ビオトープ管理士になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

ビオトープとは昆虫・魚・野鳥など小動物が生息する空間のことで、池や湿地などのほか、人工的な空間も含まれる。
それをつくり、管理するのがビオトープ管理士の仕事だ。
開発によって失われた自然環境を取り戻し、ビオトープをつくることによって生態系を維持して青少年が学べる機会をつくろうという気運が年々高まっている。
日本生態系協会がビオトープ管理士の資格を認定している。
地域の公園や企業が所有する土地、学校などにおいて、依頼に基づき、ビオトープの設計・造成・管理を行う。
生態系に関する専門的かつ幅広い知識が必要。
企業や地方自治体に勤めながら、ビオトープ管理士として働く人も多い。

タイトルとURLをコピーしました