で国内転職エージェントの勢力図を解説していますので、ぜひとも参考にしてみてください。

また、転職エージェントに関してよくある質問や利用者の不満も踏まえ、独自にQ&A記事も作成しておりますので、こちらも参考にしてみてください。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。