クレームの多い仕事に共通する特徴。クレームを避けたいなら知っておこう

「就いた仕事が異様にクレームが多い…」
「クレーム対応に疲れた…」
「理不尽なクレームのせいで精神病む…」

世の中には理不尽なクレームを受けなければならない職場も数多くあります。

しかし、出来ればくだらないクレーム対応は避けて生きたいものですよね?

そこで調査に調査を重ね見つけ出した「クレームの多い仕事に共通する特徴」を紹介していきます。

クレームの多い仕事に共通する特徴

ネットでクレームの多い仕事をリサーチしていると、以下のような共通項が見受けられます。

  • 誰でも利用できるor安いサービスや商品に関する仕事
  • サービス・商品に専門的知識がいる仕事
  • 慢性的に人手が足りていない・忙しい業界や職種
  • 従業員の満足度が足りていない会社
  • 信頼関係のない相手とやりとりする仕事

具体的なサービス・職種名も挙げた上で、考えられる原因についても説明していきます。

誰でも無料で利用できるサービス

クレームの多い仕事には「誰でも利用できる」「無料で利用できる」という特徴が見られます。

誰でも利用できる・無料で利用できるサービスの例

  • 公共施設の窓口(公務員)
  • 無料スマホアプリのレビュー
  • 閲覧無料のネット記事やSNS
  • 受信料のかからない民放番組

上記のようなサービスのレビューや評判を見ればわかりますが、無料で使えるにもかかわらず悪評が多く見受けられますよね。

ネットで評判を書き込むだけならまだしも、仕事でクレーム対応する人々はあのような悪評やクレームに対応しなければいけません。

大人になれば「満足や納得の得られるサービスを受けるためには、相応の対価(お金、仕事、信頼関係)を支払わなければいけない」と学びますが、いい歳して気づかない大人も決して少なくありません。

安い商品・安い店は客層が落ちるのでクレームが多い

クレームの多い仕事は、無料でなくても「安い商品を取り扱っている店」「安い客層でも使えるサービス」の場合にも当てはまります。

安い店・安いサービスの例

  • 大手小売チェーン店
  • 大手チェーン飲食店
  • 大手チェーン居酒屋
  • 大手ディスカウントストア

こういった安い店・安いサービスは「薄利多売=安かろう悪かろう」で、商品の質からサービス内容を安くし、従業員のサービスの質も悪いので、必然的にクレームも多くなります。

関連:薄利多売業界からは20代で転職しなさい。安い商品・安い客・安い賃金での貧乏感覚が一生離れません

取扱商品・サービスの専門性が高い仕事

クレームの多い仕事には「取扱商品・サービスの専門性が高い」という特徴もあります。

これは単純に、消費者が商品やサービスの内容を事前にしっかり理解せずに購入し「思ってたのと違った!」「使い方がわからない」「何もしてないのに壊れた!」とクレームをつけてくることが多くなるからです。

取扱商品・サービスの専門性が高い仕事の例

  • 携帯ショップなど(料金プランが複雑・操作が難しいなど)
  • インターネット・IT関連など(自分で調べて解決できない人がすぐにクレーム入れてくる)
  • 金融などの法律などが絡む仕事(専門知識がなく、広告イメージに流されて利用する客が多い)
  • その他、専門知識や技術の必要な仕事(簡単に出来ると思い込んでいる客が一定数いる)
  • 上記の窓口やサポートセンター・コールセンターなど(マニュアル内にないクレームが来ることも)

関連:携帯ショップ辞めたい…。携帯ショップから転職するなら早いうちにしておこう

関連:コールセンターつらい・辞めたい。ストレスの多い電話オペレーターは一刻も早く転職した方がいい

上記のような仕事でクレーム対応してみるとわかりますが、たまに信じられないぐらいのレベルでクレームつけてくる人がいる上に、説明しても納得してくれない客もいるので、精神的に消耗します。

また、専門性の高い商品や知識は単価が高い分、クレーマーの要求も過剰になってくるため「菓子折り持って謝罪」「相手の気が済むまでクレームを聞かなければならない」など、クレーム処理にかかる時間や労力も並々ならぬものとなりがちです。

しかも、誠意を持ってクレーム対応したところで、相手は「そんなことは当たり前」と考えているため、真面目にクレーム処理しても一銭の得にもならないところも、クレーム対応の仕事のくだらなさを助長させる結果になります。

関連:クレームが理由で仕事を辞めてもOK。クレームの少ない仕事を見つけて前向きに転職活動しよう!

人手が足りていない・忙しい会社

人手が足りなていない職場・慢性的に忙しい会社もクレームが多くなりがちです。

なぜなら、サービスや商品の質が下がる上に、顧客対応も疎かになるからです。

どんなに「お客様にしっかり対応したい!」と考えていても、人手が足りていなかったり、忙しすぎる場合に「お客様は神様!丁寧に対応しよう!」なんてキレイゴトは言ってられません。

関連:「お客様は神様です」を勘違いしている人が多すぎる!本当の意味とは?

従業員の就業満足度の低い会社

上記の理由に関連して「従業員の就業満足度の低い会社や業界」もクレームが多くなりやすいです。

なぜなら、従業員も仕事に満足・納得していないというのに、お客に十分な対応が出来るわけもないからです。

事実、クレームの多い「小売」「飲食」などの業界は、離職率が圧倒的に高い業界として有名で、ブラック企業の多い業界でもあります。

関連:離職率の高い会社の特徴。統計データから分析する離職率の高い職場の共通点とは?

わかりやすく言えば「お前らの給料も待遇も上げるつもりはないが、お客様を神様だと思って奴隷のように尽くせ!」という経営方針の会社が多いわけであり、従業員が大事にされていないのに客にも尽くせと、言動と行動が一致していないわけです。

仕事は決してボランティアではないので、従業員を大事にしない会社でお客に過剰なサービスを提供する必要はありません。

なぜなら、クレームが多いのは本質的には会社や本部がしっかりとして経営が出来ていないからですね。

そういった会社は真面目に働くだけ損するだけですので、辞めることを考えておきましょう。

関連:社員を大事にしない会社は総じてブラック!早めに辞めておかないと後悔すること間違いなし!

関連:真面目だけど使えない人の特徴。真面目過ぎる人は仕事に対する意識がズレている

信頼関係のない相手とやりとりする仕事

クレームの多い仕事は「不特定多数の人間=信頼関係のない相手とやりとりする」という特徴があります。

ネットを見ているとわかりますが、人間は顔の見えない相手や知らない相手には好き勝手文句を言うことに躊躇のない生き物です。

政治家やテレビの芸能人にしても、相手を知らなければ好き勝手文句を言いたい放題ですからね。

逆に、信頼関係の強い相手や会社ですと、多少のことは許せるものですし、今後の仕事に支障が出ないように事を丸く収めようと考えるものです。

とくに「BtoC(企業から消費者)」ビジネスの多くはこの「不特定多数を相手にする仕事」となるため、クレーム対応からはどうあがいても逃げ出せないことになります。

また、本質的に国民の奴隷=公僕となる公務員も、不特定多数の国民相手からのクレームリスクを常に抱えます。しかし、民間企業と違って公務員の場合、過度なクレームは「公務執行妨害」扱いできるため、立場上はかなり優遇されています。

クレームの多い仕事は早いうちに辞めたほうがいい

以上が、クレームの多い仕事の共通の特徴点ですが、クレームの多い仕事は辞めてしまったほうがいいでしょう。

なぜなら理不尽なだけならともかく、真面目にクレーム対応しても評価や昇給にほとんど関わらないからです。

クレーム対応が嫌なら辞めたほうがいい理由の代表例

  • クレーム対応してもメリットにならない(日本はチップ制がないため)
  • クレーム処理のスキルは転職に活かしにくい
  • クレームを未然に防ぐにしても、個人の努力には限界がある
  • クレームで精神を消耗する割に見返りがないため虚しいだけ
  • クレーム対応をこなしても達成感ややり甲斐がない

クレーム対応の仕事を経験すればわかりますが「達成感・やり甲斐がない」上に、精神的に消耗するだけで、ただただ虚しいだけです。

しかも、最近は大手企業ほどクレーム処理をアルバイトの下の人間やコールセンターの外部に委託している傾向があり、それだけクレーム処理がやり甲斐のない汚れ仕事だと認めているようなものです。

関連:クレームのストレスが辛いなら辞めていい理由。クレーム対応で疲れてうつ病になりそうな場合の対処法とは?

クレームの多い仕事を避けるなら転職エージェントを使っておこう

クレームの多い仕事から抜け出したかったり、あるいは転職活動中でクレームの多い仕事を避けたい方は「転職エージェント」で、プロから優良求人を紹介してもらうことをオススメします。

転職エージェントとはプロのアドバイザーから自分に合った求人を紹介してもらえるサービスのことで、無料で利用できます。

転職エージェントが保有する「非公開求人」は、他では紹介できない優良求人が多く含まれているため、誰でも出来るクレーム処理の仕事は少なめです。

ただし、転職エージェントを利用する時の注意点がひとつ。

「クレームが理由で辞めたい」という動機は、マイナス印象を与えがちなので、以下の記事を読んで有効なアピールを抑えておくといいかもしれません。

関連:「クレームが嫌で転職したい…」という理由は通じるのか?実情を語る

どうしても志望動機や次の転職先がわからない場合でも、転職エージェントに相談すれば自分に向いている転職先やアピール方法を教えてもらえるので、まずは登録して面談を受けてみてください。

とくに最近の日本では「IT化による顧客対応の削減」「クレーム対応はアルバイトや外部のコールセンターに任せる」という傾向が進んでいるので、クレーム対応は下の人間に押しつけて、転職先でもっとやり甲斐のある仕事をしましょう。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておきましょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

また、面談の案内が来ない場合も、表には出ない非公開の優良求人や、自分の経歴に合わせた求人も届くので、それに応募しておけば面談に呼ばれることもあります。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ