バックエンドエンジニアに向いてる人の特徴

「バックエンドエンジニアになりたいけど向いているかどうかわからない…」
「バックエンドエンジニアになった後に向いてないと思って辞めてしまうのは避けたい…」

このようにお悩みではありませんか?

当記事では、適職診断ツールや筆者および知人の経験談などを基に、バックエンドエンジニア適性の高い人の特徴や性格などについてご紹介していきます。
キャリアに悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

バックエンドエンジニアに向いている人の特徴は?

未経験段階から、バックエンドエンジニアに向いているかどうか判断する指標があるとしたら、主に以下のような性格や価値観だと言えます。

  • 人とのコミュニケーションよりも作業に打ち込むことが好き
  • 革新や挑戦よりは安定性を重視する
  • 慎重な性格で計画性がある
  • 勉強好きな性格
  • 保守・管理に関する仕事が好き
  • コンピューターやシステムの仕組みについて興味がある
  • 表に立つ仕事よりは裏方の仕事の方が好き

実際に働いているバックエンドエンジニアにも上記のような性格や価値観の人が多く、一定以上は「バックエンドエンジニアとして続けやすい性格」があるのは間違いないと感じています。

とくに未経験段階であれば「バックエンドエンジニアが向いている!」と感じられるかどうかが、仕事を続けていく上でのモチベーションにも関わってくるはずなので、当てはまる項目が多いのであればバックエンドエンジニアとしてキャリアを歩むことも考えてみるといいでしょう。

人とのコミュニケーションよりも作業に打ち込むことが好き

他人とのコミュニケーションするよりも、作業に打ち込むことが好きなのであれば、バックエンドエンジニアに向いていると言えます。

また、人と関わることが好きかどうかはともかく、他人が干渉してこない環境下での方がパフォーマンスを発揮しやすいのであれば、プログラマーやエンジニア全般に適性が高い可能性があります。

とくにバックエンドエンジニアの場合、フロントエンドエンジニアと比べて裏方としての側面が強く地味な仕事が多いため、表に出て対人営業を行う機会もそこまで多くないはずです。

ただ、これはあくまで「人と関わるよりは作業に打ち込める仕事の方がいい」という、やや消極的な側面もあるため、以下の記事を読んで他の職種も知っておくといいでしょう。

関連:誰とも関わりたくない人に向いてる仕事28選【人と極力関わらず作業に打ち込める仕事がオススメ】

革新や挑戦よりは安定性を重視する

バックエンドエンジニアは仕事の性質上、革新性を求めて挑戦的なWEBサービスやアプリを開発できるフロントエンドエンジニアと比べ、安定性を重視する人の方が向いていると言えます。

また、バックエンドエンジニアを採用している企業は大手企業やその下請けの中小企業が大半で、年収や待遇面では安定性が高いと言えます。

慎重な性格で計画性がある

慎重な性格で計画性があることも、バックエンドエンジニアに欠かせない資質です。

とくに大規模なプロジェクトに関わる仕事であれば、一部のエラーやミスが大きな影響を与えてしまうこともあるため、慎重で計画性のある性格である方がバックエンドエンジニア向きです。

また「段取りよく仕事を進めていく能力」「リスクを想定して計画進行を考える能力」なども要され、エンジニアとしてキャリアアップしていくに連れて、その傾向が強まっていきます。

勉強好きな性格である

バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアと比べ、基礎的な情報技術に関する知識・教養を理解しておく必要のある仕事です。

ノートパソコン一台でも仕事のできるフロントエンドエンジニアと違い、バックエンドエンジニアは大きな会社でしか触ることのないプログラミング言語やハードウェア機器についても理解する必要もあり、基礎的な知識があるほど業務の習得度も高くやすいです。

ですので、専門書を一から読んで体系的に勉強するのが好きなのであれば、プログラマーの中でもバックエンドエンジニアとしての適性が高いと言えることでしょう。

関連:勉強はできるけど仕事はできない人に向いてる仕事8選!

保守・管理に関する仕事が好き

バックエンドエンジニアは役割上、保守・管理が主となることも多いです。

具体的には、

  • サーバーやシステムを構築する
  • 運用しているシステムにエラーがないか日々点検する
  • エラーが起こった際には復旧作業に取りかかる
  • 上記に対応できるように日々知識をアップデートしていく

という流れの仕事内容が主となります。

そのため、フロントエンドエンジニアのように革新的なアイデアを出して開発したりするようなことは少なく、どちらかと言うと保守・管理寄りの仕事を任されることとなります。

ですので、一度業務内容や工程を覚えてしまえば似たような仕事が続くことになり、日々新しい知識を吸収したり新しい仕事に挑戦していくことに抵抗を感じるような人であれば、バックエンドエンジニアは天職に感じることでしょう。

コンピューターやシステムの仕組みについて興味がある

バックエンドエンジニアはその性質上、コンピューターやWEBサービスの裏側の仕組みについて深い知識を習得する必要があります。

そのため「パソコンはどうやって動いているのか?」「システムはどのようにして動かすのか?」と言ったことに興味関心があった方が、業務や知識の習得度は高まるはずです。

表に立つ仕事よりは裏方の仕事の方が好き

表に立つ仕事よりは裏方の仕事の方が好きなのであれば、バックエンドエンジニアは向いてるかもしれません。

フロントエンドエンジニアになる、小さめの会社では営業や会議の出席などもしないとならないこともしばしばあります。

また、実際に開発したものが表でユーザーに評価されるWEBサービスやアプリと違い、バックエンドエンジニアの制作物は一般の人から評価されるようなことは少ないです。

そのため、目立つものを作って世間的な評価を得ることよりは、技術を駆使して誰かに安心してもらえるものを作り出すことが得意な人の方が、バックエンドエンジニアとしての適性は高いと言えるはずでしょう。

バックエンドエンジニアになるには?

ここまではあくまで「バックエンドエンジニアの適性や素質」という部分についてお伝えしてきましたが、どれだけ素質や適性があったとしても、実際に行動してみなければ本当に適性があるかどうかはわかりまません。

そこで、ここからは実際にバックエンドエンジニアになるまでの具体的なステップや意識しておくべきことについてご紹介していきますので、バックエンドエンジニアになりたいと考えているならぜひ参考にしてみてください。

システム開発・設計・運用に関するスキルや基礎知識を身につける

バックエンドエンジニアの主な仕事となる開発・設計・運用、どの工程に関わるにしても、基礎的な知識やプログラミングスキルを習得しておくに越したことはありません。

体系的な知識を習得するのであれば、以下のような資格取得に向けて勉強してみるといいでしょう。

  • 基本情報技術者試験(国家試験)
  • CCNA(Cisco Certified Network Associate)

また、プログラミングスキルとしては、

  • Java
  • C++
  • Perl
  • PHP
  • Python

などの言語が主流であり、いずれかを触ったことがあるのであれば、バックエンドエンジニアの実業務に馴染みやすくなるかもしれません。

バックエンドエンジニアの開発環境では「Linux」と呼ばれるOSが使われることになり、サーバー運用時にはMySQLについても理解しておく必要があるため、それぞれの基礎的な知識を身につける必要も出てきます。

いずれにしても、感覚だけで扱える言語の多いフロントエンドエンジニアよりは、基礎となる知識を体系的に学習する必要があるのがバックエンドエンジニアの特性だと言えます。

中堅以上の企業でバックエンドエンジニアとしての業務に携わる

バックエンドエンジニアとして活躍するには、基礎的な知識や技術を習得した後、企業で実際に働くことが大事になってきます。

バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアと違い、ベンチャー企業よりは大企業やその下請け企業が多く、若いうちにより大企業の商流に近い範囲で経験を積んでおく方が将来的なキャリアの選択肢も広まります。

とくに中堅以上の会社が導入している大規模なシステムに関する仕事や、複数の会社が関わる大きなプロジェクト案件はフリーランスや派遣では経験できないことも多く、まずは中規模以上の企業でバックエンドエンジニアとしてのキャリアを固めることが、将来を安定させるために大事な要素になってきます。

バックエンドとフロントエンドの違いや重なる部分を意識する

記事中で何度も「フロントエンドエンジニア」という単語を出していますが、バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアでは明確に仕事上での役割が違う部分もあれば、重なる部分もあります。

エンジニアとしての入り口はバックエンドだとしても、働くうちにフロントエンドが担当する知識や技術が必要になっていくことも予想されます。

そうなった際、基礎的な知識・教養やシステムの根幹となる設計に詳しいバックエンドエンジニアの方が、プログラミング言語を使えるだけでも一応は仕事のこなせるフロントエンドエンジニアよりは飲み込みが早くなるかもしれません。

最終的には、自分一人で全ての工程を担える「フルスタックエンジニア」を目指して、どのような環境でも働ける高年収人材に成長できる視野を持っておくといいでしょう。

プログラミングスクールに通って基礎知識を学び就職支援も行ってもらう

ここまで記事をお読みの方で、明日からでもプログラミングを学ぼうと思った方であれば、プログラミングスクールに通ってみることを検討してみるのもいいでしょう。

とくに「どのプログラミングを学ぶべきか?」「本当にプログラミングを学んでも役に立つか?」と悩んだまま何もしないままで居続けるのは、ハッキリ言って時間の無駄でしかありません。

ですが、現在は多くのプログラミングスクールが現れており、無料のものから100万円近くの費用のかかる高額のものまで存在し、その地点で「どのプログラミングスクールに通うべきか?」という悩みが生じることになります。

当サイトでも、様々なプログラミングスクール業者からの広告掲載の打診を受けることがあり、日々業界内情やサービス内容についての調査を重ねておりますが、読者に紹介する際には、以下のような問題があると感じております。

無料スクール有料スクール
広告イメージ誠実な就職支援サービスというイメージはあるものの、カリキュラム内容の詳細などが少ないなどの問題があるプログラミングを学ぶことで自由に働ける・高年収になるなどのイメージを優先しているが、実情は未経験者を欲しがらない企業に無理やり斡旋する形
就職先の実情不十分な知識やスキルのまま就職先が決まり、早期退職につながることも珍しくない広告イメージとは真逆の地味な仕事を行う転職先が多く、理想と現実のギャップに苦しむ利用者も少なくない
料金設定無料で利用できる分、利用ユーザーの質が低い・学習内容よりも就職斡旋が重視されるなどの問題がある50万円以上もする高額スクールは一等地にオフィスを用意する・広告費を過剰に使うなどの無駄が多い

無料スクールでは「就職斡旋が主な目的になるため、カリキュラムの質が低い」という問題が生じやすく、逆に高単価なスクールは「ビジネス的な側面が強く、無駄なところにお金をかけすぎていて受講料が高くなる」という傾向にあります。

この2つの問題をクリアしており、適性な料金相場でなおかつ受講後のキャリア支援も見据えたプログラミングスクールが「ウズウズカレッジ」です。

ウズウズカレッジが手がける株式会社UZUZは20代の就職・転職支援の実績のある会社で、WEB・IT領域にも強いのが特徴です。

ウズウズカレッジでは「プログラミングコース(Java)」「CCNAコース」の2つのコースがあり、これまで人材紹介を手がけてきたウズウズならではの、業界内情に合わせた学習プランの用意されているプログラミングスクールだと言えます。

スクールで行われるカリキュラム内容も、安定した就職・転職先を見つけ出すために厳選されたものとなっており、これからプログラミングを学んでキャリアを固めたい人にとっては真っ先に利用を検討しておくべきサービスです。

ウズウズカレッジは有料ではありますが、事前の説明や相談は無料で行ってくれ、その後に本当に受けるべきかどうか判断できるので、気になった方は登録だけでも済ませてみて説明だけでも聞いてみるといいでしょう。

また、もし「どちらのコースにするべきか悩む…」という方がいらっしゃいましたら、どちらかのコースから登録だけ済ませてオンライン説明会でどちらのコースを選ぶべきか相談することも可能です。

プログラマーになるべきかどうかで転職について悩まれている方も、ウズウズでは「ウズキャリ」という転職支援サービスも行っており、各サービス間の連携も強い会社ですので、仮にプログラマーにならないにしても他の転職先を見つけたい際に強い味方になってくれるはずです。

以下の記事では、ウズウズカレッジで学ぶカリキュラム内容の是非や、実際の流れなどを詳しく解説していますので、より詳しい情報をお求めの方は合わせてお読みいただき、ぜひ利用を検討してみてください。

関連:ウズウズカレッジ・CCNAコースについて徹底解説!CCNAって何?学ぶメリットは?

向いてる仕事【職業】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました