BIZREACH(ビズリーチ)の特徴と強みを徹底解説!”選ばれた人”のみが利用を許される驚きの仕組みとは?

国内の最高峰転職サービスと言えばBIZREACH(ビズリーチ)

ビズリーチの特徴をまとめておくと以下の通り。

  • 会員登録に職務経歴書・レジュメをもとにした審査あり
  • 会員登録しなければ有用な情報を一切閲覧できない
  • サイト内でヘッドハンターと直接交渉可能
  • 一部有料機能あり(企業への応募、ヘッドハンターの評価閲覧)
  • 「年収1000万」に関するコアな情報が多数

転職について少し詳しい方であれば、これだけでビズリーチが一線を画した転職サービスであることがわかることかと思います。

逆にわからないのであれば、まだまだ転職業界について知識が不足している証拠です。

しかし「無知」を自覚しておくことは、成功するための第一歩でもあります。

せっかくの機会ですので、ビズリーチが最高峰の転職サービスとして君臨する理由を知っておき、自身のキャリアプランの糧にしておきましょう。

ビズリーチの”選ばれた人”のみが得られるメリットとは?

ビズリーチのメリットを挙げておきますと「選ばれし者だけが利用できる、選ばれた上位職の求人サイト」と言ってもいいでしょう。

これは大げさな表現ではなく紛れもない事実です。

ビズリーチでは広告でよく「年収1000万円クラス」と表現されています。

ちまたの求人サイトを参考にしている人からすれば「年収1000万円の仕事」はイマイチイメージできないかもしれません。

しかし、国内では年収1000万円クラスの仕事はゴロゴロ転がっており、そのほとんどはクローズドな転職業者により非公開求人として保有されております。

求人の探し方を間違えれば高年収の仕事にはなかなか出会えません。

ですが、ビズリーチを利用しておけば、高年収の優良求人に出会えるチャンスが広がります。

他の転職サービスと比較してみても、現実的に年収1000万円クラスの転職を成功させる合理的な機能が用意されています。

登録に審査ありで”選ばれる”必要がある

ビズリーチが”選ばれた人”のみ利用できる根拠は「登録に審査あり」と明記されている点です。

Q.審査とは何ですか?

A.ビズリーチでは、新規会員登録時、すべてのお客様に対して登録内容の審査を実施しています。 審査の結果は、3営業日以内にメールにてご連絡します。

審査基準は、ビズリーチに掲載している求人情報の応募条件を満たすキャリアをお持ちであることです。 ただし、具体的な審査基準は公開しておりません。あらかじめご了承ください。

なお、審査承認後も、定期的に会員情報や職務経歴書の審査を行っており、万が一審査基準を満たしていない場合は、サービスの利用停止、または会員登録の解除を実行する場合があります。

ただ、これについては他のキャリア向けエージェントも明記していないだけで、面談に呼ぶ人材の審査基準は存在するので、ビズリーチだけのものでもありません。広告イメージ上の都合で「誰でも利用OK」と間口を広くとりつつも、実際は経歴や職務経歴書、あるいはログイン履歴で選考しているのが転職サイトの裏事情です。

逆に言えば、ビズリーチはあえて「登録制限がある」と明記しておき、本当に経歴のある人材だけを選別しているという面で、潔さのあるハイキャリア向け転職サービスだと言えるでしょう。

有料会員制により”真の顧客”となれる

ビズリーチの特筆すべき点は有料会員制だということ。

登録自体は無料で出来ますが、本格的に情報閲覧をしようと思えば有料になります。

これは他社の転職サービスを見ても類を見ないビジネスモデルであり、それだけサービスや情報量に自信がある証拠だと言えるでしょう。

しかし、普通の人であれば「転職サービスが有料だなんてありえない!」と思ってしまうんですよね。逆に転職業界のビジネスモデルを理解している人ほど「有料会員制はメリットである」と思うように出来ています。

それはなぜか?

転職希望者が利用料金を支払うことで”真の顧客”になり得るからです。

ビズリーチ内に人材業界のビジネスモデルについて詳しく解説されていますが、国内の無料の転職サービス側は報酬を支払う企業側がメインの顧客になるので、求職者は「商品・売り物」として扱われる弱い立場になってしまいます。

ただ、定着率や求職者の満足度の問題もあるので、ある程度パワーバランスは維持できます。…が、それでも多くの転職エージェントが非公開情報が多めの実情を考慮しておくと、求職者不利である事実は否めないでしょう。

しかし、ビズリーチでは求職者も利用料金を支払う会員制サイトという形態にすることで、求職者側も企業(あるいはヘッドハンター・エージェント)と対等な立ち位置に属することができるのです。

ついでに補足しておくと、勘のいい方はお気づきでしょうが求職者が利用料金を支払うことで、企業側の求人に関する負担も減ることになるため、採用に関するコストを下げたい企業側からも非常に評価の高いサイトがビズリーチだと言えるわけです。

しかも、ビズリーチは「企業側の採用コストは一律70万円」と明言しており、企業・転職会社側にとっては不利な情報も堂々と公開しております。

ハイクラス転職ともなると取引先のビジネスモデルに対する理解は必須であり、自社サービスの料金体制をフェアに公開しているビズリーチがいかにハイクラス転職者向けかはおわかりいただけるかと思います。

逆を言えば、こういった人材業界のビジネスモデルをしっかりと把握できていない利用者は、転職エージェント側の提案を素直に飲んでおいたほうがいいとも言えるわけですね。

その理由は単純で「年収の高くない人材は”替えの利きやすい人材”だから」という、人材市場原理に則った残酷な現実があるからです。

ビズリーチは「替えの効きにくい人材=年収の高い人材」のみをターゲットとしており、国内に数ある求人の中でも上位に属するスペシャルな求人ばかりを保有しているわけです。そのような求人は一般的に公開されていることはなく、閲覧するだけでも経歴や適性を要求されることがほとんどです。

ビズリーチでは会員として選ばれた存在になることで、初めて上位に属する求人を閲覧する権利を与えられるわけですね。

ビズリーチは企業・ヘッドハンターとの「出会い系サイト」

率直に表現しておくとビズリーチの本質は「企業・ヘッドハンターとの出会い系サイト」です。最近風に言えば「マッチングアプリ」ですね。

基本的には、登録した職務経歴書を検索して企業やヘッドハンターからスカウトメールが届くという形式なんですが、出会い系・マッチングアプリ同様のシステムだと言えますね。

サイト内には採用に積極な企業やヘッドハンターが多数在籍しており、日夜優秀な人材を求めて情報を仕入れているため、職務経歴書を充実させておくだけで優良企業からスカウトされるチャンスが生まれます。

ちなみにこのスカウト形式は「リクナビNEXT」「doda」の大手二社の転職サービスでも採用されていますが、実際は登録者情報から抽出して定形メールを送るだけなのが実情です。ただし、この二社のサービスについては経歴や職務経歴書次第では他社エージェントからのヘッドハンティングもあり得ますので、ビズリーチよりやや質の落ちる転職マッチングサイトだという認識で使っておくといいでしょう。

特筆すべき点としては、ビズリーチの場合は上記の大手二社とは違い、求職者からヘッドハンターにアプローチ可能だという点です。

ビズリーチではヘッドハンターの情報(経歴・評価など)も閲覧できるため、自分から転職に関するサポートの相談をすることも可能です。

つまり”攻めの姿勢”で積極的に活用することも可能なんです。

一方で他社エージェントであれば、担当者(ヘッドハンター)を指名することは出来ません。原則的に転職業者側の都合で担当者が選ばれるため、キャリアアドバイザーとのミスマッチも想定されるわけです。

また一般の転職エージェントは営業上の理由で、自由な提案が出来ないこともままありますが、ビズリーチ内のヘッドハンターであれば所属会社や立場が明白な上で相談できるため、提案力・交渉力も非常に高いものが期待できると言ってもいいでしょう。

ビズリーチのデメリットとは?

ビズリーチおよび転職業者のビジネスモデルを理解しておけば、もはや利点は明白でしょうので、わざわざデメリットを挙げる必要はないでしょう。

…が、念の為デメリットも述べておきます。

”選ばれなかった者”には使えないサイト

ビズリーチは登録に職務経歴書(場合によっては英文レジュメ)による審査が必要ですので、この審査に通らなければ利用することすら許されません。

端的に言えば「”選ばれなかった者”には無用の長物」というわけですね。

ただし、職務経歴書がない方でも、ビズリーチ内のフォーマットに記入していくだけでOKですので、職務経歴書未作成の方でも登録を申し込んでおく価値はあるでしょう。

また、職務経歴書の添削や指導もビズリーチ内で行っている上に、職務経歴書の定期的な更新も推奨していますので、職務経歴書が完成していないことだけが理由の場合は登録だけでも済ませておくといいでしょう。

…というのも、ビズリーチとしては自社利益のためになるべく多くの会員を確保しておきたいという本音もあるので、実際の登録基準はそこまで厳しくないようです。

ぶっちゃけ、大して経歴のない人材でも有料会員としてキープしておけば利用料は得られますからね。

審査基準は公表されていないので明言は出来ませんが、ハイキャリアからは遠い人材でも登録自体は可能であることは知っておきましょう。非公開求人やコアなクローズド情報も多数掲載されているので、会員特典を味わうために登録しておくのもいいでしょう。

有料かつクレジットカード必須(※登録は無料)

ビズリーチは本格的に活用するとなれば、有料会員制を利用しておくのが現実的な選択肢となります。

有料サービスである「プレミアムステージ」は一週間無料体験も出来るのですが、クレジットカード情報の登録が必要で、なおかつ自動更新手続きがされるという点には注意です。

つまり、無料登録からお試し有料サービスに促し有料会員制に流すという、ビズリーチ側のビジネス上の戦略があるわけですね。有料会員自動更新は手動で停止しておく必要があるので、有料会員登録する気がないなら忘れずに設定しておきましょう。

6日目までにプレミアム(有料)への自動更新を停止されなかった場合、無料体験期間終了後、自動的にプレミアムにアップグレードされ、料金が発生します。

また、有料会員制は現在の年収や契約期間数で変動しますので、料金体制は公開されていません。この料金制変動システムも、ビズリーチ側の営業上の戦略がありますね。

ただ、料金制については問い合わせすれば答えてくれますので、都合が悪いから隠しているわけではない点は知っておきましょう。

スカウトされるためにはサイト内での営業が必要

ビズリーチの最大のデメリットは、スカウトされるために職務経歴書の完成度を高めたり、ヘッドハンターに営業をかけてサイト内で地道に自己アピールしていく必要があるところです。

ビズリーチのサイト自体は「ただのマッチングシステム」であり、本質的には登録している企業やヘッドハンター・会員になることで取得できる情報に真価があるわけですね。

そのため、よっぽど経歴や職務経歴書が充実していない場合は、スカウトされないリスクも十分ありえます。とくに転職初心者で自分自身の人材価値を把握できていない場合は、無駄に会員料を支払うことにもなりかねません。

ただし、このデメリット自体はビズリーチ側も想定済で、より効果的な職務経歴書の作成の仕方やサイトの有効活用法について詳しく書かれているので、地道に営業活動していくといいでしょう。

ビズリーチ本社はあくまで「運営」でしかない点に注意

ここまでお読みの方はすでにお気づきでしょうが、ビズリーチ自体は人材サービス会社ではなくただのIT会社である点には注意です。

何度も説明している通り、ビズリーチはマッチングシステムとして「高年収の求人を出す企業」「企業と求職者の仲介を担うヘッドハンター」「求職者」の3者をつなぐのみの役割であって、これは登録者の質が高いからこそ成り立つビジネスです。

ビズリーチ自体は運営者として、利用者の転職のサポートに関与することはまずありません。

そのため、ヘッドハンター・企業相手の交渉はすべて自己責任で行うことになり、サイト内でのやり取りは自分で行う必要が出てくるわけです。

スカウトメールがバンバン届くような経歴の持ち主であればともかく、そうでなければなんの成果も得られない可能性もありますし、その責任はビズリーチ側は負いかねるという点には注意ですね。

まとめ:ビズリーチは本当に”選ばれた人”のための転職サービスだった

このようにして見ていくと、ビズリーチはハイキャリア転職者と人材を求める企業にとっては非常に合理的な転職サイトである反面、経歴や営業力のない人にはやや扱いづらい転職サービスだと言えますね。

システム自体は「出会い系サイト」「マッチングアプリ」の流用ですので、ネット経由で企業やヘッドハンターとやりとりしたり、スカウトされる職務経歴書作成が出来なければ、チャンスが得られにくいところもあり、まさに「人を選ぶ」です。

また主な機能は有料会員への登録も必要ですので、お金を払ってでも優良な転職を成功させたいという意欲の高い人でなければ、大きなチャンスを得られにくいところもあります。

ただし、ビズリーチのデメリットや転職業界の事情を知っておくと、非常に合理的な転職サイトである事実は間違いなく、とくに高い経歴を持っていたり自分から営業を仕掛けていける求職者であれば年収1000万クラスの転職につながるチャンスもあるので、キャリアアップ転職を考えるのであれば登録しておく価値は十分にあるでしょう。

ビズリーチの代替転職サービスは?

とはいえ、ビズリーチは転職活動中級者以上の転職サイトである感は否めないので、まずは無料の転職サービスでしっかりと自分の人材価値を把握しておいてからビズリーチの本格利用を検討するのが堅実でしょう。

ネット経由での企業・ヘッドハンターとのマッチング目的で使うのであれば、スカウト制のある「リクナビNEXT」「doda」で代わりが利きます。

また、エグゼクティブ・ハイクラス向けの転職エージェントであれば外資系運営の「JACリクルートメント」では良質なサポートに期待できます。

国内大手二社の「リクルートエージェント」「doda(エージェント制)」は求人量がバツグンに多く、キャリアがあれば高待遇を期待できるので使っておくだけ損はないでしょう。

まずはビズリーチを使う前に完全無料の大手転職サービスを利用しておき、自身の市場価値をしっかりと確かめておくと、ビズリーチを最大限に活用できそうです。

ビズリーチは登録自体は無料なので試しに登録しておこう!

とはいえ、ビズリーチには有料会員限定のコアな転職・業界情報も掲載されており、あらかじめ利用しておけばヘッドハンターとのコネも作りやすくなるので、ハイクラス転職に対しての意欲が高い方は早いうちから登録しておくのもありです。

優良スカウト求人をタイミングによって逃すリスクもありますし、ヘッドハンターとのやりとり・求人の応募履歴が会員情報に反映されていくので、使い込めばそれだけ有利になるのも確かです。

またビズリーチは職務経歴書やレジュメの内容で優良なスカウトが来るかどうかが決まるので、他の転職エージェントで添削してもらった職務経歴書を流用することも可能です。

他社のエージェントと併用しておくことで、より効果的にビズリーチを活用できるわけですね。

ちなみにビズリーチは登録自体は無料です。

無料でもヘッドハンターからスカウトメールを受け取ることは可能ですので、転職意欲がそこまで高くない方でも、今のうちに利用してみる価値は十分ありますよ。

本気でハイクラスの転職を考えている方は、ビズリーチを活用し、ぜひとも納得の行く転職を成功させてください。

当サイトの情報が、優秀なビジネスパーソンの転職の助けになったのであれば、何よりもの幸いです。