ブラック企業の見分け方を徹底解説|転職で間違わないために事前にブラック企業を見極めるために参考にすべき情報とは?

この記事ではブラック企業を見分けるための方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ブラック企業は信頼性の高い口コミサイトから見分ける

就職・転職活動で求人情報チェックしている人の多くは、ブラック企業かどうかを判断するのに「口コミ・体験談」を参考にするかと思います。

ただ、ネットの口コミ・体験談はかなり感情的な偏見も混じるため、過信は禁物です。

もし、参考にするとしても会員性の転職サイトのみを参考にするなどして、冷静に見極めたいです。

企業口コミ系サイトでとくに信頼性の高い転職サイトは「キャリコネ」「openworks(旧:Vorks)」の2つです。

どちらのサイトも登録必須な上に職務経歴の提出がないと口コミ投稿が出来ないため、企業口コミの信頼性は匿名サイトよりも高いと言えます。

ただし「openworks」に関してはすべての口コミを見るには有料会員にならないといけないので、まずは「キャリコネ」に登録してみるといいでしょう。

キャリコネの登録はこちら【無料・登録1分】

ただし、本当にヤバいブラック企業はそもそも口コミすら出回らないことも多いので、ある意味では登録必須・職務経歴書アップロード必須の転職サイトに口コミがある時点でブラック企業ではないとも考えられるでしょう。

口コミサイトを参考にするなら
「辞めた理由」を重点的に見るといいかもな!

どこの企業や職場にも不満のひとつやふたつはあって当たり前ですし、何より辞めた人の口コミ投稿が主となる以上はネガティブな意見が多くなるという性質も忘れてはいけません。

ですので、参考にするとしても「ブラック企業ではないかどうか?」というよりは「その会社の不満点や嫌いなところが自分は気にならないor耐えられるか?」という視点で参考にすると判断を間違わないはずです。

「ブラック企業大賞」を参考にしておく

ブラック企業かどうかを見分けるためには「ブラック企業大賞」というサイトの情報を参考にしてみる方法もあります。

ただし、以下の点には注意。

  • ネット世論・話題性重視なので実態とは違うことも多い
  • 中で働く従業員からの情報ではなく外部の判断である
  • 公表された事件や情報から判断されたものである
  • 公表されていないブラック企業の情報は取り扱われていない

総評としては、ネット世論・ニュースなどが元となって判断されているため、かなり外部の判断要素が大きい上に、エンタメ寄りの傾向が強い印象です。

また、ノミネートされている企業も大手ばかりなので、一部の事例を大きく取り上げている点には注意。

ブラック企業大賞は話題性重視で
なおかつニュースになった情報が元になってるので
実態とかけ離れた情報も多い点には注意だ

ノミネートされた大企業でも部署や勤務地が変われば
全然ブラックじゃない企業もたくさんありますしね…

一時期ブラック企業大賞で話題になった「ワタミ」に関しても、業務改善に取り組みホワイト企業大賞を受賞した経緯もあります。

受賞した企業が大きな会社ばかりですべての職場がブラックでないことや、時間経過と共にホワイト企業になっているという前提は踏まえた上で、参考にするといいでしょう。

ブラック企業は会社ホームページから見分ける

ブラック企業かどうかを見分けるためには、会社ホームページをしっかりチェックしておくのが有効です。

まともな企業であれば、以下の情報を必ず記載しているはずですので、信頼性の指標としては参考になります。

  • 会社概要(事業所、従業員数、資本金)
  • 会社沿革
  • 組織図
  • IR(投資家)情報

これらの情報は求職者だけでなく、その会社の取引先や株主となる企業に向けて信頼性を示すための情報となるので、記載されている企業はまともな会社である証拠なので、ブラック企業である可能性は低くなります。

逆に、以下の条件に当てはまるのであればブラック企業である可能性が高くなってきます。

  • 企業ホームページが存在しない
  • 企業ホームページが更新されていない
  • 企業ホームページに会社概要などの詳細情報がな

企業ホームページが存在しない会社の場合、ネット時代の現代においても会社ホームページを作る重要性を理解していない企業ですので、ITリテラシーが低い会社である可能性が高いと言えます。

ITリテラシーが低い会社は「若者の少ない古風な会社」「情報感度が低く採用方法も古いやり方を行っている会社」「非効率的なやり方を重視している会社」である可能性が高いです。

古風な会社はブラック企業のままでも
改善する気がないことも多いので
注意が必要だ…!

また、企業ホームページの情報が古すぎたり、会社概要が充実していない会社は、企業情報が不透明で事業内容もわかりにくいことが多いので注意。

少なからず、求人情報と企業ホームページを合わせて、事前に業務内容や事業内容が把握出来ないような企業は、あまり求職者にやさしい会社だとは言えないでしょう。

ブラック企業は「法人番号公表サイト」から調べる

ブラック企業かどうか事前に見分けるには国税庁運営の「法人番号公表サイト」から調べると言う方法があります。

法人番号は、国税・地方税関係の申告書、源泉徴収票、調書などの関係上、多くの企業が登録の義務があります。

ですので、この「法人番号公表サイト」で会社の情報が見つからない場合は、法人化されていない理由があるので注意です。

法人化されていないということは、個人事業クラスの不透明で怪しい事業である可能性があるので、注意しておくに越したことはないでしょう。

少なからず、法人番号がしっかり登録されている会社を選べば、給料が支払われないような事業としての信頼性も怪しい企業に入社してしまう可能性は下げられます。

ブラック企業は業種・職種から見分ける

ブラック企業を見抜くためには、業種・職種から判断するという方法もあります。

具体的には「就職四季報」などの経済誌から「離職率」「平均残業時間」「給与実績」などの情報を参考にし、その業界ごとの離職率や残業時間でブラック度合いを判断します。

ちなみに、とくにブラックな傾向が目立つのは、以下の業界です。

業界すべての会社がブラックなわけではありませんが、ブラック企業が生まれる根本的原因が業界全体の課題となっていることが多いため、他の業種に比べて異様に離職率や残業時間が多い傾向にあります。

これらの業界は離職率が高いためか、採用のハードルも低めの傾向があり、無料求人サイトでも多く出回っているので注意が必要です。

いずれにせよ、考えなしにブラック企業の多い業界へ就職・転職すると危険なので、事前にしっかり情報収集しておくといいでしょう。

また、20代向けの就職支援サービスでは、ブラック企業の多い業界への紹介を一切していない会社も多いので、どうしてもブラック企業を避けたい方は利用を検討しておくといいでしょう。

ブラック企業は「採用方法」から見分ける

ブラック企業かどうかを見極めるためには「採用方法」から判断することもできます。

採用方法がしっかしている企業は人件費予算にも余裕があり、人事の能力も優れているので、社員教育や中途採用のノウハウがしっかりしている会社が多く、ブラック企業ではない可能性が上がります。

具体的には、しっかりとした優良企業は以下のような採用方法を用います。

  • 面接や選考に時間をかけ、人材をしっかりと選ぶ
  • 非公開求人で応募者を絞り、経歴や実績の合わない人材からの募集を弾く
  • 人材会社を経由し、第三者の仲介や交渉を挟む

一方、ブラック企業であればあるほど、以下のような採用方法を行います。

  • 面接や選考に時間をかけない
  • 無料求人検索で誰でも閲覧可能
  • 非登録制のサイトで誰でも応募可能

優良企業の場合、そもそも応募が殺到するので「人をしっかり選ぶ」ことができますが、人が来ないブラック企業は「人を選んでいられない」ので、無料求人サイトや登録不要の求人サイトで募集を行うことになるのです。

「まともな求人が見つからない…」「ブラック求人しかない…」と嘆いている人の大半も、このような企業側の採用事情を理解しないまま、無料求人サイトばかりで仕事を選んでいることが非常に多いです。

身に覚えがあるなら以下の記事もチェックしておこう!

無料求人サイトの求人がすべてブラックだとは言いませんが、良い条件の求人と出会える可能性は下がるのは間違いないので、少しでも良い条件の企業に就きたいなら「登録制の転職サービス」「非公開求人を取り扱っている転職サービス」を活用しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました