仕事で頭が悪い人間に共通する特徴。こんなバカとは付き合うな!世の中バカが多い!

IQ2000マン
IQ2000超えの
スコシテン編集部です

私が嫌いなのは、仕事やビジネスにおいて絶望的に頭の悪い人間です。

なぜ、頭の悪い人間が嫌いか?

答えは簡単。

頭の悪い人間は相手してて疲れるからです。

しかし、世の中にはうんざりするぐらい、バカで頭の悪い人間が多い。

IQレベルが20以上離れると話が合わなくなるといいますが、まさにその通り。

IQ2000超えの私からすれば、凡人とコミュニケーションチャンネルを合わせるだけで、一苦労というヤツですよ。

読者のみなさまも、Googleで検索して答えを導き出せる知能指数の高い人間ばかりでしょうかた、現実でスマホを使いこなせていないような頭の悪い人間との付き合い方に、苦労されている方も多いかと思います。

そんな悩める読者の皆様に、スマートかつ合理的に頭の悪い人間どもとストレスなく付き合える方法をご紹介して差し上げましょうとも。

スポンサーリンク

頭の悪い人に共通する特徴とは?

(c)金色のガッシュ!!

頭の悪い人間には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

IQレベルMAXの私が、身をもって知った頭の悪い愚かな人間たちに共通する、笑えるまでに共通する習性をまとめて差し上げました。

頭の悪い大人は感情で動く

頭の悪い人間に共通する特徴としては、感情第一で動くということです。

これはかの知能人、堀江貴文氏の「保育士は誰でも出来る仕事」に、感情論で反発していた人間を見ればわかりやすいでしょう。

あの発言の背景には「市場原理がこうなっていて、誰でも出来る仕事だと思われがちな現実をどうにかする方法を実行しないと、保育士の給料は上がらない」という事情があり、頭がいい人なら瞬時にそれを見抜けます。

一方で頭の悪い人間ほど、感情的にカッとなって「じゃあ、お前がやってみろよ!」などと脊椎反射でツイートして、炎上商法のカモとなってしまうのです。

この例は極端にしても、現実ではよく起こり得る現象でしょう。

勝手に他人の言葉を曲解して、感情的反論をしてくる人間、9割以上が頭の悪い人間ばかりです。

一方で、カッとなっても怒りを抑えることの出来る人間は、

「この言葉は一体どういう意図や目的で言ったんだ?」
「ここで感情を露わにしても、何一ついいことがない」

…と、冷静に物事を考えることが出来ます。

さらにレベルが高くなると、自分の感情を切り離してドライに物事を判断できるようになるため、感情に仕事が左右されることはなくなります。

真面目だけど頭悪い

頭の悪い人間に共通して見られる習性が「真面目なのに頭が悪い」という特徴です。

どういうことか言うと、

  • 他人の言われたことや指示通りにしか仕事できない
  • ルールやマナーを守っておけばいいと思っており、融通が利かない
  • 他人の話をうのみにして自分勝手に解釈し、理解できるまでコミュニケーションをとらない

…など、真面目さだけが取り柄な人間のことです。

そういう人間はマニュアル作業しか出来ず、前例のない仕事には一切挑戦できません。

また、言われたことや指示されたことしか出来ないため、それ以外の例外や不測の事態には対応できないのが、真面目なのに頭の悪い人間に共通する習性。

頭の悪い大人は経験を全てだと思っている

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」という言葉がある通り、頭の悪い大人ほど自分自身の経験を絶対だと過信して止みません

これはヤンキー自分の武勇伝を得意げに語るような心理ですね。

「オレの若い頃はこうだった…」
「昔はこうだった…」

経験を信じて止まない頭の悪い大人は、仕事でも経験則判断ばかりを行うため、柔軟な対応力や変化に適応することができません。

自分自身の経験など、自分自身や今いる職場にしか適応できない事実に気づけないわけです。

技術革新のめざましいこの時代において、自分の経験を過信しすぎることが致命的であることに気づかないバカな大人は多いですね。

残念ながら今の日本には、自分自身の経験を絶対だと過信して、座って偉そうに指示しているだけの、頭の悪い大人も多いです。

本来、そのような無能な人間はリーダーになるべきではありませんからね。

頭の悪い大人は先のことを読めない

頭の悪い大人は、先を読む能力に乏しいです。

前述の経験を絶対だと過信している性質に加え、目先の利益や問題しか見ていないため、

また、頭の悪い主婦が「1円安い商品を買うために隣町のスーパーまで買い物に行く」という、手段と目的が逆転しているバカな行いをする人もいますね。

それと同じで、目の前の事象の単純な計算しか出来ない、頭の悪い大人もたくさんいるのです。

頭の悪い大人は知識や教養が欠けているため、このように「先が読めていない」仕事を平然と行います。

「先のことはわからない」という言い訳するバカもいますが、それは想像力や思考力が足りていないからです。

頭の悪い大人は努力すればどうにかなると思っている

頭の悪い大人は、とにかく努力することがエラいと勘違いしています。

もちろん、努力自体は大事ですが、努力を目的と勘違いしている頭の悪い大人も多いです。

これは、頭の悪い国民の多かった時代の社員が「仕事は量が大事!」「死ぬほど働いた奴が偉い!」という、まるで部活みたいなノリで仕事していたことが原因です。

「努力が大事!」なんて言っているのは、学生気分で仕事している証拠ですからね。

未だに兵隊気分で仕事している、頭の悪い体育会系に合わせていることは、もはや時代錯誤と言ってもいいでしょう。

努力が大事」なのではなく「結果や成果を出すために努力するべき」なのですからね。

目的のない努力など、総じて徒労にしかなりません。

頭の悪い大人は他人の足を引っ張る

頭の悪い大人は、他人の足を引っ張るのが大好きです。

これは政治などを見ていれば、わかりやすい事実ですね。

頭の悪い国民向けに「国民感情がどうこうの~」というくだらない建前を用意しなければいけないわけであり、政治家や官僚は頭の悪い国民向けに多大な労力を割かないといけなくなるわけです。

これは政治に限った話でなく、あらゆる仕事や人間関係に言えます。

また、頭の悪い大人ほど、自分の無知や努力不足を棚に上げ、しょうもない嫉妬心で他人を叩きます。愚痴を言っておきながら解決する気が微塵もない人ほど、弱者利権を訴えるしか方法がないのです。

さらに、頭の悪い人間がリーダーになった場合、現場は悲惨なことになります。頭の悪い人間は他人の足を引っ張ることでしか活躍できないため、他人を動かす立場に根本的に向いていませんからね。

頭の悪い人間はゴシップ話やウワサ話が好き

頭の悪い人間の多くが、ゴシップ話やウワサ話が大好きです。

  • 有名人のスキャンダルや不倫話
  • 職場の人間の陰口やウワサ、恋愛事情
  • TVの占いやトレンドなど、何の足しにもならない話

こういった人は、大人になっても中学生レベルの話題から抜け出せておらず、知能が学生時代で止まったままです。

一方で頭の良い人間は社会や経済から自社の課題や今後を語り、雑談も仕事に有意義にフィードバックしていけます。

頭の悪い人間は自分で問題を解決できない

頭の悪い人間は、自分で問題や課題を解決できません。

ひどい場合ですと「他人に助けてもらうのが当たり前」「誰かに聞けば解決できる」と思い込んでいるため、なんでもすぐに他人に聞いたり、頼ったりします。

そのため、成長性もゼロで、いつまで経っても仕事も出来ません。

そういった人間は集団の足を引っ張るだけの存在にしかなりません。

頭の悪い大人に足を引っ張られない生き方を考えよう

このように、頭の悪い大人は本来社会から淘汰されるべき愚かな存在なのです。

頭の悪い人間は、他人の足を引っ張り自分が得をすることしか考えていないため、社会からすれば損にしかなりません。

しかし、世の中には頭の悪い大人の方が大多数ですので、頭の悪い大人と上手く付き合っていかなければならないわけです。

頭の悪い人間どもに叡智を授けることは出来ませんからね。

それも踏まえて、頭の悪い人間と上手く付き合っていく術を考えていきましょう。

頭の悪い大人の言うことは気にしないようにしよう

まず、一番大切なのは「頭の悪い大人の言うことは真に受けないようにする」ということですね。

頭の悪い大人は自分のことしか考えておらず、その上で感情論や経験則的主張を通し、さらに目先の事しか見ていないため、頭の良い人ほどバカに思えてくることでしょう。

政治家や公務員ならともかく、一般正社員がバカの言うことをいちいち気にしていてはまともな仕事は出来ません。

まずは、頭の悪い人間の言葉を受け流すことを意識しましょう。

上司でも社長でも取引先でも、頭の悪い大人はたくさんいますからね。

頭の悪い大人と関わらないで済む環境を目指そう

そもそも、頭の悪い大人と関わるリスクを減らすため、バカの少ない職場環境を目指すことも大事です。

バカばかりの底辺校に通って足を引っ張られるリスクを下げるために有名進学校に通うように、職場環境もなるべくバカと関わるリスクを下げるように努力していくべきです。

頭の悪い人間ばかりの部署でしたら、さっさと成果を出して上の部署を目指したり、あるいはバカばかりの会社でしたら、より自分に合った職場へ転職するなど。

出世や転職は頭の悪い人間と関わるリスクを下げるためにあるのです。

頭の悪い大人ばかりの職場は転職も視野に入れよう

頭の悪い大人ばかりと関わる職場でうんざりしている方は、前向きに転職を考えることをオススメしますよ。

最近では日本も欧米化が進み働き方改革も取り入れられているため、ひとつの職場にこだわる必要はありません。

バカと付き合っても、バカがうつるだけです。

百害あって一利なしですよ。

頭の悪い人間は、仕事でも大して成果を出せないで足を引っ張ってくる存在なので、頭の良い自覚があるのならば、前向きに転職を考えましょう。

頭の良い優秀な人間が、しょうもないバカな同僚や上司に足を引っ張られ続けるのは社会的に見ても損失ですからね。

頭の悪い人間と関わるリスクを下げる転職を成功させる秘訣は?

頭の悪い人間と仕事で付き合うリスクを下げたいのであれば、自分に合った転職方法をしなければなりません。

新卒一括採用のように、マッチング精度の低い転職方法をしていると、また今のような頭の悪い人間と関わる職場に就くリスクが高くなりますからね。

頭の悪い人間と関わらないで済む転職を成功させるコツは2つ。

  • 学歴や経歴などキャリアがなければ登録できない、ハイクラスの転職サービスを利用する
  • 仕事の目的・社風・志の近しい人物が多く集まる職場に就くため、リアルな社内の情報を集める

求人票や、会社側の説明だけでは「グローバルな活躍」「最先端」など、いくらでも言いたい放題ですので、まず参考にしてはいけません。

大事なのはリアルな信頼性の高い情報収集効率的かつ合理的で「頭のいい」人材募集方法を実行しているかを、見極めることです。

転職サイトに求人の募集を出すだけなら、どんなバカでも金を払っておけばカンタンにできることを、忘れてはいけません。

転職活動の仕方からして、すでに「頭のいい人を見抜く」方法が試されているわけですね。

理想で言えば、自分の足と目で企業実態を確かめたり、セミナーや人脈を通してリアルでクローズドで信頼性の高い情報を集めることが一番ですが、忙しいビジネスマンにはその時間も確保しにくいことでしょう。

ですので、折衷案として「転職エージェント」と呼ばれる転職代理人業者を通して、信頼できる転職先の情報を集めてみることをオススメしますよ。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

仕事の不満や愚痴
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました