【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

底辺DTPオペレーターから抜け出すコツ。年収を高めるためのキャリアプランとは?

「底辺DTPオペレーターから抜け出したい…」
「DTPオペレーターとして低賃金・長時間労働で辛い…」

このようにお悩みでありませんか?

DTPオペレーターは出版不況や印刷業界の衰退により、年々人材や技術の価値が下がり、逆境に立たされている職種の一つだと言えます。

ただ、DTPオペレーターの中でも「DTPデザイナー」と呼ばれる、本質的なデザインスキルやクライアントへの提案力、またプロジェクト管理やデザインの全体設計レベルから関わっているのであれば、アートディレクターなどへのキャリアアップが見込めます。

一方で、DTPオペレーターの中でも「エディトリアルデザイナー」相当の紙面レイアウトしか行っていなかったり、文字通り「オペレーター」として、決まったテンプレートに文字や素材を流し込んで、後は印刷の際の微調整といった「作業」しか行ってない場合は、キャリアの将来性に不安が残るかもしれません。

だからといって、何も自分を「底辺だ…」と自虐する必要はありません。

大事なことは、自分自身のスキルや経験を客観的に見つめ直し、転職市場で評価されるスキルや実績、より活躍するために求められる人物像を把握し、キャリアアップしていくことです。

そこで当記事では、自らを底辺DTPオペレーターと嘆く方に向けて、DTPオペレーターの将来性で不安が残る点をおさらいしながら、逆境にどう立ち向かうべきか、お伝えしていきます。

転職を考えてる方へ

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力3人に2人が年収アップを実現。
当サイト限定でその秘密を解説。

→もっと詳しく

DTPオペレーターが底辺職だと感じる原因は?

印刷業界全体が衰退傾向にあるから

印刷業界は衰退傾向にあります。デジタル化の進歩により、印刷物のニーズが減少しているため、印刷会社の業績が悪化しているのです。

これにより、現場で働くDTPオペレーターにもキャリア的に、以下のデメリットが生じます。

  • 優良企業が少なくなる
  • 年収が上がらない
  • DTP技術の価値が低くなる

こういったデメリットによって、印刷関連の仕事に取り組む人々には将来的な不安を感じることとなります。

WEBデザイナーの需要が増しておりDTPデザイナーの需要が低下しているから

インターネットの普及によりWEBデザインのニーズが急増しています。 WEBデザイナーが求められる現代では、DTPオペレーターの仕事が減少傾向です。

たとえば、今までチラシやダイレクトメールで集客していた企業がWEB広告に移行すればそれだけDTPデザイナーの仕事は減っていくこととなります。

また、多くの有名雑誌の廃刊が続いたり、新聞紙の発行部数が減るなど、エディトリアルデザイナーなどのDTPスキルが求められる場面が減っています。

DTPオペレーターの作業が技術の進歩で価値が低下していく

DTPオペレーターの中でも、

  • テンプレートに文字やカラーなどの要素を当てはめる作業(チラシなど)
  • 効率化を求められない(スクリプトを活用するなど)
  • 制作物に付加価値が提供できない(ブランディングなど)
  • 印刷時の色味やレイアウトの微調整を行う作業(印刷物独自の手間)

といった単純作業が多い場合や、印刷物独自の職人的な微調整は、技術の発展やAIの登場などで将来的に価値が低くなると予想されます。

その証拠として、

  • DTPオペレーターの仕事の多くが派遣社員形態での採用へ移行
  • クラウドソーシングなどの外注サービスで低単価競争が著しい
  • Adobeソフトに引けを取らないデザインソフトが低単価で普及
  • ネットプリントの普及で印刷会社自体の需要も低下

など、DTPオペレーターの仕事の価値の破壊が既に始まってます。

派遣社員などの社内業務の外注化(アウトソーシング)による「技術の価値の低下=給料の低下」は事務職などのデスクワークでも発生しているのでDTPオペレーター特有の問題ではありませんが、それ以降は深刻な危機だと言えるでしょう。

たとえば「クラウドソーシング」と呼ばれる、インターネットを通して在宅ワーカーに仕事を発注できるサービスでは、以下のようなDTPデザイナーの業務実態により買い叩きが横行しています。

▼クラウドソーシングでのDTPオペレーターの仕事の例

応募案件数:60件(ロゴ45、チラシ15。すべてコンペ)
採用作品数:4(ロゴ3、チラシ1)
実作業時間:240時間(30日×8時間)
獲得報酬:約6万円時給換算:250円

これは極端なケースかもしれませんが、クラウドソーシングでは会社で行われている「営業、契約手続き、取引先との信頼関係構築」といった業務もDTPオペレーター1人で行わないといけないため、報酬単価を上げる営業努力ができてないと、技術だけではほとんど価値が生み出せない状態になっているわけです。

さらに、これまでDTPオペレーターのスキルとして評価されていたAdobeソフトウェア使用スキルの価値の低下も深刻です。

AdobeCCのサブスクリプション化により、これまでプロツールとして使われていたツールが一般ユーザーでも手軽に使用しやすくなったり、AFFINITYのようなAdobeに対抗した低単価ソフトも出てDTPデザインの参入障壁が低下するなど、ライバルが多くなっているのもDTPスキルの価値低下につながってます。

また、ラクスルなどのオンデマンドプリントやネットプリントの登場により、素人でもテンプレートに入力するだけで簡単に印刷物が作れてしまうなど「これでもか!」というぐらい、DTPオペレーターの価値が落ちる技術革新や市場の変化が行っています。

dtpオペレーターのキャリアプランはどうする?転職先は?

DTPオペレーターの皆さんにとって、将来のキャリアプランや転職の先は重要なテーマです。以下にいくつかのアドバイスをご紹介します。

信頼できる取引先や金回りの良い業界で働く

取引先として信頼できるのは、会社規模や予算の大小も判断基準となりますが、いちばん大事なのは「DTPオペレーターにとって快適に作業に集中しやすい仕事の振り方をしてくれるか?」という点です。

ダメな会社や取引先と仕事していると、仕事の負担が増える割に給料や報酬は上がらないという事態が発生し、どれだけ頑張っても稼げないどころかむしろ頑張れば頑張るだけ損します。

実際のケースとして、クラウドソーシングであった以下の例を紹介します。

  • 依頼文に曖昧な指示や要求が多い
  • 必要な制作指示(フォーマット・ファイル形式など)の不足
  • 訴求文・キャッチフレーズまでDTPオペレーターに考えさせる
  • 画像などの素材を一切用意しない
  • 著作権侵害の推奨

本来、こういったDTPオペレーターに仕事を振る前の詳細な要件の設定は、営業やディレクターの仕事なのですが、DTPオペレーター側に押し付けるクライアントも非常に多いです。

クラウドソーシングのように「出来るだけ安く早く」を要求するクライアントが多いプラットフォームや、自分にスキルがないばかりに低単価の案件ばかり受けようとすると、かえって、質の低いクライアントと仕事することになり、報酬も待遇も上がりにくいです。

一方、印刷物の需要がゼロになるわけではない以上、DTPが完全に無価値でなくなるわけでない点に注目です。

むしろ、この逆境の中でも継続して経営できている会社はそれだけ印刷物で価値を生み出しているわけですから、そういった企業と関われる仕事なら待遇も年収も上がる可能性が高いと言えます。

具体的には、未だ根強い影響力を誇るマス広告媒体に関わる「大手広告代理店」のグループ会社や取引先、また、高級和紙の活用や洗練されたデザインにより印刷物の付加価値を最大限に高めているブランドデザインを行っているような企業との仕事は、DTPスキルが高く評価される可能性が高いでしょう。

底辺DTPオペレーターから抜けすために使っておきたい転職サービス

DTPオペレーターとして稼ぐには信用できる相手が大事!

結論から言えば、やっぱり匿名同士の仕事だと、それなりの仕事しかできないという事が、身にしみてわかりました。

クラウドソーシング・テレワークにしても、たとえ顔も名前も知らない相手でも、お互いの能力や要求を把握しあって、信用を築かないとまともな仕事にならないんだなあ…と思い知らされました。

クラウドソーシングでコンペ案件に募集し続けるのって、求人情報もわからない就職先に履歴書なしで作品だけ応募しまくってるみたいなもんですからね。

デザイナーとして、そして人間としてまともにお仕事したいんなら、クラウドソーシングの利用はやめておきましょう。時間の無駄です。

DTPオペレーター向けの転職エージェントは?

DTPオペレーターは職業の性質上、ポートフォリオが転職活動に必須となったり、求められる技術やセンスが複雑となりやすいことから、クリエイター向けの専門転職エージェンを使っておくのがオススメです。

とくに運営実績が長くマスコミ業界とも強いコネのある「マスメディアン」は、宣伝会議という広告業界老舗の会社が運営しており、マス広告や印刷媒体の求人に強いサービスの一つです。

派遣社員などDTPオペレーターとして在宅ワークができる求人から、大手広告代理店と関われる案件まで老舗ならではの優良求人を保有しているため、自分に合ったキャリアを見つけるための参考になるアドバイスを受けられることでしょう。

WEB系の求人やゲーム業界のクリエイターの転職に強い「マイナビクリエイター」では、DTP系の求人も取り扱ってます。ただ、流行りの影響もあってWEBデザイナー求人が多めなので、WEBデザイナーへの転職も考えているDTPデザイナーがサブで使っておきたいエージェントです。

いずれも弊サイトを運営する中で、多くの人材サービスの情報や運営実態を精査した上で、変化する人材市場や採用ニーズに合わせたものを紹介しているため、自分のキャリアに合った転職サービスを有効活用し、ぜひ高年収人材を目指してみてください。

大手総合転職エージェントも併用しておくと万全

広告・WEB業界などのクリエイター特化型の転職エージェントと同時に、大手人材会社の運営する総合型転職エージェントも併用しておくと万全です。

総合型転職エージェントは「登録者の業種・職種、年齢や経歴は問わない」ため専門性は弱めになりますが、

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 専用アプリがあるなど利便性に優れる
  • 応募から選考までがスムーズ
  • 担当者個人の専門性が高い場合がある

などのメリットがあります。

専門性についてはクリエイター向けのエージェントと比べて落ちますが、求人数が圧倒的に多く効率的に閲覧できたり、担当者個人レベルの専門知識や業界内情への理解が高い場合はサポートにも期待できるなど、使ってみなければわからない差があります。

昨今、「転職が当たり前」なキャリアな時代になっています。

ですので、転職エージェントなどを活用しておき、プロからアドバイスを受けたり、日頃から求人情報を得て年収の高い人材像を知っておくことは、長い目で見てメリットばかりです。

ぜひ、この機会に転職エージェントのご利用を検討してみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました