【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

実は弁護士の年収は低いし稼げない!?その理由や背景に迫り弁護士として稼ぐ方法を徹底考察!

「弁護士と言えば高年収のお仕事!」
「難しい資格を必要だから稼げる仕事!」
「弁護士はかっこいい仕事」

弁護士と言えば、このような世間のイメージが強い仕事です。

たしかにそういったイメージがありますが、弁護士はあくまで”ビジネス”

業界内で「稼げている人」「まったく稼げていない人」の落差の激しいお仕事なんです。

以下の画像は有名経済誌を発行している「東洋経済新報社」のデータです。

画像出典:会社四季報「業界地図」2019

この画像の示す通り、弁護士全体の20%近くが年収100万という、上下差の激しい職種であることがわかってきます。

20%ということは、実に5人に1人の弁護士が年収100万以下という計算になります。

逆にしっかりと働き先を選べば、年収600万越えの弁護士も50%以上だとわかってきますね。

ですので、仕事選びを間違えなければ、弁護士は高収入の職業であることは間違いありません。

では一体、年収100万以下の弁護士と、そうでない弁護士にはどのような差があるのでしょうか?

当記事では各種データや経済情報を参考にしながら、弁護士が低年収になる仕組みと、低年収側にならないための方法をご紹介していきます。

合わせて読みたい弁護士の仕事がつらい…。そう感じているあなたが見直したいこと

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

弁護士業界のビジネスモデルを知っておこう

「なぜ、年収100万円以下の弁護士が増えるのか?」を考えるにあたって、まず知っておきたいのが「弁護士業界のビジネスモデル」です。

冒頭にお伝えした通り「必ずしも弁護士になったからと言って、稼げるわけではない」どころか「仕事先を間違うと年収100万円以下」なのが、弁護士の実情です。

わかりやすい例え話をしましょう。

仮にあなたが、法大に通って資格をとって弁護士事務所に就職しても、その弁護士事務所を利用する依頼者が1人もいなければ、収入源はゼロです。

ですので、弁護士資格も”ただの飾り”としかなりません。

逆に実績があって、多数の依頼者を抱えている弁護士事務所であれば、仕事が殺到し人手が足りないため、1件毎の依頼に対しての相談料も高くとることが可能となります。

弁護士の年収差が激しくなるのも、この”依頼される仕事の差”だと考えていただければ、わかりやすいでしょう。

業界に影響力を持つ「四大法律事務所」の存在が大きい

弁護士業界の力関係やビジネスモデルを知っておくにあたって、決して切り離せない存在が「四大法律事務所」です。

四大法律事務所とは?

日本国内における、所属人数の多い以下の弁護士事務所のこと。

近年では「TMI総合法律事務所」も同規模の人数(398人)になっており「五大法律事務所」と呼ぶ動きも。

※所属人数は2018年の6月26日段階のもの
※データ出典:会社四季報「業界地図」2019

では「なぜ、この四大法律事務所が力を持っているか?」を考えてみましょう。

これは単純で「大きな法律事務所ほど、法人(企業)を得意先の依頼主として抱えている」からです。

また、四大法律事務所はそれぞれに「各分野や業界に強い=専門性=強み」も持っており、各業界と強く太いコネも持っております。

もともと、弁護士は「お金を払ったからと言って、必ずしも望む結果が得られるとは限らない=非常に難しい仕事」ですので、資格を持っているのは当たり前で、それ以上の「信頼」「実績」「実力」も大事になってくる職業なのです。

たとえ話をしましょう。

仮にあなたが会社の経営者だとして「弁護士に相談しなければならない」という事態に出くわしたとします。

仮にそうした状況に出くわした場合、あなたは「どの弁護士に相談すればいいかわからない…」と思うはずです。

しかし、業界最大手の四大法律事務所所属の弁護士に相談しておけば、まず間違いないと考えるはずです。

就活生が大企業や公務員を目指して安定を求めるように、企業も安定した信用できる実績のある仕事相手を求めるものなのです。

「ビジネスとして稼ぐ」弁護士の難しさ

弁護士の仕事は「法律に基づき、裁判において依頼者の弁護を行ったり、あるいは逆に相手を訴える」ことだと思われがちです。

しかし、大前提として「依頼者がいなければ仕事が成り立たない」「依頼者に頼まれても、その依頼をこなせる実力や実績がないと信頼が得られない」という事情も抱えております。

ですので、弁護士事務所に所属するだけではなく、自分の仕事を広めるための広報・営業も行わなければ仕事が得られません。

また、ビジネスモデルとしては「訴訟で勝ち取ったお金から、何割かを手数料として差し引く」ことで成り立っていますので「勝てる裁判を中心に引き受けなければならない」という前提もあります。

これは一時期「過払い金請求」のCMが大量に流されたことからも、わかりやすい事情でしょう。

決して、テレビのドラマでよくある「悪を裁く、正義の仕事ではない」のです。

弁護士も商売・ビジネスでやっている以上は「自分の仕事がどうやったら金になるか?」を考えなければいけません。

時にはキレイゴトだけでは済まされない、悪と罵られても仕方ない仕事を請け負うこともしなければなりません。

たとえば、アメリカでは金持ちの有名人が裁判に勝つためだけの仕事しかしない弁護士も存在しています。

これは客観的に見れば「弁護士としての正義感や倫理観に欠ける」と思えるかもしれませんが、それで生計が成り立つわけですし、何よりそういった「金持ちの有名人の訴訟に強い」という専門性と実績を持っているからこそ、ビジネスとして成り立つわけです。

年収100万以下の弁護士というのは、そういった「ビジネス感覚」が欠けている可能性が高いですので、仮に読者が弁護士としてのキャリアを考えているのであれば、そういった面も踏まてく必要があるでしょう。

年収の低い弁護士にならないためには?

以上のように、決して資格を取って就職しただけでは高年収になれるわけではない弁護士の仕事ですが、低年収側の弁護士にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

また、すでに弁護士目指して進学したり、あるいは弁護士見習いとして働いている人は、いまさら将来設計を大幅に変えるのも難しいですよね。

弁護士になっても低年収という過ちを犯さないために、以下のようなことに気をつけてみてください。

弁護士専門で行くなら「業界事情」「事務所の力」は意識しておく

読者が弁護士としてのキャリアコースを歩んでいくのであれば、若いうちに「業界の内情」「事務所間の力関係」などは知っておきたいものです。

「力関係」と言っても、単純な権力争いだけでなく、以下のような要素もあります。

  • 特定企業や業界と強い結びつきがあるか?
  • 事務所の実績や信頼度は十分か?
  • ビジネスモデルが利益になりやすい仕組みか?
  • 常に新しいビジネスにも手を出しているか?
  • 事務所間の情報共有や助け合いは機能しているか?

前述の「四大法律事務所」の力関係や業務範囲を知っておくことはもちろん、出来れば「ビジネスとして弁護士として上手くやっている人の集まる事務所」を選ぶ必要が出来てます。

つまり”弁護士として儲かっている事務所”を選ぶことが大事なのです。

また、法律事務所の新興勢力としては、若手が中心の「アディーレ法律事務所」も勢いがあって、利益を出しています。

ですので、必ずしも四大法律事務所が絶対いいというわけではなく、それぞれの事務所に強みや収入源が存在するはずですので、目先の年収だけでなく「業界・事務所全体でどれぐらいの利益になるのか?」を意識して仕事を選びたいものです。

ビジネス視点を持って仕事先を選ぶ

弁護士といえば「悪を裁く正義の仕事」「加害者となった弱者を守る存在」と思われがちですが、実際は「キレイゴトを言う前に、ビジネスとして利益を出さなければいけない仕事」です。

ですので、事務所の理念や人柄を参考にせず、シビアに「この弁護士事務所に所属すれば、お金になるのだろうか?」とシビアに考えましょう。

とくに弁護士の場合、法律が絡む複雑な事例と向き合って戦わないといけない仕事ですので、悪や正義がどうのこうの言っていられる仕事ではありません。

そういったシビアな経営感覚がなければ、将来独立したり、あるいは企業が絡む複雑な法に関する仕事に関われないでしょうから、若いうちに弁護士としてのビジネス感覚を養っておいても、損はないでしょう。

弁護士だけにキャリアを限定しない柔軟さも大事

弁護士を目指している、あるいはすでに弁護士・弁護士見習いとして働いている方で「年収100万クラスの仕事しか見つからない…」と悩んでいる場合は、思い切って弁護士以外の職業を選ぶことも視野に入れておくことも大事でしょう。

弁護士自体が競争倍率の激しい業界ですので、資格をとったからと言っても必ずしも弁護士になる必要はありません。

若い頃は「いい大学でたから進路を変えるのはよくない」「せっかく資格をとったんだから、その道を歩まないともったいない」と考えがちです。

関連:会社を辞めて転職するのはもったいない?退職をもったいないと言われた時に考えておくべきこととは?

しかし、実際は3年以内に大卒でも3~4割は離職しております。

それがどういうことかというと「学校で学んだことや思ってたことと、実際の仕事内容があまりに違いすぎた…」と感じる人が多いことだということです。

ですので「資格を取って弁護士に就職しても、年収100万以下は全体の2割もいる」という現実を知って将来に不安を感じている人は、柔軟に他の職業に就く選択肢も考えておくといいでしょう。

とくに卒業後3年以内の「第二新卒」や、20代の「既卒」「フリーター」の方の場合は、国内の若手人材の不足もあって未経験職への転職も容易に可能ですので、弁護士以外の道も考えておくといいですよ。

関連:【20代必見】既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けの就職・転職情報まとめ

転職エージェントを活用して、キャリアを見直しておこう

弁護士が年収100万以下であることに不安を感じていたり、あるいはすでに就職してしまって年収の低さにうんざりしている方は「転職エージェント」を活用して、プロに相談して転職してしまうのが一番ですよ。

弁護士の全体の2割が年収100万以下なのは、単に市場原理のせいであって、必ずしもその人の能力の無さを意味するわけではありません。

むしろ、しっかり勉強を積んで資格を取っている方であれば、転職活動すれば引く手数多です。

具体的に需要があると思われる職種は、以下の通り。

  • 企業内で法知識が要求される仕事(法務部など)
  • 弁護士・司法書士相手の営業や販売(間接的に弁護士と関わる仕事)

法律のスペシャリスト自体はいくらでも需要があるので、年収100万以下の弁護士として悩んでいる方は、若いうちに将来設計を見直しておくといいでしょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました