飽きっぽい人に向いてる仕事12選【幅広い知識やスキルが求められる仕事がオススメ】

飽きっぽい人にとって、この世には根気強く長く続けられることが求められる仕事が多いと感じているかもしれません。

ですが世の中には、飽きっぽい人の方が向いてる仕事はたくさんあります。

たとえば、幅広い知識や起点が必要となり様々な人と関わる「営業職」や、日々勉強して技術を向上させていく必要のある「プログラマー」は飽きっぽい人の方が向いてるかもしれません。

大切はことは、まず自分の性格をよく理解した上で、どんな仕事が自分に合っているのかをしっかり調べて、求人情報や面接を通して自分に合っているかどうかを見極めていくことです。

そこで当記事では、飽きっぽい人に向いてる適職をいくつかご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

飽きっぽい人に向いてる仕事【解説付き】

飽きっぽい人に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • プログラマー
  • 広告企画会社スタッフ
  • 放送作家
  • 新聞記者
  • ファッションデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • スタイリスト
  • CMプランナー
  • セミナープランナー
  • ツアープランナー
  • 宇宙飛行士
  • 商社マン

それぞれ、仕事内容から就く方法まで詳しく解説していきます。

プログラマー

プログラマーは、ソフトウェアや物流や金融システムなどの設計仕様書をもとに、プログラム言語を用いてコンピューターに行なわせたい情報処理の手順を指示するソースコードを作成するのが仕事です。

プログラム言語とひとことで言ってもシステムやソフトウェアに合わせて、さまざまな言語を使うため、プログラム言語の習得は必須となります。また、プログラムを仕様書どおりにつくったとしても意図する動きにならない場合が多くあり。そういった不具合を見つけて、修正することもプログラマーの重要な仕事です。

プログラマーに必要な資質は

  • 論理的な思考
  • 根気と忍耐力
  • コミュニケーション能力

などになります。

プログラマーになるには、大学や専門学校でプログラミングに関する専門知識を身に付けた上で、IT企業やソフトウェアの開発会社に就職するのが一般的です。

広告企画会社スタッフ

広告企画制作会社スタッフの仕事は、クライアント(顧客)が発信したい情報の内容を把握して、もっとも効果的な宣伝方法を企画・立案し、実際の制作物として作り上げることです。

扱う内容は、紙媒体(全国紙・地方紙・専門紙・雑誌・ポスター・ 折り込みチラシ)や映像媒体(テレビ・映画)、インターネットによる広告や宣伝、ラジオで流すコマーシャルのほか、広告塔や看板、さらにはボールペンやタオルといった品物に印刷したノベルティ広告までと多岐にわたります。

広告企画制作会社で求められる人材は、広告プランナー、コピーライター、CMプランナー、アートディレクター、グラフィックデザイナー、営業マンなど、さまざまな職種が求められます。自分がなりたい職種を決めて、スキルを学べる専門学校や大学へ進みましょう。

広告企画制作会社の規模は、数人の小さい事務所から100人以上の大所帯までさまざまです。

また、会社によっては得意とするジャンル・媒体もわかれています。自分のやりたい分野がはっきりわかっている人は、その分野で必要とされるスキルを学べる大学や専門学校に進み、基礎的な能力を身につけ、 その上で希望する職種のある企業へ就職しましょう。

放送作家

テレビやラジオ番組の台本を作成するのが放送作家の仕事です。放送プロデューサーやディレクターと相談しながら、番組のアイデアを企画書に起こし、進行プランを練りながら、台本をつくっていきます。台本は番組を進行していくためには欠かせない設計図のようなもので、その種類は、ニュース、ドキュメンタリー、ワイドショー、 バラエティー、ドラマなど多岐にわたります。

放送作家は、それぞれの出演者の個性を生かして、誰にどのような台詞をしゃべらせ、コメントさせればいいのかを考えながら台本を書いていきます。その台本をもとに、現場の美術スタッフやカメラ、音声や照明などの技術チーム、さらには出演者やマネージャーと打ち合わせをして番組をつくっていきます。なお、ドキュメンタリーやバラエティー、情報番組を書く人は構成作家とも呼ばれています。

放送作家の専門学校やシナリオライターの講座で勉強した後、番組制作会社に入社したり、作家のアシスタントやリサーチャーとして経験を積んでいきましょう。台本は文章で書くため、日本語力と文章力は必須となります。売れっ子となるには、常に独自のアイデアを生み出せるように、自身のセンスを磨くことが重要となります。「日本放送作家協会」では、テレビやラジオなどの放送メディアで活動する放送作家がメンバーとなっており、各種講座を開催しています。

新聞記者

新聞記者は、新聞社に勤務し、政治経済、社会情勢の動向を新聞記事にまとめるのが仕事です。事件や事故の発生現場に駆けつけ、取材をして記事を書く取材記者のほか、取材原稿をまとめる役の整理記者や、記事に誤りがないかを確認する校閲記者などがいます。

事件や事故はいつ起こるかわからないため、勤務時間帯は不規則になりがちです。幅広い知識と体力、さらには粘り強さと集中力、事実を追求する探究心を必要とされる職業です。

新聞記者になるには、大学や大学院を卒業後、新聞社や通信社で働くのが一般的です。新聞学科やメディア学科を置く大学もあるが、とくに学部学科は問われません。近年は金融工学や IT など理系の専門分野を学んだ学生や語学力が高い学生を積極的に採用する新聞社も増えてきています。各新聞社が主催するセミナーで、詳しい応募要項を伝えています。

ファッションデザイナー

服飾商品において、コンセプトからイメージまでを企画し、ディテールや素材、柄などをデザインするのがファッションデザイナーの仕事です。ファッションデザイナーは企業デザイナーと個人デザイナーのふたつに大きくわかれます。

企業デザイナーは、所属する企業の経営方針や販売面での利益までを考えながらデザインする。たとえば、女性向け、男性向け、子ども向けといった消費者のニーズをとらえ、ファッションの流行を予測し、デザイン画を起こします。どのような布地を使うか、色や柄はどうするかなど、より具体的なイメージをデッサン画に描きます。描いたデザイン画を元に型紙を製図するパタンナーに対して、デザインのコンセプトを具体的に伝え、裁断や仮縫いなどにも立ち会い、自分のイメージどおりに仕上がっているかどうかをチェックします。専門的なスタッフとともに何度も修正を加えながらサンプルを完成させ、大量に売り出すための服をデザインしていくのです。個人デザイナーは、自らのブランドを立ち上げ、自由な発想でデザインしていきます。両者とも手先の器用さはもちろん、創造性も重要視される仕事です。

ファッションデザイナーになるには、まず、デザインや服飾を専門とする大学や専門学校で基本的な衣服製作技術だけでなく、デザイン理論や表現能力などを学びましょう。卒業後はアパレルメーカーやデザイン事務所、服飾関連会社に就職したのち、パタンナーやアシスタントなどを経て、デザイナーになる場合が多いようです。実績や経験を積んで、自らの名を冠したブランドを持つ個人デザイナーとして独立している人もいます。 独立してブランドを立ち上げるには、コンクールで入賞するなど自らの創造力や表現力を高めてアピールしていく必要があります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは伝えたいメッセージを色使いや構図でより効果的に表現し、チラシやDMのハガキから、新聞や雑誌の広告、雑誌の誌面や商品パッケージのデザインなど、おもに印刷物の紙面をデザインするのが仕事です。依頼者からの要望に応じて、見る人へ的確に伝えるためのデザイン的な工夫をします。

グラフィックデザイナーになるために必要な資質は「常に柔軟な発想を保った創造力とデザイン力」「パソコン上で作業するためのデザイン用ソフトを使いこなすスキル」となります。

デザイン会社などに勤務している場合には、作業を統括するアートディレクターが指揮をとり、各デザイナーがそれぞれの得意分野を仕上げていくケースが多く、一方、フリーランスで活動している場合は、クライアントとの打ち合わせから作品を完成させるまでのすべての工程に携わります。デザイン力を高めるだけでなく、仕事のスケジュール管理はもちろん、関わるすべての人と意見のすり合わせをするコミュニケーション力と総合的なマネジメント能力が求められます。

スタイリスト

モデルやタレント、俳優や歌手などが、広告やテレビ番組、映画やコンサートなどに出演するときや雑誌のファッションページ用の写真を撮る際に身に着ける衣装を調達し、コーディネートするのがスタイリストの仕事です。洋服のほかにアクセサリーやバッグ、靴や小物などを組み合わせて魅力的に演出します。

スタイリストになるには、一般的にスタイリストを養成する専門学校などで基礎を学び、卒業後はスタイリストのアシスタントや事務所に所属することから始めます。そのほか、結婚式場などに勤務して、新郎と新婦の衣装やアクセサリー、メイクなどをコーディネートするブライダルスタイリストとして活躍している人も存在します。

CMプランナー

テレビコマーシャル(CM)の企画を考えるのが CMプランナー の仕事です。CMをどんな構成にするのか考えることはもちろん、CMに使う曲やCMコピーなどの選定にも関わることもありますし、CMに登場する人物のキャスティ ングを行なうこともあります。

CMプランナーは制作現場のトップに立つ存在で、CMディレクターを兼ねることもあります。商品やサービスを宣伝するため、15秒間、あるいは30秒間という限られた時間の中で、視聴者に対してインパクトの強いメッセージを伝える必要があります。

CMプランナーになるには、CM制作会社や広告代理店のクリエイティブ(制作)部門に就職 し、キャリアを積みながらCM プランナーを目指すのが一般的です。マスコミ に関連する講座を開いている養成機関などで、CMプランナーに関する基礎知識を学んでおくのも1つの手段でしょう。

セミナープランナー

セミナーとは、ビジネスやライフスタイルのノウハウを学ぶことを目的に開催される講習会のことです。その内容は新入社員教育、パソコンやインターネット関連、起業、自己啓発など幅広くあります。セミナープランナーは、クライアント(顧客)の趣旨や条件、見 積もりに合わせてセミナーの具体的な企画を立案し、講師や会場を手配するのが仕事です。ダイレクトメールやウェブサイトを活用した告知、参加者申込受付などの業務も行ないます。

セミナープランナーになるには、まずセミナーを企画・運営するコンサルティング会社に入社します。とくに資格は求められませんが、斬新な発想とアイデア、プレゼンテーション能力といった内面的な素質が要求されます。クライアントは社員のキャリアアップを図るためにセミナーを利用することが多いため、マーケティングや財務の専門知識は必要不可欠となります。

ツアープランナー

旅行の企画・開発にあたるのがツアープランナーの仕事です。高価格の豪華客船による世界クルーズから、格安航空券を組み合わせた 廉価なツアーまで、さまざまな商品をつくり上げなければなりませんが、まさに旅行会社スタッフとしての醍醐味が味わえる仕事だと言えるでしょう。

ツアープランナーになるのには、まず旅行会社に就職するのが先決です。実務を通してスキルアップしてからツアープランナーへキャリアアップしていきます。資格は必要ありませんが、ほとんどの人がツアーコンダクターの実務経験を積んだのち「総合旅行業務取扱管理者」や「国内旅行業務取扱管理者」「旅程管理主任者(ツアーコンダクター)」の資格を取得しています。

宇宙飛行士

宇宙と地上の両空間を行き来して、宇宙開発を牽引するのが宇宙飛行士の仕事です。
具体的には、地球の大気圏外へ行き、宇宙空間で各種ミッション(有人宇宙船の操縦、各種実験、国際宇宙ステーションなどの構造物の構築、月着陸など)を実施します。たとえば、ISSに乗り込み、宇宙環境での科学実験やISSの保守作業などを行なっています。

宇宙飛行士になるには、「宇宙航空研究開発機構(JAXA Japan Aerospace Exploration Agency)」が実施する宇宙飛行士候補者選抜試験に合格する必要があります。基本的な条件としては、信頼と精神が健全で宇宙に対応できること、協調性やチームプレーを実行できる性格であること、さらに英検1級程度の英語力が不可欠となります。学歴は大学卒業以上で、自然科学系の研究や開発に携わった経験が3年以上などの条件もあります。宇宙飛行士候補者になると、まず、約2年間、宇宙飛行士として必要な基本的な知識や技能を習得するための基礎訓練を受けてから、宇宙飛行士として認定されなければなりません。

商社マン

食品や日用品から人工衛星まで、ありとあらゆるものを扱うと言われる商社に勤務し、世界中と商取引を行なうのが商社マンの仕事です。商社には、幅広い商品を扱う総合商社と特定分野に特化した専門商社があるが、「売り手」と「買い手」をつなぐ役目であることに変わりはありません。

商社マンになるには、大学以上の学歴とともに、高いコミュニケーション能力や行動力が求められます。さらに、英語だけでなく取引相手国の言語を習得しておくと就職に有利となります。

飽きっぽい人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました