【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

デザイナーになれなかった人の末路は悲惨?クリエイター系専門学校卒業後に就職できなかった場合はどうする?

「デザイン専門学校や芸術大学に通ってたけどデザイナーになれなかった…」
「デザイナーになれなかった人のその後を知りたい…」
「デザイナーを挫折した人や失敗した人の末路は悲惨だと思う…」
「デザイナーになれなかった人はその後どうするべきなのか…」

このようにお悩みではありませんか?

デザイナーと一言で言っても、最近では「WEBデザイナー」の需要が多いですし、紙媒体や映像媒体であれば「グラフィックデザイナー」「DTPデザイナー」「エディトリアルデザイナー」「CGデザイナー」、立体物であれば「インテリアデザイナー」「インダストリアルデザイナー」、衣装なら「テキスタイルデザイナー」など、その種類や職業区分は様々です。

デザイナー関わらず、今の時代では多くの人がクリエイターを目指す機会が増えたかと思いますが、その中でもクリエイターとして生計を立てられるのは、ほんの一握りだけの実力や運に恵まれた人のみです。

では、それでは他のデザイナーになれなかった者は、デザイン以外の仕事をするしかないのでしょうか?

答えはNOです。

なぜなら、多くの会社では「デザインもできるけど普段は一般職同様の仕事もこなしている」「あくまでデザインスキルは実務スキルの一つとして求めている」ということが多いからです。

また、最近では個人デザイナーや副業デザイナーに低単価でネットで仕事が頼みやすくなったり、ITツールやAIツールの普及で簡単なデザインなら誰でもできることになった影響で、純粋に「デザインだけしかしないデザイナー」の需要は低下しているように思えます。

これだけ聞くと、デザイナーになれないで悩んでいる読者にとっては厳しい話に聞こえるかもしれませんが、何も専門学校や芸術大学などでデザインを学んだからと言ってデザイナーになる必要はありませんし、無理にデザイナーになったからと言って仕事で成功するとも限りません。

では、デザイナーになれなかった人はどのようにすればいいのか?
また、デザイナーになれなかった人の末路は悲惨なものなのか?

本記事では、そのようなデザイナー志望にも関わらず就職できずにご不安を抱かれている読者に向けて、デザイナーになれなかった人のキャリア例を挙げながら、これからどのようにするべきかのヒントをお伝えしていきます。

【20代向け】オススメの就職支援サービス

経歴に自信がない人でも利用可能な「いい就職ドットコム」の紹介です。
20代なら既卒・第二新卒・フリーター・ニートでも学歴・経歴不問で利用可能。
正社員求人限定」「ブラック企業徹底排除」「経歴より人柄重視」と優良企業の求人多数!
創業者が既卒経験者なので利用者目線の親身な対応に期待できる。
安定した会社に就職して正社員として長く働きたい人にオススメ!

→詳細はこちら

クリエイターを目指すか否か、若いうちに意を決するべき

今現在、キャリア情報の収集・編集・発信を生業としている私の視点から言えば「若いうちにクリエイターを目指すか否か、さっさと見切りをつけた方がいい」と言っておきます。

なぜなら、20代のうちならキャリアの軌道修正が利きやすいからです。

とくに20代前半であれば「既卒・第二新卒」として、実質新卒扱いされるため、職業選択の自由は広めです。

「クリエイターを目指していたけど、クリエイターになれなかった」という人は今どき珍しくもないので、人材サービス側もそういった若者に選択肢を提示する方法はだいぶ成熟してきております。

「クリエイターを諦める勇気」を持とう

若いうちに「クリエイターを諦める勇気」を持つことも、大事です。

日本人は「せっかく、学校に行ったんだから、学んだことを全て活かさないといけない…」と考えがちですが、まったくそんなことはありません。

むしろ逆で、早々に「今までの過去にとらわれず、新しい考え方をしないといけない」という時代になっています。

率直に言いますが、学生時代に何かしら仕事になるきっかけが得られなかったような人は、一度クリエイターを諦めたほうが無難でしょう。

「クリエイターになるな」という意味ではなく、クリエイター候補として人材を欲しがっている会社が「学生時代に何かしらの作品を作ったか?」「仕事にするためにしっかり考えて行動してきたか?」という基準で選考する以上、学生時代にしっかり為すべきこと為していない人は仕事にするのが厳しくなるからです。

たとえば「アルバイトとして製作所で下積みの機会を与えられる」「現役プロの方から仕事を分けてもらえる」など、私の学友で今も生き残っているようなクリエイターは、学生時代からすでに仕事に対する意識が違いました。

逆に「なんとなくクリエイティブな仕事がしたい」という感じで就職した人は、数年内に辞めてしまって一般職に落ち着いている人もかなり多いです(やりがい搾取でブラックな職場が多い業界なので)。

クリエイティブ業界自体、専門学生だけでなく、フリーランス・副業で参入する人々がたくさん参入してきている、非常に競争の激しい業界です。

「クリエイティブ系の専門学校に通ったから…」という理由だけでクリエイターになれるほど、甘くはありません。

少なからず、ポートフォリオをしっかり作れるレベルで制作していなければ、クリエイターは諦めたほうがいいでしょう(ポートフォリオ作ってないと、話にならない側面があるため)。

それでもクリエイターを諦めきれないのであれば、以下の記事にあるように、クラウドワークス(ネット経由での仕事)などを通して、ポートフォリオを充実させるほかありません。

クリエイティブ業界の「一般職」を狙うのもあり

ただし「どうしてもクリエイティブに関する仕事がしたい…」という方であれば、妥協案として「クリエイティブ業界で一般職に就く」という選択肢を考えてみることをオススメいたします。

…まあ、ちょっと社会に出て見ればわかりますが、純粋に「クリエイティブなことだけを仕事にしている人」というのは、ごく少数です。

クリエイターでも下積み時代は雑用から営業までこなすこともありますし、ましてや「自分で企画からアイデアまで出す」なんていうのは、一人前になってからです。

ですので、若いうちは「クリエイティブに関する、一般のお仕事」まで視野を広げておき、選択肢を狭めずに柔軟に考えておきましょう。

実際に仕事を通して、新しい道筋が見えるなんてことはざらによくありますし、自分の隠れた適性に気づけるかもしれません。

学んできたことすべてが活きるわけではありませんが、すべてが無駄になるわけでもありませんから。

デザインと関係ない仕事を見つけ出す

クリエイターになれなかった場合、見切りをつけてクリエイティブと一切関係ない職種・業界を狙うのも堅実な手段です。

この場合、単純に「年収」「待遇」「将来性」などを重視することが可能になります。

…というのも、クリエイティブ系の仕事は他業界と比較しても年収も低めで、待遇も悪い印象が強いです。

にも関わらず「安定した年収と待遇でクリエイティブな仕事」という要求のままでは、見つかる仕事も見つかりません。

「やりたいこと重視か?」と「年収・待遇面を重視か?」はトレードオフの関係でもあるので、これは冷静に考えて、割り切ることが必要だと言えます。

…まあ、筆者は「やりたいことは仕事にするな」派です。

クリエイティブ系の仕事を目指していた場合、割と「他の仕事にはまったく興味なかった…」みたいな人もいるので(良くも悪くもオタク気質の欠点ね)、他の職種・業界についてもよく知っておくことも重要でしょう。

…まあ、最近では本業で収入をしっかり確保し、趣味や副業でクリエイティブ系の仕事をこなしている人が多い印象なので、若いうちに一般職で経歴とスキルを積んでおくのが堅実だと思います。

20代向けの就職支援サービスを活用する

ここまで解説したように「専門学校や芸大でデザインを学んでいたから…」「スキルが活かせないから…」という理由で、デザイン関係以外の職業を選択肢から外すと、就職できるものもできなくなります。

必ずしもデザイナーに
なる必要はありません。

むしろ、一番避けたいのが「デザイナーになれなかったことを悔やんだまま行動しない」「過去に学んだことや経歴に縛られて選択肢を狭めてしまう」という状態のまま、貴重な20代の若い時間を無駄に過ごしてしまうことです。

ただ、デザイナーになれなかった人は「就職先ってどうやって見つけるの?」「せっかく学んだことだし少しでもスキルを活かせる職業で活躍したい」という願望もあるかと思います。

もし、デザイナーになれなかった経験を活かして安定した就職先を見つけたいなら20代向けの就職支援サービスを使うのが一番でしょう。

20代向けの就職支援サービス?
怪しくない?ブラックばかりじゃない?

このように思われる方も多いでしょうから、20代向けの就職支援サービスが成り立つ理由について少しだけ解説させてください。

職歴なしは卒業後3年以内なら「既卒」と呼ばれます。既卒は人材市場では「若いという理由だけで価値がある人材」として需要があります。卒業後3年が経過していても、20代までは未経験職への就職をサポートしている業者は数多く存在します。

これは企業目線で考えた際にも、若手向けの人材紹介サービス経由で採用するメリットが大きいからです。

「企業は完璧な採用ができる!」と思いがちですが、実際にはそうではありません。

企業からすれば、若手の採用の際に判断ポイントとなるのが「すぐに辞めないかどうか?」「社内で問題を起こさないか?」といった点です。「職歴なしかどうか?」「経歴が足りない」「能力がない」といった要素は、実はさほど見られてません。

「採用ノウハウがなく求人を出しても人がこない」
「応募が来ても自社に合うかどうか見抜けない」
「誰でもOKな無料求人で募集したら変な人まで来て面接の負担が増える」
「すぐ辞める社員やモンスター社員の採用だけは避けたい」

こういった悩みを抱える企業の代わりに、就職支援サービスを運営する会社が採用や面接の負担を背負っている…という構図になるわけです。

ここまで説明すれば勘の良い方はお気づきかもしれませんが、就職支援サービスを利用すること自体が「採用企業の代わりに人材の選考や教育を行う=就職支援サービスのサポートをちゃんと受ければまともな職に就ける」ということになります。

自分一人で就職活動する場合に、ゼロから「求人探し→履歴書作成→面接対策」しなければならない負担を、就職支援サービスが代わりにしてくれるというわけです。その証拠に、ほとんどの就職支援サービスでは「履歴書なしで面接可能」となっています。

自分一人で就職活動しなきゃ…」と思ってたけど
そんなことしない方が実は効率的だった…!?

企業目線で見た場合も、無料求人で「誰でも応募できる」状態にするよりは、実績のある就職支援サービスを経由して人を雇った方が「すぐ辞める人材や問題社員を採用するリスクを減らせる」というメリットがあります。

ですので、採用に慎重で「いい人ほどを雇いたい」という優良企業ほど、実は表に求人を出さず、就職支援サービスを経由して人を雇おうとするわけです。

今までハローワークや無料求人サイトで
条件の良くない求人ばかり見ていた時間が
無駄だったかも…

この記事に訪れた「仕事の探し方がわからない…」という人ほど、就職支援サービスに相談した方が間違いのない仕事選びができるはずなので、この機会にチェックしてみてください。

安定した正社員になりたいなら
「JAIC就職カレッジ」

「就職に失敗したくない…」
「ブラック企業に入社したくない…」
「正社員として安心して働ける会社がいい…」

このように悩まれている方に、ご紹介したいのが「JAIC(ジェイック)就職カレッジ」です。

JAIC就職カレッジは1991年から運営されている老舗で長い実績を持ちます。

20代向け(既卒・第二新卒向け)の就職支援サービスは数多くあります。その中でもJAIC就職カレッジは高い内定率高い入社後定着率を誇ります。

「内定率」と「定着率」って
どういう意味ですか?

内定率は、その支援サービスを使った場合、最終的に内定をもらえる割合を指します。

JAIC就職カレッジの内定率は「81.1% *1」なので、約8割の人が最終的に内定をもらえる計算となります。*1:2005/5/1~2022/4/30の弊社主催の面接会参加人数

定着率は、その支援サービスを使って就職した後、その会社を辞めずに長く働き続けられるかを表す指標です。

JAIC就職カレッジ入社後定着率は「91.5% *2」なので、約9割以上の人が就職後に入った会社に満足して辞めないで続けている計算となります。*2:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

「内定率が高い=面接通過率が高い」
「定着率が高い=従業員が辞めない優良企業」
…だと言えるな!

高い内定率・定着率となるのは、時代に合わせてブラック企業排除の方針を徹底してきた歴史があったり、紹介先企業の実態調査もしっかり行っているからです。

入社してもすぐ辞めたくなる
ブラック企業を紹介される
不安はなさそうですね!

さらに、他の若手向けの就職支援でサポート対象となりにくい35歳までの人なら経歴問わずにサポート対象となる点も強みで、長い運営実績に裏打ちされた安定的な正社員就職を実現しているのが、JAIC就職カレッジだと言えます。

JAIC就職カレッジは
下のボタンから
公式サイトで登録できます

未経験からでもITエンジニアになれる
「Next Career(ネクストキャリア)」

次に未経験からのIT人材を目指せる「Next Career(ネクストキャリア)」の紹介です。

IT人材は需要が高く経験を積めば自由な働き方や高年収も実現可能です。

一方、ブラックな働き方の現場が多かったり、スキルを身につけるのに高額のスクールに通う必要があるなど、未経験からIT人材になるには多くの問題もあります。

その点で、NextCareerでは20代であれば未経験から無料でプログラミング学習も提供してもらえ、就職先選びや就職後のサポートも1年間してくれるため、確実にIT人材になりたい20代の人向けだと言えます。

優良中堅企業の紹介多めの
「いい就職ドットコム」

最後に「いい就職ドットコム」ですが、2001年からの運営実績がある老舗サービスです。

面談前提の就職支援サービスと違い、あらかじめ求人情報も閲覧できたり、定期的なセミナー開催があるなど、無理なく自分のペースで就職活動を進めたい20代向けです。

これらのサービスはすべて無料で使え、似たような20代向けサービスと比べて長い運営実績があるので他と比べても内定率は高めの傾向です。

また、高い内定率の理由として研修制度親身なキャリア相談などのサポート面も充実しているため、経歴に自信のない方でも安定して利用しやすいと思います。

さらに、就職後も長く働けるための保証ブラック企業排除の取り組みも徹底しているので、正社員として安定して長く働ける会社をお探しの方は、ぜひ、活用してみてください。

既卒・ニート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました