物理学者になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

物理学とは、元素の成り立ちから宇宙の仕組みに至る自然界の現象を観察して、その法則を明らかにする自然科学分野の学問だ。
ガリレオやニュートンに始まったとされるが、それら研究者を物理学者と呼んでいる。
物理学が扱う分野は、電磁気学・熱力学・量子力学・解析力学・統計力学・相対性理論・流体力学・工学力学・光学・素粒子物理学・宇宙物理学など実に様々だ。
しかし、それぞれの分野の研究は重なり合う部分が多く、境界線も曖昧だ。
そのため、自然科学の基礎研究の諸分野を総称して理学と呼ぶこともあるし、その一方で、主として研究している分野によって、物理学者のほかに、理学者、工学者、地球物理学者、宇宙物理学者、天文物理学者、数理物理学者などと呼び分けることもある。
大学の関連学部卒業後、大学院の修士課程と博士課程の研究生活を経たのち、研究職のポストを探すの一般的だが、プロの研究者として生活できるようになる人は限られている。
日本の基礎物理学のレベルは世界的にも高いとされ、ノーベル物理学賞を取った日本人も多い。列挙しておこう。

タイトルとURLをコピーしました