貯金なし/貧乏だけど仕事辞めたい…。貯金がないのに転職しても大丈夫?

 

スポンサーリンク

貧乏だけど仕事を辞めたい人ほど転職して年収アップを狙うべき

貧乏だけど仕事を辞めたいと悩んでいる人ほど、転職して年収アップを狙うべきでしょう。

というのも、貧乏になってしまう根本的な原因が「今の給料が安すぎる」場合だと、ずっと貧乏な状態が続く可能性が高いからです。

少なからず、収入に対して貯金がまったく増えないようであれば、給料が安すぎるか、収入に対して生活費をかけすぎてるかのどちらかが問題です。

給料が安いかどうかって
どうやって判断すればいいんですか?

もし、読者が自分の給料が安いかどうかが判断できないのであれば、年代・性別毎の平均年収や手取り額を参考にしてみるといいでしょう。

▼平均年収はどれぐらい?

年代平均年収
全体男性女性
20代345万円369万円319万円
30代442万円481万円375万円
40代507万円567万円401万円
50代以上622万円671万円428万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

また、月あたりの手取り額で考えるのであれば、20代後半になっても手取り15万円以下であれば、平均年収よりも低いと言えるため、転職するだけで年収が上がる可能性があります。※都内勤務の場合

仕事を決める基準は年収・お金だけはないかもしれませんが、貧乏だけど辞めたい人で、平均よりも下の給料であれば、貧困生活の根本原因は間違いなく仕事の給料の低さにあります。

その場合、転職して職場を替えるだけであっさり年収が上がるので、転職活動を始めてみる価値は十分にあると言えるでしょう。

転職すれば年収が上がるかどうか知りたい人は
以下の記事も読んでみてくれ!

貧乏で仕事を辞めても失業手当を受けとれば生活はどうにかなる

貧乏だけど仕事を辞めたい人の多くは、辞めた後の生活がどうなるかが不安だと思いますが、ハローワークで失業手当の申請をしておけば、当面の生活は保障されます。

失業手当を受け取りの申請をしておくことで、最低でも現職の日給あたりの80%~50%ほどのお金を3か月間支給してもらえるので、この間に次の仕事を見つければ生活面はどうにかやりくりできるはずです。

※失業手当の受給条件は人によって大きく異なるため、詳しくは最寄りのハローワークで確認した上でお確かめください。

ただし、失業手当(雇用保険)を受けとるために仕事を辞めると、以下のようなデメリットもあります。

  • 受け取りまで時間がかかるので貯金がないと生活できない
  • 受け取り額が減るので生活費がギリギリだと生活が破綻する
  • 空白期間が出来ると転職活動で不利になりやすい

これらのデメリットを踏まえると、貧乏だけど仕事を辞めたい人の中でも貯金がない人は転職先を決めた上で辞めた方がいいと言えるでしょう。

転職にかかる費用は「引っ越しするかどうか」で大幅に変わる

仕事を辞めて転職を考える際、多くの方が悩むのは転職にかかる費用についてです。

結論から言えば、転職にかかる費用は引っ越しするかどうかで大幅に変わるので、自分の状況に合わせて予算を練る必要があります。

引っ越しを考慮すると、引っ越し代と住宅費、場合によっては家電製品・家具まで用意しなければならないため、人によっては30万円以上の予算が必要になることもあります。

ですので、そもそもが「転職に合わせて引っ越すかどうか?」から決めておくことが大事でしょう。

転職する際、引っ越しを考えておくべきなのは、以下のような場合です。

  • 給料の低い地方から都市部に転職したい
  • 希望する条件の職種・業種が都市部に集中している
  • 全国に事業所のある企業に転職して配属がどこになるかわからない

「年収」「職種・業種」などの条件にこだわる場合、地方住まいだと選択肢が狭くなるので、引っ越した方がいいでしょう。

また、転職先が全国展開している企業の場合、配属先がどこになるかわからないため、引っ越した費用を残しておきたい場合もあります。

ただし、企業によっては内定前に引っ越し費用がないことを伝えておけば、柔軟に対処してもらえることもあるので、面接時に勤務地を確認しておくことも大事でしょう。

このように考えていくと、選択肢が少ない上に職種・業種の限られる地方住み以外は、引っ越さないこと前提で転職先を決めることで費用面の心配は消せることがわかってくるはずです。

引っ越しを考慮しない転職なら貯金は3万円もあれば十分

引っ越しを考慮しない転職であれば、貯金は3万円もあれば十分だと言えます。

純粋に転職活動をするにあたって、最低限かかる費用は以下のものに限られるからです。

  • 交通費
  • 書類代
  • スーツ代

以下の転職サイトの記事でも、転職に関する費用は3万円以下で済んだ人が5割近くという結果が出ています。

ですので、貧乏だけど仕事を辞めたい人で経済面で不安な人は、とにもかくにも「引っ越す必要のない転職」を意識して、自分の経済状況に合わせた転職活動を心がけるといいでしょう。

貧乏だけど仕事を辞めたい人は転職条件は絞った方がいい

貧乏だけど仕事を辞めたい人は、経済面での選択肢が限られてしまうため、転職条件は思いっきり絞ったが方が上手くいくはずです。

  1. 年収が今の会社よりも同等以上
  2. 勤務地が引っ越しの必要がない範囲
  3. 引っ越しの必要があるなら手当てが出る会社を選ぶ

これらの条件をまとめると「引っ越ししないで年収の上がる職場」に焦点を絞り、転職先を選べばいいわけです。

これ以外の条件から選ぶとなると、引っ越しの有無や交通費負担などの要素も考えなければならないため、なかなか転職先が決められず、経済面の不安も大きくなります。

また、年収以外の希望条件(職場環境、勤務時間)を求めているとしても、年収は据え置きのまま引っ越す必要のない職場を見つけ出すしか選択肢はありません。

経済面が苦しいと
転職先の選択肢も限らちゃうんですね…

それでも年収が上がるか職場環境さえ変われば
今の生活から抜け出すきっかけにはなるはずだよ…

転職活動では多くの選択肢があるように見えて、実は選択肢が限られているために、なかなか行動出来ない人もたくさんいます。

ですので、まずは「転職に踏み切れない理由」をしっかりと抑えた上で、ひとつずつ自分が抱えている問題を解消していくために行動していくといいでしょう。

在職中に転職するかどうかで貯金額目安は変わる

貧乏だけど仕事を辞めたい場合、在職中に転職先を決めるかどうかで必要な貯金額は変わるので、注意が必要です。

たとえば、以下の転職サイトの記事では「退職して1年間何もしない場合の必要貯金額は180万円」という試算が出ており、辞めた後に何もしないまま過ごすには非常に多くの貯金が必要だとわかってきます。

また、単純に空白期間が長引けば長引くほど転職活動では不利になりやすいので、経済状況関わらず、在職中に転職先を決めた方がいいと言えます。

変に貯金額があっても
休職中に怠けて転職先選びで妥協してしまって
前職よりも待遇が悪くなることもあるからね…

在職中に転職先を決めておけば、経済面の不安がないまま次の職場へ転職できるので、貧乏だけど仕事を辞めたいと考えている方は、辞める前に転職活動を始めることを検討しておくといいでしょう。

転職先が決まる前に退職しない方がいい理由
以下の記事でも詳しく解説しています

貧乏だけど辞めたい人は転職先を決めた上で辞めると安心

以上のように、貧乏だけど仕事を辞めたいと悩んでいる人は、転職先を決めた上で辞めた方が安心度が高く、間違いのない転職ができるはずです。

今から転職活動を始めたいと思った方は転職エージェントを利用しておき、在職中でも効率よく転職を進められる態勢を整えておくといいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、以下のようなサポートを無料で受けられます。

  • 電話面談・メールでの求人紹介が主なので在職中でも利用しやすい
  • 転職先との年収面の交渉を行ってくれるので給与面の不安が少ない
  • 事前に聞きにくい年収・手当に関する情報も聞きやすくなる
  • 経済状況に合わせた転職プランを提示してもらえる

また、転職エージェントでは転職先が決まるまでは3ヶ月が目安なので、効率よく転職活動を進めることができ、今の職場を辞める時期も早められます。

転職エージェントの詳しい解説は
以下の記事を確認してくれ!

転職を成功させて年収を上げれば、貧乏だけど仕事を辞めたいという悩みからも抜け出せるチャンスなので、この機会にぜひとも利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました