ウェディングプランナー辞めたい…。ブライダル業界はブラックだから辞めた方がいい?

ブライダル業界といえば、ブラックな業界として有名です。

中には、ウェディングプランナーやブライダル業界を辞めたいと悩んでいる人もいることでしょう。

そこで当記事では、ブライダル・ウェディング業界を辞めた方がいい理由について紹介していきます。

スポンサーリンク

ブライダル・ウェディング業界を辞めたい理由とは?

ウェディングプランナーは激務で残業が長い

ブライダル・ウェディング業界を辞めたい理由としては、激務で休日がとれない・土日は早朝から深夜まで勤務・サービス残業は当たり前という、ブラック勤務が当たり前の業界だからでしょう。

また、ウェディングプランナーは休むが不定期であり、多忙な日々を過ごすこともあったりするため、思うように休みが取れないという部分もネックになってきます。勤務時間が長いため帰りが夜遅くなることもあったりと、長年働いていると色々と身体に負担がかかり体調を崩す人もいたりするため、ウェディングプランナーを辞めたいと感じはじめるのであります。ウェディングプランナーには営業のノルマとかもあったりするため、それを超えていないと給料とかも低いことがあったりするので、こういった部分でも辞めたいと感じることがあり、役職がついていた自分でさえ失敗とかミスがあるとノルマを達成することができないときもあったので、辞めたいと感じることが多かったです。

自分がウェディングプランナーを辞めた理由については、まず休みが思うように取れない部分とか勤務時間がかなり長いという部分があったりします。ウェディングプランナーは仕事の量が多い時が多々あるので、休みとかもろくに取れないことも多くあり、勤務時間帯とかも長いので帰りが夜遅くなったり、夜中になったりすることもあったりするので、拘束時間が長いというのがネックとなっていたのであります。

ウェディングプランナーはノルマがキツイ?

営業のノルマとかもクリアしないといけないポイントもあったり、ウェディングプランナーをやっていると色々な人たちの結婚式とかの段取りとかもしないといけないので、ちょっとしたミスがクレームにつながることが多かったため、結婚式後に怒鳴られたり、クレームを多々言われたりと、自分がミスをしたわけではないのに、人のせいにされたりしていたこともあったのであります。

ウェディングプランナーは給料が低い

ブライダル・ウェディング業界を辞めた方がいい理由としては、給料が低いからです。

人生の中で最も幸せの頂点と言われる結婚に携われる仕事だと感じ希望しましたが、実際の仕事はブラック企業が多く勤務時間もあってないようなもの。残業代はもちろんなし、早朝出勤や土日出勤は当たり前、ボーナスもありません。手取りの金額が良く見えて飛び込んでくる人は多いですがその分辞めたいと考えて退職する人も多かったです。

以下の、大手ウェディング会社の年収モデルを見てください。

ウェディング・ブライダル業界の平均年収

藤田観光/564万円(41.3歳)
ワタベウェディング/486万円(37.1歳)
テイクアンドギヴ・ニーズ/431万円(31.6歳)
IBJ/442万円(34.2歳)

出典:会社四季報 業界地図 2019

40歳の業界平均年収が600万円のことを考えると、ブライダル・ウェディング業界の平均年収は低めであることがわかってくることかと思います。

ブライダル業界の年収ベースですと、20代のうちは年収300万円を切る方も少なくないはずなので、将来的に昇給を希望するのであれば、転職を考えておいた方がいいでしょう。

多忙さや拘束時間を考えると、割に合う仕事とは言えないことでしょう。

ウェディングプランナーは人間関係の悪い職場が多い?

人間関係とかでギクシャクしていた部分もあり、これは自分がトラブルとかを起こしてギクシャクしていたわけではなく、職場内の人たちの間で派閥とか犬猿の仲の人の間で仕事をしていて、左右からあーだこーだ言われ続け、精神的にも負担がかかり、体調を崩したりすることが多かったです。そして、上司からの威圧とか圧力とかでちょっとしたパワハラのようなことも受けていたため、早く辞めたいと感じていたのであります。

ウェディングプランナーは将来性に不安が残る?

ウェディング・ブライダル業界を辞めた方がいい理由としては、将来性に不安が残る業界だからです。

将来性が低いと言われる理由としては、

  • 少子高齢化
  • ナシ婚」の増加
  • 少数での披露宴による顧客単価の低下

…など。

詳しくは以下の記事で、業界分析という形でまとめております。

ウェディングプランナーはクレームが多い・客の要求が高すぎる

ウェディング・ブライダル業界といえば、一挙式あたり数百万円単位の額を使うため、必然的に客の要求が高くなりがちです。

ウェディングプランナーをやっていると、利用者の人たちの要望や意見とかにも応えながら、できる限り、最高の結婚式とかにしないといけないので、ちょっとしたミスが後になってクレームを言われたりすることもあったりするため、ブルーな気分になることもあります。自分が経験してきたなかでクレームを言われ胸ぐらを捕まれ、喧嘩になりそうな時もありました。

せっかく衣装が決まりサイズ直しまでしても、直前になってキツクて入らない、こんな時でもお客様のせいには絶対出来ない、キツい原因は単にお客様が太っただけのこと、「あーアホらしい辞めたい」。
ウェディングプランナーが不健康ではお客様の門出に相応しくないため、若さをキープするよう心掛けてはいたのですが、女性の上司からは「髪の毛、何とかならないの?」、先天性の薄毛はどうにもなりません。

以下の記事でも書いておりますが、クレーム対応をしっかり行ってもビジネスではいいことは少ない事実は否定できません。

クレーム対応に消耗しているのであれば、転職を考えておくといいでしょう。

素直にお客様の幸せを喜べなくなる

ブライダル・ウェディング業界を辞めた方がいい理由としては、素直にお客様の幸せを喜ばなくなるからではないでしょうか。

筆者も接客経験があるのですが、今は普通に客とか金ヅルとしか思えなくなっています。

最初は「結婚式でお客様の幸せのために働きたい!」と意気込んでいたものの、途中でお客を仕事を増やす余計な敵としか思えなくなった方もいるのでは?

そういったドス黒い感情は、仕事の節々の態度に出てきて、同僚やお客にも見透かされてしまいがちです。

一度、冷静に「今の仕事を続けるべきか?」を見直す意味で、転職活動を行っておく価値は十分あるはずですよ。

ウェディングプランナー・ブライダル業界を辞めた後の転職先は何がある?

接客・サービス業

ブライダル・ウェディング業界勤めの方でも、勤務経験が浅い方であれば、現実的には接客・サービス業が第一の転職先候補となります。

ただ、接客業・サービス業の仕事だけを続けると考えると、多くの場合は店長クラスで留まることになり、年収アップにも期待できなくなりがちです。

また、残業や拘束時間に関しての問題も、転職したからと言って解決できる保証はありません。

20代前半(卒業後3年以内)であれば「既卒・第二新卒」という区分に含まれ、今までの経歴・学歴関係なしに未経験職に就きやすい立場にあります。

以下の記事で紹介している人材サービスを活用してみて、他の職種や業種も柔軟に検討してみてください。

販売・企画・マーケティング職

ウェディングプランナー級の経験があれば、販売・企画・マーケティング職へも転職チャンスは十分あるでしょう。

人によっては未経験からでも年収400万~600万帯は現実的に達成可能ですので、販売・企画・マーケティング職を検討しておくといいはずです。

ちなみに筆者も、販売・企画・マーケティング職に関しては高い適性結果が出ており、多くの転職サイトでも求人を紹介してもらっております。

実際に受かるかどうかはともかく、未経験からでも販売・企画・マーケティング系の職種に転職できるチャンスを知っておくだけでも、可能性は広がるはずです。

営業・コンサルタント職

ブライダル・ウェディング関連の仕事からは、営業・コンサルタント職への転職も候補に入ってきます。

結婚式クラスの額が動くレベルでの取引経験があれば、まず営業職は未経験からでも勤まります。

また、顧客に対する提案力・プランニング能力・調整力や、ウェディング・ブライダル業界で培った知識・経験に関しては、コンサルタントとしても応用可能です。

ウェディングプランナーを辞めたいなら転職エージェントを使っておくこと

以上のように、ブライダル・ウェディング業界は様々な要因があり、辞めるなら早いに越したことがない業界だと言えます。

転職先に関しても、自分で考えているほど狭くはないので、辞める前にしっかり転職活動しておき、現実的な転職先候補を知っておきたいものです。

転職エージェントを活用しておけば、忙しい人でも効率よく自分に合った求人を受け取ることができ、面接のスケジュールを組んでくれるなどのサポートも行ってくれます。

ブライダル・ウェディング業界を辞めようと悩んでいる方は、ぜひとも転職エージェントを活用してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

仕事辞めたい職種・業界別
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました