アパレル店員辞めたい…辛い…。アパレル業界から転職して正社員になるのは可能?

「アパレル業界勤務だけどブラックすぎて辛い…」
「アパレル店員辞めたい…」

このようにお悩みではありませんか?

私の友人にもアパレル業界No.1のユ◯クロ勤務の方がいましたが、半年ぐらいで辞めちゃいましたね。

彼の話を聞いてみると「そりゃあ、辞めてもしょうがねえや」ってぐらい、ひどい職場だと感じましたよ。

何も私は読者に「お前の人生どうなっても知らんからアパレル業界辞めてもOK!」と無責任なことを言っているのではありません。

アパレル業界を辞めた方がいい理由には、合理的な根拠があります。

そこで当記事では、アパレル業界が辛いなら辞めた方がいい理由について詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク

アパレル業界は人手不足で辞めたい人が多い?

アパレル業界を辞めたいと考えている人、あるいは既に辞めた経験のある人の中でも多い退職理由が「人手不足で辛いから」というものです。

人手不足の業界が物理的にも時間的にも辛いことは、アパレル業界の現場で働いている方なら痛いほどお分かりかと思います。

加えて、人手不足の職場で働くことに慣れると、以下のような「人手不足だからこそ辞めにくいという心理状態」にも陥ってしまいます。

▼人手不足の職場を辞めにくい心理的な原因

  • 周りが忙しい上に殺伐としているので退職を切り出しにくい
  • 残った社員に迷惑がかかると考えると辞めにくい
  • ただでさえ人手不足なのに辞めるのは申し訳ない
  • 自分一人だけ逃げて楽になるようで罪悪感を感じる

周りが努力していたり、職場や業界が人手不足で大変だからこそ「自分が頑張らなきゃ!」という気持ちがあり、中々辞めたいのに辞められない人は少なくありません。

ですが、そういう人にこそ、一度しっかりと辞めることを考えて欲しいのです。

アパレル業界勤務で
人手不足が理由で辞めにくい方は
以下の記事も参考にしてみてくださいね

また、アパレル業界を辞めたい方に多いのが「夢を追っての仕事だから…」「好きな仕事だから…」と辛いと感じているにも関わらず、無理に続けてしまうことです。

もちろん、好きな仕事であればがんばることは大事かもしれませんが、少しでも「辞めたい…」という気持ちがあるなら、辞めるために何をすればいいかを余裕のあるうちに知っておくことも大切です。

「仕事を辞めるのは甘え」と張り切ってがんばってる方は
以下の記事を読んで考え直すのもいいかもしれません

アパレル業界の将来性は低いと知っておこう

アパレル業界を辞めた方がいい理由としては、アパレル業界の将来性が低いからです。

以下の記事にも書いてますが、アパレル業績が今後伸びる要素なんてほぼゼロです。

アパレル業界のみならず、関連する「百貨店業界」「繊維メーカー」の業績も年々下がりっぱなしで、将来性がないんですよね。

これってどういう意味か、読者の方はわかりますか?

アパレル業界の関連産業全体で、業績が下がって沈みつつあるんですよ。

ということは、今の20代の若手が40代ぐらいになって中心の社員になる頃には、さらなる地獄しか待っていないんです。

まあ、読者の方がZOZOTOWNみたいなアパレル業界の中でも大成功している会社で働いているんなら、辞めないほうがいいと思いますよ。

でもそうじゃない、ブラックな手法で伸びたユ◯クロみたいな企業や、若者離れが進んでいるブランド店舗なんかは全然将来性がないので、早いうちに転職しておかないとマジでやばいです。

アパレル業界を辞めたいと思って転職した人の体験談は?

高卒ですぐ就職したのは、アパレル業界でした。
それまで、家計を助けるために高校時代もアルバイトの経験があったので、大丈夫だろうと変な自信がありました。
私が就職したお店は、30代の女性をターゲットにした服や装飾品を扱っていました。周りはわりと年上の女性ばかりで、最初は店長も優しく教えてくれていましたが、しばらくして仕事に慣れてくると、お店で売っている商品を身に着けて販売しないといけない。月にいくら以上売らないといけないと、ノルマを課せられるようになりました。
根が負けず嫌いなので、必死で頑張りました。でも、自分の思い通りにならない現実の厳しさに心が折れ始め、辞めたいと思うようになりました。それでも高卒で初めて就職した会社、親に辞めたいともなかなか言えず、ストレスでご飯が食べられなくなりました。どんどん痩せていく私を心配して、大丈夫?と聞いてくれた母に、仕事が辛いと打ち明けました。すると、辞めてもいいんじゃない?という意外な答え。退職を決め、半年後に辞めました。その後は、家電量販店に再就職して、結婚するまで続けられました。
今考えれば、高卒ではまだ精神的に未熟過ぎたのかもしれません。自分の甘さだったと考えると、情けないとも思いますが、あの時辛くて必死でもがき、苦しんだ経験は、結果的に仕事を辞めたいとしてもいい経験になったと思います。

アパレル業界を辛いと感じて辞めたくなる理由は?

アパレル業界を辛いと感じて辞めたくなる理由はどのようなものがあるのでしょうか?

私の実体験、アパレル業界勤務の知人などから聞いた情報をもとに、辞めたいと感じるアパレル業界の職場についてご紹介していきます。

ブラックな職場が多い

アパレル業界を辞めたいと感じる理由は、典型的なブラックな職場が多いからでしょう。

  • 休憩時間がない・休みがとれない
  • なのに給料が低い
  • 頭のおかしい社員や客が多い

以上のような特徴があり「辛い仕事」の代表格だと言ってもいいでしょう。

ちなみに当サイトのスポンサーでもある「ウズキャリ」を手がける株式会社UZUZ様のメディアでも「アパレル業界はブラック」と実体験が語られております。

アパレル業界は勤務時間が長い

アパレル業界を辞めたい切実な理由としては、勤務時間があまりに長すぎるからでしょう。

とくに人手不足の現場ですと、10連勤12時間労働なんてことは、とくに珍しい話でもありません。

で、そういう仕事のためだけに毎日を過ごしていると、

「生きるために仕事しているのか、仕事しているのか生きているのか?」

これがわからない状態になるんですよね。

で、日本人はちゃんと哲学史学んでない人ばかりだから、そこで生きる意味を見失っちゃうんですよ。

「生きる意味が欲しけりゃ、いくらでもくれてやるよ!」が当サイトのコンセプトなのですが、読者の方はあんまり生きる意味とか持ってないんじゃないでしょうかね?

だったら、極端な話「今の会社のために命を投げ出して死んでやってもいいか?」で考えてみるといいですよ。

どうでもいい客のため。
嫌いな上司や経営者のため。
来年にはトレンドが過ぎているお洋服のため。

こんなもののために体を壊してうつまで追い込まれて、過労死する価値なんかありますか?

冗談ではなく「今の仕事のために死んでもいいか?」というレベルで考えてください。

アパレル業界は休日がとれない

アパレル業界を辞めたい切実な理由としては、休日がとれないからでしょう。

10連勤して休みは1日だけ、せっかくの休みも動く気力すらなくまったく有意義に人生を過ごせてない方も多いのでは?

一方で、休日がしっかりとれる会社に勤めている人って、ビックリするぐらいホワイトな職場で働いているんですよ。

月の残業20時間未満厳守、土日休業は当たり前。

最近はテレワークやフレックス制などで、どんどん働き方改革で快適な職場環境が実現されております。

逆に時代遅れで業績が落ちてて将来性のないアパレル業界は、そういう働き方改革にはあまり前向きじゃないんです。

なので、ユ◯クロ的な「出勤すればするほど頑張っているとみなして社内評価が上がる」みたいな、昭和のような考え方から抜け出せないわけです。

アパレル業界は給料が低い上に昇給の可能性も低い

アパレル業界を辞めたい理由としては、業界・職種平均で見ても年収が低いことです。

以下のように、大手・有名企業の40歳平均の年収を見てみても、一流企業よりは遥かにしたです。

しまむら/596万円(40・1歳)
青山商事/471万円(35・0歳)
ユナイテッドアローズ/463万円(32・0歳)
ライトオン/414万円(31・9歳)

出典:会社四季報 業界地図 2019

この数字はあくまで大卒ホワイトカラー、本社勤めクラスレベルの話なので、かなり高めの額です。

実際には多くの社員がもっと下がるはずですので、中小企業規模で店長クラスであれば40歳で年収400万円ぐらいで見積もっておいた方がいいでしょう。

少なからず「アパレル業界辛い…辞めたい…」と悩んでいる方が、ダラダラ今の職場に残って働き続けても、40歳時点で上記のような年収に達する可能性は限りなくゼロに近いです。

アパレル業界はノルマが厳しい

アパレル業界を辞めたい理由としては、ノルマが厳しいからでしょう。

ちなみに販売職でノルマを達成する手段は至ってシンプルで、周りの人間を蹴落として全部自分の数字に加えればいいだけです(笑)

ちなみに私も販売職の頃、後輩の捕まえた客を奪って自分のノルマに加える手法を使ってましたが、それで報告すると上司が喜ぶ事実に呆れて、内心では「数字しか見てない上の人間がバカだから、現場がブラックになるんだな」と身を持って実感しました。

別に私は「やれ!」と言われれば目的のためには手段を選ばない性格ですが、それはそれで良心は痛みますし、そんなことで稼いだ数字なんかちっともうれしくないんですよ。

しかも、日本の企業ってノルマ達成して売上に貢献しても、大して給料や社内査定に反映されないじゃないですか?

ノルマ達成して給料が爆発的に上がるんなら頑張り甲斐もあるのでしょうが、多くの会社ではせいぜい年に昇給1万円程度です。

あくまで厳しいノルマは、達成した後にしっかり社員に見返りを与えられる会社が課すべきもので、年々業績下がりっぱなしのアパレル業界は「他にすることあるでしょ?」って感じで、経営センスがない証拠です。

アパレル業界は客も社員も頭のおかしい人が一定数いる

アパレル業界を辞めた方がいい理由としては、客も社員も頭のおかしい人間が一定数紛れており、そういう人間と長く関わるとこちらまで精神をヤられてしまうからです。

以下の記事などでも「まともな人が辞めていく職場」についてまとめておりますが、やっぱり変な人間が集まる職場って、似たような人間ばかりしか残らないんですよ。

また、アパレル業界の場合は接客・販売の仕事がメインになるので、いや~なクレーマーと出くわして消耗することもあります。

で、そういうクレーマーや頭のおかしい社員相手に精神すり減らしたって、一円の得にもならないどころか、余計な仕事を増やされるだけで、本当にストレスが貯まるんですよね。

でもそれって、実は自業自得なんです。

なぜなら、誰でも入社できるアパレル業界に甘んじておきながら、社内の環境がおかしいと思っても行動できない人が悪いからです。

そこから抜け出せるかどうかの違いは、行動するかしないかだけの差です。

で、自分を変えられない人ほど「自分には転職は無理」「転職活動がめんどくさいから今の環境で我慢しよう」と諦めて、毎日不満タラタラに働いてブラックな業界に残り続けます。

アパレル業界は出世先は店長クラス止まり

アパレル業界を辞めた方がいい理由としては、出世してもせいぜい店長クラス止まりだからです。

考えてもみてくださいよ?

将来、定年退職までずぅーっとお店の店長クラスとして、シフトの融通も利かずに働き続ける未来を。

わかりやすく言えば、今の勤務先の店長が将来のあなたの姿だと思っていただけると想像しやすいかもしれません。

上司がいつもイライラして楽しくなそうに仕事している会社では、将来的に自分も同じような人間になります。

で、今の日本は人手不足ですから、そのうちアパレル業界の現場も外国人労働者ばかりになって、コミュニケーションがとれずに増々イライラする未来はすぐそこまで迫ってます。

もちろん、読者のアパレル業界勤めの方が「エリアマネージャー・SV級に昇進してやる!」「売上叩き出して本社勤め狙ってやる!」ぐらいに意欲があるんなら、止めはしません。

でも「お洋服が好きだからアパレル業界に就いた」「なんか有名な企業だからアパレル業界を選んだ」って感じの人、そこまで意欲はないんじゃないでしょうか?

言い方は悪いかもしれませんが「その程度の意欲しかない人、どうせ長く続かないから早いうちに辞めちゃった方が幸せになれるよ」という感じで、辞めない理由がわかりません。

「好きだからアパレル業界で働きたい!」なんて仕事をナメた理由で入社してしまい、それで痛い目見ただけでも、大きな社会経験を得られたと前向きに考えましょう。

アパレル正社員を辞めた後の転職先は何がある?

・大手のアパレル会社で15年間働いてました、その内店長歴は12年間です
アパレル業界は長くいればいるほど「辞めたい」と思った時に抜け出せないと思ったり実際に辞めた経験を記載したいと思います。
「辞めたい」と思う瞬間(入社当初)
①休日は平日中心の為、学生時代の友人達とあまり遊べない(殆どの働いている方達は土日祝休みが多いので、予定があわせにくいです)
②アパレル業界だけに、売場に立つ時の服装代がかかる(その年の新作商品や流行を追いかけなくてはいけません、会社補助はありましたが足りませんでした。)
「辞めたい」と思う瞬間(中堅社員時)
①小売業全般に言えることですが、営業時間が長く拘束時間が長いです。給料は残業代ありきの給与体系の為同年代より働いているのに少なく感じる。
②理不尽なクレーム対応に時間とエネルギーを使っている事に疲れてしまう。
「辞めたい」と思う瞬間(店長・ベテラン)
①自分より若い社員・パートさんの考えについていけなくなる(本社とその間に挟まれて疲弊する)
②責任の割合が多い割りに、給与面・待遇面等は同年代より良くないことに気づく
③店長以上の職位が少なく、モチベーションが下がっていく。実際に辞めて転職活動してわかった事
①異業種でも同じ店長職や管理者の経験を買われる為スカウトは多いです
②技能職や専門的な事務職は初心者扱いの為、それ相応の覚悟を持って転職活動を行う事
③事務職でもコミュニケーション能力が必要な部署があるので、あきらめずに転職活動を行う事結局転職活動を助けるのは販売で鍛えた「しゃべる」能力だと思います、アパレル業界だけでなく異業種も考えて転職活動しても良いと思います。

アパレル業界を辞めたいなら転職エージェントに相談しておこう

アパレル業界を辞めたい方は、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは無料で使えて、自分に合った求人の紹介から、内定後のサポートまで行ってくれます。

私も転職エージェントを数社使ってますが、自分では見つけられないような好条件・高待遇の求人がバンバン届くので、転職意欲も高まってきます。

とくにブラック企業勤務で自信のない方は、転職成功後に「え?こんなホワイトな職場で年収も上がっちゃっていいの?」と感じることも多く、それだけブラックなアパレル業界は割に合わない働き方をしているという証拠です。

転職エージェントを使うだけで、ブラックなアパレル業界から抜け出すチャンスが得られますので、今の自分を変えたい人は今のうちに転職エージェントを使っておきましょう。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました