中小企業のレベルは低い?中小企業勤めで限界を感じている時に考え直すべきこと

「中小企業は大企業に比べてレベルが低い…」

中小企業に勤めて、そう感じている方は少なくないことでしょう。

私自身、思うことがあって新卒後には中小企業に勤めましたが、結局は大企業に転職することにしました。

周りの同期や学生時代の友人でも、優秀な人はこぞって中小企業から大企業へ転職しています。

結論から言っておきましょう。

中小企業はレベルが低い会社や、能力の低い人材が多いです。

これは差別や偏見ではなく、統計や社会・組織の仕組みを考慮すれば、なるべくしてそうなるからです。

そこで今回は、中小企業がレベルが低いと感じる原因を掘り下げた上で、よりレベルの高い環境で働くために意識しておきたいことを紹介していきます。

中小企業のレベルはピンキリだと知っておこう

そもそも、日本では99%の会社が「中小企業」に含まれます。

つまり「中小企業」という定義に含まれる会社は、あまりに幅が大きすぎるのです。

まずは法律が定義するところの「中小企業」を見てみましょう。

業種分類 中小企業基本法の定義
製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

極端な話、従業員数人の零細企業と数百人規模の会社を、同じ「中小企業」として考えていては、話にも食い違いが出てきます。

上の定義を見ればわかりますが「個人」という言葉が意味するように、資本金数千万円持っていれば、個人でも法人化して「中小企業」を経営できますからね。

会社の事業規模や資本金などをしっかりと把握しないで中小企業に入社すると、冗談抜きで「ワンマン経営」「一族経営の会社」に入社してしまうリスクもあるわけです。

中小企業は下を見るとキリがなくなる

「中小企業はレベルが低い」とは言っても、それはあくまで平均して考えた場合の話です。

大企業に負けないレベルの中小企業もありますし、大企業では発揮できないポテンシャルを仕事で活かしている人材もたくさんいます。

しかし、それはごく一部の話です。

中小企業はその定義が広すぎるために、下を見れば際限なくレベルが低くなるわけです。

考えてもみてください。

高学歴層の方は想像しにくいかもしれませんが、世の中には大して勉強もせずに定職に就ける人だってかなりの数いるのです。

大企業であれば、最低限学歴や教養を求めます。

しかし、中小企業はどうでしょう。

大企業ほど人事選考もしっかりしていないため、レベルの低い人材というのはかなりの数紛れ込んでしまうものです。

つまり、中小企業は人材レベルの最低下限が際限なく低くなるのです。

そのため、大企業と違って、信じられないぐらいのバカや、レベルの低い人間と一緒に仕事しなければならないリスクが増えます。

また、大企業と違って経営者や役員、あるいは上司のレベルも著しく低くなるリスクも増えますね。

一族経営の趣味や道楽レベルで経営している会社もありますし、成り上がりのボンボンがノリで立てた会社もあるわけですから。

大企業は組織としては「レベルが高い」

一方で、大企業は平均して「レベルが高い組織」になります。

組織規模が段違いですので、法務部や総務など、専門の仕事を細かく分けることは当たり前ですし、部署替えで人間関係を入れ替えることで、人材に豊富な経験を積ませることも可能です。

また、新しい事業には挑戦的な人材を採用することもできますし、中途採用枠で他者からヘッドハンティングする余裕もあります。

極端な話、大企業の資本金があれば、中小企業の事業をまるまる吸収することもできますからね。

そして、大企業では、新卒で学歴や技術のある人材を一からしっかり育て上げたり、中途採用で優秀な人材を引っ張ってきているので、極端にレベルの低い人材はそうそういません。

大企業の商品やサービスが最低限の品質を保証するように、社員のレベルも最低限は満たすように、しっかりとした組織運営と人材教育が成されているわけです。

中小企業は事務手続き・法律遵守がテキトーな会社も多い

中小企業がレベルが低くなる原因のひとつに、事務手続きや法令遵守がテキトーになりがちだという理由もあります。

大企業であれば、人材に余裕があるため、法務部やコンプライアンス部門などに人員を配置する余裕がありますが、中小企業はそうもいきません。

社内に法律について詳しい人物が一人もおらず、就業規則の作成も司法書士に丸投げしていることも珍しくないです。

労働法やコンプライアンスを無視した、ブラック企業であったり、人材市場価値に見合っていない採用をしている中小企業も、必然的に多くなってくるわけです。

そのため、中小企業に勤めていて、法知識や人材市場価値などを知らない人は、大企業と同じ業務量をこなして成果を出しているにも関わらず、給与も評価も低いなんてことも、十分にありえるわけですね。

中小企業では優秀な人ほど苦労するハメになる

中小企業は優秀な人ほど、苦労するハメになります。

というのも、中小企業は下のレベルが低くなるため、相対的に優秀な人の業務負担が増えるからですね。

中小企業の仕事は、多くの場合は自分で学んで伸ばしていかないと話になりませんが、それは社内の教育がしっかりしていないからです。

大企業のような安定した教育カリキュラムや人材育成方針がないので「伸びない人材は伸びないまま」という事態が、十分にありえるわけです。

そのため出来る人と出来ない人の差は広がりやすんですね。

その上、中小企業では一人あたりが担当する仕事の範疇も広いため、出来る人材はマルチに仕事をこなさなければなりません。

ひどい場合は、一人のエース社員に業務の大半を任せていることもありますからね。

…いやあ、私自身そのような立場を経験したのですが、今考えると組織としてはありえないレベルでした。

「私がいなくなると、この会社詰むんじゃないの?」というぐらいに、個人に仕事の負荷を押しつけている中小企業であれば、この先もドンドン負荷が増えていくことでしょう。

苦労が昇給や社内評価に結びつくとは限らない

しかしながら、中小企業ではどんなに優秀で多くの仕事をこなしている社員であっても、必ずしも昇給や社内評価に結びつくとは限りません。

会社の業績が下がれば、元々事業規模の小さい中小企業では、もろにダメージが出てくることになります。

仕事が増えているのに、なぜか業績は落ちている」という事態もありえ、万が一に備えての資金もなく、実は赤字で倒産寸前…ということもありえるのが中小企業です。

また、中小企業では事業規模が小さく、人間関係が近い距離になりがちだからこそ、ビジネスライクに割り切った評価をしにくいこともありますね。

「同じ会社の仲間だから困難を乗り切ろう!」
「君にしか出来ないんだから、頑張ってくれ!」
「一人一人が頑張ってくれないと困る」

こういった義理人情が厚くなってしまうからこそ、優秀な社員の負荷は重くなる一方で「この仕事はあいつがしてくれて当たり前」「全部あいつに任せておけば大丈夫」という、甘えも出てくるわけです。

周りに足を引っ張られることも多くなる

中小企業では、優秀な社員は周りに足を引っ張られることが多くなります。

しかも、ナチュラルに「周りの社員のレベルが低いせいで、バカを見る」というケースで…ですね。

「周りの社員がわからない・出来ないから…」
「周りの社員にやらせると何倍も時間がかかるから…」
「周りの社員が自分で覚えようとしないから…」

この場合、ナチュラルに「周りのレベルが低い」せいで、優秀な人間が足を引っ張られるわけでして、いくら周りに言い聞かせて教えたところで、そもそも元々のスペックが違うのでどうしようもないこともあるんですよね。

学校で何をしても覚えの悪い生徒がいたように、素の理解力であったり、仕事の適性や素養の基礎が何段階も離れている…というレベルの低さを痛感することが多々ありました。

中小企業は”修業の場”と考えておこう

このように、優秀な人にとって、中小企業では「レベルの低い職場」と感じることは必然的に起こりえます。

そして、多くの業務量をこなし、社内で貢献しているにも関わらず、給料が頭打ちになるのも、中小企業ではよくあることです。

周りのレベルの低い社員と同じぐらいの年収であるのも関わらず、業務負担が多いのは、正直割に合わないことでしょう。

ですので、今勤めている中小企業 のレベルが低いと感じているのであれば”修業の場”ぐらいに割り切って、自分の成長やキャリアアップのために仕事していくべきです。

レベルの低い中小企業でも、苦労した経験は必ず糧になる

「苦労は勝手でもしろ」という言葉がありますが、レベルの低い中小企業で必死に働いて苦労した経験も、必ず糧になるのは間違いありません。

中小企業で周りよりも活躍している人材であれば、間違いなくキャリアアップ転職を成功させることができます。

考えてもみてください。

周りのレベルが低いと感じるような中小企業で働いていて、それでなおかつ「この職場、自分がいなくなったら回らなくなるんじゃないの?」と思っているのであれば、それだけ自分の仕事の裁量が大きいということです。

今の職場での細かい苦労や経験を一つずつ掘り下げていけば、それはすべて転職の際の自己評価としてアピールすることもできます。

周りのレベルが低い感じて呆れてきたら、そろそろキャリアアップ転職で、ワンランク上の職場を探す頃合いです。

中小企業からのキャリアアップ転職を成功させるには?

とはいえ、周りのレベルが低い中小企業から、キャリアアップ転職をしようにも、なかなか成功するイメージがつかみにくいことかと思います。

…まあ、周りのレベルが低い=レベルの高い人材との競争経験も少ないということですからね。

ある意味では「中小企業勤めで周りのレベルが低い状況に優越感を感じている」という心理状態もあるかと思います。

しかし、それも会社の状況が悪くなると、優越感以上に不当に扱われている感覚の方が強くなってくるので、決してレベルの低い現状に満足せず、余裕のある時にキャリアアップ転職を意識しておくべきですよ。

中小企業から大企業への転職チャンスは大きいことを知っておこう

「中小企業から大企業への転職は厳しい」と思い込んでいる方がいますが、それは完全に間違いです。

むしろ、大企業ほど中小企業から優秀な人材をヘッドハンティングしたがるものですからね。

というのも、中途採用枠は、大企業内で一から育て上げるよりも、中小企業で経験を積んでいる人材を引っ張ってきたほうが、間違いないからです。

とくに中小企業で得た技術やノウハウや、自発性や成長性などは、新卒入社組とは違った人材価値として高く評価されます。

「レベルの低い中小企業勤めだから大企業への転職は無理…」と考えるのではなく、実際はむしろ逆ですね。

「周りのレベルが低い中小企業でこれだけ頑張ってるんだから、大企業でもやっていける!」ぐらいに考えたほうが、絶対に上手くいきます。

実際に、中小企業から大企業に転職して「こんなにホワイトな職場で年収上がっていいの?」という感想を抱く人は多いですからね。

中小企業から中小企業へ転職する場合は慎重に行動しよう

中小企業から他の中小企業へ転職する際は、慎重に行動すべきでしょう。

社会人として経験や知識は身についているでしょうが、今度は一歩踏み込んで、交渉力や営業力も身に着けなければ、またレベルの低い中小企業で使い潰されてしまうリスクも増えます。

大企業とは違い、中小企業は事業規模によってはまったく安定していない会社も多いですからね。

「会社の業務実態や経営状況」
「自分の入社した後の配置や業務内容について」
「昇給・昇進の実績」

こういった要素を、面接でしっかりと聞き出す交渉力がなければ、レベルの低い中小企業を見抜くのは困難と言えますからね。

中小企業へキャリアアップ転職する際は「この会社は自分には厳しいかな?」「この待遇や条件はちょっと高いかな?」ぐらいに感じる職場を目指した方が、レベルの低い職場に就くリスクは下がるでしょう。

中小企業からの転職はエージェントを活用しておくべきです

レベルの低い中小企業で消耗しているような方が、転職を成功させるには、転職エージェント制の利用は必須と言ってもいいでしょう。

大企業や同業界に太いコネがある方ならともかく、そうでない方が無策で転職活動したところで、またやりがい搾取される中小企業に就いてしまうリスクがデカイですからね。

企業側の本音としては「優秀な人材にできるだけ安くでたくさん働いて欲しい」なわけです。

自分一人で転職先を探す場合には、交渉能力や営業力、そして転職先の企業実態を調べる労力が必要になります。中小企業で使い潰されている社会人の方が、並行して質の高い転職活動を行うのは困難なことでしょう。

転職エージェントは、そういった「忙しくて転職活動を充実させる時間がない」という方の転職先探しを無料で行ってくれるサービスです。

今の自分に見合った求人先探しは当然のこと、自分の経歴や能力を見て、企業からスカウトやヘッドハンティングのオファーが来ることもありますね。

また、転職活動で面倒になる履歴書・職務経歴書の作成から応募手続き、スケジュール調整などは、すべて担当のエージェントが代わりに行ってくれるので、転職活動の無駄な負担が格段に減ります。

転職エージェントがなぜ無料で利用できるかというと、それは企業側が費用をすべて負担しているからですね。

これはすなわち「転職エージェントを介して人材を募集している=お金をかけてでもいい人材が欲しい」ということなので、平均的にレベルの高い会社が見つかりやすいと言えます。

「勤めている中小企業のレベルが低い」とお悩みの方は、一度転職エージェントに登録して、カウンセリングを受けてみること、強くオススメしますよ。

仮にすぐ転職する気がなくとも、今後のキャリアアップや転職のリアルな情報を知っておくだけでも、将来の選択肢が広がりますからね。

ぜひ、転職エージェントを上手く活用して、よりレベルの高い職場にステップアップしてみてください。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておきましょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

また、面談の案内が来ない場合も、表には出ない非公開の優良求人や、自分の経歴に合わせた求人も届くので、それに応募しておけば面談に呼ばれることもあります。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ