バンドマンが夢を諦めるなら何歳?プロデビューを目指して挫折した僕が語る、バンドマンのその後

ども。元バンドマンのデニーです。

「メジャーデビューを目指してバンドで食っていく!」
「インディーズでちまちま稼いでやっていく!」
「音楽で飯を食っていく!」

そういった、バンドや音楽で夢を追い続ける人もいますよね。

僕も昔はそうでした。

いい加減、現実見ようぜ?

何年もバンドを続けて、対バンしたり、周りのバンドを見ていると、先は見えてくるです。

才能や能力のあるバンドは20代前半で音楽会社に見込まれたり、あるいは自分たちの地道な営業力で、少なからず何かしらの芽が出てきます。

その一方で、何年たっても冴えない自己満足のような音楽活動をしている人も、たくさんいますよね。

僕もそんな”冴えない・売れないバンドマン”の1人でした。

20代前半までに芽が出なければ諦めよう

まず、僕が言っておきたいのは「20代前半にまで芽が出なければ、バンドや音楽で食っていくなんて諦めろ」ということですね。

僕の知り合いにはデビューした人やインディーズで細々と成功している人もいますが、だいたいの方が20代前半には何かしらの成果を出しています

20代前半で結果が出せなかった人が、その後も結果を出すなんて、かなり難しい話だと思います。

また、20代後半や30代でも音楽会社の子飼いで活動しているバンドもありますが、バイトと音楽活動で苦しい生活を送りながら、それでも強靭な意志で音楽に打ち込んでいます。

正直、僕はそういった人たちのような情熱がいつまでも続くとは思えませんでした。

報われない努力をいつまでも続けることは、強靭な意志が必要です。

お笑い芸人や役者さんなんかも、泥臭い努力と下積み時代を経て、30代中盤でやっとヒットする方もいますが、みんな下積み時代で何度も何度も折れそうになる中で、運を掴み取って上に上がってくるわけです。

あなたには、そこまでの意志と覚悟がありますか?

もし、ないのであれば、早々に夢に見切りをつける方がいいと思います。

デビューしても”食えない”という現実

また「メジャーデビューがゴール」と勘違いしたバンドマンやミュージシャンが、一発屋として落ちていった話も、腐るほど聞いたことがあります。

「昔、メジャーデビューしてCD出したけど、その後売れずに今はバイト生活」というバンドマンも、今まで何人かお会いしました。

最近では、音楽業界は儲かっていないので、そういった話はしゅっちゅう聞きますね。

仮に、今から努力して運良くデビューできたとしても、その後食っていけるかどうかは、別問題なのです。

音楽業界は、弱肉強食の世界で、常に勝ち続ける意志のある人でないと、ずっと食っていけることのできない、厳しい業界です。

「一発当てて、大量に稼いでやるぜ!」と意気込んでいる方は、絶対に長く続かないと思ってください。

基本的に、音楽業界・メジャーレコード会社では、著作権配分の関係でミュージシャンが「一発当てて稼ぎまくる」ということは、現実的には不可能な仕組みになっています。

「およげたいやきくん」の作曲者が、版権を5万円で売り渡していて印税が入ってこなかった…という話もあるとおり、基本的にミュージシャンは搾取される側だと思っておきましょう。

25歳でバンドマンを辞め、社会人を志す

僕がバンドマンを辞め、音楽活動とおさらばしたのは25歳の時でした。

周りの友人が社会人として立派になっていく中、バイトでのギリギリ生活とさえない音楽活動を続けることに、徐々に苦痛を感じ始めてきました。

周りの友人やバンドマンは「頑張れ」「夢を追えるなんてかっこいい」なんて社交辞令を言っていましたが、本音では「デビューなんて無理でしょw」という、冷たい目線を感じていました。

実際に、応援してくれるファンや面倒を見てくれるマネージャーや先輩もいないものですから、そんな状況でバンド活動を続けていくことは、強靭な意志が必要です。

そして、周りの若手バンドがどんどん成長していく姿を見ていくと、はっきりわかりました。

オレに、才能なんてない…

そうして、僕はバンド活動に見切りをつけ、真面目な社会人として生きていくことを志しました。

元バンドマンに就職先はあるのか?

しかし、バンド活動をやめたものの「今まで遊んでいたようなオレに就職先なんてあるのか?」と不安もありました。

バンドマンをやめられない方の中には、

「今までバンドで頑張ってきた努力がすべて無駄になるから」
「今さら社会人目指してもいい仕事なんか見つからないから」

…と決めつけて、引くに引けずにダラダラバンドし続けている方も多いことでしょう。僕の周りにも、そういう人はいました。

結論から言いましょう。

バンドマンでも社会人として働くことは全然可能です。

むしろ、見切りをつけるなら若いうちにしておくべきだと感じましたね。

バンドマンの経験を活かす仕事に就く選択肢

まず、バンドマンが今までの経験を活かす仕事に就く場合の選択肢を紹介します。

早い話、音楽業界やイベント業界に就いて、バンドやライブのサポートをする側に回るという選択肢ですね。プロデビュー目指している方や音楽専門学校の方がバイトで人脈づくり・下積みで働いていることも多いですが、正社員としてなら年収も待遇もそこそこです。

なにより、今までの経験を活かせるので、学歴・経歴重視の一般職よりも、採用されやすい傾向があります。

何も、音楽業界で働くことは、演奏する立場だけではなく、実際にはその裏に何百倍者支えている仕事の人達がいるわけですからね。

今までのバンドの経験を活かし、仕事としてプロを支える立場に回るという選択肢は全然ありだと感じました。

一般職に就くという選択肢

元バンドマンでも、一般職に就くことは十分可能です。

学歴や経歴重視の大企業は厳しいですが、それ以外の中小・ベンチャー企業は全然チャンスありです。

とくに狙い目は「社長や人事にバンド・楽器経験あり」といった、共通の趣味で盛り上がって採用してもらえる可能性のある会社ですね。

想像しにくいかもしれませんが、意外と「ロックスターになりたかった」「バンドや音楽で成功したかった」という夢を微かに抱いていた社長や人事って少なくはありません。

そういった方の経営している会社であれば、バンドマンの挫折経験は強いバネとなり、志望動機としても十分アピールできます。

逆に「バンドマンなんて遊び」「バンドマンなんてろくでなし」という偏見のある職場では、採用されても不当な評価を受け、嫌々働く未来が待っていますので、そういった会社は避けるようにしておきましょう。

なんだかんだで、男は夢や野望を抱いて働いている人も多いんです。

今までバンドにかけていた情熱を、仕事に活かせる職場を選ぶことが、社会人として成長していけるチャンスになります。

バンドマンから社会人になるには転職エージェントを使おう

僕は社会人として上手くやっていける職場を探し出すため「転職エージェント」というサービスを利用しました。

転職エージェントでは、担当の方が適性を判断した上で、自分に向いている仕事を紹介してくれます。

今回紹介したようなバンドマンの転職先の話も、転職エージェントの担当の方から聞きました。僕の他にも、バンドマンから社会人として本気で就職活動している方は、少なくないみたいで、過去の紹介実績の例から具体的なアドバイスももらえました。

バンドマンで成功する夢に将来性や限界を感じている方は、若いうちに見切りをつけて、転職活動しておくべきだと感じましたね。

無理にバンド活動を続けても、苦しい未来しか待っていないことは、あなた自身が既にわかりきっているはずです。

定職につけば、将来も見えますし、給料を使って趣味でチマチマ音楽活動を続けることもできます。正社員として働いたほうが、選択肢は広がります。

ダラダラバンドを続けて歳をとって、とりつかえしのつかなくなる前に、一度転職エージェントに相談して、本気で定職に就く選択肢を考えてみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ