転職エージェントとの付き合い方|有利な求人を引き出すために知っておきたい根回しの仕方とは?

転職エージェントに関しては、一部では悪評も目立ちます。

しかし、そういった悪評を読んでて筆者が感じるのは、

「ちゃんと相手のポテンシャルを引き出す付き合い方してるの?」
「エージェントと”友好的”接し方で”二人三脚”で転職活動する気はあるの?」
「相手の要求を飲むだけでなく、こちら側から通すべき通す主張は通してるの?」

…といった「利用者側から積極的にエージェントと友好的な関係を築きあげてるの?」という疑問です。

とくにネットで情報を集めている人は「交渉」「根回し」「処世術」と言った、ビジネスパーソンとしての基本である「持ちつ持たれつの付き合い方」を知らない人が多く感じます。

それもそのはず。

学校はもちろんのこと、会社ですらそういった「大人としての人付き合いの仕方」を教えてくれません。

気づかない人は一生気づかない可能性すらあるのです。

どうせ転職エージェントを使うぐらいなら、最低限の「ビジネスパーソンとしての処世術」を身につけた上で、より良い転職を成功させたいものですよね。

そこで今回は、転職エージェントと上手く付き合う方法をご紹介していきますので、ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

転職エージェントは”最低限のことしかしない”と思っておこう

まず、大前提として覚えておきたいのは「転職エージェントは、初期の段階では最低限のことしかしてくれない」ということです。

これは「転職エージェントが使えない」という問題ではなく、あらゆる仕事で起こり得る事態なのです。

自分の立場になって考えてみてください。

いきなり取引先や顧客がやってきて、無茶な要求をしてきたとします。

「お前の会社に言いたいことがあるから、社長を出せ!」という要求を通してきて、運悪く自分が対応したとしましょう。

常識的に考えて「社長は今、出かけていますので…」「私から話を通しておきますので、今ここで私が聞いておきます」「お引取りください」など、相手の要求を素直に通すことはしないはずです。

それには、以下のような複雑な理由があるはずです。

  • 社長に手を煩わせたくない(社長との距離が近い時)
  • そもそも、社長に話を通せる権限がない(社長との距離が遠い時)
  • 自分自身の時間を奪われたくない、成果につながらない仕事など請け負いたくないなど「自分の都合がある」から
  • 相手が敵意むき出しで接してくれば、真面目に対応したいとすら思わない

以上のような、組織人としての「出来る・出来ない」という現実的な問題と、個人としての「メリットもないのにそんなことはしたくない」という心理があります。

これは転職エージェント側も同様の事情があります。

  • 取引先(紹介先企業)に下手な人材を送って信用を失いたくない
  • 上司や会社から課せられたノルマや仕事を優先したい(転職希望者の要求より、自身の”エゴ”を優先するのは人として当たり前の感情)
  • 自分自身の時間を奪われたくない、成果につながらない仕事など請け負いたくないなど「自分の都合がある」から
  • 転職意欲の高い人=成果につながりやすい人や、個人的に印象のいい相手を優先して対応したい

転職エージェントは「ボランティア」ではなく、仕事として転職サポートを担当しますので、利用者の想像以上に「ジレンマ」を抱えているわけです。

あなたが「給料や成果につながらない無駄な仕事を請け負いたくない」と考えているように、転職エージェント側も「成果につながりにくい利用者の対応には労力を割きたくない」と考えているのです。

少なからず、日本の組織人はどれだけ仕事を頑張って成果を出したところで、そう簡単に給料や評価が上がるわけではないので、よほどのことがない限りは「最低限の仕事」で留めたくなるのが普通の人間心理。

こうして考えていった場合、転職エージェントの担当者により高いパフォーマンスを引き出すコツは以下の2つ。

「明確に仕事上での”利害関係が一致する人”」
「担当者個人の心情として”友好的で話が通じやすい人”」

利害関係(例:ノルマを達成できそうな利用者、昇給や社内評価につなげられそうな転職希望者、取引先に自信を持って紹介できる人材)が一致すれば、とくに根回しせずとも優遇される可能性はありますが、そうでなければ消去法で「友好的関係を築き上げる」しか選択肢がなくなるのです。

そして、転職エージェント側が保有している情報や仕事上のジレンマなどを考えると「利害が一致するかどうか?」を見抜くのは、ほぼ不可能です。

率直に言って、あなたが今抱えている仕事の悩み=弱みを見知らぬ他人にアレコレ話したくないのと同じ。

転職エージェント側も、自分の能力の限界や仕事上のジレンマを悟らせたくないため、表面上は「出来るビジネスパーソン」を演出しないといけない苦悩を抱えているのです。

ここまでわかれば、利用者側は「転職エージェントの能力に期待しすぎず、相手に”出来る範囲”で最大限サポートしてもらう」という選択肢を取ることが、合理的かつスマートな選択肢であることがわかってくるでしょう。

このことに気づかず、転職エージェントにアレコレ求めすぎて、勝手に幻滅する人も多い。

それは言ってみれば「理想の異性との結婚生活」を夢見るぐらいに浅はかな考えだと言えるでしょう。

エージェントの担当者とは”友好的関係”を築くのが得策

以上のような事情から、転職エージェントと上手く付き合うには”友好的関係を築く”ことが、合理的な得策であることが見えてくるはずです。

ネットでは「嫌なエージェントはすぐに替えていい」「いいエージェントが見つかるまで複数使え」と言う意見も目立ちますが、それはあくまで”最終手段”

運良く経験のある担当者と当たれば、対応も提案も良く、交渉力も高いかもしれません。

しかし、現実的に考えてそんなスペシャル人材とマッチング出来るほど、現実は甘くはありません。

そんな”理想のエージェント”とのマッチングを夢見ていては、いつまで経っても転職活動が進みません。

であれば、建設的に「相手と友好的関係を築き、本来以上のポテンシャルで仕事してもらう」と考えたほうが、良い結果につながることは容易に想像できるはずです。

何も「転職エージェントと仲良くしろ」と言っているのではありません。

お互い不信感で疑いながら敵意を持って付き合うよりも、早い段階で友好的な関係を築き、お互いの利害や能力を把握しておいたほうがスムーズに話が進むという、現実的な話をしているのです。

過剰にエージェント側の能力を期待するよりは、相手の能力を把握して「転職活動について手伝ってもらう」というスタンスのほうが、上手くいくに決まってます。

少なからず、担当者が力量不足であったとしても、転職エージェント側が企業として保有する情報・ノウハウ・コネは活かせるようになるのですから、自分一人で転職活動したり、あるいはまた一から転職エージェントを探し出すよりは、よっぽどスマートな選択だとわかるでしょう。

転職エージェントと友好的関係になるためには?

そうは言っても、転職エージェントと一から友好的な信頼関係を築くのは、一筋縄では行きません。

ただ、実はシンプルでもあります。

誠心誠意を持って、こまめに対応する。

これを徹底しておけば、十分すぎるほどです。

なぜなら、転職希望者は身勝手で自分勝手な人の方が多いから。

転職を考えるのなんて、ほぼすべての人間が「職場に不満がある」「もっといい職場に就きたい」と、自分勝手な理由で転職エージェントを利用しています。

そのため、潜在意識では「理想の求人を送って来ないから対応しない」「エージェント側の対応が完璧でないから信頼できない」など、自分勝手さや身勝手さが出てしまい、そうなればエージェント側からすれば「余計な仕事を増やす”敵”」と警戒される可能性もあります。

実際、ネットの悪評を見ていても「求人の案内や電話勧誘がうざい」「エージェントの対応がムカつく」など、一方的かつ攻撃的な言い分が目立ちます。

そんな状況下ですから、転職エージェント側に好意的かつ友好的な態度で誠意を持って対応する人材であれば、一気に優遇される可能性が高くなるに決まってます。

ですので、以下のような「社会人としての基本」を徹底しておき、転職エージェント側に友好的な態度を早いうちに示しておくといいでしょう。

面談に行き着くまでの返信・対応は迅速に

まず、転職エージェントを利用するのであれば、早いうちに面談まで行き着くことが成功の秘訣です。

とくに最近の若者は受け身でネット情報に依存する人が多く、あまりに「人と会う必要はない」と考えていますが、これはビジネスにおいてはありえない考え方です。

なぜなら、ネットの情報はすべて自己申告制でウソもつける以上、まったく信頼性がないからです。

つまり、転職エージェントで「担当者と実際に会って面談する」ということは、思っている以上に大きな効果があるのです。

ハッキリ言って、面談で担当者と直接会うまでの登録情報の入力や求人案内のメールなどは「すべて実際に会うための”口実”」ぐらいに考えておくといいでしょう。

転職エージェント側からすれば「面談におびき寄せるための”釣り餌”」でしかないのです。

政治の世界でも「首脳同士が直接会う」ことは大きなニュースになりますが、それだけ「会って話す」という心理的な効果は絶大なのです。

大げさに言えば「お互いに名前しか知らない政治家同士が、会談する」ぐらいの気持ちで、早期に転職エージェントとの面談が成立するように、こまめに連絡をしておきましょう。

関連:転職エージェントから面談の案内や返信が来ない原因。担当者から見捨てられないためにしておきたいこととは?

転職に関する要求・スタンスは早いうちに伝えておく

転職エージェントと友好的な関係を築くためには、素直に自分の要求やスタンスを早いうちに伝えておくべきです。

ハッキリ言って、仕事において「人前で自分の要求や主張は言わないクセに、後から文句を言う」というような”察してちゃん”は、総じてめんどくさいから。

関連:自分の意見を言わない人は仕事をする上ではめんどくさい。聞かないと答えない察してちゃんが嫌われる理由とは?

ですので、転職意欲や願望についても、早いうちに出来る限り相手に伝えておくことが大事です。

とくに自分の要求が早いうちに「無理」とわかっておけば、キャリアプランを見直すことが可能となります。

逆に一番ダメなのが「”無理”と言われるのが怖い」「否定されるのが嫌」という態度で、自分の本音を出さない人。

関連:転職エージェントの面談で本音はどこまで話すべき?わがままは許されるのか?

ただ、決して「素直=本音ばかり言っておけばいい」というわけでもありません。

とくに「年収」に関しては「あえて触れない」「明確な数値については言及しない」のがスマートでしょう。

関連:転職エージェントで年収アップが可能な人とそうでない人の違い。

なざなら、年収は転職エージェント側も採用企業側も非常にシビアな判断基準があるので、交渉の余地なく「このぐらいまでなら出せる」という目安がハッキリしているからです。

ですので、あえて「こだわないが出来る限り高いほうがいい」と言っておくのが最善でしょう。これはわざわざ言わなくても、転職エージェント側も採用企業側も当たり前に努力してくれる要素ですので、かえって「この人は話がわかる」と思われやすくなります。

実際問題として「転職エージェントも採用企業の人事も、年収に関しての決定権は持っていない」わけですので、言うだけ徒労に終わる可能性が高いからです。

また、下手に高い数字を出せば「現実が見えていない」と思われ、逆に低い数字を言えば「じゃあ、求人のランクを落とします」と不利になることもあるので、まさに「沈黙は美徳」だと言えるでしょう。

下手な駆け引きはしない

転職エージェントと友好的な関係を保つためには、下手な駆け引きをしようとは思わないことです。

転職エージェントにおいて、取引先・顧客の優先度は「紹介先企業>転職希望者」という事実は、変えようがありません。

下手に交渉を仕掛けるよりも、素直で謙虚な人材に思わせたほうが、話が何倍もスムーズに進むため、得だと言えます。

付け焼き刃のような交渉術を試すのは、逆効果。

たとえば「他のエージェントも利用している」と駆け引きしたところで、エージェント側の本音は「じゃあ、他のエージェントを使ってどうぞ。どうせ、その経歴と態度なら同じような提案しか受けられませんよ」と内心で笑われておしまいなのが現実。

転職エージェント側もバカではないので、利用者が他社エージェントを使っていることは大前提で提案してきますので、いっそ「他のエージェントも利用していますが、出来れば御社様経由で転職を成功させたい」と思わせるほうが、かえって得。

転職エージェントでは、利用者は終始”弱者側”になるわけですので、あえて「従っている”フリ”」「都合のいい人材の”フリ”」を貫くほうが、敵対するよりもよっぽどいい条件を引き出せるでしょう。

相手の力量不足に決して怒らない・不満を見せない

転職エージェントと友好的な関係を築くためには、決して相手の力量不足に怒らない・不満をあらわにしないことです。

転職エージェントは「会社(上司)」「取引先(転職先企業)」「利用者(転職希望者)」の間に挟まれることになり、存外にプレッシャーを抱え込んでいる立場になります。

つまり、3者が”敵”のような立場なのですから、利用者が友好的な態度で”味方”となれば、心理的にリラックスできるに決まっています。

心構えとしては「転職エージェントにすべて任せる」のではなく「転職エージェントと共により良い転職を成功させる」ぐらいに考えておくべきでしょう。

その心がけ自体が、転職先に「エージェントと綿密に協力して転職活動している」というアピールにもつながるので、転職エージェントと友好的連携できることもビジネスパーソンに求められる”資質”だと言えるのです。

あからさまにモラルのないエージェントは叱責してOK

ただし、例外としてはあからさまにモラルのない自分勝手な転職エージェント担当者は、心を鬼にして叱責した方がいいこともあるでしょう。

モラルのない転職エージェントとは以下のような人のこと。

  • 転職希望者の意向を無視して、勝手に応募を繰り返す
  • 面談日時の調整など、守らなければいけない約束を破る
  • 仕事中に連絡してくるなど、こちらの都合を一切考えない態度が目立つ
  • 利益・効率重視で、こちらの意見や要望を一切聞かない

残念ながら、ネットの評判や転職業界経験者の著書を見るに、上記のようなモラルのない転職エージェントも一定数いるのは間違いありません。

相手に悪意がある・ないに関わらず、不快な思いをするだけならともかく、あからさまに損害を受けた場合は、ハッキリと相手を叱責することも大事です。

とくに転職活動は「個人情報の保護」などのプライバシーなどに関する問題もあるので、エージェント側の行き過ぎた態度は臆することなく叱責してもいいでしょう。

ただ、直接言うと関係をこじらす可能性もあるので、相手を叱責することに慣れていない場合はエージェント運営会社にクレームを出す(当然、担当者の名前はしっかり記入しておくこと)など第三者を通すなどして、しっかりと要求を通す工夫をしましょう。

最悪、それを口実に担当者入れ替えのチャンスにもなるので、ドライに相手の非を責めて自分に有利な条件をとる戦略も大事です。むしろ、モラルのないエージェントに出くわしたら「転職エージェント側に、言質取る口実を得た」ぐらい、ドンと構えておきましょう。

転職希望者はビジネスパーソンである手前、あからさまな相手の非に対しては断固とした立場を取ることも、大事な立ち回り方です。

ただし、覚えておきたいことは「怒ることが目的」なのではなく「エージェント側にしっかりりと仕事してもらうことが目的」であるので、決して感情的になって相手を責めすぎない点には注意しておきましょう。

面談後の付き合いもこまめにしておく

転職エージェントの担当者とは、面談後もこまめに付き合っておくことが大事です。

最初はしつこいぐらいに、お礼のメールや近況報告をしておくぐらいが、覚えもめでたくなり好印象でしょう。

転職エージェントも「そんなことして当たり前」とぞんざいに扱われやすい立場ですので、こまかい連絡は意外と活きるものなのです。

ここまで来ると「一組織人」としてよりも「一個人として、良好に付き合える関係か?」ぐらいに、考えておいたほうがいいでしょう。

交渉毎の基本ですが、相手には「組織人としての建前」と「個人としての本音」が存在します。

そして、日本の組織人は良くも悪くも融通が利かない仕組みですので、相手を組織人として見続ければ”建前上の付き合い”だけに終わり、事務的な対応しかしてもらえません。

…であれば、早い段階で「個人同士の良好なビジネスパートナー」として信頼関係を築き上げておくほうが、総じて良い結果になることは想像に難くありません。

担当者の上司や取引先(転職先)も見据えて、付き合っておく

転職エージェントの担当者とさらに友好的になるのであれば、担当者の上司や取引先(転職割き)も言いくるめられるような自己アピールも適度にしておくことも重要です。

企業内のプレゼンにおいて「上司のクライアントのさらにその先のクライアントを説得できる材料を用意しておく」のと、同じ要領ですね。

プレゼンでは、上司は「その企画がいいか悪いか」ではなく「クライアントに通せるかどうか」という視点で見ているものです。

対応してもらっている人間だけでなく「対応している人間のその先の相手まで説得しやすいように、知恵や建前を用意しておく」ことこそ、最高のエージェントとの付き合い方だと言えます。

早い話、自分一人で転職を成功させる力量がある人材が、あえて転職エージェントを通してコネ回しすることで、己の有能さをアピールするという手段も可能なのです。

転職エージェント経由の前評判や推薦状ですら、効果的に活用することが可能となるので、まさに「転職エージェントを利用する」と言える使い方でしょう。

これはかなり想像力や読み、あるいは情報量も要求されるので、無理に行う必要はありませんが、考え方としては知っておいて損はないでしょう。

転職決定後も付き合いを続ける気持ちぐらいで接しよう

転職エージェントは、転職後のアフターフォローなども対応してくれるため、単に「転職先を紹介してくれる人」としてではなく、転職後も付き合うビジネスパートナーとして信頼関係を築いておくことが大事です。

転職後のことも考えると、転職先での情報を転職エージェント側にフィードバックすることで、次の人材採用にもつなげることができるので、紹介先企業・転職エージェント間の架け橋になることすら可能なわけです。

本気で転職エージェント経由での転職を成功させるつもりであれば、目先の自分の利益だけにとらわれず、転職後の企業・転職エージェントへの利益の還元まで考えた上で行動するのが、一流のビジネスパーソンだと言えるでしょう。

転職エージェントは”利用者次第”であると知っておこう

以上、転職エージェントと友好的に上手に付き合う方法をご紹介してきましたが、これは何も転職エージェントに限らず、ビジネスパーソンとして上手く立ち回るには当たり前の考え方と言えるでしょう。

最近はネットでの偏った転職情報が蔓延しすぎて「気に食わない相手とは縁を切ってよし」「実力のないエージェントの利用は辞めてもいい」「嫌われる勇気を持とう」など書いていますが、それはあくまで”最終手段”。

言わば北朝鮮が「核を打つ」という最低最悪の交渉カードを隠し持っているようなものであり、出来れば使わないに越したことはありません。

むしろ転職エージェントを使う際に大事なのは、私利私欲や目先の利益、あるいは感情にとらわれない”合理的な意志決定”だと言えるのです。

ネットでは、とくに仕事においてネガティブな意見や自分勝手な都合の意見が目立つからこそ、あえて”友好的”な態度で転職エージェントを使うという選択肢を前向きに検討する価値はあります。

ぜひ、考え方を改めて、転職エージェントでより良い転職先を見つけ出してみてください。