飽きっぽい人に向いてる仕事12選

世の中には、給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に就きたいと考えている人も少なくありません。精神的に楽な仕事にはどのような職業があるのでしょうか?また、そのような仕事はどう見つけ出せばいいのでしょうか?

“私のお仕事は、飽きる”“自分には次のステップを踏むための道が見えない”といった声を受けている中小企業の経営者、キャリアコンサルタントをされている私が、飽きっぽい人に向いてる仕事について紹介します。日々、何か

ひとりひとりに合った仕事を見つけるためにテクニックを紹介することはできないでしょう。飽きっぽい人に向いているのは、業を知ることだと思います。

飽きっぽい人は、飽きられないで働くことを好みます。繰り返しの仕事や、繰り返し行われる出来事などが重要になってきます。繰り返しを好む背景には、自分の実力が低下してしまうからという理由からです。あるいは、そもそも基

飽きっぽい性格の人は、なかなか自分に合った仕事が見つからないのではないでしょうか。自分に合った仕事が見つかるかどうか不安になるかもしれません。しかし、すぐに飽きてしまう人にとって有益な会社はたくさんあります。自分に合った仕事を見つけるには、自分の性質を見極め、自分が活躍できる職場を発見することです。今回は、すぐに飽きてしまう人に向いている仕事をいくつか紹介します。

飽きっぽい性格なので、世の中には自分に合う仕事がないのではないかと思うこともあるでしょう。もしそうなら、自分の性格に合った会社を選ぶことを強くお勧めします。そのためには、自分の性格に合った会社を探すことをお勧めします。なぜなら、本当に必要なのは自分に合った仕事だからです。このページでは、飽きっぽい人に向いている仕事をいくつか紹介します。

時には、現在の仕事に不満を感じることがあるかもしれません。会社が社員を大切にしていないとか、余計な仕事が多すぎると思うかもしれません。これらは、人が「燃え尽き症候群」になる正当な理由であり、そろそろ次の仕事に移る時期です。しかし、すぐに飽きてしまう人でも、平均以上に長く働ける仕事がたくさんあることに、驚くかもしれません。では、どうすれば自分に合った仕事を見つけることができるのかというと、自分の性格を分析し、自分の性格タイプに合った職場を探す必要があります。今回は、長期勤務が苦手な人に向いている仕事をご紹介します。

飽きやすい人は、飽きさせない仕事を求めている。反復的な仕事や反復的な出来事が重要になる。嗜好性の背景、それは繰り返し繰り返されることで自分の能力を下げるから。

面倒な仕事に飽きた人にはいい仕事だと思います。繰り返しの仕事や、何度も起こる出来事は重要です。繰り返されるものを好む理由は、自分の能力が低下するからです。あるいは、そうであっても

単調さを嫌う人は、いろいろな仕事があるところや、同じことが繰り返されるような活動を好む。このような作業が繰り返されることが重要なのです。通常、繰り返しを好む人には理由があります。例えば、繰り返しの作業を続けていると、自分の能力が低下すると考えているかもしれません。また、子供の頃から親が失敗していて、その経験から良くなかったという理由もあります。

この特性を持つ人は、飽きずに働くことを好む。反復的な仕事や、頻繁に繰り返される出来事を好みます。その理由は、自分の能力が低下していると感じているからである。また、特定の仕事に多くの労力を費やしたくないという理由も考えられる。
飽きやすい人は、「また働きたい」と思えるような仕事をしたいと思っています。繰り返し行われる活動や出来事が重要になってきています。

繰り返しの仕事に飽き飽きしている人には、ここはぴったりの場所でしょう。繰り返し行われる仕事や、何度も行わなければならない仕事をすることがよくあります。当社の社員が楽しんで働いている理由は、繰り返しの仕事だからといって自分のスキルや能力が衰えない、あるいは衰えることがないことが気に入っているからです。また、仕事が簡単でわかりやすいので、複雑な手順を気にすることなく、常に良い仕事をすることに集中できることも魅力です。

飽きやすい人にアピールする仕事。ここで重要になってくるのは、繰り返しの作業や出来事が、飽きやすいタイプの人にアピールすることです。それは、自分の能力の低下を恐れているからかもしれないし、単純に性格的なものなのかもしれない。
今の仕事に不満を感じることがあるかもしれません。会社が従業員を大切にしてくれないとか、無駄な仕事が多すぎると感じることもあるでしょう。これらは、「バーンアウト症候群」になる正当な理由であり、次の仕事に移る時期である。しかし、すぐにバーンアウトしてしまい、平均よりも長く働くことを期待していたら、意外にも多くの仕事がありました。自分に合った仕事を見つけるためには、自分を分析することが必要です。

今の仕事にやりがいを感じられないこともあるでしょう。会社が従業員を大切にしていないと感じるかもしれませんし、必要のない仕事が多すぎると感じるかもしれません。これらは、燃え尽きたと感じる正当な理由であり、新しい仕事を探す時期に来ていると言えるでしょう。しかし、すぐに飽きてしまう人でも、平均的に長く働ける仕事はたくさんあります。では、自分に合った仕事を見つけるにはどうすればよいのでしょうか?

今の仕事に満足していないのであれば、それは仕事量が多すぎることや、会社が従業員を大切にしていないことが原因でしょう。これらの理由は正当なものであり、より良い仕事を探す時期に来ていると言えるでしょう。しかし、退屈しがちな人でも、幸せになれる仕事はたくさんあります。自分に合った仕事を見つけるためには、自分の性格を分析して、自分のタイプに合った職場を見つけましょう。に向いている仕事を紹介しています。

今の仕事が楽しくないと感じることがあるかもしれません。会社が労働者を大切にしていないと感じたり、仕事が多すぎると感じたりするかもしれません。これらは、仕事に満足できない正当な理由であり、次のことに移るべき時です。しかし、もしあなたが平均的な時間で仕事に飽きやすいと感じているのであれば、意外にも働ける仕事がたくさんあることに気づくかもしれません。

自分の仕事が評価されていないと感じたり、会社が社員を大切にしていないと感じたり、仕事が多すぎてやりきれないと感じたりすることがあります。これらは、「燃え尽きた」、「変化を求めている」という正当な理由です。しかし、すぐに飽きてしまう人でも、平均以上の人が通常よりも長く働くことを求められる仕事はたくさんあります。問題は、どうすればより自分に合った仕事を見つけられるかということです。この質問に答えるために。

今の仕事に飽きた、会社の従業員が大切にされていないと感じてイライラしている、会社の利益にならない仕事をしなければならないことに疲れた、などの理由が考えられます。これらは、自分が「燃え尽き症候群」の状態にあり、新しい仕事に移る時期であると感じる正当な理由です。しかし、燃え尽きやすい人でも、平均的な在職期間を超えて働くことができる仕事はたくさんあります。

時には、現在の仕事が完璧ではないと感じることがあるかもしれません。例えば、会社が従業員を十分に扱っていないと思うかもしれませんし、仕事があまりにもストレスフルで複雑だと思うかもしれません。このような気持ちになるのには理由があり、そのような人は次の仕事に移るべきです。しかし、たまには新しいことにチャレンジしたいと思っているあなたのような人のために、世の中にはたくさんの仕事があるのです。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

飽きっぽい人に向いてる仕事【解説付き】

飽きっぽい人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • プログラマー
  • 広告企画会社スタッフ
  • 放送作家
  • 新聞記者
  • ファッションデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • スタイリスト
  • CMプランナー
  • セミナープランナー
  • ツアープランナー
  • 宇宙飛行士
  • 商社マン

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

プログラマー

プログラマーは、システムエンジニア(SE) が作成した設計仕 様書をもとに、プログラム言語と呼ばれるコンピューター用の言語 を用いて、コンピューターに行なわせたいプログラム(情報処理の 手順の指令)を作成する。コンピューターを介するシステムやソフ トウェアはこのプログラムをもとに作動する。
プログラマーが作成するシステムやソフトウェアは、物流システ ムや金融システムなど企業が使用するものだけにとどまらず、テレ ビや携帯電話、冷蔵庫など身のまわりのあらゆるところに活用され ている。そのため、今後最も需要の高まる職業の1つといわれて おり、小学校教育においてもプログラム作成を必修化しようという 動きもあるほどだ。
大学や専門学校でプログラム言語を学び、ソフトウェアの 開発会社に就職しよう。
ンヤ
コンピューターを動かすためには、人間が事前にプログラムをコ ンピューターに組み込んでおく必要がある。その際に、Java など のプログラム言語を使うため、その習得は必須となる。
プログラムを仕様書どおりにつくったとしても意図する動きにな らない場合がある。「バグ」と呼ばれる不具合だ。それを見つけ、 修正することでシステムやソフトウェアが初めて完成する。そのた め、バグを見つけるのもプログラマーの重要な仕事の1つとなって いる。プログラミングの段階でテストを行ない、要求を満たしてい るかどうかをチェックし、バグがあれば修正するという作業を、完 全な状態になるまで行なう。場合によってはそれが数か月にわたる 場合もある。そのため、論理的な思考はもちろんのこと、細かく正 確な作業を行なう根気と忍耐力が必要とされる。
プログラマーはシステムエンジニア、あるいは発注主のクライア ント(顧客)や企業と一緒に仕事をするケースが多い。そうした人 たちと連携を取りながら、仕事を進めなければならないため、仕事 を円滑に進めるコミュニケーション能力も求められる。
ちなみにプログラマーになるには大学や専門学校でプログラミン グに関する専門知識を身に付けた上で、IT 企業やソフトウェアの 開発会社に就職するのが一般的なコースとなっている。

関連ジョブ
ゲームプランナー

広告企画会社スタッフ

広告企画制作会社スタッフの仕事は、クライアント(顧客)が発 信したい情報の内容を把握し、最も効果的な宣伝方法を企画・立案 し、実際の制作物としてつくり上げる。
広告企画制作会社の仕事は、企業から直接依頼されることもある が、広告代理店から話が来ることも多い。
扱う内容は、紙媒体(全国紙・地方紙・専門紙・雑誌・ポスター・ 折り込みチラシ)や映像媒体(テレビ・映画)、インターネットに よる広告・宣伝、ラジオで流すコマーシャルのほか、広告塔や看板、 さらにはボールペンやタオルといった品物に印刷したノベルティ広 告までと多岐にわたる。
例えば、看板を制作する場合は、クライアントと打ち合わせを行 ない、どのような場所にどのような形態の看板を設置すれば、視覚 的に効果があるのかを考える。また、設置場所の状況などを調査し た上で、看板の形状を考え、数パターンのデザイン案や図面を作成 してクライアントと話を詰めていく。
広告企画制作会社で求められる人材は、広告プランナー、コピー ライター、CM プランナー、アートディレクター、グラフィック デザイナー、営業マンなど、会社によってさまざまだ。
自分がやりたいジャンルを決め、スキルを学べる専門学校 や大学へ行こう。
広告企画制作会社の規模は、数人の小さい事務所から100人以 上の大所帯までいろいろある。また、会社によっては得意とするジ ャンル・媒体も分かれている。
自分のやりたい分野がはっきりとわかっている人は、必要とされ るスキルを学べる大学や専門学校に進み、基礎的な能力を身に付け、 その上で希望する職種のある企業へ就職しよう。
例えば、ウェブの広告に使われる動画やイラスト、CG(コンピ ューターグラフィックス)などを制作したいという人は、ウェブマ スターに匹敵するほどウェブデザインに特化したスキルを学ぶこと で活躍の場が大きく広がる。

関連ジョブ
コピーライター
ウェブマスター
予告編制作者

放送作家

広告企画制作会社スタッフの仕事は、クライアント(顧客)が発 信したい情報の内容を把握し、最も効果的な宣伝方法を企画・立案 し、実際の制作物としてつくり上げる。
広告企画制作会社の仕事は、企業から直接依頼されることもある が、広告代理店から話が来ることも多い。
扱う内容は、紙媒体(全国紙・地方紙・専門紙・雑誌・ポスター・ 折り込みチラシ)や映像媒体(テレビ・映画)、インターネットに よる広告・宣伝、ラジオで流すコマーシャルのほか、広告塔や看板、 さらにはボールペンやタオルといった品物に印刷したノベルティ広 告までと多岐にわたる。
例えば、看板を制作する場合は、クライアントと打ち合わせを行 ない、どのような場所にどのような形態の看板を設置すれば、視覚 的に効果があるのかを考える。また、設置場所の状況などを調査し た上で、看板の形状を考え、数パターンのデザイン案や図面を作成 してクライアントと話を詰めていく。
広告企画制作会社で求められる人材は、広告プランナー、コピー ライター、CM プランナー、アートディレクター、グラフィック デザイナー、営業マンなど、会社によってさまざまだ。
自分がやりたいジャンルを決め、スキルを学べる専門学校 や大学へ行こう。
広告企画制作会社の規模は、数人の小さい事務所から100人以 上の大所帯までいろいろある。また、会社によっては得意とするジ ャンル・媒体も分かれている。
自分のやりたい分野がはっきりとわかっている人は、必要とされ るスキルを学べる大学や専門学校に進み、基礎的な能力を身に付け、 その上で希望する職種のある企業へ就職しよう。
例えば、ウェブの広告に使われる動画やイラスト、CG(コンピ ューターグラフィックス)などを制作したいという人は、ウェブマ スターに匹敵するほどウェブデザインに特化したスキルを学ぶこと で活躍の場が大きく広がる。

関連ジョブ
コピーライター
ウェブマスター
予告編制作者

新聞記者

新聞記者は、新聞社に勤務し、政治経済、社会情勢の動向を新聞 記事にまとめるのが仕事だ。事件・事故の発生現場に駆けつけ、取 材をして記事を書く取材記者のほか、取材原稿をまとめる役の整理 記者や、記事に誤りがないかを確認する校閲記者などがいる。事件・ 事故はいつ起こるかわからないため、勤務時間帯は不規則になりが ち。幅広い知識と体力、さらには粘り強さと集中力、事実を追求す る探究心を必要とする職業だ。
大学や大学院を卒業後、新聞社や通信社で働くのが一般的。
大学や大学院を卒業後、新聞社や通信社で働くのが一般的。新聞 学科やメディア学科を置く大学もあるが、特に学部学科は問われな い。近年は金融工学や IT など理系の専門分野を学んだ学生や、語 学力が高い学生を積極的に採用する新聞社も増えてきている。各新 聞社が主催するセミナーに出席すると、詳しい応募要項を知ること ができる。

関連ジョブ
海外特派員

ファッションデザイナー

新聞記者は、新聞社に勤務し、政治経済、社会情勢の動向を新聞 記事にまとめるのが仕事だ。事件・事故の発生現場に駆けつけ、取 材をして記事を書く取材記者のほか、取材原稿をまとめる役の整理 記者や、記事に誤りがないかを確認する校閲記者などがいる。事件・ 事故はいつ起こるかわからないため、勤務時間帯は不規則になりが ち。幅広い知識と体力、さらには粘り強さと集中力、事実を追求す る探究心を必要とする職業だ。
大学や大学院を卒業後、新聞社や通信社で働くのが一般的。
大学や大学院を卒業後、新聞社や通信社で働くのが一般的。新聞 学科やメディア学科を置く大学もあるが、特に学部学科は問われな い。近年は金融工学や IT など理系の専門分野を学んだ学生や、語 学力が高い学生を積極的に採用する新聞社も増えてきている。各新 聞社が主催するセミナーに出席すると、詳しい応募要項を知ること ができる。

関連ジョブ
海外特派員

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、伝えたいメッセージを、色使いや構 図でより効果的に表現する。主として印刷物の紙面をデザインする のが仕事となる。チラシや DM のハガキから、新聞や雑誌の広告、 雑誌の誌面、商品パッケージのデザインなど、人が目にするあらゆ るものが仕事の対象となる。
何よりも創造力とデザイン力がものをいう世界なので、柔軟な発 想を保ちながらその能力をしっかり身に付けておくことが必要だ。 それに加え、最近はパソコンを使って多くの作業を行なうことが多 くなっており、デザイン用のソフトを使いこなすスキルも必要とな っている。仕事をする上では、依頼者の要望に応じて、伝えたいメ ッセージを見る人に的確に伝えるための工夫が求められる。だから 依頼者の企画意図を丹念に汲み取り、目に見える形にしていく力が 必要だ。デザイン会社などで仕事をする場合は、一連の作業を統括 するアートディレクターが指揮をとってデザインをいくつかの部分 に分けて、各デザイナーがそれぞれの得意分野を仕上げていくケー スが多い。この場合、多くの人と意見のすり合わせをしながら仕事 を進める必要がある。
また、フリーランスで活動している場合は、クライアントとの打 ち合わせから作品を完成させるまでのすべての工程に携わることが 多い。そのため、独立を目指すならば、デザイン力を高めるだけで なく、仕事のスケジュール管理はもちろん、総合的なマネジメント 能力も求められることになる。

スタイリスト

モデル、タレント、俳優、歌手などが、広告やテレビ番組、映画、 コンサートなどに出演する際や、雑誌のファッションページ用の写 真を撮る際に身に着ける衣装を調達し、コーディネートするのがス タイリストの仕事。洋服のほかに、アクセサリーやバッグ、靴、小 物などを組み合わせて、魅力的に演出する。
スタイリストの養成コースで基礎を学び、アシスタントな どを経て、経験を積もう。
一般的には、スタイリストを養成する専門学校などで基礎を学び、 卒業後はスタイリストのアシスタントや事務所に所属することから 始めよう。また、中には結婚式場などに勤務して、新郎・新婦の衣 装やアクセサリー、メイクなどをコーディネートするブライダルス タイリストとして活躍している人もいる。この仕事も、ファッショ ンコーディネーター同様、幅広いネットワークが必要とされる。

CMプランナー

テレビコマーシャル(CM)の企画を考えるのが CMプランナー の仕事だ。どんな構成にするのかはもちろん、CM に使う曲や CM コピーなどの選定にも関わるし、CM に登場する人物のキャスティ ングを行なうこともある。CM 制作現場のトップに立つ存在で、 CM ディレクターを兼ねることもある。商品やサービスを宣伝する ため、15 秒間、あるいは 30 秒間という限られた時間の中で、視 聴者に対してインパクトの強いメッセージを伝えなければならない。
大学・専門学校で学んだ後、広告代理店やCM制作会社に 勤務しよう。
CM 制作会社や広告代理店のクリエイティブ(制作)部門に就職 し、キャリアを積みながらCM プランナーを目指そう。マスコミ に関連する講座を開いている養成機関などで、CM プランナーに関 する基礎知識を学んでおくのも1つの手段だ。そして、CMプラン ナーになってからも、常に何が人々を惹きつけるのかを考える力が 求められる。流行に敏感であり、流行を生み出す力を持っていなけ ればならない。

セミナープランナー

セミナーとは、ビジネスやライフスタイルのノウハウを学ぶこと を目的に開催される講習会。その内容は、新入社員教育やパソコン・ インターネット関連、起業、自己啓発など幅広い。
セミナープランナーは、クライアント(顧客)の趣旨や条件、見 積もりに合わせてセミナーの具体的な企画を立案し、講師や会場を 手配するのが仕事。ダイレクトメールやウェブサイトを活用した告 知、参加者申込受付などの業務も行なう。
セミナーを企画・運営するコンサルティング会社に入社す ることが第一条件。
セミナープランナーになるには、まずセミナーを企画・運営する コンサルティング会社に入社すること。特に資格は必要ないが、斬 新な発想とアイデア、プレゼンテーション能力といった内面的なも のが要求される。クライアントは社員のキャリアアップを図るため にセミナーを利用することが多いため、マーケティングや財務の専 門知識は必要不可欠だ。

ツアープランナー

旅行の企画・開発にあたるのがツアープランナーの仕事だ。高価 格の豪華客船による世界クルーズから、格安航空券を組み合わせた 廉価なツアーまで、さまざまな商品をつくり上げなければならない が、まさに旅行会社スタッフとしての醍醐味が味わえる仕事である。
だいごみ
まず、旅行会社に就職するのが先決。実務を通してスキル アップしてツアープランナーを目指そう。
資格は必要ないが、ほとんどの人がツアーコンダクターの実務経 験を積んだのち、総合旅行業務取扱管理者や国内旅行業務取扱管理 者、旅程管理主任者(ツアーコンダクター)の資格を取得して

宇宙飛行士

2017年4月現在、実際に宇宙に行った宇宙飛行士は551人にのぼる。
その中には日本人11人(男性9人、女性2人)も含まれる。
そして今も地上から約400 km上空を国際宇宙ステーション(ISS:International Space Station) が地球1周約90分というスピードで周回し、さまざまな研究が行われている。
ISSは、アメリカ・日本・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スイス・スペイン・オランダ・ベルギー・デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・ロシアの計15カ国が協力して運用しているが、日本人宇宙飛行士も、ISSに乗り込み、宇宙環境での科学実験やISSの保守作業などを行っている。
とはいえ、宇宙飛行士になるのはたやすいことではない。
厳しい選抜過程を経た上で、実際に宇宙へ出るまでには日本やNASA(米国航空宇宙局)で地上勤務に携わりながら、無重力体感訓練やシミュレーション訓練を繰り返して、いつでも宇宙空間でのミッションを遂行できるように備える日々を送ることになる。
日本人が宇宙飛行士になるには、宇宙航空研究開発機構(JAXA Japan Aerospace Exploration Agency)が実施する宇宙飛行士候補者選抜試験に合格する必要がある。
まず基本的な条件としては、信頼と精神が健全で宇宙に対応できること、協調性やチームプレーを実行できる性格であること、さらに英検1級程度の英語力が不可欠。
大学卒業以上で、自然科学系の研究・開発に携わった経験が3年以上などの条件がある。
宇宙飛行士になると、まず国内で訓練を受け、その後アメリカのNASAに派遣されてさらに厳しい訓練を重ねる。
そして、ISSへの搭乗ミッションが決定すると、宇宙へ飛び出し、ミッションを遂行することになる。
ただし、ISSの運用期間が2024年までとなっているため、現在のところ宇宙飛行士候補の新規募集は中止されている。
また近年、アメリカのスペースX社などの民間企業によるプロジェクトも進められており、民間宇宙パイロットの誕生も間近とされている。

商社マン

食品や日用品から人工衛星まで、ありとあらゆるものを扱うと言われる商社に勤務し、全世界を股にかけて商取引を行うのが商社マンの仕事である。
商社には、幅広い商品を扱う総合商社と特定分野に特化した専門商社があるが、「売り手」と「買い手」をつなぐ役目に変わりはない。
しかし近年、大手と言われた総合商社は、内外企業への出資や人材の派遣といった業務が中心となってきており、従来の商社的な業務は子会社や関連企業などに移管されつつある。
商社マンになるには、商社に就職する必要がある。
世界を舞台にしたと商取引で活躍したいのなら、大学以上の学歴とともに、高いコミュニケーション能力や行動力が求められる。
付随して、英語だけでなく取引相手国の言語を習得すると役に立つだろう。

飽きっぽい人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました