【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【稼げない】売れないバンドの末路。ミュージシャン志望は何歳まで許されるのか?

「バンドマンとして活動してるけど売れないし儲からない…」
「フリーターバンドマンだけど経済面で正直つらい…」
「ミュージシャンや歌手を目指してるけど鳴かず飛ばず…」
「何歳まで夢を追いかければいいんだろう…」

このようにお悩みではありませんか?

ミュージシャンやバンドマンと言えば華やかなイメージの職業です。

就職を投げ捨ててまでプロデビュー目指して活動している方も多いことでしょう。

ですが、実態は自腹を切ってライブ活動を行っても、レコード会社から声をかけられることなど夢のまた夢で、仮にデビューの話が来たとしてもオーディションや作曲ノルマをクリアしなければならないという厳しい現実があります。

また、あまり公にされない話ではありますが、プロデビューして稼いでるイメージのある有名ミュージシャンですら、実際には事務所の未払いやメンバー間でのギャラの配分で揉めるなど、お金に関してはシビアな仕事の一つであることは間違いありません。

このページに訪れた読者の方、もし今も夢を追ってミュージシャンを目指しているなら、そういった現実に漠然と気づきながら、このままダラダラ活動を続けても先行きが怪しいことに不安を感じ、自分の末路を心配しているのだと思います。

もし、そうでしたら何も挫けたり不安に思う必要はありません。

昨今、プロデビューしたミュージシャンですら生計を立てるのが難しかったり、そもそも、音楽業界やマスコミ業界の衰退もあって、音楽で売れて有名になるというキャリアがますます現実でなくなっている時代ですから、考え方を変えて「音楽で食えなくて当たり前」だと割り切ってしまえばいいのです。

逆に、YouTuberやVTuber、ライバーなどの新たなスターの登場により「趣味や副業で音楽をやる分には、とても稼ぎやすくなっているし、ファンも作りやすい時代」ともなっています。

もちろん、今まで音楽一筋で夢を追ってきた人が、夢を捨てたり妥協して、就職しながら趣味や副業で音楽をやる選択肢に切り替えるのはそう簡単ではないでしょう。しかし、地に足をつけた生活をしなければならない焦燥感は、歳を追うごとに重くなってくるのも確かです。

そこで本記事では、ミュージシャンやバンドマンとして音楽で生計を立てようとしてた方に向けて、これから堅実に就職する方法や、音楽を捨てない形で両立できる少し変わったキャリアの実例を、いくつかご紹介していこうかと思います。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

20代前半までに芽が出なければ諦めよう

まず、僕が言っておきたいのは「20代前半にまで芽が出なければ、バンドや音楽で食っていくなんて諦めろ」ということですね。

僕の知り合いにはデビューした人やインディーズで細々と成功している人もいますが、だいたいの方が20代前半には何かしらの成果を出しています

20代前半で結果が出せなかった人が、その後も結果を出すなんて、かなり難しい話だと思います。

また、20代後半や30代でも音楽会社の子飼いで活動しているバンドもありますが、バイトと音楽活動で苦しい生活を送りながら、それでも強靭な意志で音楽に打ち込んでいます。

正直、僕はそういった人たちのような情熱がいつまでも続くとは思えませんでした。

報われない努力をいつまでも続けることは、強靭な意志が必要です。

お笑い芸人や役者さんなんかも、泥臭い努力と下積み時代を経て、30代中盤でやっとヒットする方もいますが、みんな下積み時代で何度も何度も折れそうになる中で、運を掴み取って上に上がってくるわけです。

あなたには、そこまでの意志と覚悟がありますか?

もし、ないのであれば、早々に夢に見切りをつける方がいいと思います。

デビューしても”食えない”という現実

また「メジャーデビューがゴール」と勘違いしたバンドマンやミュージシャンが、一発屋として落ちていった話も、腐るほど聞いたことがあります。

「昔、メジャーデビューしてCD出したけど、その後売れずに今はバイト生活」というバンドマンも、今まで何人かお会いしました。

最近では、音楽業界は儲かっていないので、そういった話はしゅっちゅう聞きますね。

仮に、今から努力して運良くデビューできたとしても、その後食っていけるかどうかは、別問題なのです。

音楽業界は、弱肉強食の世界で、常に勝ち続ける意志のある人でないと、ずっと食っていけることのできない、厳しい業界です。

「一発当てて、大量に稼いでやるぜ!」と意気込んでいる方は、絶対に長く続かないと思ってください。

基本的に、音楽業界・メジャーレコード会社では、著作権配分の関係でミュージシャンが「一発当てて稼ぎまくる」ということは、現実的には不可能な仕組みになっています。

「およげたいやきくん」の作曲者が、版権を5万円で売り渡していて印税が入ってこなかった…という話もあるとおり、基本的にミュージシャンは搾取される側だと思っておきましょう。

25歳でバンドマンを辞め、社会人を志す

僕がバンドマンを辞め、音楽活動とおさらばしたのは25歳の時でした。

周りの友人が社会人として立派になっていく中、バイトでのギリギリ生活とさえない音楽活動を続けることに、徐々に苦痛を感じ始めてきました。

周りの友人やバンドマンは「頑張れ」「夢を追えるなんてかっこいい」なんて社交辞令を言っていましたが、本音では「デビューなんて無理でしょw」という、冷たい目線を感じていました。

実際に、応援してくれるファンや面倒を見てくれるマネージャーや先輩もいないものですから、そんな状況でバンド活動を続けていくことは、強靭な意志が必要です。

そして、周りの若手バンドがどんどん成長していく姿を見ていくと、はっきりわかりました。

オレに、才能なんてない…

そうして、僕はバンド活動に見切りをつけ、真面目な社会人として生きていくことを志しました。

元バンドマンに就職先はあるのか?

しかし、バンド活動をやめたものの「今まで遊んでいたようなオレに就職先なんてあるのか?」と不安もありました。

バンドマンをやめられない方の中には、

「今までバンドで頑張ってきた努力がすべて無駄になるから」
「今さら社会人目指してもいい仕事なんか見つからないから」

…と決めつけて、引くに引けずにダラダラバンドし続けている方も多いことでしょう。僕の周りにも、そういう人はいました。

結論から言いましょう。

バンドマンでも社会人として働くことは全然可能です。

むしろ、見切りをつけるなら若いうちにしておくべきだと感じましたね。

バンドマンの経験を活かす仕事に就く選択肢

まず、バンドマンが今までの経験を活かす仕事に就く場合の選択肢を紹介します。

早い話、音楽業界やイベント業界に就いて、バンドやライブのサポートをする側に回るという選択肢ですね。プロデビュー目指している方や音楽専門学校の方がバイトで人脈づくり・下積みで働いていることも多いですが、正社員としてなら年収も待遇もそこそこです。

なにより、今までの経験を活かせるので、学歴・経歴重視の一般職よりも、採用されやすい傾向があります。

何も、音楽業界で働くことは、演奏する立場だけではなく、実際にはその裏に何百倍者支えている仕事の人達がいるわけですからね。

今までのバンドの経験を活かし、仕事としてプロを支える立場に回るという選択肢は全然ありだと感じました。

一般職に就くという選択肢

元バンドマンでも、一般職に就くことは十分可能です。

学歴や経歴重視の大企業は厳しいですが、それ以外の中小・ベンチャー企業は全然チャンスありです。

とくに狙い目は「社長や人事にバンド・楽器経験あり」といった、共通の趣味で盛り上がって採用してもらえる可能性のある会社ですね。

想像しにくいかもしれませんが、意外と「ロックスターになりたかった」「バンドや音楽で成功したかった」という夢を微かに抱いていた社長や人事って少なくはありません。

そういった方の経営している会社であれば、バンドマンの挫折経験は強いバネとなり、志望動機としても十分アピールできます。

逆に「バンドマンなんて遊び」「バンドマンなんてろくでなし」という偏見のある職場では、採用されても不当な評価を受け、嫌々働く未来が待っていますので、そういった会社は避けるようにしておきましょう。

なんだかんだで、男は夢や野望を抱いて働いている人も多いんです。

今までバンドにかけていた情熱を、仕事に活かせる職場を選ぶことが、社会人として成長していけるチャンスになります。

就職支援サービスを利用して正社員になる

ここまで解説した通り、

  • プロミュージシャンとしてデビューできるのは一握り
  • デビューできたとしても音楽業界自体が稼げない
  • デビューして生計を立てるのにもビジネスセンスがいる

など、プロミュージシャンを目指すのは非現実的だと言えます。

むしろ今の時代、正社員として働いて堅実に収入を得て機材を揃えながら、Youtubeなどで副業として音楽をやる方が手堅い選択肢です。

ただ、今まで夢を追って生きてきた人にとっては「今さら正社員になろうと思ってもまともなスキルも経歴もない…」「音楽活動はまったく仕事に活かせない…」と不安になるかと思います。

そこでオススメしたいのが20代向けの就職支援サービスプロに求人探しを手伝ってもらうという方法です。

20代向けの就職支援サービス?
怪しくない?ブラックばかりじゃない?

このように思われる方も多いでしょうから、20代向けの就職支援サービスが成り立つ理由について少しだけ解説させてください。

職歴なしは卒業後3年以内なら「既卒」と呼ばれます。既卒は人材市場では「若いという理由だけで価値がある人材」として需要があります。卒業後3年が経過していても、20代までは未経験職への就職をサポートしている業者は数多く存在します。

これは企業目線で考えた際にも、若手向けの人材紹介サービス経由で採用するメリットが大きいからです。

「企業は完璧な採用ができる!」と思いがちですが、実際にはそうではありません。

企業からすれば、若手の採用の際に判断ポイントとなるのが「すぐに辞めないかどうか?」「社内で問題を起こさないか?」といった点です。「職歴なしかどうか?」「経歴が足りない」「能力がない」といった要素は、実はさほど見られてません。

「採用ノウハウがなく求人を出しても人がこない」
「応募が来ても自社に合うかどうか見抜けない」
「誰でもOKな無料求人で募集したら変な人まで来て面接の負担が増える」
「すぐ辞める社員やモンスター社員の採用だけは避けたい」

こういった悩みを抱える企業の代わりに、就職支援サービスを運営する会社が採用や面接の負担を背負っている…という構図になるわけです。

ここまで説明すれば勘の良い方はお気づきかもしれませんが、就職支援サービスを利用すること自体が「採用企業の代わりに人材の選考や教育を行う=就職支援サービスのサポートをちゃんと受ければまともな職に就ける」ということになります。

自分一人で就職活動する場合に、ゼロから「求人探し→履歴書作成→面接対策」しなければならない負担を、就職支援サービスが代わりにしてくれるというわけです。その証拠に、ほとんどの就職支援サービスでは「履歴書なしで面接可能」となっています。

自分一人で就職活動しなきゃ…」と思ってたけど
そんなことしない方が実は効率的だった…!?

企業目線で見た場合も、無料求人で「誰でも応募できる」状態にするよりは、実績のある就職支援サービスを経由して人を雇った方が「すぐ辞める人材や問題社員を採用するリスクを減らせる」というメリットがあります。

ですので、採用に慎重で「いい人ほどを雇いたい」という優良企業ほど、実は表に求人を出さず、就職支援サービスを経由して人を雇おうとするわけです。

今までハローワークや無料求人サイトで
条件の良くない求人ばかり見ていた時間が
無駄だったかも…

この記事に訪れた「いつまでもプロミュージシャン目指している生活じゃいられない…」という人ほど、就職支援サービスに相談した方が間違いのない仕事選びができるはずなので、この機会にチェックしてみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

フリーター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました