頭が悪い人に向いている仕事を厳選紹介!頭が悪くてもできる仕事とは?

「頭が悪いので仕事ができない…」
「頭が良くないのでどんな仕事も難しく感じる…」

このようにお悩みではありませんか?

現代日本では頭脳労働が増えています。
最低時給で働くことの多いコンビニアルバイトですら、頭を使う仕事だと言われることもあります。

このような現代ですから、頭が悪いと悩んでいる人にとって、求人の多くの仕事が自分にとって難しいと感じてしまうかもしれません。

もし、読者がそう悩んでいるのでしたら、心配はありません。

自分がバカだと自覚できたり悩めるだけでも、本当に頭が悪いとは言えないからです。
本当に頭が悪い人は自分自身が頭が悪いことにすら気づけず、自分が頭が良いと勘違いしているものです。
また忘れがちですが、今こうして文字を読んで理解できる能力も、本当に頭が悪いならできないスキルです。

ですので「自分自身が本当に頭が悪いのか?」も、一度疑って見直す必要があります。

大事なのは、一言に「頭が悪い」といっても「何が苦手でどのように頭が悪いと感じているか?」と自分自身をよく知ることで、自分が快適にこなせる適職を見つけるための道は開けます。

本記事では、まず「頭が悪い」についての定義を見直した上で、頭が悪いと悩んでいる人にとって向いてる可能性のある仕事の数々をご紹介していきます。ぜひ、本当に自分に合った仕事を見つけ出すための参考にしてみてください。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

そもそも「頭が悪い」とは具体的に何か?

「頭が悪い」と一言で表現しても、仕事で問題になりやすい能力傾向は必ずしもIQ的な頭の良さに限った話ではありません。
中には、他人の「頭が悪い」という他人の心ない決めつけによって、自分自身が頭が悪いと思いこんでいるだけの読者もいらっしゃると思います。
極端なことを言えば、学歴やテストの点数、IQも「誰かが決めた頭の良さの基準」でしかないため、それ自体が決めつけのようなものだともいえます。

冒頭でも説明したとおり、大事なことは「何が苦手でどのように頭が悪いと感じているか?」を知り、自分自身の欠点を理解することです。
この世の大半の人は、最初から要領良く仕事がこなせていたわけではありません。
自分自身の欠点と向き合いながら、折り合いをつけたり克服しながら、成長していくのです。

ですので、頭が悪いと悩んでいる読者の方も、ぜひ自分自身の特性をより理解した上で、向いてる仕事を見つけ出すためのきっかけにしてみてください。

察しが悪い

頭が悪いと悩んでいる人は、実は「察しが悪い」ことで悩んでいるのかもしれません。
とくに日本人には「空気を読む」という、海外から見たら独特な国民性があるため、仕事においても「見て覚えろ」「雰囲気で察しろ」という風潮があります。
そのため、しっかり教育したり指示を事細かに伝えることないまま、察することを求める企業も少なくはありません。

ですので、察しが悪い人はこういった企業の独自のルールや人間関係に馴染めず、自信を失くしてしまっている可能性が考えられます。

しかしながら、企業や上司側が「察しろ」と社員や部下に要求するのは、会社側の従業員教育や指示がしっかりできていない証拠でもあり、言ってしまえば「察しの良い社員に甘えているだけ」であるとも考えられます。

エリート官僚であれば政治家の性格や行動を先読みして立ち回る察しの良さ、いわゆる「忖度」の能力が必要となるかもしれません。ですが、そうでない一般社員にまで官僚レベルの察しの良さを求めるのは、あまりに理想が高すぎるとも言えるでしょう。

察しの良さは経験豊富で自身の仕事に余裕ができて、周りを見渡せたり他人を気遣えることで初めて生まれる能力であって、目の前のことに必死な新入社員ができることでもありません。また、世の中には「変に察しが良いより、鈍感な人の方が向いてる仕事」もたくさんあるので、察しの悪さを気にかける必要はないでしょう。

要領が悪い

仕事では「要領の良さ」も求められます。
効率よく仕事をこなせない人は「要領が悪い=頭が悪い」と思われてしまうこともあることでしょう。

ですが、これも大半の人は最初は要領悪く必死に仕事をこなす上で、次第に要領良く仕事がこなせるようになるのが普通だと考えるべきでしょう。
たとえば、毎日、調理をこなしている主婦であれば料理の支度も手際よくこなせるかもしれませんが、そうでない初心者は要領よくこなせなくて当然です。仕事もこれと同じことです。
最初は要領が悪い人でも、仕事をこなしていくうちに効率よく仕事をこなせるようになるものですし、革命的なアイデアを思いついて劇的に仕事の改善を行うほどになるかもしれません。

たまに、したこともない仕事を瞬時に理解して段取りを組み立てる人もいますが、これはほんの一握りの優秀な人間に限った話です。
そういったごく一部の優秀な人が考えた計画や指示をもとに、多くの凡人が地道に仕事をこなしていくことで社会は成り立っているのです。

ですので、最初から要領が良い人材を目指すのではなく、仕事をこなしていくうちに要領が良くなっていくと考えて、気にしないようにすることも大事でしょう。

説明が下手

ビジネスシーンでは、説明の上手さ…つまり「自分の言いたいことを的確に伝える能力」も求められます。
一般的に、説明が上手い人を「頭が良い」と感じる風潮があることから、そうでない人は頭が悪いと感じられる場面もあるかもしれません。

ただ、これは「あった方が有利」というだけで、誰もが説明が上手である必要はないでしょう。
その証拠に、無駄に話が長いおじさんが管理職や社長を勤めている会社も、数え切れないほど存在します。
これも「察しが良い」同様に「あった方が有利」というだけであって、必須の能力とは言い切れません。

また、説明が下手か上手か、より広く言えばコミュニケーションが上手かどうかは、職場環境や関わる相手によっても変わるものです。
たとえば、話をしっかり聞く上司相手であれば会話も弾みコミュニケーションが得意でない人も説明上手になれるかもしれませんが、まともに話を聞かないで自分の持論ばかりを押し付ける上司のもとでは資質があっても、そもそも話す機会すら奪われしまいます。

そう考えると「説明が下手」「コミュニケーションが苦手」という問題は、話す相手や環境によっても左右するものだと言えます。

加えて言えば、説明が上手な人も「頭が良いから」という理由ではなく、事前にしっかり準備していたり、常日頃から本を読んで考える訓練をしているなど、フタを開けてみれば「単に努力していただけ」であることが大半です。

説明が下手で自身の頭が悪いと感じている人にとって、企業相手の面接は苦痛に感じるかもしれません。
ですが、これも事前に受け答えの準備や対策をしておくことで、ある程度は克服できる問題です。

理解力が低い

いわゆる「地頭の良さ」と呼ばれる頭の良さに「理解力の高さ」があります。
これは「一言って十理解する」という類の能力であって、逆に言えば「十言っても一理解するのがやっと」であれば、理解力が低いと言えるかもしれません。

これも、一言って十理解するような人間はごく一部の優秀な人間に限った話であって、大半の場合には「一を十回言われてでも理解してしっかりこなせる」方が、仕事においては大切です。

営業やマーケティングなどの物を売る仕事や、事業戦略に関わるコンサルタントの仕事であれば、少ない情報と時間から物事を理解する地頭の良さが求められるかもしれませんが、これらの職種でもすべての人が理解力が高いかと言うとそうとも限りませんん。

また、理解力が高い人の前提として「経験量や知識量が桁以外」であるなど、それまで積み重ねてきた経験があって、初めて実現できる能力なのです。

加えて言えば、仮に読者が自分が頭が悪いと悩んでいたとして「未知の仕事を理解した上で自分に向いているかどうかを知りたい」と考えている時点で「経験したことがないことを、事前に知ろうとしている」という姿勢があるため、理解力が低いとは言えません。

「わからないことをわかろうとする姿勢」こそ、理解力を上げていくための第一歩です。

学歴がない

頭が良いか悪いかを測るための基準として「学歴」という、わかりやすいものもあります。
そもそも、人を見る目が培われていない人にとっては「学歴が高い=頭が良い」「学歴が低い=頭が悪い」という、短絡的な決めつけにつながるのです。

実際に「高学歴」と呼ばれる人の方が頭が良い人の比率は多いでしょうし、そうでない「中卒」「高卒」「専門卒」は世間的には頭が良くない人に思われることでしょう。
ただ、これは人生経験の浅い人や仕事で苦労したことがない人の、短絡的な決めつけに過ぎません。

仮に学歴がある人の方が全体で見て頭が良いとしても、そうでない人にも学歴がある人とは違った「頭の良さ」があります。
たとえば、学生時代に恋愛経験が豊富な人であれば男女間のコミュニケーションの感覚の違いを理解して仕事でも活かせるかもしれませんし、変に頭が良すぎないからこそ単純な仕事に集中できる素養があるとも考えられます。
また、大学中退など若い頃に挫折を経験した人は、新卒採用後に苦労も知らずに育っている社員より、実は逆境に強い精神が培われているかもしれません。

採用においては、学歴がないと門前払いされることも少なからずありますが、学歴がない人にはない人なりの戦い方があります。
もし、読者が学歴のなさに自信を失くしてしまっているのであれば、気にする必要はありません。
なんなら、社会に出てからでも学ぶ機会はありますし、むしろ社会に出てからさほど学んでない人の多さに驚く可能性もあるぐらいです。

頭が悪い人に向いているかもしれない仕事

ここからは、自分の頭が悪いと感じて悩んでいる人に向けて、実際にいくつかオススメの仕事を紹介していきます。

注意しておいてほしいのは、ここで紹介する仕事に就いてる人が必ずしも頭が悪いというわけではなく、あくまで自分自身が頭が悪いと悩んでいる人に向けて紹介しているということです。
実際の仕事内容にどれだけ頭の良さが求められるかは、会社や職場環境によっても変わりますし、働く本人の資質によっても変わります。

また、選定基準として、実際の仕事内容に頭の良さが求められるかどうか以前に、就職するために学歴や資格が不要なことが多い職種であったり、所定の基準(試験合格)を満たしておけば未経験からでも就職可能かも判断材料としています。

採用前に頭の良さが問われにくい仕事であったり、入社前に努力でどうにかしやすい要素が採用基準とされている職種ですので、少なからず、頭の良いイメージのある学歴や経歴を問われない仕事であるという点で、頭が悪いことで悩んでいる読者にとってはチャンスを得やすい仕事も多いはずです。

そういった点を踏まえながら、自分に向いている仕事へたどり着くためのヒントとして、お読みください。

組立工(製造業)

組立工とは、予め製造された機械のパーツを組み立てていく作業を行う人のことで「自動車組立工」「光学機械器具組立工」が代表例です。変わったものでは「ピアノ組立工」「ロケット組立工」などもあります。

中でも、自動車組立工は「期間工」として未経験からでも採用される求人が出回っています。
これは全国各地に点在する大手自動車メーカーの製造工場に寮住み込みで働くもので、月給も30万円以上と条件が良いことで有名です。

組立工は他の製造工と違い、特殊な技術を必要としないことが多いため、最低限の体力と集中力さえあれば採用される点で、頭が悪いと悩んでいる人にとっても就きやすい仕事の一つだと言えます。

食品製造工

食品製造工と言っても、大手メーカーが販売する冷凍食品の製造や加工から、味噌職人や醤油職人などの職人的な食品製造技術を継承しているような業者もあります。

大手食品メーカーの食品製造工であれば効率化や分業化されているため、単純作業寄りでローカルな求人誌やハローワークの求人でよく見かけます。
インターネットでは単純作業の繰り返しを「刺身の上にタンポポを乗せる仕事」と冗談交じりに表現することがありますが、大手食品メーカーの製造工も近しい性質の仕事だと言えるでしょう。

逆に、味噌職人や醤油職人など、地方で少量生産されているような小規模の食品メーカーは、事業規模が小さいことから分業が進んでおらず製造以外の仕事も任されることもあったり、こだわりを再現するための細かいルールを覚えたり、経験を積んで勘を磨く必要がある点で、単純作業寄りでない可能性もあります。

どちらの仕事も、アルバイトやパートタイマー向けの求人で見かける職種なので、アルバイトからでもいいという人は探してみるといいでしょう。
その際、職種名は「工場勤務」「食品加工」「ライン作業」など統一されておらず、求人先によって表現が異なるので、会社の規模や事業内容も確認して、事業の実態を想像しておくことも大事です。

プログラマー

プログラマーになるには、数学が得意である印象が強いかもしれませんが、実際には数学に強い必要はありません。独特のプログラミング言語のルールを覚えていく必要があるため、既存の学問の得意不得意はさほど重要ではないです。

強いて言うなら、スマホでなくパソコンを常日頃から触っている人や、クロスワードパズルのようなゲーム性の高い問題をクリアしていくことが好きな人なら適性が高いかもしれません。
プログラマーは、対人コミュケーションにおける頭の良さとはまったく別の資質を求められるため、向いてる人にはとことん向いてる可能性があります。

その点で、自分が頭が悪いと悩んでいる人にとっては検討してみる価値のある職種の一つだと言えるでしょう。

WEBデザイナー(WEBコーダー)

WEBデザイナーも、頭が悪いと悩んでいる人にっては適職の可能性があるかもしれません。
「デザイナー」と聞くとセンスが必要なイメージがありますが、実際にはhtmlやCSSといったインターネット用のプログラミング言語を駆使してサイトのデザインや微調整を行うのが主です。
WEBデザインは複雑なルールや制限があり、その中でキレイなデザインに仕上げるかが問われるため、細かい作業に根気よく打ち込める人なら向いていることでしょう。

また、WEBデザイナーになる前に、「WEBコーダー」と呼ばれるディレクターやデザイナーの作った設計書通りにコードを打ち込む仕事もあるので、ここから始めてみるのもありかもしれません。

こちらもプログラマー同様、日頃からパソコンを使っている人の方がスキルを習得できる可能性は高いでしょう。WEBデザイナーに必要なスキル習得はオンラインスクールで受講できたり、職業訓練校で取り扱われていることもあります。

ゲームデバッガー

ゲームデバッガー仕事は、ゲームをプレイして予期しない不具合(バグ)が発生しないかを確認していく仕事です。たとえばロールプレイングゲームなどの場合、オープニングからエンディングまでストーリーや会話がつながっているかも、ひとつひとつチェックしていきます。そのほかにも、ゲームキャラクターが不自然な動きをしないかなども細かく調べたりするのです。普通にゲームをプレイして動作チェックするだけでなく、通常プレイしないような操作をしても不具合が起きないかどうかも確認しなくてはなりません。

ゲームデバッガーになるのに特別な知識や訓練を積む必要はありませんが、どんなゲームも楽しくプレイできる好奇心があり、地味な作業を長時間こなす集中力と忍耐力は必要とされます。ゲーム会社内でデバッグを行なうこともありますが、ほとんどの場合は専門のデバッガー会社に依頼しています。そういった企業のアルバイト募集情報を確認してみましょう。

夜職(ホスト・ホステスなど)

男性ならホスト、女性ならホステスと呼ばれる「夜職」も学歴関係なく未経験からでも就ける仕事です。
若いうちなら高給で、指名制の店なら月100万円を稼ぐ人もいます。

ホステスはクラブ、キャバクラ、スナック、ラウンジ、パブなどで働くこととなるため、お酒に強いことや接客スキルがあることが求められます。

一般の仕事とはまた別の資質を求められるという点で、昼職に上手く馴染めない人は夜の世界に挑戦してみるのも、選択肢の一つでしょう。

一般事務

事務員とは、実際的な仕事内容だけで言えば「Word/Excel(MicrosoftOffice)でデータの入力や処理、書類作成を行う業務を行う人」を指します。

最近では事務職は「AIに奪われる仕事の代表格」とも言われており、実際に大手企業では派遣会社に事務仕事を行わせていたり、IT化による効率化が積極的に取り入れられている業務でもあります。ただ、それは大きな会社の話であって、中小企業であれば事務職であっても受付対応など他の仕事も兼任することも多めですし、事務仕事をこなすにあたって専門知識が必要となる「医療事務」「貿易事務」など専門性の強い事務職も存在します。

事務仕事を行うに当たっての基礎スキル(PCスキル/Excelスキル/経理スキルなど)はどの事務職をこなすにしても共通する部分ではありますが、業種や職種によっては専門知識や経験があった方が実際に働く上で有利になることも少なくはありません。
たとえば、「貿易係事務員」をこなすに当たっては英語などの外国語スキルが必要な場面も増えますし、「統計資料事務員」として働くには統計に関する処理・分析能力も必要とされるため、要求スキルや学歴も高くなりやすいと言えます。

求人では「事務職」として募集されていることが多いですが、<b>事務職は有効求人倍率の高い人気職種でもあるので未経験からの就職は困難</b>とされています。とくに正社員として就職/転職を考えている場合は経験者が優遇されやすいので、仮に未経験から事務員を目指すのであれば派遣会社に登録してから研修を受けるなどして、スキルアップと就職/転職活動を両立するといいでしょう。

地方公務員

意外かもしれませんが、地方公務員も、ある意味で頭が悪いと悩んでいる人にとって向いている可能性の高い仕事です。
その大きな理由が、高卒程度の学力が想定されている初級試験であれば、高い学歴がなくとも試験に合格さえできてば採用される可能性があるからです。

高い学歴不要、試験勉強さえしっかり行えば採用確率が上がるという点で、民間企業について自分自身で調べたり適性を考えるのが苦手な人にとっては、下手に仕事探しをするよりは、しっかり試験を受ける計画を立てて勉強して公務員を目指すほうが向いているかもしれません。

また、地方公務員と一言で言っても一般事務から学校事務、消防官から技術職まで、採用後の配属先は広く、その多くは上が決めて配属されるため、下手に自身の適性に悩んで仕事選びに悩むぐらいなら、思い切って地方公務員を目指す選択肢もありでしょう。

自衛官

地方公務員同様、自衛官も採用ハードルは低めです。

健康的な体力や35歳未満であることが最低基準であるため、頭が悪いと悩んでいる人にとっては採用基準もかなり低めに感じるかもしれません。
配属も陸・海・空は希望できますが、詳細な仕事内容や正式な配属先は採用後の基礎訓練後に決まるため、これも地方公務員同様、自分自身で適性について悩む必要がない点で楽と感じる人もいることでしょう。

なお、自衛官は配属による転勤が多い仕事で有名で、訓練や宿舎生活もあるため、プライベートが仕事に左右されやすいというデメリットもあります。
逆に言えば、仕事外のプライベートの生活リズムの管理や健康管理も、自衛隊側が行ってくれると考えると、怠惰な人にとっては意外とありがたいものだとも受け取れます。

頭の悪い人でも向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に、自分に向いている仕事が見つかる転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く、登録しておくと非公開求人もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました