ブリーダーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼未経験からIT業界への転職を考えてる方へ

IT業界は将来性が高く平均年収476万円が見込める人気職です。
ただし、IT業界へ未経験から転職するのは難しくスキルや専門知識が必要となります。
もし、読者がIT業界への転職に興味があるのであれば、まずは「ウズウズカレッジ」のご活用をオススメします。
ウズウズカレッジでは「プログラミング(Java)」「CCNA」の2コースから選べ、自分の経歴や生活スタイルに合わせて、最短一ヶ月でのスキル習得が可能です。
ウズウズカレッジは無料相談も受け付けているので、スキルを身につけてIT業界へ転職したいと悩んでいる方は、この機会にぜひご利用を検討してみてください。

→ウズウズカレッジに無料相談してみる

ブリーダーってどんな仕事?

ペットとして人気のある犬や猫の血統を保持したり、その血統を持った動物を計画的に交配・繁殖させたりするのがブリーダーの仕事です。
繁殖させた犬や猫はペットショップに持ち込まれ、飼い主のもとに買い取られていきます。
扱う犬や猫の種類は多種多様ですが、生まれた動物に責任をもって管理する必要がある仕事だと言えます。

ブリーダーになるには?

ブリーダーは独立している自営業者が多いため、最終的には開業を目指すことが一般的なキャリアルートになります。
そのために、まずは経験の長いブリーダーのもとで働きながら修業し、知識と経験を積んでいくといいでしょう。
具体的な方法としては、インターネットやペット誌でブリーダーとして事業を手がけている人を見つけ出し、直接採用してもらえるように頼み込むのが一番の近道です。
とくに自分が気に入った犬や猫を育てているブリーダーであれば、積極的に自分を売り込んでみるといいでしょう。
ブリーダーが見つけられない場合は、ペットショップで仕入先のブリーダーを尋ねてみるのもいいかもしれません。
ペット業界はそこまで広い業界ではないので、意外なところから人脈がつながり、自分を雇ってくれるブリーダーと出会うチャンスが生まれやすくなるはずでしょう。

ブリーダーに必要な資格やスキル

ブリーダーになるための資格は特にありませんが、日本愛玩動物協会の愛玩動物飼養管理士の資格を取得しておくと就職に有利になるかもしれません。
また、生き物を扱う以上、生命に対する高い倫理観を持ち合わせてることは絶対条件でしょう。
また、繁殖させ販売する場合は、都道府県などに第一種動物取扱業の登録をすることが義務付けられています。

ブリーダーに向いてる人は?

  • 責任感のある人
  • 計画性のある人
  • 自立心のある人
  • 動物好きな人
  • 狭く深くの人付き合いが得意な人

まず、大前提として生命を取り扱う以上、動物を仕事として育成・売買するという責任感は大事になってきます。
動物同士の交配・繁殖を担う以上、計画性も大事です。
動物の世話を行ったり、将来的に開業することも考えると、自分の生活を自分でどうにかできる自立心もなければなりません。

また、直接的に取り扱うのは動物ですが、育てた動物を売買するペットショップなどとの付き合いを考えると、業界内や取引先とで深い信頼関係を築き上げる必要も出てくるため、狭く深くの人付き合いができると商売としても上手くやっていけるでしょう。
資格が必要ない分、責任を持って動物を飼育して品質管理する必要は出てくるため、職人的な要素もある仕事だと言えるでしょう。

ブリーダーと関連性の高い仕事は?

動物と関わる仕事全般はブリーダーとの関連性は高いと言えます。
ブリーダーの場合、自営業者に雇ってもらうか開業することが大半なので、収入や待遇の安定性は正社員ほどではなくなる点には注意です。
正社員相当の待遇にこだわる場合は、民間企業・公営企業が運営しているペット関連の事業を選んだほうが安定性は上がることでしょう。
また、弟子入りできるブリーダーが見つからない場合は、ブリーダーとの取引のあるペットショップで働くなどして、ブリーダーとの人脈を形成した上でブリーダーを目指していくというキャリアも考えられます。
「動物を交配させ育てる」という共通点に絞れば、農業関連では畜産農家や家畜人工授精師(種付技術員)、馬の生産牧場などの選択肢もいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました