【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

コンカフェ辞めたい…辞める理由はどう伝える?辞めた後は?転生禁止は守るべき?

「コンカフェの仕事が思ってたよりしんどい…ぴえん…」
「コンカフェを辞めたいけど辞め方がわからない…」

このようにお悩みではありませんか?

コンカフェとは「コンセプト・カフェ」の略語で、一昔前で言えば「メイド喫茶」に近いように見えて、最近の「推し活」のブームもあり、華やかで楽しい仕事のイメージがあります。

しかし、その実態はキャバクラやガールズバーに近く、スナックや飲み屋のような接客が求められたり、推しという名の指名競争や推し客の奪い合いなど「コンカフェの闇」とも呼ぶべき実情もあります。

また、従来のメイド喫茶のように若い女性だけでなく「ボーイズコンカフェ」では若い男性キャストが働くこともあります。こちらも、ホストクラブに近いビジネスモデルでの運営体制であることが多いです。

さらにコンカフェ界隈では、いわゆる名前を変えて他の店に移転する「転生」も暗黙的に当たり前の文化として受け入れられています。

このことから、コンカフェでは「キャストがすぐ辞めても仕方がない」「短期で辞めることが当たり前」の職種であるとも言えます。

しかしそうは言っても、仕事を辞める経験が少なく辞める方法がわからなかったり、職場内での他のキャストやオーナー、お客との関係から、辞めるのが気まずいと感じている方も少なくはないと思います。

そこでこのページでは、コンカフェを辞めたいと悩む方が知っておきたい全知識について、まとめてお伝えしていきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

コンカフェを辞めたいと思うきっかけ/向いてないと感じる瞬間とは?

まず初めにメイド喫茶やコンカフェ勤務で辛いと感じる理由をご紹介していきます。ぜひ、読者自身の状況と照らし合わせてみて、自分の考えや感覚が間違っていないのか確認しておきましょう。

研修がしっかりしておらず、接客や仕事内容が手探り

コンカフェやメイド喫茶勤務が辛いと感じる理由に「研修がしっかりしていない」「先輩や上司に教えてもらえない」というものがあります。

これはコンカフェのような小規模経営されている仕事は、研修制度がしっかりしておらず「とりあえず、やってみてから覚えて」という方針の職場が多いからです。

酷い場合には、

・メモ禁止
・上司や先輩がまったく教えてくれない
・社内マニュアルもない

と、会社全体で社員教育がまったく為されていないため、現場の人間の能力や自発性に任せっぱなしなこともあり得ます。

逆に言えば、しっかりとした会社ですと従業員教育や研修が充実しているため、今の職場の教育や研修が不十分だと感じるなら、会社の安定性や働きやすさを疑った方が身のためでしょう。

オーナーが適当すぎる

オーナー(店長)が適当過ぎることも、コンカフェ勤務が辛いと感じる一因でしょう。

たとえば、

・面接時の説明と実際の業務内容が違いすぎる
・職場内での情報伝達が為されていない
・その他、教え方や説明が適当で言うことがコロコロ変わる

など、思い当たるのであれば注意が必要でしょう。

コンカフェやメイド喫茶のような仕事は、水商売のようなアンダーグラウンドだからなり得る事業のため、店長やオーナーの能力もピンキリです。

いずれにせよ、アルバイトからも不信感を抱かれるような店長やオーナーは、上司や経営者としてやるべきことをしっかりやっていない可能性が高いので、警戒しておくに越したことはないでしょう。

仕事内容が意外と多い

コンカフェ勤務は「接客業」「サービス業」に分類されるため、たとえアルバイトであって多くの仕事量をこなす必要があります。

接客対応はもちろんのこと、お客さんの注文を取ったり、食品内容を覚えたり、会計を行うなど、コミュニケーション能力だけでなく要領の良さが必要とされます。

これは要領が悪い人にとっては、かなりの苦痛だと感じることでしょう。

客観的に見て、今の日本ではコンビニアルバイトレベルでも覚えることが多すぎるなど、接客業の負担が増え続ける一方なので、辛いと感じるなら接客業以外の仕事を見つけ出すことも考えてみることをオススメします。

待遇が悪い(交通費が出ないなど)

コンカフェ・メイド喫茶は小規模事業が多いためか、待遇があまり良くないという声もよく聞きます。

具体的には、

  • 交通費が支給されない(出ても少額)
  • シフト制なので休みが取りにくい
  • 有給休暇などの制度が明確にされていない

など。

「忙しさの割に合わない」「自分への負担が大きい」と感じるようであれば、それは会社側が社員の待遇に関して良くする気がない証拠かもしれないので、これも注意が必要でしょう。

休みが取りにくい

コンカフェは接客業になることから、休日勤務は当たり前、シフト状況によっては休みが取りにくいことも、辛いと感じる原因かもしれません。

とくに人手不足の職場の場合は、シフトを埋めるために半ば無理やり出勤させられることもあり得るため、雰囲気的にも休みが取りにくいと感じるかもしれません。

もし、休みが取りにくいと感じるのであれば、以下の記事で紹介しているような会社側の問題と考えられるため、気になるならチェックしておきましょう。

お客が厄介クレーマーやストーカー化している

接客業で精神的に辛いと感じる原因が「厄介なクレーマー対応」なのですが、コンカフェやメイド喫茶のような女性らしさを売りにする商売では「勤務時間外でのストーカー被害」も考えなければならない問題です。

これは、以下のような対策が職場で行われているか要チェックです。

・クレーマー対応は複数人で段階的に行っている
・お客とプライベートな連絡先交換を強制させられる
・店舗側がストーカー被害の防止や対応を行ってくれない
・度が過ぎた客の対応は警察へ相談するなどして対策している

これがノウハウのある業者であれば、連絡先は会社が用意したアカウントで行うなどして、お客のストーカー化防止は念入りに行なっています。また、場合によっては警察へ相談するなどして、店舗側だけで対応できない問題は強硬手段を用いることもあります。

いずれにしても、特定のお客が原因で精神的に辛いと感じているなら、自分の身を守るためにも辞めることを前向きに考えておくといいでしょう。

お客のクレームが原因で辞めたい時の対処法や考え方は、以下の記事でもご紹介しております。

【顧客対応疲れた…】クレームのない仕事はこうやって見つけろ!ストレスとおさらばできる理想の転職先の見つけ方
クレーム対応の仕事は精神的にしんどく、中には辞めたいと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。果たしてクレームのない仕事は存在するのでしょうか?また、クレーム対応の仕事から転職は可能なのでしょうか?皆様の疑問にお答えしていきます。

コンカフェを辞めたい時はどうする?辞める理由の伝え方は?

ここからはコンカフェやメイド喫茶を辞めるためにやるべきことを解説していきます。

ここでご紹介する方法は、職場状況や社内規則によっても変わることがあるので、あくまで目安としてお読みください。

また、詳しい辞め方や法律的な問題も知りたい方は、以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

まずは店舗オーナーに辞めたいことを伝える

コンカフェやメイド喫茶は個人経営、またはオーナーが複数店舗経営と、小規模経営のことが大半です。
ですので、店舗オーナー・店長相当の人に辞めたいという意志を伝えましょう。
もし、店舗オーナーが誰かわからない場合は、入社する前に面接官だった人物に伝えておくといいでしょう。

退職の伝え方のコツ

辞めたいことを伝える場合、以下のような角の立たない伝え方を意識しておくことも重要です。

▼辞める意志を伝える時のポイント

  • 事前に同僚や先輩に相談することは避ける(自分ではなく他人の口から「あの人が辞めるらしい」と伝わり誤解が生まれるのを防ぐため)
  • 相手と1対1で話せそうな時に伝える(周りから引き止められるのを避けるため)
  • 「職場のせい」という言い方でネガティブな印象を与える言い方は避けておく
  • 相手が忙しいタイミングは避ける
  • 罪悪感を感じても毅然とした態度で伝える

いずれもケースバイケースではありますが、自分が直接伝える前に誰かに相談してオーナーの耳に入って誤解されたり、忙しいタイミングで話して相手にまともに取り合ってもらえない可能性も考えると、タイミング選びや伝え方は重要になってきます。

ただ、コンカフェやメイド喫茶といった客商売の場合、短い期間で辞める人の割合が多くてオーナー側も対応に慣れていることも多いはずなので、深刻に考えずに伝えられそうなタイミングを見計らって辞めたい意志を伝えておくとすんなり辞められるかもしれません。

引き止められた時の対策を用意しておく

仕事を辞める時にありがちなのが辞めると伝えたのに引き止められて、思うように辞めさせてもらえないという事態です。
引き止められるかどうかは社内状況や伝える相手次第ですが、相手に伝えただけであっさりと退職できることは稀なので、以下のような準備を済ませておくといいでしょう。

▼引き止めに合わないためにしておきたいこと

  • 辞める理由をいくつか用意しておきハッキリと伝える
  • 「次の仕事が見つかっている」「辞めた後に〇〇する」と予定を決めておく
  • 雇用契約書に書かれた退職に関する記載を確認しておく

こういった心の準備が出来ておくだけでも、退職を伝える意志の強さが相手に伝わるものですし、万が一引き止められてもハッキリと受け答えすることで言いくるめられずに済むはずです。

もし、万が一どうしても辞められそうにない時はお金はかかりますが「退職代行」というサービスを活用し、退職届を提出して辞めるという強硬手段もあります。こういった業者の存在を知っておくだけでも弱気にならずに済むはずです。

次の仕事を見つけた上で辞めるとベスト

仕事を辞める際、引き止めにあう可能性があることはお伝えした通りですが、辞めたい覚悟を伝えるのに効果的なのは「次の仕事がすでに決まっている!」と断固たる意志を示すことです。そのためには、次の仕事を見つけた上で辞めるのがベストだと言えるでしょう。

ただ、仕事を辞めることは慣れない人にとっては精神的にも負荷がかかるものなので、収入や生活状況に余裕があるなら退職した後にゆっくり休んだ上で、次の仕事を見つけ出しても問題はありません。
また、年齢や経歴によっては、辞めた後に次が見つからないまま給料が安く待遇も良くない職場を転々としたり、いい会社が見つからないまま転職活動が難航することも予想されます。

いずれにせよ、今の仕事を辞めたとしてもいつかは次の仕事を見つけ出さないとならない以上、それが遅いか早いかの問題ですので、余裕があるなら在職中からでも次の仕事探しを始めておくと気持ち的にも前向きに辞められるはずでしょう。

コンカフェ勤務は若い方も多いかと思いますが、20代の転職のしやすさやチャンスは自分で思っている以上に大きいので、しっかりと仕事選びを行っておくほど、次は良い仕事に巡り会える可能性が上がります。

他のコンカフェやラウンジ、ガールズバーなどのナイトワークで働く

コンカフェの多くは飲み屋のようにアルコール類を提供している中で接客するため、広い意味で「夜職(ナイトレディ)」「ホステス」に含まれると考えることができます。

ですので、夜職・ホステスの代表的な仕事であり高収入の見込める「ガールズバー」「ラウンジ」「キャバクラ」などは、似たような仕事内容のまま転職することがしやすいでしょう。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

以上のように、「コンカフェを辞めたい」という悩みに対し、一概に「これをすべき」という正解はなく、それぞれの状況に合わせて最適な行動を取捨選択する必要があります。つまり、多くのことを考えて計画的に行動する必要があるのです。

それを在職中の考える余裕がないうちに行うのは、かなりハードだと言えるです。

そこでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました