大企業の社員は無能が多い?大手企業で働くと無能になってしまう仕組みとは?

「まずは、社員を無能だと思わせるんですよ」

「そうすることで『この会社なしではオレは生きていけない』と思わせることができる」

「これが我が社の人材コントロール術ですね(笑)」


マインドコントロールにおいて「自分は無能」だと相手に思わせる手法は、極めて一般的で効率がいいんです。

無能感を植え付ける効率の良さ

人間をコントロールするにおいて、無能感を植え付け、意のままに操ることは、実に効率がいいんです。

相手の自発性や思想を奪うことで、忠実にマニュアル通りに動く操り人形が出来上がるわけですからね。

「お前は無能だ」
「お前は他の会社に行ってもやっていけない」
「お前程度のレベルならいくらでも替えが利く」
「お前はその程度だから出世できない」

こういった言葉を、巧みに刷り込んでいくことで、会社にすがりつくことでしか生きられない人間を作り上げていくわけです。

まるで、麻薬のバイヤーみたいですね。

一応、補足しておくと意図的に「無能感を植え付ける」ための業務指示はパワーハラスメントに値します。

無能は「自分は無能だ」という薬を求めたがる

人間とは不思議なもので、自己正当化のための言葉を、進んで飲み込みたくなるんです。

たとえば、

「ブラック企業で勤めているやつは無能、転職できない」
「俺たちもブラック企業で勤めているんだ、我慢しようぜ」
「ブラック企業勤めでも、生きていける分マシ」
「ブラック企業でも出世のチャンスはある」

…といった、自分の環境を肯定する言葉ほど、真実味を増して感じられることでしょう。

逆に、

「自分は無能じゃないもっと出来るはずだ!」
「ホワイト企業勤めはいいぞ、頑張れば誰でもなれる」
「ブラック企業なんてやめれば、どうにかなる」

…といった、自分自身の環境を否定する言葉ほど、嘘だと思い込みたくなるわけです。

既に、あなたは「無能だ」と刷り込まれているのですから、自己肯定感をもたらす言葉は、すべてウソにしか見えなくなるわけです。

言葉とは薬です。そして、薬とはただ「効能がある」だけであって、必ずしも良い方向に向かうとは限りません。

せいぜい、自分でどの言葉を「正しい」とするかは、選び出しましょう。

無能は無能を作り出す

無能を作り出すマインドコントロール術は、さらなる無能を生み出す場合において、実に効率がいいんです。

無能を出世させて現場管理職につけさせ、後は「お前は無能だ!」と部下に植え付けていけばいいだけなのですから。

ブラック企業がブラック企業足るのも、そういった無能の連鎖を作り出す人材管理術が根底にあるわけです。

【ブラック企業】無能な上司がよく言う一言。言われたことがあったら転職を考えよう』という記事にもありますが、日本の企業は、実にこうした「無能のための無能による無能な会社経営」が広くとり行われているわけです。

無能とは、自分で考えて行動できない、操り人形のことを指します。

考えない兵士は、こと戦場においては高い成果をあげますが、今の日本の職場が戦場だと錯覚している、戦前からまるで成長していない国民は、実に多いわけです。

人は「無能」を自覚することで、成長できます

ところが「お前は無能だ」と洗脳された人間は、自分が無能であることを自覚できません。

なぜなら、自分の無能感を誰かの指示を忠実に満たすことで、埋めることができるのですから。

穴を掘って埋める作業でも、満足している洗脳された無能というのは、実に多いんです。それに給料が発生するのですから「オレは仕事して金をもらっている」という、充実感・有能感を感じることができるわけですね。

しかし、それに満足できずに「オレは無能だ」と自覚できる人間は、決して無能ではありません。

自分を無能だと自覚することは、謙虚さを意味します。

人は、自分に足りないものを埋めていくことで、無限に成長していくことができます。

今この瞬間、自分を無能だと思って、文章を読んでいるあなたは、少なからず洗脳されきった無能よりも、ひとつ上の存在なのです。

無能でないことを自覚するためにも転職エージェントを使おう

自分の無能感に悩む暇があるぐらいなら、まずは転職エージェントで客観的に自分の人材としての評価を得ることをおすすめします。

転職エージェントでは、あなたの適性をしっかり診断し、自分に合った企業を紹介してもらえます。

無能と植え付けられていては、成長することはできません。

しかし、転職エージェントでより成長できる企業を選べば、無能感を克服していくこともできます。

無能か有能かなんて、それは会社の人事や顧客など、他人が決めるものです。つまり、結果論です。ブラック企業でいつまでも無能な仕事をしていても、無能感は克服できません。

有能感を得られる仕事はやり甲斐を感じることもでき、ますます成長して会社に貢献することもできます。一方、無能感を植え付けられるだけの会社では、成長の余地なくダラダラ仕事し続けるだけの人生しか待っていません。

どちらかがいいかを選ぶためにも、まずは転職エージェントを利用して、自分の能力を客観的に評価してもらいましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ