【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

適職診断は当たらない!?転職活動に診断系ツールを活用する際の注意点とは?

最近、改めてリクナビNEXTの自己分析ツールである「グッドポイント診断」を研究・分析しているのですが「あれ?正直、これ”バッドポイント診断”じゃね?」と気づいてしまいました。

関連:グッドポイント診断の自己分析・自己アピール方法。リクナビNEXTの性格診断はどこまで当たっているのか?

ぶっちゃけ、ちまたにはアフィリエイト報酬のために「ヤバイ!超当たってる!」だとか「なんだか、こう言われるとうれしい!」だとか「自分の強みを知ることが出来ました!」だとか、グッドポイント診断を持ち上げている記事は多いです。

別に私も、金のためにそういう浅い記事を適当に書いてもいいのですが、正直それでは面白くありません。

ですので「あえて、批判的・懐疑的にグッドポイント診断を考えてみる」ことで、グッドポイント診断の使い方を考えていきたいと思います。

※ちなみに、リクナビNEXT自体は「良くも悪くも、リクルートらしく無難に最近の若者のニーズに合わせてるな…」という感じなので、登録しておく価値はあります。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

グッドポイント診断が当たらない原因とは?

「グッドポイント診断が当たらない!」

そう考えてしまう人の原因は、ざっと思いつく限りで以下の通り。

  • 自己肯定感が極端に低く、卑屈な性格
  • 成功経験がないので、自分の強みに無自覚
  • そもそもが、占い・診断ツール自体に懐疑的

「グッドポイント診断が当たるか当たらないか?」についての答えは「統計学なので、7~8割ぐらいは当たるように出来ている」としか言い様がありません。

しかし、私みたいな「思考がメタとアンチ特化」みたいな人間ですと、その気になれば「当たっていないと思うように解釈可能」ですので、どうとでも受け取れるんです。

で「当たっている前提で解釈する場合」と「当たっていない前提で解釈する場合」の心理状況を踏まえると、以下の通りに分類されます。

グッドポイント診断が当たっていると感じている人→自分の強みを活かせる職場で働いている、またはその経験がある
グッドポイント診断が当たらないと感じている人→自分の強みを実感する経験に欠けている、あるいは弱みばかり指摘してくる人との付き合いが多い

まあ、要は「結果論」に終始するのです。

転職して自分の強みを実感できればグッドポイント診断は当たっていると言えますし、逆に転職もせずに自分の強みを発揮できない職場に居続ければ、構造的に当たらないように出来ています。

リクルートらしく「ポジティブ」に寄り過ぎ

グッドポイント診断は、良くも悪くもリクルートらしく「ポジティブ」な結果になってしまうのが、一つの問題点と言えます。

診断結果がすべてが肯定的で前向きな表現ばかりなので、自己アピールへの転用にも使えます。

これはおそらく、リクルートがポジティブ体育会系のバリバリの営業・広報が集まる企業であり、お互いの長所を伸ばし合う社風なので、その社風が反映されているのだと思います。

参考文献

…が、すべての企業や人間が、リクルートのような業界No.1・リア充のメンタルで働いているわけではない点は、知っておかなければいけません。

現実問題として「面接は落とすためにやる」わけですので、多くの企業や人事は欠点探しやあら探しに終始しやすくなるはずです。

(その証左として、企業は自分たちに都合の悪い情報を隠したがる)

ですので、グッドポイント診断ツールで強みを探すと同時に、他のアセスメントツールで弱みも知っておく必要もあります。

だいたい、初対面からペラペラと「自分の強み」「自分のいいところ」ばかり喋ってくる人間、普通は信じません。

そんなもん、実力と結果と行動で示せばいいだけですから。

ですので、自慢気に自分の強みばかり語る人間は「ウソくさい、あら探ししてやるか…」と思うのが、普通の人間感情です。

それも、採用に失敗したら責任を追求される立場の面接官なのですから、慎重になって欠点探しをしてくるに決まってます。

そして残念ながら、私のグッドポイント診断結果である「悠然性」「独創性」「親密性」「慎重性」などは、明らかにリクルート的な体育会系社風とは相容れません。

「未来」は観測できないため、自己アピールに転用しにくい

グッドポイント診断の診断結果は「自分の中に隠れた強み」になるので、その真価は採用企業側が「将来性に期待」することで発揮します。

ですが、ここで採用企業側と求職者側で、矛盾が発生します。

将来性に期待して若手を採用する企業側が、採用人材に「過去の功績や経験」を求めだすと、根本的に論理破綻しているので、がんじがらめの心理状態になってしまうのです。

そもそも、過去の功績や経験が、自社内で活かせる保証など一切ありません。

ですので、極論で言えば経歴ですら無価値に帰す場合もあります。

じゃあ、なぜ過去の経歴や経験が重視されるかと言うと「採用する企業側が安心感を得たいから」です。

この前提で踏まえると「採用面接では第一印象が大事」「話していることの7割以上は聞かれていない」「人柄や直観の方が大事」なども、ほぼ説明できます。

私は面接を「心理戦」だと思ってますが、人事・面接官側が自分の心理状態を把握できていないケースは、往々にしてありえます。

ですので、企業側が人材に求める要素は「安心感=無難で間違いないコト」になります。

(コネ入社が最強なのも、そのため)

よって、グッドポイント診断の強みの中で、自分が実感できない要素はすべて機能しなくなります。

人材会社の中の人の見解を見ているとわかりますが「自分自身の実体験から、強みをアピールして欲しい」と、しつこいぐらいに言われております。

それが何を意味するかと言うと「診断結果や他人の受け売りを、そのままコピペして話している人が多すぎる」という事情が見えてきます。

で、実体験が伴わない”強み”のアピールに関しては、人事側はほぼ確実に見抜きますので、グッドポイント診断はまったく役に立ちません。

…例のサイコパス犯罪者の名文を引用しておきますね。

たんに言葉としての感情や、本で読んだ感情や、自分の貧しい想像力をとおしての感情は知っている。
自分がそういう感情をもつことは、想像できる。
つまりそれがどんなものかは知っているが、実際にはそう感じていない
私は37歳だが、ませた子供みたいなものだ。
私には少年のような熱情しかない。

出典:ジャック・アボット(猟奇殺人犯)/診断名サイコパス-身近に潜む異常人格者 より

この名文を読めば理解できますが、実感の伴っていない”強み”など、自分自身で実感できていないのですから、どうあがいても相手には伝えられないのです。

そうなると「自分が実感できていない強み=将来、開花するかもしれない才能」は、実証不可能となります。

結果は結果として表面化して、初めて認識されますから。

そして、企業側は「未来にどういう人材に育つか?」よりも「過去にどんなことをしてきた人材か?」を重視します。

仮に結果が出せていないにしても「こういう方向性で今まで努力してきた」という実績が必要になるので、努力した経験がない人間はどれだけ診断ツールを使ってみても、自分の強みを実感できないという状態に陥ります。

(ちなみに、私の場合は「一般的に努力と言われるものを努力だと認識しない」という欠陥を抱えているみたいなので、それが障壁になっております)

「将来、こういう人材になりたい」と、口ではなんとでも言えますが、そこに至るまでの具体的な行動や努力がなければ、まず信用されません。

ですので、グッドポイント診断は「自分が経験したことのある強み」以外は、たとえ将来そうなる資質があったとしても、まったく実用的ではありません。

そのあたりが「アセスメントツールの限界性」という…よりも「採用人材の将来性や可能性を信じられない、企業側の弱さ」とでも言えます。

会社側に「社員を最後まで面倒を見てやる!」という器量がなくなっている時代なのですから。

長ったらしく説明しておりますが、この問題は一言で言えば「単に人生経験が欠けているだけで片付く問題でして、そんなもん20代の若者はみんな当たり前なので、とくに気にする必要はありません。

このタイプの「過去に大した成功経験がない若者」に関しては、謙虚さ・やる気でしか勝負できないので、素直に人柄重視の既卒・第二新卒向けの転職サービスを活用するほかないでしょう。

関連:【20代必見】既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けの就職・転職情報まとめ

アセスメントツールの「主観から抜け出せない」危険性

アセスメントツールはその性質上「主観から抜け出せない」という危険性をはらんでおります。

※アセスメントツールとは、適職・能力・性格診断ツールのこと

「主観から抜け出せない危険性」というのは、どういうことかと言うと…

「思い込みが強くなる」
「都合のいい情報しか読み取らない」
「当たっていると思える結果で出るまで施行する」

…など、悪い言い方をすれば「独りよがり」「自分勝手」に、自分を認識することが出来るということです。

(グッドポイント診断が一回しか使えないのも、意図的な結果の改竄防止だと思われます)

この手の心理テストはメタると、ある程度は狙って自分が出したい結果を出せます。

学校の傾向対策して100点取るのと変わりないので。

あんなもん、ただの対テスト問題制作者戦だし…。

ですので「利用者側がウソ偽りなく答える」という前提がなければ破綻しますし、本人にその気がなくとも、実際の自分とは違う回答をしてしまう可能性もあります。(認知の歪み)

そうなると「自己分析をしっかり出来ていない人が、自己分析のためにアセスメントツールを使って、ますます自己分析を見誤ってしまう」という、がんじがらめになる危険性もあるのです。

これは別にアセスメントツールの問題ではなく、文章などの「一方的に受け取るものすべて」に当てはまります。

確証バイアス」「バーナム効果」などがわかりやすい心理効果の代表例で、私も文章書く時は”意図的”に使ってます。

グッドポイント診断を”メタ思考で考えていない”問題

最後は完全に筆者の持論ですが「グッドポイント診断(=アセスメントツール)は、その背景となる統計学・心理学を理解して、初めて有効活用できる」と思ってます。

あらゆる知識や情報は、メタ的に理解しないと、その答えが何を意味するかは理解できません。

わかりやすく言えば、グッドポイント診断の結果を見て当たっている・当たっていないと騒いでいる人は「数学の答えだけを見て、数学が出来た気でいる」人です。

一方、メタ的に理解している人は「答えに行き着くまでの、証明段階の数式を理解している」人だと言えます。

で、学問の本質は「先人の経験を自分で経験せず、知識として理解できる」というところにあるので、答えが正しいかどうかではなく「先人の経験を理解しないと実用に活かせない」という問題をはらんでおります。

そこさえ理解しておけば、統計学ベースであるアセスメントツールが何を意味するかは、自然とわかります。

…が、数学の課題で「答えだけ書き写した人」や「ただ、言われたとおりに式を解ける人」が、何一つ理解できないことは自明ですよね

ですので、ガチで自己理解や統計学ベースの人事配置をやりたいのであれば、心理学・統計学を体系的に学んで実践する必要があるんです。

それを「このツール使うだけで、適性がわかるよ!」と真に受けて、診断結果を盲信する人間、ただのアホです。

過去にも「クレペリン検査」など、理論体系自体に疑問点の残るアセスメントツールが導入された事例もありますが、あれも「どこぞの権威が提唱しているから、就職・転職活動に転用しよう!」と、思考停止で導入するアホ企業・アホ人事がたくさんいるからです。

で、私の経験則上、社会はそういうアホが9割以上占めていると学んだので、アホに合わせて世の中の大半が動いていると理解しております。

よって、グッドポイント診断もアホが使うと「当たっている・当たっていない」という、めざましテレビの朝の占いレベルの価値しか持たない結果になります。

(なので、集客パンダとしてしか機能しないグッドポイント診断は、マスコットキャラクターがパンダなのである)

結論:適職診断ツールは「集客ツール」としての側面が強いので過信は禁物

この記事で解説した通り、人材会社が用意する適職診断は集客ツールとしての側面が強いので、当たっている・当たっていないは二の次だと言えます。

診断の設計に心理学・統計学などの専門知識や膨大なデータを活用している「ストレングスファインダー」であったり、ユングの提唱した理論を後年の心理学者が研究してきた「MBTI」などは、歴史も古いので一定の信憑性や精度はあります。

しかし、ストレングスファインダーを真似たと思われる「グッドポイント診断」であったり、最近のMBTIを真似たと思われる様々なタイプ診断は、診断時のアンケート設定から診断結果で表示される職種まで、どのような根拠があるのか不明な点で、信憑性はやや落ちると言えます。

ただ、適職診断ツールが集客ツールや占い系のエンタメツールとしての側面が強いとしても、効果的に活用することで、以下のようなメリットは得られます。

  • 世の中にどういった職種や業種があるのか知る機会になる
  • 自分の性格の強みや弱みを客観的に見直す機会になる
  • 診断ツールを使ったついでにスカウトメールを受け取れる

逆に以下のようなデメリットがある点には注意です。

  • 診断後に出てくる自分の強みや特性を実感できるとは限らない
  • 経験が少ないと診断中の質問への回答が曖昧になりやすい
  • 自己アピールに活用するには言語化能力が求められる
  • 適職診断ツールの結果が転職サイト内で届く求人に影響を与えることは少ない

このような性質を踏まえた上で、あくまで「自分を知る機会」「他の職種や業種を知る機会」として適切に扱いつつ、自分に合った仕事探しや転職活動のアピールは自分自身でもしっかり行い、場合によってはエージェントなどでキャリアアドバイザーの力を借りることで、より自分に向いてる仕事にたどり着ける可能性は上がることでしょう。

適職診断を過信せず、転職エージェントの力を借りておく

適職診断ツールの診断結果が当たらないと疑問が出てきたり、イマイチ転職活動に有効活用できてる実感がないなら、転職エージェントも活用しておくといいでしょう。

最近では、自社独自の適職診断方法を導入しているエージェントであったり、向いてる仕事に就くための具体的な道のりから必要なスキルまで紹介してくれるエージェントも出てきているため、自分に合ったサービスを選ぶことで、より自分に向いてる仕事へ出会える可能性が上がります。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました