【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

頭が悪い人にも向いてる仕事、頭が悪くて働けない人が見落としてるただ一つの視点

頭が悪くてもできる仕事が知りたい
頭が悪い自分に向いてる仕事なんてあるの?
頭が悪くても稼げる職業ってある?

現代では頭脳労働が増えています。

簡単だと思われており最低賃金の募集が多い「コンビニバイト」ですらも頭を使う仕事です。「覚えることが多い」「接客と品並べを並行しないといけない」などの必要があるからです。

それぐらい、今や多くの仕事が高度化しています

頭が悪いと悩んでいる人にとって、多くの仕事が自分にとって難しいと感じてしまうかもしれません。

もし、読者がそう悩んでいるのでしたら、心配する必要はありません。

なぜなら、自分の悩みを自覚して調べる力があったり、文字を読んで何かを理解する力があれば、その時点で「頭が悪い」とは言い切れない可能性が高いからです。

ある調査では「日本人の5割以上が文章を読めない」という結果も出ています。

それぐらい、自分で何かを調べて文章を読んで理解し、行動につなげる能力がある時点で頭が悪いはずがないのです。

そこで、この記事では以下のような流れで「頭の悪い人でもできる仕事」を深く考察していきます。

▼この記事を読むことで得られるメリット

  1. 「自分自身が本当に頭が悪いのか?」を見直す
    →「頭が悪い」という悩みを深堀りすることで適性を探っていきます
  2. 頭の悪い人にも向いてる仕事の紹介
    →頭の悪い人でも向いてると言える職業とその理由を解説します
  3. 頭の悪い人でもできる仕事を見つける方法と就くためのコツ
    →自分で仕事を見つけ出したり、就くための方法を紹介します

他サイトにはない情報満載で

本当に自分に合った天職が

見つかるかもしれません!

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

頭の悪い人にも向いてる仕事や業界

向いてる仕事を見つける上で大事なのは「自分の適性や強みを発揮できるか?」です。

頭が悪いと悩む人には、以下のような隠れた強みがあります。

  • 単純労働で集中力を発揮する
  • 頭が悪いという自覚があるので謙虚に学べる
  • 常識や知識に縛れない

工場のライン生産のような単純作業は、頭が良い人ほど作業中にアレコレ考えてしまうため、向いてないことがあります。

また、本当に頭の悪い人は「自分は頭が良い」と勘違いしているため、謙虚さが足りず、素直に学ぶことができません。

逆に本当に頭が良い人でも、専門知識があるばかりに難しく考えすぎてしまい、職場に馴染めないこともあります。

そういう意味で、頭が悪いと悩む人は「ゼロからなんでもできるかもしれない」というお宝人材です。

以上のように様々な視点から、頭の悪い人に向いてると言える仕事を紹介していきます。

今まで知りもしなかった

”意外な天職”に

出会えるかも!

ルーチンワークが主な仕事

ルーチンワークとは、決まった手順で繰り返し行う「定型業務」「単純労働」を指す言葉で、

  • 決まった手順で行うためマニュアル化しやすい
  • 創意工夫や専門性が必要な業務ではなく誰でもこなせる可能性が高い
  • 業務量が一定であるため計画的に進めやすい(自分でやることを決めなくていい)

などの特徴を持ちます。

頭が悪いと悩んでいる人の中でも、経歴や資格がなかったり、簡単な仕事を求めているなら、以下のような職業が向いてるかもしれません。

▼単純労働(ルーチンワーク)が主な仕事の代表例

  • 組立工
    機械のパーツを組み立てていく仕事。決められた手順に沿って作業するため、難しい判断を行うことは少ない。「自動車組立工」「光学機械器具組立工」が代表例。変わったものでは「ピアノ組立工」「ロケット組立工」なども。
  • 期間工
    自動車組立工の中でも、TOYOTAなどの大手自動車メーカーの製造工場で短期で働く。経験不問で月給30万以上、寮住み込みで働けるなど条件もよく、出稼ぎする人も多い。
  • 食品製造工
    大手メーカーが販売するような冷凍食品の製造や加工から包装までを行う。味噌職人や醤油職人など、職人的な食品製造を行う小規模な業者もある。職種名は「工場勤務」「食品加工」「ライン製造」など統一されておらず、求人によって表現が異なる。
  • 飲食店のキッチンスタッフ
    食材の調理や下ごしらえを行う。大手になるほど調理手順が指定されていることが多く、マニュアル作業で済みやすい。分業が進んでおりホールスタッフ/キッチンスタッフで分かれてる職場なら接客も少なめで済む。
  • データ入力スタッフ
    Excelなどで決められたフォーマットに従い、データの入力やチェック作業を行う。タイピングスキルの向上やデータ処理の技術を学ぶことができる。求人では「簡単な事務作業」「PCでのデータ入力」など、職業名よりは職務内容で募集されていることが多め。
  • 梱包作業員
    通販などで配達する商品の梱包や検品を行う。決められた手順での梱包が主であるため、独自の判断は少ない。 商品管理や梱包技術に関する知識を身につけることができる。
  • ゲームデバッガー
    仕事内容:開発中のゲームをプレイしながら、細かなバグを見つけ、報告する。

アルバイト求人誌で
見かけることの多い職業ですね!

これらの仕事は、

  • アルバイト・パートでの採用が多い
  • 重労働のものは派遣社員や契約社員の場合も
  • 未経験からでも採用されやすい
  • 年齢不問の場合も多い
  • 作業内容が指定されており複雑な判断力を求められない

などの特徴があり、頭が悪いと悩んでいる人でも無理なく続けられる可能性が高いです。

一方で、非正規雇用での採用が多いことから、長年続けてもスキルが身につかずキャリアアップが難しかったり、時給制なので収入が上がりにくいなどのデメリットもあります。

自分の生活に合わせた収入や
将来のキャリアも考えた上で
適切な働き方を見つけ出しましょう

学歴がなくても稼げる仕事

学歴がないことで「自分にできる仕事がない…」と悩んでる方にオススメの仕事を紹介します。

  • 営業職(とくに不動産や保険の新規営業)
  • 店長(小売店や飲食店)
  • 夜職(ホストやホステス、キャバ嬢など)
    就くためには「若さ」「見た目」はもちろん、就いた後は「接客スキル」次第で月100万円を稼ぐ人もいる。クラブやパブなどの飲み屋で働くため、お酒に強いことは必須。

いずれの職業も「未経験からでも学歴不問で採用されやすい」「売上に貢献すると若いうちに高年収を実現できる」という点で、学歴がなくても稼ぎやすい仕事だと言えます。

手先の器用さを求められる技術職や職人職

手先の器用さを活かしたり、何年にも渡り職人的技術を積み重ねて工芸品を制作するような職業も、頭の悪さがコンプレックスで適職が見つからない人にとって、向いてる可能性があるの要チェックです。

▼手先の器用さを求められる技術職や職人職

  • ジュエリー製作
    宝石や金属を用いた装飾品の制作を行う。手先の細かい作業や精緻なデザインが求められる。美的センスやクラフト技術を磨くことができる。
  • 裁縫師
    衣料品や布製品の製作・修繕を行う。縫い目の精度やデザインの再現性が必要。ファッションセンスや縫製技術の向上。
  • 時計修理
    時計のメンテナンスや部品交換を行う。細かい部品を取り扱うため、緻密な作業が求められる。時計の構造や技術を深く学べる。
  • 陶芸家
    土を用いての器や芸術品の制作を行う。形状やデザインの再現性、焼成技術が要求される。芸術的センスや陶芸技術の向上。
  • 鍛冶屋
    金属を加工して道具や芸術品を制作を行う。金属の性質や加工技術が必要。金属の特性や鍛冶技術を深く理解できる。
  • ガラス工芸
    ガラスを加工して装飾品や器を制作する。ガラスの緻密な加工や成型技術が求められる。ガラスの美しさや工芸技術を磨ける。
  • 手作りアクセサリー製作
    ビーズや素材を組み合わせてのアクセサリー制作をする。細かい部品の取り扱いやデザインセンスが必要。オリジナリティあるアクセサリーの製作技術やセンスを磨ける。
  • 木彫り師
    木材を彫刻して芸術品や工芸品を制作する。木の質感を活かした彫刻技術が要求される。芸術的な表現や木材の知識を深められる。
  • 刺繍
    布に模様や図案を刺繍する。細かい針の操作やデザインの再現が求められる。繊細な表現力や刺繍技術の向上。
  • 絵付け師
    陶磁器に絵や模様を描く。緻密な絵の描写や色彩感覚が要求される。 芸術的なセンスや絵の技術を磨ける。

これらの職業は、職人的な技術やキャリアが求められることも多いため、ちまたの求人に出回っていないことも多めです。

なので、既に職人として生計を立てている人物に弟子入りしたり、制作を行っている工房や団体に直接問い合わせして採用状況を聞くなど、就くための行動力が求められます。

採用ルートが限られているので
自発的に就くための方法を
模索する行動力が求められます

またデメリットとして、スキルや経験が通用する分野が限定的になるため他業界や職種への転職が難しくなったり、一人前になるまでの見習い期間は生計を立てるのが困難で仕事として成り立たない可能性があるなど、そういった点にも注意です。

手先の器用さを活かせる仕事は
以下の記事でも詳しく紹介してます

肉体労働全般

体力を求められる肉体労働全般も、頭が悪いことで仕事選びに悩んでいる人にとって、適職の可能性があります。

▼肉体労働の代表例

  • 物流業
    商品の運搬や配送に関わる職業。車の運転や荷物の運搬が主要な業務。指定された場所への運搬が主なタスクであるため、ルートさえ理解すれば難しくない「配達ドライバー」などが該当するが「積み荷の仕訳や搬入」といった役割もある。
  • 建設作業員
    建物や道路の建設や修繕を行う。外作業が多いため、健康的な身体が求められる。重機の操作や工具を用いた作業を行うこともあるため、技術職としての側面もある。
  • 農業従事者
    作物の栽培や収穫を行う。土作業や機械操作、収穫作業が中心。
  • 清掃員
    清掃業者に雇われ、委託先の清掃を行う。
  • 魚市場の仕分け作業
    漁港にて、スーパーや飲食店に出荷する魚の仕訳や加工を行う。早朝からの作業を行うため規則正しい生活を送る能力が求められる。
  • 荷役作業員(ドッカー):
    港や埠頭での荷物の積み下ろしを行う。重い荷物の移動や機械の操作が主要な業務。
  • 倉庫作業員
    商品の入出庫や在庫管理を行う。重い荷物の運搬や高所作業が必要。
  • 木材伐採作業員
    森林での木の伐採や運搬を行う。炎天下での作業や木を切り倒す力仕事が主なので、基礎体力が求められる。また、機械の操作技術を習得する必要がある場合も。
  • 資材運搬
    建築現場や工場での資材の運搬を行う。

これらの仕事は、社会を営む上でなくてはならないため、需要が高い割に人材不足が目立っているため、やる気や健康な身体さえあれば、未経験で年齢不問で採用される場合もあります。

また、キャリアアップしていく上で重機の操作や専門知識を身につける必要はあるものの、最初の段階は力仕事が主となるため、肉体労働をしつつ、技術や知識を身につけたい人にとっては適性を発揮できる可能性があります。

陰気くさい頭脳労働に疲れたら
肉体労働で心機一転するのも
ありかもしれませんね…

パソコンを使う仕事

パソコンを使う仕事は、

  • 「学歴がある」「専門知識がある」という頭の良さが求められない
  • 日常的にパソコンやスマホを使ってれば適性がある
  • 未経験からでも就きやすい
  • 対人関係面での頭の良さは求められない

という意味でも、頭が悪いと悩んでる人でも適職の可能性があります。

▼パソコンを使う仕事の例

  • プログラマー
    他の職業名:ITエンジニア、システムエンジニア、フロントエンドエンジニア(担当する役割で変わる)
    仕事内容:プログラミング言語を駆使して、WEBサービスを開発したり、メンテナンスする
    向いてる理由:プログラミング言語を覚えるための適性に、学歴は関係ないため
  • WEBデザイナー
    他の職業名:WEBコーダー、UI/UXデザイナー、WEBクリエイター
    仕事内容:WEBサイトのデザインや文字装飾などを行う。そのためにhtml/CSSなどの簡単なプログラミング言語や、Adobrソフトなどのデザインツールを用いる。
  • 事務職
    他の職業名:一般事務、営業事務、貿易事務、経理・財務
    仕事内容:会社の会計記録を「Microsoft Office(ExcelやWord)」などのITツールで管理したり、書類を電子化して保存したりする。簿記検定の試験問題のようなことを業務で行う。
    向いてる理由:業務自体は頭を使うことも多いが、試験制度や業務手順が確立されており、どの会社にも必要な仕事で需要が高いため

これらの仕事は「どの会社でも需要があるのに、人手が足りてない→なので、教育サービスも充実している」という理由から、未経験者向けのスクールサービスも充実しています。

そのため、学歴がない・専門性がないという意味で「頭が悪い」と悩んでいる人でも、挑戦してみる価値は大きいでしょう。

地方公務員

意外かもしれませんが、地方公務員も、ある意味で頭が悪いと悩んでいる人にとって向いている可能性の高い仕事です。

その大きな理由が、高卒程度の学力が想定されている初級試験であれば、高い学歴がなくとも試験に合格さえできてば採用される可能性があるからです。

高い学歴不要、試験勉強さえしっかり行えば採用確率が上がるという点で、民間企業について自分自身で調べたり適性を考えるのが苦手な人にとっては、下手に仕事探しをするよりは、しっかり試験を受ける計画を立てて勉強して公務員を目指すほうが向いているかもしれません。

また、地方公務員と一言で言っても一般事務から学校事務、消防官から技術職まで、採用後の配属先は広く、その多くは上が決めて配属されるため、下手に自身の適性に悩んで仕事選びに悩むぐらいなら、思い切って地方公務員を目指す選択肢もありでしょう。

自衛官

地方公務員同様、自衛官も採用ハードルは低めです。

健康的な体力や35歳未満であることが最低基準であるため、頭が悪いと悩んでいる人にとっては採用基準もかなり低めに感じるかもしれません。

配属も陸・海・空は希望できますが、詳細な仕事内容や正式な配属先は採用後の基礎訓練後に決まるため、これも地方公務員同様、自分自身で適性について悩む必要がない点で楽と感じる人もいることでしょう。

なお、自衛官は配属による転勤が多い仕事で有名で、訓練や宿舎生活もあるため、プライベートが仕事に左右されやすいというデメリットもあります。

逆に言えば、仕事外のプライベートの生活リズムの管理や健康管理も、自衛隊側が行ってくれると考えると、怠惰な人にとっては意外とありがたいものだとも受け取れます。

頭が悪くてもでもできる仕事を見つけるコツ

ここからは、上記のような頭の悪い人でもできる仕事を見つけるためのコツから長く働くための考え方まで、解説していきます。

「頭が悪い」という悩みを深堀りする

「頭が悪い」と言っても、具体的に「どういう能力が足りないのか?」まで深堀りできていないと克服できません。

以下は「自分は頭が悪い」と自信を失くしてしまう原因です。

▼頭が悪いと悩む原因

  • 学歴がないので求人条件を満たせない
  • 新しいことを覚えるのに時間がかかる
  • 勉強しても継続できない
  • 空気を読むのが苦手
  • 説明が下手で面接で通らない
  • 複数の仕事を同時にこなすのが苦手

以上のような要素から、自分に当てはまる部分を見つけて「自分が頭が悪い」と感じる部分を明確にしてみましょう。

仕事探し~働く過程で頭の悪さを克服する

頭が悪い原因をしっかり把握しておけば自分の考え方や工夫次第で克服可能です。

たとえば、新しいことを覚えることや勉強し続けることが苦手なら「研修が充実している会社」を選ぶことで、時間をかけて仕事を覚える選択肢が浮かんできます。

また「自分は何ができて何ができないか?」「苦手なことは何か?」を言語化することで、仕事選びにも有利になります。

なぜなら、実際には仕事ができないのに「なんでもできる」とアピールできる人ほど入社後にできない仕事を振られて潰れる可能性が上がるからです。

逆に「自分はこれができない」「こういうことが苦手」と説明できれば、自分の能力に合った会社で働ける可能性が高まります。

まともな会社であるほど「新入社員がいきなり馴染めるわけがない」とわかっているので、無理なく続けられる職場に就きやすくなります。

そうでなくても、仕事や勉強から長い間離れていると知力は衰えますし、新しい職場環境ではどんなベテランも慣れるまでに時間がかかります。

仕事では「1聞いて10理解する頭の良い人」もいます。

これは最初から頭が良かったわけででなく、普段から頭を使ったり、経験を積むことで、他人から見ると「頭が良い」と思えるだけです。

いきなりベテラン並の活躍をしようとするのではなく「徐々に仕事に慣れて一人前になる」ことを意識しましょう。

安易に「楽な仕事」に逃げない

「自分は頭が悪い…」と決めつけてしまうことは「言い訳」です。

勉強して難しい仕事に挑戦する選択肢よりも、楽な仕事に就きたい自分を肯定できるからです。

ですので「今の自分よりちょっと上の仕事」を選ぶという視点も重要です。

楽な仕事はやりがいが少なく、成長の機会が減ります。

逆に、ちょっと難しい仕事で困難を乗り越えることで、自信がつきます。

なので、ちょっと頑張れば続けられそうな仕事を選ぶことが、長く続けるコツです。

真に「頭が悪い」のは
頭が悪いとわかっているのに
努力をしない人のことだ

転職のプロに相談しておく

本当に自分に合った仕事、無理なく続けられる仕事に就きたいなら、転職サービスを利用してプロに相談しておきましょう。

そもそも「自分は頭が悪い…」という自覚があるにも関わらず、

  • 自分より転職の知識も経験も上なプロに相談しない
  • 情報を精査する能力がないのに求人だけで判断しようとする

という点で、努力の方向性が間違っていると言えます。

とくに求人情報に関しては、誰でも閲覧できる無料サイトほど「採用できれば誰でもいい」という求人が多く、給料が安いのに即戦力を求められる…なんてこともあります。

逆に転職サービスを経由すれば「この人はプロのアドバイスをちゃんと聞いて面接対策もしている人だ」と印象も良くなるので、採用確率もグッと高まります。

中には「他人に相談するのは面倒だし、怪しい業者に騙されたくないし、求人応募するだけで済ませたい」という人もいるかもしれません。

しかし、その「面倒な手間」を行うか行うかだけでも、良い仕事に就けるかどうかは変わります。

成功する人とそうでない人の差は、頭の良し悪しだけでなく、こうした「ちょっとした面倒事もしっかりこなすかどうか?」で決まります。

ぜひ、この機会に「良い求人を探して応募する」だけでなく、プロに相談することでワンランク上の仕事選びを行ってみましょう。

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました