アニマルセラピストになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポンサーリンク
▼未経験からエンジニアになれるサービス▼

アニマルセラピストってどんな仕事?

アニマルセラピーとは、動物と触れ合うことで人間に癒しを与える効果を利用した治療法のことで、その治療を行うのがアニマルセラピストです。
動物の癒し効果としては、情緒の安定や意欲向上さらには痛みの緩和などがあると言われています。
ちなみに、アニマルセラピーという言葉は日本の造語で国際的には「Animal Assisted Therapy(AAT:動物介在療法)」と呼ばれています。
アニマルセラピーを生業としている人はまだ日本には少ないのが現状ですが、今後はより需要が増えていくことが予想されるでしょう。

○○になるには?

前述の通り、アニマルセラピストは日本にはまだ少ないのが現状ですので、すでにアニマルセラピストとして活躍されている人や団体を見つけて弟子入りしたり、経歴を参考にするなどの工夫が必要になってきます。
場合によっては、動物介在療法の研究が進んでいる外国での就職を視野に入れる必要も出てくるでしょう。
また、「動物を活用した癒やし効果」という点に着目するのであれば、猫カフェ経営者なども似たような仕事だと言えるかもしれませんので、アニマルセラピストという職種にこだわることなく、様々な職種や事業にアニマルセラピストとしての価値を見出してみると道が拓けるかもしれません。
いずれにせよ、国内での仕事としての需要が浸透していない以上、アニマルセラピストとして活躍する定番のキャリアルートは確立されていませんので、自分自身でアニマルセラピストとしての仕事の仕方を考えて実践していく必要があります。
海外でのAATとしての成功ケースを研究したり、国内の動物関連のビジネスやセラピスト需要に関する情報に日々アンテナを張って、自分自身で仕事を作り出す挑戦心も大切です。

アニマルセラピストに必要な資格やスキル

アニマルセラピストはまだ国内での浸透していない仕事のため、必須資格は存在しません。
極論、自ら「アニマルセラピスト」を名乗れば、すぐにでも開業自体は可能です。
ただ、それではスキル的な面で不安が残りますので、アニマルセラピストとして必要な基礎的な知識や資格を習得しておくと、この先アニマルセラピストが国内でも認知されていく過程で何らかの仕事にありつける可能性は高まるはずでしょう。
セラピストに必要な知識や資格としての定番は臨床心理学関連です。
これは、医学中医学心理学などの大学で学び、介護士や介護福祉士理学療法士や作業療法士などの資格を持っていると有利かもしれません。
大学に通う余裕がない場合、独学で臨床心理学関連の資格やカウンセラー資格取得に向けて学んでみるのもいいでしょう。
また、アニマルセラピストに関する公的な認定資格はありませんが、一部の専門学校や専門団体が認定しているアニマルセラピスト動物介在福祉アニマルセラピーコーディネーターなどの民間資格もあるので、気になる方はチェックしておきましょう。

アニマルセラピストに向いてる人は?

  • 戦うよりも癒やす方が得意
  • やさしい性格である
  • 動物といると癒やされると感じる
  • 不安定な仕事にも挑戦する意欲がある
  • 勉強が好き

セラピストの特性や仕事の本質として「癒やしを与える」というものがあります。
これは、ビジネス面で売上や数字などを追う「戦いが好き」な性格とは対極的なものであり、ストレス多い現代社会において、再評価されるべき価値だと言え、事実、癒やしを与える仕事は密かな需要として存在しています。
ゲームで言うところの「ヒーラー」に近しい性質だと言えるかもしれません。
アニマルセラピストとして動物の癒やし効果を追求する場合、自分自身が動物に癒やされる性格でないと、その効果を他人にも与えることは難しいでしょう。
また、国内でのアニマルセラピストとしての仕事が確立されていない以上は、不安定な仕事にも積極的に挑戦していく意欲が必要となり、仕事を成り立たせるために日々の勉強も欠かせません。

アニマルセラピストと関連性の高い仕事は?

アニマルセラピストを目指す場合、現実的には今存在するペット関連のサービス業で経験を積みながら、セラピストとしての知識や資格を習得していくことが懸命だと言えます。
ですので、動物に関するサービス業全般は就職先候補として視野に入れておくといいでしょう。
また、アニマルセラピストの「癒やし効果」に強い興味関心があるなら、セラピスト全般には強い適性があるかもしれないので、セラピストの様々な仕事も知っておくと、キャリアの選択肢が広がるはずです。
臨床心理学関連の勉強を本格的に行うのであれば、カウンセラー職全般への道も開けてくるはずです。

タイトルとURLをコピーしました