メイド喫茶(コンカフェ)辞めたい…辞める理由はどう説明するべき?角の立たない辞め方は?

コンカフェ(コンセプト・カフェ)やメイド喫茶で働くことは華やかで楽しいイメージがありますが、実際は小規模経営で安定していない職場が多く、いざ働いてみて理想と現実のギャップに潰れそうになっている方も少なくないはずです。

コンカフェを辞めるのはそう簡単なことではなく、店舗状況によっては引き止められることも見越して心の準備をしておく必要があります。

そこで当記事では、コンカフェやメイド喫茶勤務が辛いと感じる理由を確認した上で、実際に辞めるための具体的な行動まで、まとめてお伝えしていきます。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

1月は年度明けに向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、1月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会に活用しておきまししょう。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

コンカフェ勤務が辛いと感じる理由は?

まず初めにメイド喫茶やコンカフェ勤務で辛いと感じる理由をご紹介していきます。ぜひ、読者自身の状況と照らし合わせてみて、自分の考えや感覚が間違っていないのか確認しておきましょう。

研修がしっかりしていないので教えてもらえない

コンカフェやメイド喫茶勤務が辛いと感じる理由に「研修がしっかりしていない」「先輩や上司に教えてもらえない」というものがあります。

これはコンカフェのような小規模経営されている仕事は、研修制度がしっかりしておらず「とりあえず、やってみてから覚えて」という方針の職場が多いからです。

酷い場合には、

・メモ禁止
・上司や先輩がまったく教えてくれない
・社内マニュアルもない

と、会社全体で社員教育がまったく為されていないため、現場の人間の能力や自発性に任せっぱなしなこともあり得ます。

逆に言えば、しっかりとした会社ですと従業員教育や研修が充実しているため、今の職場の教育や研修が不十分だと感じるなら、会社の安定性や働きやすさを疑った方が身のためでしょう。

仕事では誰も助けてくれない!諦める前に知っておきたい〇つの不都合な事実
仕事で誰も助けてくれないとお悩みではありませんか?仕事で誰にも助けてもらえない理由には本人の性格/仕事の仕方/職場の環境など、様々な要因が考えられます。当記事では仕事で助けてもらえる人材になるための知恵を紹介していきます。

オーナー(店長)が適当すぎる

オーナー(店長)が適当過ぎることも、コンカフェ勤務が辛いと感じる一因でしょう。

たとえば、

・面接時の説明と実際の業務内容が違いすぎる
・職場内での情報伝達が為されていない
・その他、教え方や説明が適当で言うことがコロコロ変わる

など、思い当たるのであれば注意が必要でしょう。

コンカフェやメイド喫茶のような仕事は、水商売のようなアンダーグラウンドだからなり得る事業のため、店長やオーナーの能力もピンキリです。

いずれにせよ、アルバイトからも不信感を抱かれるような店長やオーナーは、上司や経営者としてやるべきことをしっかりやっていない可能性が高いので、警戒しておくに越したことはないでしょう。

仕事内容が意外と多い

コンカフェ勤務は「接客業」「サービス業」に分類されるため、たとえアルバイトであって多くの仕事量をこなす必要があります。

接客対応はもちろんのこと、お客さんの注文を取ったり、食品内容を覚えたり、会計を行うなど、コミュニケーション能力だけでなく要領の良さが必要とされます。

これは要領が悪い人にとっては、かなりの苦痛だと感じることでしょう。

客観的に見て、今の日本ではコンビニアルバイトレベルでも覚えることが多すぎるなど、接客業の負担が増え続ける一方なので、辛いと感じるなら接客業以外の仕事を見つけ出すことも考えてみることをオススメします。

未経験でも大丈夫!接客以外の仕事の種類と就くために必要なことを徹底解説!
接客しないで済む仕事へ転職するコツ、接客以外にどのような職種・業種があるのかご紹介していきます。接客以外の仕事へ就きたい方のキャリアの参考になる情報を掲載していますので、参考にしてみてください。

待遇が悪い(交通費が出ないなど)

コンカフェ・メイド喫茶は小規模事業が多いためか、待遇があまり良くないという声もよく聞きます。

具体的には、

・交通費が支給されない(出ても少額)
・シフト制なので休みが取りにくい
・有給休暇などの制度が明確にされていない

など。

「忙しさの割に合わない」「自分への負担が大きい」と感じるようであれば、それは会社側が社員の待遇に関して良くする気がない証拠かもしれないので、これも注意が必要でしょう。

扱いが雑過ぎる!社員を大切にしない残念な会社の特徴〇選!
社員を大事にしない会社にはどのような特徴があるのでしょうか?経営や社会学の観点からの解説も交え、人を大事にしない会社が多くなった理由についてお伝えして参ります。

休みが取りにくい

コンカフェは接客業になることから、休日勤務は当たり前、シフト状況によっては休みが取りにくいことも、辛いと感じる原因かもしれません。

とくに人手不足の職場の場合は、シフトを埋めるために半ば無理やり出勤させられることもあり得るため、雰囲気的にも休みが取りにくいと感じるかもしれません。

もし、休みが取りにくいと感じるのであれば、以下の記事で紹介しているような会社側の問題と考えられるため、気になるならチェックしておきましょう。

もう限界!人手不足で仕事が辛いと感じたら辞めた方がいい〇つの理由
「人手不足の職場で仕事が追いつかなくて辛い…」 「人手不足で割を食っていて辞めたい…」 意外と多い、人手不足が理由での退職。 すると、一番割を食ってしまうのが、辞めないで今の職場に残り続ける人になるわけです。 「人手不足...

お客が厄介クレーマーやストーカー化している

接客業で精神的に辛いと感じる原因が「厄介なクレーマー対応」なのですが、コンカフェやメイド喫茶のような女性らしさを売りにする商売では「勤務時間外でのストーカー被害」も考えなければならない問題です。

これは、以下のような対策が職場で行われているか要チェックです。

・クレーマー対応は複数人で段階的に行っている
・お客とプライベートな連絡先交換を強制させられる
・店舗側がストーカー被害の防止や対応を行ってくれない
・度が過ぎた客の対応は警察へ相談するなどして対策している

これがノウハウのある業者であれば、連絡先は会社が用意したアカウントで行うなどして、お客のストーカー化防止は念入りに行なっています。また、場合によっては警察へ相談するなどして、店舗側だけで対応できない問題は強硬手段を用いることもあります。

いずれにしても、特定のお客が原因で精神的に辛いと感じているなら、自分の身を守るためにも辞めることを前向きに考えておくといいでしょう。

お客のクレームが原因で辞めたい時の対処法や考え方は、以下の記事でもご紹介しております。

【辞めたい人必見】クレームのない仕事5選!嫌なクレーム対応からおさらばするための考え方とは?
クレーム対応の仕事は精神的にしんどく、中には辞めたいと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。果たしてクレームのない仕事は存在するのでしょうか?また、クレーム対応の仕事から転職は可能なのでしょうか?皆様の疑問にお答えしていきます。

コンカフェやメイド喫茶を辞めたい時はどうする?

ここからはコンカフェやメイド喫茶を辞めるためにやるべきことを解説していきます。
ここでご紹介する方法は、職場状況や社内規則によっても変わることがあるので、あくまで目安としてお読みください。

また、詳しい辞め方や法律的な問題も知りたい方は、以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

まずは店舗オーナーに辞めたいことを伝える

コンカフェやメイド喫茶は個人経営、またはオーナーが複数店舗経営と、小規模経営のことが大半です。
ですので、店舗オーナー・店長相当の人に辞めたいという意志を伝えましょう。
もし、店舗オーナーが誰かわからない場合は、入社する前に面接官だった人物に伝えておくといいでしょう。

辞めたいことを伝える場合、以下のような角の立たない伝え方を意識しておくことも重要です。

▼辞める意志を伝える時のポイント

  • 事前に同僚や先輩に相談することは避ける
  • 相手と1対1で話せそうな時に伝える(周りから引き止められるのを避けるため)
  • 「職場のせい」という言い方でネガティブな印象を与える言い方は避けておく
  • 相手が忙しいタイミングは避ける
  • 罪悪感を感じても毅然とした態度で伝える

いずれもケースバイケースではありますが、自分が直接伝える前に誰かに相談してオーナーの耳に入って誤解されたり、忙しいタイミングで話して相手にまともに取り合ってもらえない可能性も考えると、タイミング選びや伝え方は重要になってきます。

ただ、コンカフェやメイド喫茶といった客商売の場合、短い期間で辞める人の割合が多くてオーナー側も対応に慣れていることも多いはずなので、深刻に考えずに伝えられそうなタイミングを見計らって辞めたい意志を伝えておくとすんなり辞められるかもしれません。

引き止められた時の対策を用意しておく

仕事を辞める時にありがちなのが辞めると伝えたのに引き止められて、思うように辞めさせてもらえないという事態です。
引き止められるかどうかは社内状況や伝える相手次第ですが、相手に伝えただけであっさりと退職できることは稀なので、以下のような準備を済ませておくといいでしょう。

▼引き止めに合わないためにしておきたいこと

  • 辞める理由をいくつか用意しておきハッキリと伝える
  • 「次の仕事が見つかっている」「辞めた後に〇〇する」と予定を決めておく
  • 雇用契約書に書かれた退職に関する記載を確認しておく

こういった心の準備が出来ておくだけでも、退職を伝える意志の強さが相手に伝わるものですし、万が一引き止められてもハッキリと受け答えすることで言いくるめられずに済むはずです。

もし、万が一どうしても辞められそうにない時はお金はかかりますが「退職代行」というサービスを活用し、退職届を提出して辞めるという強硬手段もあります。こういった業者の存在を知っておくだけでも弱気にならずに済むはずです。

次の仕事を見つけた上で辞めるとベスト

仕事を辞める際、引き止めにあう可能性があることはお伝えした通りですが、辞めたい覚悟を伝えるのに効果的なのは「次の仕事がすでに決まっている!」と断固たる意志を示すことです。そのためには、次の仕事を見つけた上で辞めるのがベストだと言えるでしょう。

ただ、仕事を辞めることは慣れない人にとっては精神的にも負荷がかかるものなので、収入や生活状況に余裕があるなら退職した後にゆっくり休んだ上で、次の仕事を見つけ出しても問題はありません。
また、年齢や経歴によっては、辞めた後に次が見つからないまま給料が安く待遇も良くない職場を転々としたり、いい会社が見つからないまま転職活動が難航することも予想されます。

いずれにせよ、今の仕事を辞めたとしてもいつかは次の仕事を見つけ出さないとならない以上、それが遅いか早いかの問題ですので、余裕があるなら在職中からでも次の仕事探しを始めておくと気持ち的にも前向きに辞められるはずでしょう。

コンカフェ勤務は若い方も多いかと思いますが、20代の転職のしやすさやチャンスは自分で思っている以上に大きいので、しっかりと仕事選びを行っておくほど、次は良い仕事に巡り会える可能性が上がります。

辞めることや辞めた後が不安なら転職エージェントを活用しておく

もし、今の仕事を辞めることに不安や迷いがあったり、辞めた後にいい仕事が見つかるかどうか不安であれば、転職エージェントと呼ばれるサービスを活用してプロに相談してみるのも手です。

転職エージェントは誰でも無料で活用でき、仕事を辞めるべきかどうかの軽い相談から、自分に合った転職先の紹介、実際の転職活動の支援まで、すべて無料で行ってくれます。

仕事を辞めることや転職活動は孤独な戦いになりやすく、相談できる相手も中々見つからないため、転職エージェントでプロに相談しておくだけでも心が楽になりますし、自分の気持ちや考えも整理できるはずです。

また、転職エージェントでは無料求人サイトにはない非公開求人や安定した優良企業の紹介も多いため、次はいい企業で働ける確率が上がるため、少しでも気になった方はぜひこの機会に登録してみてください。

当サイトでとくにオススメしている転職エージェントは以下の3つです。
(全サービス完全無料、途中で利用停止OK)

転職実績No.1、国内最大手のリクルートが手がけるエージェント。
20万件以上の求人を保有、転職支援実績40万人以上と、大手としての信頼性はピカイチ。
また、登録から面談までの手続きも必要最低限で非常にスピーディー、面談後はスマホアプリのみでメール管理から求人閲覧まで進められ余計なことに気をとられずに済むため、利便性・効率性もバツグン。
オンライン面談体制も整っているため、自宅からでも自分のペースで転職活動を進めやすい。
紹介求人は有名企業や大手企業の案件も多いので、情報収集のためにも登録しておく価値あり。
全年齢層・全職種業種に対応しているため、誰でも登録可能
これから転職活動を始めたい初心者向けとしても自信を持ってオススメできる。
登録から内定がもらえるまで完全無料

いい就職.com

いい就職ドットコムは、20代の「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート(無職)」など、経歴に自信のない人向けの就職応援サイト。
※公式サイトでは「就職応援サイト」「既卒」「第二新卒」という名称が使われてるが、実際のサービス内容は転職エージェントとほぼ同等。20代であれば学歴・職歴問わず求人紹介からキャリア相談まで利用可能
他の20代向けの就職支援サービスと違い正社員求人のみを取り扱っており、ブラック企業徹底排除の方針も明確なので安心して利用できる。
一般職やメーカー求人の取り扱いが多め。求人情報はサイト内で閲覧可能
内定がもらえるまで完全無料で利用できてキャリア相談も気軽にできるので、20代で就職・転職活動に自信がない人は利用しておきたい。

製造業特化の人材派遣業として40年以上の実績を持つメイテックが手がけるエージェント。
エンジニア・製造業・メーカー・開発/研究職の転職サポートに強く、担当エージェントの専門知識や業界内での情報も豊富。
学生時代の履修科目や研究内容も評価材料となるため、理系卒・技術系専門学校卒の学歴があるなら利用しておく価値あり未経験の職種・業界への転職実績も多数
面談は土日祝日、22時まで対応しているため、忙しい社会人でも働きながら転職活動が可能。また、電話・メールでの相談にも対応可登録から内定まで完全無料で利用できる。
現在、該当する業種・職種(※)で働いている方や理系・技術系専門卒の学歴があるなら、より専門的な転職サポートに期待できるので利用しておく価値あり。
※該当業種・職種:電気・電子・半導体分野/機械メカトロ分野/化学・素材分野/組込みソフト/ITなど(詳細ページに解説あり)

それぞれ、求人傾向やサポート体制が微妙に異なるため、自分のキャリアや性格に合ったものを選んで使い分けてみてください。

また、ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントはどこがいい?全11社の転職エージェントを徹底比較!
現在、国内では転職エージェントが多数登場しており、どこを選べばいいかわからない状況になっております。

「転職エージェントはどこがいいの?」

そうお悩みの方は結構いらっしゃるかと思います。

結論から言っておきますと、転職エー…

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントは登録後、メールでの連絡が来ますので、指定された方法に沿って対応していくだけで面談まで案内してくれます。

ですので、利用者側から特別なことをする必要がありませんが、初回のメール対応から面談のスケジュール調整までは早めにしておくと有利になりやすいです。

とくに求人の紹介は面談後に提示されることがほとんどなので、初回対応は早ければ早いほど有利です。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント初心者向けのよくある質問!読んで登録前の心配を解消しておこう!
「転職エージェントって何?」
「本当に信用できるの?」
「流れがわからないので使っていいか不安…」

このようにお悩みの方も少なくないことかと思います。

転職エージェントはビジネスであり、守秘義務もある以上、詳細な情報はあまり…

仕事辞めたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました