中間管理職の悩み一覧。日本の中年サラリーマンの悲哀をとくと堪能あれ!【板挟みのストレス、ハゲ、理不尽すぎる上司】

中間管理職と言えば、サラリーマンの醍醐味である一方で、悩みとストレスの多い立場

それまで自分の仕事だけしておけばどうにかなった平社員と違い、部下や上司(経営者・役員)と板挟みになって、複雑な仕事をこなしていかなければなりません。

中には「管理職辞めたい」「管理職つらすぎ」と深刻に悩んでいる方もいるでしょう。

関連:管理職を向いていないと感じた時に読んで欲しい。中間管理職を降りるべきか否か?

しかし、それはあなただけの悩みではありません。

古今東西、管理職的立場で人は悩みながらも、前に進んできた歴史があります。

そして、多くの管理職の悩みとそれを解決するヒントが、あらゆるビジネス書や古典、あるいは知恵や知識に隠されています。

この記事では、中間管理職の悩みやストレスの原因を洗い出し、解決するためにヒントや知恵をご提示していきます。

中間管理職は板挟みの人間関係に悩むもの

中間管理職がまず直面するのが「板挟みの人間関係」です。

仕事において人間関係は強いストレスをもたらすものですが、管理職ともなると嫌な人間とも上手く付き合わなければ話にならないため、人間関係についてはかなり苦労する問題だと言えるでしょう。

関連:仕事の人間関係に耐えられない!仕事でストレスを抱える原因とリスク、対処法について。

管理職クラスともなれば、嫌いな人間とも最低限上手く付き合える処世術は身につけてはいるでしょうが、”最低限”では通用しないのが管理職のつらいところ。

より仕事で高パフォーマンスを発揮できる対人関係構築力を築き上げるためにも、様々な考え方や人との関わり方を身につけることを意識すべきでしょう。

部下のマネジメントに悩むのは管理職共通

管理職が一番最初に直面するのが、部下のマネジメント(指導・管理)の問題でしょう。

部下の指導・マネジメントについては、今まで「先輩」程度で済んでた立場が「教師・先生」という立場に変わるわけですので、最初は誰もが苦労する問題でしょう。

ハッキリ言って、部下とは管理職では経験も仕事で抱えている課題も違うので、管理職からすれば「全員、無能」と考えてOKなレベル。

部下の指導に悩んだら、まずは学校の嫌いだった教師を思い出してみましょう。

「なんであなたたちはわかってくれないの?」←真面目すぎて空回りする新米教師
「オラ!校則守れや!!!」←体育会系、規則が絶対な教師
「(生徒がバカすぎて話にならん)」←無気力系、定時上がりの淡白教師

反面”教師”という言葉もありますが、人間的に尊敬できなかった教師からこそ、学ぶべきものがあります。

部下のマネジメントには正解はありませんし、教師が十人十色なように、管理職にも個性は必要です。

まずは、自分が目指すべき”管理職像”をしっかり見定めておくといいでしょう。

関連:職場の士気が下がる原因。会社の士気を上げるための方法とは?

上司の指示が理不尽すぎる

管理職となると、それまでと違って、上司からの要求のハードルも上がると同時に、経営に関して理不尽な目標を言い渡されることも多くなります。

ただ、これについては好き勝手言いまくるのが上司と経営陣の仕事ですので、本当に自分が求められていることを見極める「判断能力」こそ、管理職に大事な要素です。

極端な話「死んででも今回の目標を成し遂げろ!」と言われて、本当に死ぬまで働くのはただのバカです。

逆に”死ぬほど頑張ったフリ”をして「いやあ、今回の目標はちょっと厳しかったですけど、なんとか半分は達成できましたよ~」と報告するのが管理職の仕事です。

その後、ガミガミ言われる恐れもありますが、理不尽に怒られるの管理職の仕事のうちだと割り切りましょう。

他部署との派閥・出世争い

管理職は板挟みの人間関係だけがストレスの原因ではありません。

他部署との派閥争い・出世争いも、ストレスの原因となるのです。

管理職にとって、上司は口うるさい敵であり、部下は言うことをきかない不確定要素であり、他部署の人間は敵にも味方にも変わり得る重要な存在です。

とくに「経営者・上司という共通の敵が存在する」という面においては、他部署の管理職は味方になりやすい存在ですので、出来れば早めに友好関係を築いておきましょう。

ただし、出世争いの激しい会社や派閥のある会社であれば、そう簡単に話が進むとも限らないので、政治家になった気持ちで社内の人間関係を制していきましょう。

…さすがに管理職ともなると「みんなで仲良く仕事しよう!」なんて甘えた理想論は許されないことは、身にしみてわかっているはずですからね。

関連:仕事の腹黒い人間関係と人間心理。「出世争い」「競争社会」の因縁に巻き込まれた場合の対処法とは?

取引先との調整

取引先との調整も管理職の大事なお仕事。

しかも、部下に以前の得意先を任せるなど、付き合い方も変わってくる。

中にはダメな部下が取引先に迷惑をかけ、事後処理をしなければならないことも。

ただし、見方によっては「取引先と部下という新しい共通の”敵”」を手に入れたことにもなるので、あえて部下をダシにして取引先とより良好な友好関係を築く戦略を使うのもありでしょう。

関連:取引先の担当がムカつく!ぶっ飛ばしたい!取引先の嫌味な奴の対応方法とは?

管理職は経営・利益に関する責任に応えなければならない

中間管理職をわかりやすく表すなら「経営者の代わりに”会社の重大な仕事の一部”を任される立場」です。

そのため、下っ端の平社員では知らされないような重大情報、あるいは会社の経営に関わる重大な責任を背負う機会も多くなります。

そしてその分、かけられるプレッシャーも尋常ではなくなります。

シビアな目標設定・のしかかるプレッシャー

管理職となると、上司からかけられるプレッシャーが平社員のそれとは比較にならないほど厳しくなります。

  • 売上に関するシビアな数値設定
  • 経営コストに関する細かな数字目標
  • コンプライアンス・社内規則に関しての徹底

中には無理難題をふっかけられ、経営陣ですら「出来るわけない」と内心では思っていることすら、管理職に容赦なく「やれ」と指示してきます。

要領のいい人や経験のある人であれば受け流せますが、管理職なりたての人間であれば「どこから取りかかればいいかわからない…」とオーバーワークになりがち。

解決策としては「全部やる必要はない」と早期に気づき、仕事に優先順位をつけ、その上で各業務を100ではなく70ほど進めていく、バランス感覚や配分能力だと言えるでしょう。

部下・経営者・役員との打算的な付き合いや腹の探り合い

管理職クラスともなると、人付き合いは「好き・嫌い」「合う・合わない」の単純な問題ではなく、かなりの打算的な付き合いも多くなります。

上司や役員と職場では話せないような機密事項を共有したり、あるいは部下の面倒を見るために飲み会の費用を負担したり…。

ハッキリ言って、仕事で関わる人間はすべて「打算的」「敵か味方」という目でしか見れなくなるところも、中間管理職のつらいところ。

管理職のストレスが及ぼす悪影響

プライベートの時間・家庭を大切に出来なくなる

管理職になると、あまり理不尽な仕事量のため、プライベートの時間を犠牲にしなければならないことがままあります。

  • 長期の出張
  • 海外赴任
  • 新規プロジェクトの重要ポジションに任命

マイホーム購入後や結婚後に容赦なく「出張だ」と命令してくるのが、日本の企業式なので、ある程度は受けいれましょう。家庭とマイホームは会社にとっては、体のいい人質でしかないのです。

頭がハゲ上がる

管理職になると、頭がマッハでハゲ上がるのは言うまでもなくわかりきった事実でしょう。

日本の悲哀あふれるサラリーマンの特徴と言えば「ハゲ」ですからね。

関連:ハゲたサラリーマンはかっこいい。ハゲこそが中高年ビジネスマンの誇りにして勲章だ。

誰にも理解されない苦しみ

管理職はあらゆる方面を敵に回さなければならない、孤独な立場です。

上司は敵で当たり前、部下も大半は敵、他の管理職も味方に思えて敵になるリスクもあり、取引先や顧客も敵になるリスクを常に抱えている…。

おまけに仕事のせいで家庭の時間も犠牲にしなければならず、妻も子供も敵になりやすい。

まさに、管理職は八方塞がり・四面楚歌、世界中が敵だと言ってもいいでしょう。

対策は「誰かに理解されたい」とは思わないこと。

愚痴をこぼしたら負けだと思え。

そして、うつ病へ…

20代の若手であれば「辞めてもどうにかなる」「若いからどうとでもなる」と割り切って、思い切って辞めることも可能です。

しかし、管理職を任されるような立場や年齢層になると、うつ病気味でもそう簡単に「辞めよう」と思えないから、かなり根が深刻。

実際、うつ病・過労死のデータを見てみますと、30代以上の管理職クラスの方も珍しくなく、中には50代の大手企業の管理職クラスでさえ、過労死してしまうのが日本社会の闇。

管理職が責任を背負うのは、あくまで”フリ”だけの話です。

経営に関する責任を負うのは経営者や役員であり、たかだか管理職クラスに会社が吹っ飛ぶリスクのある仕事を背負わせる企業はそう多くはないので、たまには思い切ってクズになって「会社の経営なんか知らん!給料だけよこせ!」という気持ちも持ちましょう。

管理職に疲れたら転職活動を始めてみるのもあり

今の会社での管理職に耐えられないのであれば、思い切って転職を考えてみるのもありですよ。

というのも、管理職はあまりに報われない仕事ですので、会社の将来や出世に期待できない場合、転職した方が快適な環境で働ける可能性があるからです。

ただし管理職の転職の場合、20代の転職と違って「嫌だから辞める」というよりは「今の会社では先が見えない・挑戦も出来ないから辞める」という感じですので、長期的視野で落ち着いて転職活動に臨むべきでしょう。

少なからず、日本の企業の管理職は不遇な目にあいやすい立場ですので、どうしても今の会社の待遇や仕事内容に耐えられないのであれば、転職活動を始めてみる価値は十分にあります。

キャリア次第では年収アップも実現できるのが管理職クラスですので、一度本気で転職を考えてみてはいかがでしょうか。

関連:中間管理職辞めたい…。板挟みでつらい…。そんな人でも転職チャンスはあるのか?

中間管理職向け転職エージェント

管理職クラスにオススメの転職サービス

最後までお読みいただいた方に、当サイトが保有している情報の中でも、とくに管理職クラスの方に自信を持ってオススメできる転職サービスをご紹介していきます。

管理職クラスであれば、安易に転職すると今まで積み上げた立場を捨てることになるので、多くの転職エージェントを併用して各社の求人情報を徹底的に吟味した上で、納得の行く転職先を選ぶことを強く推奨いたします。

多くの転職エージェントでは面談に呼ばれることが第一条件ではありますが、登録しておくだけで自分のキャリアに合った非公開求人が届くようになるので、出来る限り多くの転職サービスを併用しておきましょう。

応募したい求人にレスポンスを返せば、それが面談に呼ばれる条件になることも多いので、行動は早いに越したことはありません。

関連:転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

とくに今は景気がいいおかげで、優良企業が積極的に人材採用を行っているので、転職に関心がある方は出来る限り早めに転職活動を始めておくといいでしょう。

BIZREACH(ビズリーチ)

管理職クラスの方にとくにオススメしたいのが、TVCMでも話題の「BIZREACH(ビズリーチ)」です。

→ビズリーチの徹底解説記事はこちら

ビズリーチは年収500万円以上を目指す管理職クラスを対象としており、国内の上位ランクの非公開求人の多数集まるサイトとして、非常に高い評価を得ております。

ビズリーチは他の転職エージェントと違い「サイト上でヘッドハンターと直接交渉可能」「ヘッドハンターの評判を閲覧できる」など、利用者自らヘッドハンターを選ぶことが可能です。

他社の転職サービスと違い、対等な立場でヘッドハンターや企業側と交渉が出来るため、フェアに転職先を見つけ出すことが可能です。

本格的にヘッドハンターと交渉するには、有料会員になる必要があるため、その点は踏まえて利用しておくといいでしょう。

ただし、会員登録自体は登録無料で、企業・ヘッドハンターからのスカウト求人自体は無料会員でも受け取れるので、それでも満足できないのであれば有料会員になるという流れ使うのがオススメです。

当サイトの編集部も利用していますが、他の転職エージェントや求人サイトではお目にかかれない優良求人ばかり届くので、興味があるなら登録だけでもしてきましょう。

転職エージェント同様、職務経歴書の情報を充実させるとスカウトされる確率がグッと高くなるため、時間のある方は登録後に職務経歴書の記入まで済ませておくといいですよ。

Spring転職エージェント(アデコ運営)

管理職クラス関わらず、キャリア形成で悩んでいる方にオススメの転職エージェントが、スイス発の世界No.1人材サービス会社の手がける「Spring転職エージェント」ですね。

→Spring転職エージェントをオススメする理由

国内の人材サービス会社と根本的に運営体制や転職サポート手法が違うため、かなり高精度で良質な求人提案とサポートが期待できます。

求人提案は「量より質」のため、より自分に合った転職先の情報が届きやすく、求人情報もかなり詳細に書かれており、なおかつ広告色がないのでフェアな情報に期待できます。

自身が外資系企業ということもあり、外資系企業への紹介も強く、外資系企業向けの転職ノウハウも非常に成熟しています。

また、担当者が個人プレイの「両面型」のエージェントであるため、高い交渉力やディープな情報にも期待でき、今後の転職の相談相手としても頼もしい相手を見つけやすいのが強みです。

関連:知っておきたい「分業型」と「両面型」のメリット・デメリット。転職エージェントを使うなら業界内情も知っておこう。

当サイトの編集部も利用していますが、コアな求人に詳細な情報が記されており、担当者の対応力も外資系ならではの高さを感じさせます。

Spring転職エージェントは登録から面談まですべて無料で、非公開求人も登録後すぐに受け取れますので、この機会にぜひ登録だけでも済ませてみてください。

面談拠点は全国に展開しています。

JACリクルートメント

外資系企業・海外転職・グローバルな日系企業への転職を考えるのであれば「JACリクルートメント」もオススメです。

→JACリクルートメントの解説記事

JACリクルートメントは他社と違って、ミドルクラス・ハイクラスの管理職のみを利用対象としているため、取り扱い求人・紹介先企業とのコネ・転職ノウハウすべてが高水準の転職エージェントです。

また、自身がイギリス発の外資系企業ですので、外資系への紹介には圧倒的な説得力があります。

アデコ同様、両面型のコンサルタントのみが在籍しているため、交渉力やレスポンスの早さにも期待できるところも強みです。

当サイトの編集部でも利用していますが、名だたる大企業や世界規模の超有名企業の求人も紹介してもらえるので、キャリアアップ志向の方は必ず登録しておくといいでしょう。

他社転職エージェント同様、登録から利用まで完全無料ですので、気になる方は早めに登録を済ませておきましょう。面談拠点は関東・関西圏中心です。

関連コンテンツ