【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

クレームばかり受けてしまう人が無意識にやってる過ち。改善するだけで嫌な客を寄せ付けない接客術を紹介

「なぜか他人と比べて自分ばかりクレームを受けやすい…」
「変な客に当たりやすい…」
「嫌な客を寄せ付けてしまう…」

このように感じていませんか?
同じ職場で接客対応をしているにも関わらず、なぜか他人よりもクレームを受けやすい人がいます。

そういった人にはいくつか特徴があります。

たとえば、ちょっとした接客トークをしておけばクレームを防げるにも関わらずまったく言ってなかったり、見た目に威圧感がないのでクレーマーの標的になってしまいやすいなどの理由が考えられます。あるいは、真面目な対応でクレーマーの理不尽な言い分も聞いてしまうばかりに、クレーマーを増長させてしまっているのかもしれません。

クレーム対応の多くは、自分に非があるにも関わらず理不尽な対応をしないといけないと思ってしまうかもしれませんが、対応の仕方や考え方を知っておけば、他人を上手く動かすコミュニケーション上手になれるチャンスであるとも捉えることができます。

本記事ではクレームを受けやすい人の特徴をおさらいした上で、具体的な対処法や基本的な考え方までまとめてご紹介していきます。ぜひ、クレーム対応で悩んでいる方は参考にして、仕事にも取り入れてみてください。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

クレームを受けやすい人の見た目の特徴は?

クレームを受けるような仕事は「見た目」「第一印象」「雰囲気」などで判断されることが多いため、クレームを受けやすいかどうかは見た目で決まることもあります。

▼クレームを受けやすい人の見た目

  • 若い女性
  • 小柄/身長が低い
  • 童顔/幼く見える
  • 優しそうな性格
  • 愛想がない/笑顔がない
  • オドオドして自信なさげにしている

ネット上のクレーム報告や筆者が実際に目撃したケースで見ても、とくに若い女性が標的にされる傾向が強く感じます。

なんで女性がクレームの標的にされちゃうんですか…?

クレーマーの心理を調べてみると「モラハラ」「ストーカー」といった厄介な人種と共通した心理があるので、言い返せなさそうな若い女性がクレームのターゲットとして選ばれやすいのかもしれません。

厄介なクレーマー心理
以下の記事でもご紹介しています

もちろん、すべてのクレームがここで挙げたような人に向くとは限りませんが、八つ当たりレベルの理不尽なクレームを受けやすい人は見た目がクレーマーを寄せ付けやすいのかもしれません。

自分の見た目や雰囲気がクレーマーを寄せ付けやすいかどうかを判断するには、

  • 名指しでクレームを受けやすいか?
  • 周りの社員と比べてクレーム頻度が高すぎないか?
  • 周りの社員と年齢/性別で差がないか?

…といった部分を考えてみるといいでしょう。

名指しのクレームを受けてる人
以下の記事もチェックしてみてくれ

クレームを受けやすい人の誤った接客対応の特徴は?

クレームを受けやすい人には見た目以外にも「接客方法が悪い」という理由も考えられます。

▼クレームを受けやすい人の誤った接客方法

  • 謝らない人/頭を下げない人
  • 否定から入る人
  • 正論で返す人
  • 相手の話をしっかり聞かない
  • 人に合わせた対応ができない
  • 他人に相談しない/頼らない人

上記のような接客方法は、場合によっては相手を怒らせてしまうこともあるので、あらかじめ知っておくことでクレーム対応を悪化させる事態を避けられるはずです。クレームを起こす社員として問題視されているような方は、とくに意識しておくといいでしょう。

謝らない人/頭を下げない人は相手に敵対感情を抱かせやすい

クレーム対応の鉄則として「まずは謝る」ということが大事です。

クレームにおいては「何が悪いか?」よりも「相手が不快になったこと」に対して感情をなだめるために謝ることがほとんどなので、まずは謝った上で相手の話を聞く姿勢を見せることが大事です。

自分に悪いところ・非がなかったとしても、謝ることで対話姿勢を作ることで、初動で相手の敵対感情を和らげることが出来ます。

とりあえず最初は謝ることで
話を聞く姿勢を作れるぞ!

否定から入る

クレーム対応で失敗しがちなのが「否定から入る」というパターン。

  • ですから~
  • ですが~
  • ○○だから~

上記のような語りで対応すると相手の話を否定しているような印象を与えるので、たとえ説明が完璧であっても相手は納得してくれないで、話がこじれる可能性が出てきます。

ですので、相手の話に合わせて「お客様の気持ちもわかります」と共感を抱かせた上で、実際の対応方法について話していくとスムーズに対処できるはずです。

最初から「出来ません」と結論を言われると
相手の話に共感してない印象を与えがちなので注意だ!

正論で返す人

前述の「否定から入る」と被るところもありますが「正論で返す」という方法もクレーム対応ではNGです。

たとえば、クレーム対応の初動で「それは○○だから出来ない」と言われると、相手の話を聞く前から相手を否定した上で、なおかつ自分たちの都合を相手に押し付けているようなものなので、クレーマーの反感感情は高まる一方です。

さらに言えば「私はまったく悪くない」と主張しているように感じさせるため、謝って済むだけの問題を悪化させてしまうこともあります。

相手の話をしっかり聞かない

クレーム対応に慣れてくると、相手の話をしっかり聞かずにテンプレート対応してしまうという問題も出てきます。

仮に経験豊富で、相手が話し終わる前に要求がわかるとしても、最後まで話を聞かなければ、相手は「この人、本当に話がわかってるのかな?」と疑うもの。

この場合も、相手の話をしっかり最後まで聞くことを意識しておき、こちら側から話を切り出すのはクレーマー相手に吐き出せてからにしておくのが鉄則です。

クレーマーは文句を言いたいだけの人もいるから
相手の感情が納まるのを待つのも大事だな!

人に合わせた対応しかできない

人に合わせた対応ができない場合もクレームにつながりやすいです。

ただ、これは組織で働く以上はどうしても個人個人に合わせた対応がしづらい場面が増えるため、根本的な改善や対策は難しいと言えるでしょう。

クレーマーの中には目的が「要求を通す/改善を求める」人がいます。

その場合、マニュアル対応しかしてこない相手にクレームをつけてきて、自分の思い通りに動かそうとしてきます。

要求としては、

「自分だけ優遇しろ」
「他の社員を対応に出せ」
「返金しろ」
「土下座しろ」

…など、多岐にわたります。

この場合、一社員だけの権限だけでどうこうしようもないことが多いので、クレーム対応力のある社員に協力してもらい、場合によっては本社などから協力を得る必要も考えられます。

クレーマーが要求を通そうとしてきている場合は
社員一丸となってクレーム対応することも大事だ

他人に相談しない/頼らない人

クレームを受けやすい人は、クレーム対応時に一人だけでなんとかしようとしてしまう人でしょう。

前述の通り、理不尽な要求を通してこようとするクレーマーに対しては、社員/職場全体で対策するのが基本です。

また、クレーム対応時に他人に相談しないような人は、クレーマーからすれば格好の餌食です。

そう考えると、自分の身を守るためにも、職場に理不尽なクレームを増やさないためにも、厄介なクレーム対応は他の社員と職場全体で対応するのが最善だとわかってくるはずです。

クレームを言われやすい人は他でも変な人に絡まれやすい?

クレームを言われやすい人は、職場/客相手限らず、あらゆるところで変な人に絡まれやすい性質を持っているとの報告もあります。

前述の通り、見た目や性格がクレーマーの標的にされやすい人は、モラハラ・ストーカー気質のある人に絡まれやすく、いじめなどの言葉の暴力の標的になりやすい性質を持っています。

もしクレームを受けやすい人でも「職場いじめ」「モラハラ/ストーカー被害」などの経験があるなら、見た目・性格に何かしら問題があるかもしれないので、人付き合いの方法から見た目まで変えてみることが大事かもしれません。

職場いじめの標的にされやすい人は
以下の記事でも紹介しています

また、変な人に絡まれやすく運気がないと感じる女性に多いのが「占い」「スピリチュアル」「呪い」「オカルト」などの非科学的で根拠のない方法にすがってしまうというパターン。

占いやスピリチュアルを否定するわけではありませんが、自分自身を変えなければクレームを受けやすい根本的な原因は改善できないままで居続けることになるので、行動や考え方を変えてみることも大事です。

仕事が続かない女性の方は
キャリアを意識して仕事を選ぶことも大事です

クレームで言われたことは気にしなくていいが対策はしておきたい

接客の仕事をしていると「クレームは気にしなくていい」とのアドバイスがよくあります。

ただ、気にしなくていいと言われたから気にしないでいられるほど、誰もがそう簡単に割り切れないところがクレーム対応の辛いところでしょう。

また、本人にクレームを受けやすい原因があるのだとすれば、改善しておくに越したことはありません。

ここでひとつ気をつけておきたいのは、

×クレーマーに言われたから改善する
〇クレーマーに絡まれることで仕事/プライベートに支障が出るので改善する

…と考えることです。

クレーマーに言われたネガティブなことを真に受けて考え込んでしまうと、自分自身の考え方や行動もそれにとらわれてしまいます。

たとえば、クレーマーに「愛想がない」「態度が悪い」「笑顔がない」と言われたとして、その後にクレーマーの要求に応えてしまうと、自分自身がクレーマーの理不尽な要求に屈したという意識のもとで働くことになるので、根本的なクレーマーへの苦手意識が消えないことになります。

しかし、ここで「クレーマーに言われたから」ではなく「厄介なクレーマーを寄せ付けないで自分の身を守るため」という意識で改善・対策に取り組むことで、意識としてはクレーマーに屈したとは感じないはずです。

目的意識を「クレーマーのため」ではなく
「自分のため」にすることが大事だな!

他人の悪意に敏感な人や自罰的・内省的な人は、クレーマーに言われたことを真に受けて反省してしまいがちなのでクレーム内容も気にしてしまいがちですが、クレーマーの指摘や要求を「クレーマーのため」ではなく「自分のため」だと考えることで、結果として気にせずに済むように考えられるようになるはずです。

クレームを言われにくくするためにはどうする?

ここからはクレームを受けやすい人が、クレームを言われにくくするために具体的にするべきことをご紹介していきます。

▼クレームを受けにくくするためにすべきことは?

  • 見た目を変えてクレーマーを寄せ付けにくくする【見た目を変える】
  • クレーム対応の基本を覚えて受け流せるようにする【考え方を変える】
  • クレーマーの多い店/会社で働くことを避ける【環境を変える】

クレームを避けるためには、

「見た目を変える」
「考え方を変える」
「環境を変える」

…の3パターンのアプローチがあります。

読者の置かれた状況に合わせて、自分に合ったやり方を試してみてください。

見た目を変えてクレーマーを寄せ付けにくくする

文中でも何度もお伝えしている通り、見た目や第一印象からクレーマーを寄せ付けてしまう人がいます。そのため、勤務中はクレーマーを寄せ付けにくい見た目で働くことで、高い効果に期待できるでしょう。

とくに、女性は髪型やメイクを変えるだけでクレームを避けやすくなるとの報告がネット上でも多く見られるので、参考にしておきたいです。

72. 匿名 2019/01/05(土) 23:58:52

受付の仕事してます。最初は優しい雰囲気がウケると思い込みメイクも髪型も大人しくを心掛けてたんだけどもう八つ当たりレベルの理不尽なクレームを言われたりする事が続いたのでメイクもキツめに髪型もバッチリ決めてたら本当にクレーム言われることがなくなった。
やっぱりクレーマーは人を選んでるね。

76. 匿名 2019/01/06(日) 00:36:29

道を尋ねられやすいタイプと痴漢されやすいタイプに共通するものがあると思います。
背が低め、優しそう、大人しそう、色白で綺麗系よりカワイイ系。芸能人で言うと、すみれや広瀬すずみたいなタイプよりは乃木坂や黒木華の方が狙われやすいです。

あと前髪がある子は幼く見えるからか狙われやすいです。クレームや変な人に当たりやすいと言う子にはまず前髪を作らずアップにするようアドバイスしますが、これだけで結構変わります。

出典:https://girlschannel.net/topics/1959480/

クレームを受けやすいCAには、こう言います。
「常に信頼される身だしなみをしましょう」
髪のまとめかたひとつでも、おくれ毛もなくキレイに整えていれば、周囲に与える印象は変わります。たったそれだけで受けるクレームはかなり減るようになります。そうするうちに、自信がついて感情も安定するのです。

出典:髪のまとめ方ひとつで、クレームが激減!人間関係で損をしない「5つのヒント」 | TABI LABO

クレーム対応の基本を覚えて受け流せるようにする

クレーマーを受けやすい人は、クレーム対応の経験を積みながら受け流せるように対人スキルを磨くことも大事でしょう。

▼クレーム対応の基本

  • ハキハキと明るい声/笑顔で対応する
  • 毅然とした態度で対応する
  • クレーム対応のパターンを覚える
  • 他の社員と連携して対応する
  • 相手の話をしっかり聞く

クレーム対応はケースや相手によって正解が変わってきますが、上記のような対策はあらゆる場面で活用できるはずです。

また、交渉術の原則として「相手の話は聞くけど要求には応えない」を意識しておくことで、クレーム対応関わらず、対人関係でのトラブルの多くは対応することができます。

クレーム対応のみならず交渉術を知りたいなら
「ハーバード交渉術」を学んでおくのがオススメだぞ!

クレーマーの多い店/会社で働くことを避ける

上記のような方法でもクレームが減らないと感じるのであれば、今の職場/仕事自体にクレームを招きやすい構造があると言えます。

▼クレームが減らない仕事の代表例

元々、これらの仕事自体が「上の不始末に対するクレームを現場で処理する」という仕組みですので、クレームを受けること自体が仕事となっている面もあります。

ですので、どうしてもクレームを避けて仕事をしたい方は、他の職種/業種へ転職してクレームリスクを避けるといいでしょう。

クレームの多い仕事の共通点
以下の記事でも確認してみてくださいね…

クレームを受けやすい人は転職を考えるのも手

以上のように、クレーム対応は慣れると未然に防ぐことが出来るものです。

それでも、一定数文句を言いたいだけのバカもいますので、そういう相手は受け流して気にしない図太さも大事です。

ただ、怒鳴られたり理不尽なクレームをつけられることに、強いストレスを感じる方もいるかもしれません。

そういった方は、転職を考えておくのもいいかもしれませんよ。

転職エージェントを活用してクレームで消耗しない仕事を見つけよう

中には「いい転職先が見つからない」「転職を成功させる自信がない」という方もいらっしゃるかと思います。

そんなあなたにオススメなのが「転職エージェント」というサービスで、プロから転職サポートをしてもらい、効率よく次の仕事を見つけ出すという方法。

転職エージェントは無料で利用できる上に、自分に合った求人を紹介してもらえるため、意外な天職とも出会えます。

ここでクレーム対応なんていう最底辺の仕事から抜け出し、社会人として大きくステップアップしている人もたくさんいます。

ただし、利用する時の注意点がひとつ。

それは表立って「クレームが嫌だから転職したい」「クレームのない仕事がしたい」とは言わないこと

むしろ「自分は理不尽なクレームも耐えてきたパワフルな人材だ!」と強気で行きましょう。

また、転職エージェントは正社員の経歴のないフリーターや学歴のない人でもサポートしてもらえるので、使っておくだけチャンスが生まれます。

クレーム対応にうんざりしている人は、ぜひ転職エージェントで自分に向いている仕事を紹介してもらいましょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました