鳥獣保護管理員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

スポンサーリンク

鳥獣保護管理員ってどんな仕事?

各都道府県の鳥獣保護区の管理や、鳥獣に関する各種の調査、資料の取り締まりなどが鳥獣保護管理の主な仕事です。
鳥獣保護や禁猟区、休猟区を巡回して案内板の設置や管理を行います。
勤務日数は10日以内で、報酬は1日9000円(東京都区部の場合)+実費となります。

鳥獣保護管理員なるには?

鳥獣保護管理員は、鳥獣保護法に基づいて都道府県の非常勤職員として設置されます。
そのため、各地方自治体が地域の鳥獣保護区の管理のため、鳥獣保護管理員募集していることがあります。
自治体の求人情報を探してみたり、自治体求人を多く扱っているハローワークで探してみるといいでしょう。

鳥獣保護管理員に必要な資格やスキル

特に資格は必要ありませんが、志望動機などを問う論文などで選別されるため、鳥獣に関する知識や独自の洞察力が要されることになります。

鳥獣保護管理員に向いてる人は?

  • フィールドワークが好きな人
  • 鳥獣に関する知識や興味関心がある
  • 保守・管理の仕事が好き
  • デスクワークが苦にならない
  • まとまった収入が必要ない人

鳥獣保護の主な仕事内容は外仕事になるため、フィールドワークが好きなことは適性の指標となるはずでしょう。
採用の際に志望動機を問われるため、鳥獣に関する知識や興味関心があった方が有利になることは言うまでもありません。
自然区の保守・管理、調査資料の整理など、一般職のデスクワーク相当の業務内容もあるため、デスクワークが苦にならないことも最低限の条件だと言えます。
また、非常勤職員となるため、まとまった収入が得られない難点を踏まえると、短期の仕事を掛け持つなどの働き方をしなければならないため、正社員として働かずともよい状況にあることも現実的な適性だと言えるでしょう。

鳥獣保護管理員と関連性の高い仕事は?

フィールドワーク全般、とくに野生動物調査員(鳥獣被害対策コーディネーター)は近しい仕事内容と言えるでしょう。
仕事の役割や内容で考えると保守・管理や事務作業も生じるため、一般事務からインフラ関連の保守管理とも近しいため、鳥獣保護にこだわらないのであれば、一般職も広く把握しておくとキャリアの選択肢が広がるはずです。
非常勤職員となる以上、他の仕事との掛け持ちも現実的に考えなければならないため、関連性の高い仕事に就くことも視野に入れておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました