【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【頭おかしい】アパレル業界では当たり前の”闇”、販売員や正社員を辞めたいと思ったら知っておくべきこと

「アパレル勤務が精神的に辛い…」
「アパレル業界は頭のおかしい社内方針が多いと思う…」
「アパレル店員辞めたい…」

このようにお悩みではありませんか?

多くのアパレルショップでは、厳しいノルマが課されたり、自社ブランドの服装を自腹で購入して勤務しないといけないなど、客観的に見て「頭おかしい…」「宗教的だ…」と思われる”業界の闇”とでも言うべき慣習が存在します。

当記事では、そういったアパレル業界全体の構造やビジネスモデルを学びながら「なぜおかしいのか?」を理解しつつ、アパレル業界勤務がきついと感じる理由やその原因、辞めたくなった時に考えるべきことまで、まとめて解説していきます。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

アパレル勤務が精神的に辛い瞬間やおかしいと感じる部分とは?

アパレル業界を辛いと感じて辞めたくなる理由はどのようなものがあるのでしょうか?

アパレル業界勤務の知人などから聞いた情報をもとに、辞めたいと感じるアパレル業界の職場についてご紹介していきます。

販売+接客という業務の忙しさ

アパレル業界を辞めたいと考えている人、あるいは既に辞めた経験のある人の中でも多い退職理由が「人手不足で辛いから」というものです。

人手不足の業界が物理的にも時間的にも辛いことは、アパレル業界の現場で働いている方なら痛いほどお分かりかと思います。

加えて、人手不足の職場で働くことに慣れると、以下のような「人手不足だからこそ辞めにくいという心理状態」にも陥ってしまいます。

▼人手不足の職場を辞めにくい心理的な原因

  • 周りが忙しい上に殺伐としているので退職を切り出しにくい
  • 残った社員に迷惑がかかると考えると辞めにくい
  • ただでさえ人手不足なのに辞めるのは申し訳ない
  • 自分一人だけ逃げて楽になるようで罪悪感を感じる

周りが努力していたり、職場や業界が人手不足で大変だからこそ「自分が頑張らなきゃ!」という気持ちがあり、中々辞めたいのに辞められない人は少なくありません。

そして、人手不足の職場は典型的なブラックな職場となります。

ですが、そういう人にこそ、一度しっかりと辞めることを考えて欲しいのです。

アパレル業界勤務で
人手不足が理由で辞めにくい方は
以下の記事も参考にしてみてくださいね

また、アパレル業界を辞めたい方に多いのが「夢を追っての仕事だから…」「好きな仕事だから…」と辛いと感じているにも関わらず、無理に続けてしまうことです。

もちろん、好きな仕事であればがんばることは大事かもしれませんが、少しでも「辞めたい…」という気持ちがあるなら、辞めるために何をすればいいかを余裕のあるうちに知っておくことも大切です。

「仕事を辞めるのは甘え」と張り切ってがんばってる方は
以下の記事を読んで考え直すのもいいかもしれません

覚えることの多さや研修の不十分さ

アパレル業界では、多くのブランドや商品知識を覚える必要があり、研修が不十分な場合もあります。

新人として入社した際、短期間で数多くの商品の特徴やディテール、ブランドコンセプトを覚えなければならないため、情報の吸収スピードと記憶力にかなりの負担がかかります。

また、研修の内容や時間が不十分な場合、自己学習やトライアルアンドエラーの中でスキルを磨かなければならないこともあります。

このような状況によって、アパレル業界で働く中でストレスを感じる人も少なくありません。

新しい情報やトレンドの追いかけ、顧客に的確なアドバイスを提供することは重要ですが、情報量の多さや短期間での習得のプレッシャーによって、疲労やモチベーションの低下を感じることがあります。

シフト制による不安定な勤務体制

アパレル業界で働く多くの方が直面している問題の一つが、シフト制による不安定な勤務体制です。

この業界特有の人手不足が原因で、従業員はしばしば長時間労働や連勤を強いられます。

例えば、10連勤や12時間勤務が珍しくなく、これが「仕事のためだけに生きているのか、生きるために仕事をしているのか」という根本的な疑問を抱かせる原因となっています。

休日がほとんど取れず、休める日があっても疲れ果てて何もする気になれないという状態では、自分の人生を有意義に過ごしているとは言い難いでしょう。

このような勤務体制は、従業員の身体的、精神的健康に深刻な影響を及ぼすばかりか、仕事と私生活のバランスを大きく損ないます。

自腹での自社ブランド品購入強要や過剰なノルマによる負担

アパレル業界で働く上での大きなプレッシャーとなるのが、販売ノルマの存在です。

特に、自社ブランド品の購入を強要されることや、高い販売ノルマを課される環境は、従業員にとって大きなストレス源となり得ます。

販売ノルマを達成するためには、しばしば競争が激化し、同僚との関係が悪化することもあります。

このような競争の中で「数字を追うだけの上司」に喜ばれることはあっても、その達成感は一時的なもので、長期的な職場の満足度やモチベーションの向上にはつながりにくいです。

さらに、厳しいノルマが設定されていても、それを達成したとしても給料や評価に大きく反映されないケースが多く、努力が報われないと感じることが少なくありません。

結局のところ、このような状況は従業員を疲弊させ、仕事への情熱や業界への愛着を失わせる原因となり、転職を考えるきっかけにもなります。

アパレル業界に留まるかどうかを考える際には、自己の価値観やキャリアにとって本当に重要なことが何かを見極めることが大切です。

社員や本社との人間関係の確執

アパレル業界を辞めた方がいい理由としては、客も社員も頭のおかしい人間が一定数紛れており、そういう人間と長く関わるとこちらまで精神をヤられてしまうからです。

また、アパレル業界の場合は接客・販売の仕事がメインになるので、いや~なクレーマーと出くわして消耗することもあります。

で、そういうクレーマーや頭のおかしい社員相手に精神すり減らしたって、一円の得にもならないどころか、余計な仕事を増やされるだけで、本当にストレスが貯まるんですよね。

でもそれって、実は自業自得なんです。

なぜなら、誰でも入社できるアパレル業界に甘んじておきながら、社内の環境がおかしいと思っても行動できない人が悪いからです。

そこから抜け出せるかどうかの違いは、行動するかしないかだけの差です。

で、自分を変えられない人ほど「自分には転職は無理」「転職活動がめんどくさいから今の環境で我慢しよう」と諦めて、毎日不満タラタラに働いてブラックな業界に残り続けます。

アパレル業界の将来性は低いと知っておこう

アパレル業界を辞めた方がいい理由としては、アパレル業界の将来性が低いからです。

アパレル関連業界は衰退傾向の斜陽産業

以下の記事にも書いてますが、アパレル業績が今後伸びる要素なんてほぼゼロです。

アパレル業界のみならず、関連する「百貨店業界」「繊維メーカー」の業績も年々下がりっぱなしで、将来性がないんですよね。

これってどういう意味か、読者の方はわかりますか?

アパレル業界の関連産業全体で、業績が下がって沈みつつあるんですよ。

ということは、今の20代の若手が40代ぐらいになって中心の社員になる頃には、さらなる地獄しか待っていないんです。

まあ、読者の方がZOZOTOWNみたいなアパレル業界の中でも大成功している会社で働いているんなら、辞めないほうがいいと思いますよ。

でもそうじゃない、ブラックな手法で伸びたユ◯クロみたいな企業や、若者離れが進んでいるブランド店舗なんかは全然将来性がないので、早いうちに転職しておかないとマジでやばいです。

アパレル業界の平均年収は低め

アパレル業界を辞めたい理由としては、業界・職種平均で見ても年収が低いことです。

以下のように、大手・有名企業の40歳平均の年収を見てみても、一流企業よりは遥かにしたです。

しまむら/596万円(40・1歳)
青山商事/471万円(35・0歳)
ユナイテッドアローズ/463万円(32・0歳)
ライトオン/414万円(31・9歳)

出典:会社四季報 業界地図 2019

この数字はあくまで大卒ホワイトカラー、本社勤めクラスレベルの話なので、かなり高めの額です。

実際には多くの社員がもっと下がるはずですので、中小企業規模で店長クラスであれば40歳で年収400万円ぐらいで見積もっておいた方がいいでしょう。

少なからず「アパレル業界辛い…辞めたい…」と悩んでいる方が、ダラダラ今の職場に残って働き続けても、40歳時点で上記のような年収に達する可能性は限りなくゼロに近いです。

出世や転職先、キャリアアップに不安が残る

アパレル業界を辞めた方がいい理由としては、出世してもせいぜい店長クラス止まりだからです。

考えてもみてくださいよ?

将来、定年退職までずぅーっとお店の店長クラスとして、シフトの融通も利かずに働き続ける未来を。

わかりやすく言えば、今の勤務先の店長が将来のあなたの姿だと思っていただけると想像しやすいかもしれません。

上司がいつもイライラして楽しくなそうに仕事している会社では、将来的に自分も同じような人間になります。

で、今の日本は人手不足ですから、そのうちアパレル業界の現場も外国人労働者ばかりになって、コミュニケーションがとれずに増々イライラする未来はすぐそこまで迫ってます。

もちろん、読者のアパレル業界勤めの方が「エリアマネージャー・SV級に昇進してやる!」「売上叩き出して本社勤め狙ってやる!」ぐらいに意欲があるんなら、止めはしません。

でも「お洋服が好きだからアパレル業界に就いた」「なんか有名な企業だからアパレル業界を選んだ」って感じの人、そこまで意欲はないんじゃないでしょうか?

言い方は悪いかもしれませんが「その程度の意欲しかない人、どうせ長く続かないから早いうちに辞めちゃった方が幸せになれるよ」という感じで、辞めない理由がわかりません。

「好きだからアパレル業界で働きたい!」なんて仕事をナメた理由で入社してしまい、それで痛い目見ただけでも、大きな社会経験を得られたと前向きに考えましょう。

アパレル正社員を辞めた後の転職先は何がある?

・大手のアパレル会社で15年間働いてました、その内店長歴は12年間です
アパレル業界は長くいればいるほど「辞めたい」と思った時に抜け出せないと思ったり実際に辞めた経験を記載したいと思います。
「辞めたい」と思う瞬間(入社当初)
①休日は平日中心の為、学生時代の友人達とあまり遊べない(殆どの働いている方達は土日祝休みが多いので、予定があわせにくいです)
②アパレル業界だけに、売場に立つ時の服装代がかかる(その年の新作商品や流行を追いかけなくてはいけません、会社補助はありましたが足りませんでした。)
「辞めたい」と思う瞬間(中堅社員時)
①小売業全般に言えることですが、営業時間が長く拘束時間が長いです。給料は残業代ありきの給与体系の為同年代より働いているのに少なく感じる。
②理不尽なクレーム対応に時間とエネルギーを使っている事に疲れてしまう。
「辞めたい」と思う瞬間(店長・ベテラン)
①自分より若い社員・パートさんの考えについていけなくなる(本社とその間に挟まれて疲弊する)
②責任の割合が多い割りに、給与面・待遇面等は同年代より良くないことに気づく
③店長以上の職位が少なく、モチベーションが下がっていく。実際に辞めて転職活動してわかった事
①異業種でも同じ店長職や管理者の経験を買われる為スカウトは多いです
②技能職や専門的な事務職は初心者扱いの為、それ相応の覚悟を持って転職活動を行う事
③事務職でもコミュニケーション能力が必要な部署があるので、あきらめずに転職活動を行う事結局転職活動を助けるのは販売で鍛えた「しゃべる」能力だと思います、アパレル業界だけでなく異業種も考えて転職活動しても良いと思います。

アパレル業界を辞めたいと思って転職した人の体験談は?

高卒ですぐ就職したのは、アパレル業界でした。
それまで、家計を助けるために高校時代もアルバイトの経験があったので、大丈夫だろうと変な自信がありました。
私が就職したお店は、30代の女性をターゲットにした服や装飾品を扱っていました。周りはわりと年上の女性ばかりで、最初は店長も優しく教えてくれていましたが、しばらくして仕事に慣れてくると、お店で売っている商品を身に着けて販売しないといけない。月にいくら以上売らないといけないと、ノルマを課せられるようになりました。
根が負けず嫌いなので、必死で頑張りました。でも、自分の思い通りにならない現実の厳しさに心が折れ始め、辞めたいと思うようになりました。それでも高卒で初めて就職した会社、親に辞めたいともなかなか言えず、ストレスでご飯が食べられなくなりました。どんどん痩せていく私を心配して、大丈夫?と聞いてくれた母に、仕事が辛いと打ち明けました。すると、辞めてもいいんじゃない?という意外な答え。退職を決め、半年後に辞めました。その後は、家電量販店に再就職して、結婚するまで続けられました。
今考えれば、高卒ではまだ精神的に未熟過ぎたのかもしれません。自分の甘さだったと考えると、情けないとも思いますが、あの時辛くて必死でもがき、苦しんだ経験は、結果的に仕事を辞めたいとしてもいい経験になったと思います。

アパレルを辞めたい時は:降りたい時の伝え方~次の仕事の見つけ方のコツまで

アパレル業界を辞めたい方は、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメしますよ。

転職エージェントは無料で使えて、自分に合った求人の紹介から、内定後のサポートまで行ってくれます。

私も転職エージェントを数社使ってますが、自分では見つけられないような好条件・高待遇の求人がバンバン届くので、転職意欲も高まってきます。

とくにブラック企業勤務で自信のない方は、転職成功後に「え?こんなホワイトな職場で年収も上がっちゃっていいの?」と感じることも多く、それだけブラックなアパレル業界は割に合わない働き方をしているという証拠です。

転職エージェントを使うだけで、ブラックなアパレル業界から抜け出すチャンスが得られますので、今の自分を変えたい人は今のうちに転職エージェントを使っておきましょう。

アパレル業界の全体像を理解しておく

アパレル業界は製造から流通の工程を分けると、衣料品を製造する「製造メーカー」、製造メーカーから衣料品を仕入れて販売する「小売業」、製造メーカーから衣料品を仕入れ小売業に販売する「卸売業」となります。

この中でも「小売業」に該当する「アパレル販売店」が、多くの読者が実際に働く現場になるかと思いますので、アパレル店舗の代表的な分類をいくつかご紹介します。

  • 百貨店:百貨店は、幅広い年齢層のお客様をターゲットとした、高級なアパレル販売店です。百貨店は、通常、複数のフロアを持ち、それぞれのフロアで異なるジャンルのアパレルや雑貨を販売しています。
  • ファッションビル:ファッションビルは、若い女性をターゲットとした、トレンドに敏感なアパレル販売店です。ファッションビルは、通常、複数のブランドのショップが集合しており、お客様は、様々なブランドの中から、自分好みのファッションアイテムを探すことができます。
  • セレクトショップ:セレクトショップは、特定のブランドやジャンルのアパレルのみを取り扱うアパレル販売店です。セレクトショップは、通常、独自のセンスで商品をセレクトしており、お客様は、他のお店では見つからないような、個性的なファッションアイテムを見つけることができます。
  • アウトレットモール:アウトレットモールは、製造メーカーが直接運営する、アウトレット商品を販売するアパレル販売店です。アウトレットモールでは、通常、通常よりも安く、高品質なアパレルや雑貨を購入することができます。
  • ネット通販:ネット通販は、インターネットを通じて、アパレルや雑貨を購入できるサービスです。ネット通販では、通常、24時間365日、いつでもどこでも、アパレルや雑貨を購入することができます。

アパレル販売店は、お客様のニーズやライフスタイルに合わせて、様々な分類がされています。お客様は、自分のニーズに合ったアパレル販売店を選ぶことで、より良いショッピング体験をすることができます。

アパレル業界がブラックだと思ったりおかしいと感じるなら、業界全体の構造を理解して、原因を特定していく必要があります。

たとえば、ユニクロに代表される「SPA(Specialty store retailer of Private label Apparel)」というビジネスモデルで経営されている企業は、企画・製造・販売を一貫して自社で行うことでコスト削減ができるため、その分、人件費を確保する余裕が生まれます。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように、携帯ショップからの転職を成功させるためには、退職~転職までに多くのことを考えて計画的に行動する必要があります。

とくに携帯販売のようなブラックで知られる職業に就いてしまうような人は、様々な業界に対する知識や職種の選択肢が少ないこともあり、無自覚に求人選びの幅が狭くなっている可能性が高いです。

そのため、辞めることを検討してるなら、まずは転職サービスでプロに相談してみることをオススメします。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました