キャリアカウンセリングの必要性について徹底解説!転職で第三者に力を借りる意外なメリットとは?

元転職アドバイザーのヒビキです。

「転職エージェントで担当者はさむ意味ってあるの?」
「キャリアカウンセリングって必要なの?」

たまにこういった声を聞きます。

日本では就活や転職は「孤独な戦い」と思われているので、第三者に相談するのはありえないと考えられている方も大勢いらっしゃいます。

ですので、結論から言っておきましょう。

転職を成功させるためにキャリアカウンセリングを受けておくべきです。

営業で交渉を経験していたり、セルフコーチング出来るぐらいの能力があるビジネスパーソンであればともかく、そうでなければキャリアアドバイザーの力を借りたほうが間違いありません。

まともな社会経験があれば「第三者や専門家からアドバイスをもらった方が手っ取り早い」ことは、言わなくてもわかりきっているはずです。

とくにネット上では「人の話をまったく聞いていない」「自分の都合だけで物事を解釈している」という一方的な意見も多く、元転職アドバイザーとしては非常に嘆かわしい思いになることもあります。

そこで今回は転職エージェントの必要性を正しく知ってもらうために、キャリアカウンセリングについて詳しく紹介していきます。

そもそも「キャリアカウンセリング」とは?

「キャリアカウンセリング」とは、転職の盛んなアメリカで生まれた概念です。

・キャリアカウンセリングを受けることで得られるメリット

  • 精神安定
  • 自己理解からのモチベーション増加
  • 転職活動の方法指導(履歴書、職務経歴書、面接の指導など)
  • 求人情報の検索の代行
  • 将来設計(キャリアプラン)の見直し
  • 就業後の定着に向けたバックアップ

元々、転職は自信喪失・精神不安定に陥りやすくなりますので、カウンセラーの支援を受けながら活動する必要があるのです。とくに前職での挫折や失敗が転職理由の場合、転職に対してポジティブになれるほど強い人間はいません。

一方で日本では、カウンセリングは軽視されている傾向が強く「すべて自分の責任だ」「転職は”逃げ”」「転職する奴は心が弱い」という、根性論・精神論・自己責任論がまだまだ根強く残り続けています。

たとえば管理職に必要とされる「メンタルヘルスケア」「コーチング」と言った、心理面のケアの概念も、日本の企業では重要視されていません。その結果、社員をうつ・過労死に追い込んだり、辞めさせてしまうまでに思わせるような企業が後を絶たないのです。

転職活動についても「自分一人でしなければならない」「他人の力を借りることは恥だ」と言った思い込みが強く、その結果転職活動で挫折してしまう人も大勢います。

優秀な経歴や実績を持つにも関わらず、転職先に恵まれない人の多くは素直に他人の力を借りないことが原因のひとつなのです。もともと、日本人は職人気質が強く「口ではなく背中で語る」ことが美徳だと思われている面もありますが、ビジネスにおいては口で語ってこそです。

キャリアカウンセリングの重要性が国内であまり知れ渡っていないのも、そういった日本人の気質が隠れているのではないでしょうか。

キャリアカウンセリングを受けておくメリット

前述の通り、転職に際してキャリアカウンセリングを受けておくことはメリットばかりであり、非常に合理的だと言えます。

具体的なメリットを見ていきましょう。

心理面のケア

キャリアカウンセリングを受ける最大のメリットは、心理面でのケアだと言えます。

転職の際は、ほとんどの人が自信をなくしがちで精神面も不安定になります。

「前職で上手く行かなかったから次も上手く行かないかもしれない…」
「カウンセラーに悪く言われてしまうかもしれない」
「面接で前職を辞めた理由を追求されたらどうしよう…」

このように、悲観的になってしまうんですよね。

こういった心理面での不安を解消し転職に対して前向きになるためには、キャリアカウンセラーからサポートを受けておくのが一番です。

転職は「孤独な戦い」と思われがちですが、決してそんなことはありません。

面接・職務経歴書のフィードバック

転職活動においては、企業側がわざわざ不採用理由を伝えてくれるなんて親切なことはしません。そのため、面接や職務経歴書の誤りがあったとしても、気づかないことも珍しくはありません。

キャリアカウンセラーは、多くの転職希望者の職務経歴書を添削してきた経験もある上に、企業側からヒアリングもしているため「企業人事が欲しい情報」を把握しているわけです。

履歴書・職務経歴書に関して時間をかけることは”無駄な時間”です。字を綺麗に書いたところで、それが採用の是非に大きく関わることなんてまずありません。

面接にしても、多くの転職希望者が自分の伝えたいことの1割も伝えきれていません。

ビジネスパーソンであれば、無駄な作業に時間をかけることは他人に任せてしまう方が手っ取り早いことはわかっているはずですよね。

転職希望者からのヒアリング

キャリアカウンセリングを受けることで、転職希望者は自分の不安や悩み、あるいは欲求を洗い出すこともできます。

カウンセラーは言うなれば「話を聞くことのプロ」です。

あなたは今まで上司や先輩、あるいは家族や恋人・友人に相談してみて「違う、そうじゃない…」という苦しい経験をしたことはありませんか?

もしあるのでしたら、それは多くの人が「話を聞くのが下手」だという証拠に他なりません。

厳しいことを言っておくと、あなたの身の回りの人間は「あなたの将来や要望、転職するかどうか」なんて、大して興味もないのです。ですので「やりたいことやって生きよう!」「いや、転職すると後悔するぞ!」など、無責任なことしか言いません。

一方で、キャリアカウンセラーは転職希望者から話を聞くことが仕事ですので、しっかりと話しを聞いた上で、現実的なアドバイスをくれます。それはなぜかというと「利益のため」だからですね。

お金のために話を聞くなんて汚い!」とお考えの方もいるでしょうが、逆です。

利益につながるからこそ、キャリアカウンセラーは真剣に話をきいてくれるのです。

考えても見てください。

上司や先輩のしょーもない自慢話や世間話、仕事の付き合い以外で聞きたくありませんよね?あくまで「仕事のため=利益のため」という目的があるからこそ、人の話を聞いてもらえるわけです。

企業側の希望人物像のヒアリング

また、キャリアカウンセラーは転職希望者からだけでなく、企業側からの要望も随時ヒアリングしています。

そのため、求人情報では公開できないような企業側の要望を知っています。

ビジネスにおいては、重大な情報とはすべて非公開されるものです。多くの転職サービスでも「非公開求人」が取り扱われていますが、それはキャリアアドバイザーが「この人になら紹介してもいい」と判断されなければ、応募する権利すら得られないのです。

つまり「信用が大事」というわけですね。

企業においても、会社の経営に関わる重大な情報は役員や一部の上位の管理職にしか知らされません。それはなぜかというと、末端の信用も責任感もない社員に情報を知られて、不満が出ないようにするための、経営戦略なのです。

転職希望者としては、決して転職サイトやネット情報では知ることができない「リアルな転職に関する情報」を得られる点でも、キャリアカウンセリングを受けておくメリットは大きいでしょう。

転職情報の分析・取捨選択の代理

転職する際に負担となるのが、転職情報の分析と取捨選択です。

ハッキリ言って、転職サイトから一から求人票を見ていくのは時間の無駄です。

なぜなら、9割以上が自分に適性のない求人だからです。

しかも求人情報を吟味していくと、いかのような点で悩まなければいけません。

  • この求人の募集要項を自分は満たしているのか?
  • 給料や待遇面が良すぎるが、ブラック企業のオトリ求人ではないか?
  • 企業の資本金・従業員数が少ないが、経営は大丈夫なのか?

…など、考え出せばキリがありません。

就職活動ならともかく、転職活動では今の会社と待遇面を比較しなければならないわけでして、リスクに慎重になってしまうものです。

しかし、今まで自分の会社だけでしか働いたことのない転職希望者が、求人票の情報から分析して結論を出すのはほぼ不可能です。

一方で、転職業者は膨大なデータや過去の転職実績に加え、転職成功者の就業後のアンケート調査など、非常に信頼できるデータが蓄積されています。

「愚者は経験から学ぶが、賢者は歴史から学ぶ」という至言もあるとおり、自分の経験や知識だけで考えても正解は導き出せません。一方で、転職業者が蓄積しているデータは数多くの転職記録に基づく”歴史”だと言ってもいいのです。

それを踏まえると、一から自分で転職情報を探すことがいかに非効率的で愚かなことかは、もはや自明でしょう。

キャリアカウンセリングは絶対に受けておいた方がいい

このように見てみただけでも、転職で仲介人を通してキャリアカウンセリングを受けておくことが、いかに合理的かつ効率的かはおわかりになられることでしょう。

しかし冒頭にもお伝えした通り、日本人の多くは「転職で人の力を借りるのは恥ずかしい・ズルい」「転職は自分一人で成功させてこそだ」という頑固さもあるため、まだまだキャリアカウンセリングの有用性は知れ渡っていないのが実情です。

これは宗教的な慣習もあるかもしれません。キリスト圏・ユダヤ圏であれば「懺悔」「告白」など、自分の非を振り返った上で神や神父に赦してもらうという考えが当たり前にあります。

ところが日本は無宗教国家の上に、根底にある仏教や儒教の考え方にしても「守っておけばいい」という考えが前提にあるため、何か悪いことがあっても「天罰」「祟り」などと自分を責める考え方が未だに根強くあるのです。

そういった文化的背景もあり「自分に悪いことがあったら他人に相談する」という考えはなかなか受け入れられません。

政治家や経営者などを見ていればわかりますが、日本人は頑固なので決して自分の非を認めたがらないのです。

しかし、転職を成功させるためには、子供のように「自分は悪くない!」などと言っていては始まりません。

自分の良いところも悪いところもしっかりと反省した上で次に活かすことこそ、転職成功の秘訣なのです。そして、自分の良いところと悪いところを客観的に判断できるのは「第三者」です。

親であれば潜在意識として「子供(年下)だから」という理由で過小評価してきますし、上司や友人であれば「好き・嫌い」と言った感情が絡み、客観的な評価はもらえません。

そういった心理的な面も考慮した上で「キャリアカウンセラー=第三者」に相談することが、一番合理的な選択肢だと言えるわけです。

キャリアカウンセリングを受けるには?

このように、転職を成功させるために重要なキャリアカウンセリングですが、実は国内の転職サービスのほとんどで無料で受けることができるんです。

就職活動では多くの方が「就職サイトを見て、自分で応募する」という経験をされているでしょうが、転職では「第三者からサポートを受ける」という考え方が当たり前です。

とくに近年日本でも普及してきた「転職エージェント」というサービスは、キャリアカウンセリングが受けられることが最大のメリットとして知れ渡り始めています。

転職エージェントは国内に100以上のサービスが存在し、それぞれに特徴や方針があります。すべて無料で利用できる上に、面談の予約もスマホやパソコンから手軽に申し込めます

このサイトではとくにオススメの転職エージェントを厳選して紹介していますので、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。