仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

第二新卒が転職で失敗しないためには「前の職場よりもマシ」の一点のみで選ぶべき

編集長
元ニートの
スコシテン編集長です

昨今では働かない若者も増えていますが、出来れば「いい仕事」があれば働きたいものですよね?

ところが、企業・人材サービスも既卒・第二新卒層向けの市場は開拓できておらず、課題が多いのが実情です。

ですが、定説でよく言われているのが「第二新卒層は、他の就職挫折層(既卒・フリーター)よりも期待されやすいポテンシャル人材」ということです。

・第二新卒がポテンシャル人材と呼ばれる理由

  • 前の職場の挫折・失敗を次に活かせる(たとえ、それが逃げだとしても)
  • 前の職場での業務内容に期待される(たとえ、大した仕事をしてなかったとしても)
  • 「前の職場よりもマシ」でモチベーションを維持しやすい(たとえ、対してやる気がないにしても)

まあ、要は「一度社会に出て失敗しているから、次に失敗しないために必死になれる動機がある」ということですね。

私は既卒になるのですが、第二新卒層の人を見ていると「社会に出て失敗した経験がある」というハングリーさでは勝てないと感じています。

そこで今回は「第二新卒層が失敗を最大限に活かす、再就職戦略」をご紹介していきます。

第二新卒層は「前の職場がクソ」の一点特化で次の仕事を見つけ出せる強みがある

第二新卒層の何が強いかって「前の職場には絶対に戻りたくないッ!!!」と、恨み辛みの怨念にも似た熱情があるところ。

前の職場のクッソムカつく上司から受けたひどい仕打ちを思えば、この先のどんな苦境も耐えられるというものですよ。

私なんか、仕事に関しては「自分でも出来そうだと思ったから(小学生並の感想)」以上の熱意はありませんよ。今も「他にやることないから(ハナホジ)」とか、その程度の動機しかありません。

私のように世の中ナメた人材がニート層に多いことからしても、失敗経験を持つ第二新卒層は「君だけのオリジナルストーリー」を持つ人材であることは間違いありません。

コンプレックス・トラウマを持つ者は…強い

仕事では「コンプレックス」「トラウマ」「PTSD」みたいなものは、まれによく抱えるものです。

とくに、最近の若者は歴代の日本人でもメンタル最弱説までありますが、それは気にする必要なし。

失敗して挫折を味わわなければ、メンタルは強くなりませんから。

以下の記事などは、仕事や人生で失敗して無能感こじらせた奴の特徴を紹介していますが、誰もが身に覚えのあることばかりでは?

関連:【情けない…】仕事で無能感をこじらせた奴にありがちなこと。軟弱者の実態がコレだっ!

…が、実はあの徳川家康も若い頃は武田の騎馬隊にビビって逃げ恥晒してうんこ漏らした挙げ句、悔しい顔をわざわざ描かせて末代まで残す始末。

つまり、意外なまでに多くの人間は死にたいぐらいの失態を晒しまくってるんですよ。

でも、それを笑われたくないから隠す人間が多いってだけの話、ね。

世の中「悪く思われるのが恥ずかしいから、自分の失敗は隠したい」みたいな企業や大人が多いですが、日本では「恥の文化」があるので、失敗したらやっぱり恥ずかしいんですよね。

誰もが小学生高学年まで「実はおねしょしてました…」みたいな恥ずかしい過去があるのと一緒です。

ていうか、日大のラグビーコーチみたいに、自分が不利になると部下に責任押し付けて逃げ出す器のない権力者も多いぐらいですからね、今のJAPAN。

そういう「失敗や挫折は隠せ!」「自分の非は他人に押し付けろ!」みたいな風潮の中、自分の非を認めて次につなげられる人材は強いに決まっています。

第二新卒層の若者は、その境地に達する資格を既に得ているんです。

第二新卒は前職を辞めた反省をフルに活かせる

大した失敗経験もない既卒・フリーター層と比べれば、第二新卒のアドバンテージは揺るぎないものです。

前職を辞めた経緯をフルに活用できるのは、第二新卒のみの特権。

「人生勝ち組コースww底辺乙www」と慢心しまくってる新卒エリートコースの野郎どもの勝ち誇った顔を想像してみてくださいよ。

大した失敗も挫折も経験しないで、人生勝ち組コースと慢心して、大企業に飼い慣らされて死ぬなんて、死んでもゴメンだと思いませんか?

ほら、あのSNSだかブログだかで「これだから最近のゆとりは…」「新卒逃したら人生負け組一直線」だの、エラソーに自分の地位に酔いしれている奴。

あれが「自分が人生勝ち組と慢心して、下を見下している連中」ね。

一方で、第二新卒はすでに敗北の味を知ってしまった人間です。

ああいう奴らに「は?新卒入社した会社辞めたけど、今はお前らより人生充実しまくってるわwwウソ乙ww会社辞めたことない奴って視野狭すぎだなww」と見返してやりたくないですか?

これが「反省をフルに活かす」ということです。

動機は不純かもしれないですが、少なからず「自分は新卒入社した会社辞めたから、もう負け組だ…」と暗い気持ちで居続けるよりは、マシというものですよ。

諦めない限り、勝機は必ずあるんです。

「なぜ、辞めたのか?」を徹底的に突き詰めよう!

ですが、上の話はあくまで「本音」の話。

現実では面接パスするために、しょうもねえ「建前」見つけ出さないといけませんからね。

ですので、第二新卒層の方が「前の職場の失敗を次に活かす」ためには「なぜ、辞めたのか?」を徹底的に突き詰めておく必要があります。

ここを間違うと、犯罪経歴隠すようにおどおどしている人材としてしか、見てもらえません。

ですので、まずは「なぜ?」を突き詰めるのが必須。

正直に「前の職場から逃げてしまった、情けない自分」を直視しましょう。

たとえば「マスターキートン」という漫画で、考古学を学ぶキートン先生が「自分の妄想癖に嫌気がさしたから」などと言って軍隊に入隊して才能を発揮した話があります。

あれと同じで「別に大してやりたい仕事でもないけど、やってみたら才能や適性があって仕事が増えたから困る」みたいなケースも、世の中には意外なほどにあります。

現実で言えば、営業職で新規飛び込みに疲れて辞めたのであれば「私は一人一人の顧客を大切に出来る、ルート営業にこそ活路を見い出したい」など「物は言い様」ってヤツですね。

また、世間では口に出すことさえご法度とされている、以下のような理由も立派な動機になり得ます。

・口に出すのもはばかられる、ぶっちゃけた退職理由

  • 上司がマジで死んで欲しいレベルでクソだったから(殺意)
  • 自分の方が経営者より才能があると思ったから(傲慢)
  • 自分の妄想癖に嫌気がさしたから(理想と現実のギャップ)
  • 仕事がイージー過ぎて、もっと難しい仕事がしたかったから(傲慢)
  • 「なんか、気に食わない」(直感)

良識ぶった社会人とか、意識高い系ビジネス本とか、こういう本音出したらダメみたいに書いてますけど、本来人間は感情で動く生き物です。

クソみてえな不純な動機であっても、前に進めないよりは全然マシ。

世の中には、振られた腹いせに敵民族滅ぼすために出世した奴とかもいますからね。

そもそも本心では「御社の発展に貢献したい」とか「仕事で成果を上げてメキメキ成長したい」とか、そういう感情が微塵もない人が「働くための、とってつけたような建前」とか真面目に考えるだけ無駄なんです。

自分の中にない感情など、どう足掻いても表現できないのですから。

…まあ、何が言いたいのかというと「前の職場を辞めた理由さえしっかり反省しておけば、次の仕事に就く理由とかなんでもいい」ということです。

「前の職場がクソ」を巧妙に言い換えるだけの面接アピールです

ぶっちゃけて言うんですが「第二新卒の面接の志望動機とか、なんでもOK」です。

なぜなら、仕事とか実際に始めてみないと適性とか長く働けるかなんて、わかるわけがないからです。

企業の人事側が「なんであんなクソ人材採用したの?」と非を責められないために安心感得たいがために、面接なんて茶番があるわけです。

んで、第二新卒の場合「前の職場を辞めた挫折経験が活きる」みたいな偏見で見られているそうなので、そこに訴えかける面接トークをかませばOK。

たとえば以下のような自己アピール。

「上司の性格がキツくて辞めたのですが、今思えば自分にも我慢体制がなかったと感じてます。もしかしたら自分のことを思いやって指導してくれていたのかもしれません。私にも落ち度はありました。次からは上司がキツイ性格であっても、しっかりと向き合って仕事に励む覚悟です」

上のような、3秒で思いつくような理由がウケるそうです。

もちろん、本心で「前の職場の上司が絶対的に悪い!」という気持ちがあると感情がこもらないのでダメですが、ちょっとでも「自分も悪かったな…」という意識があれば、自分なりの言葉にすることも出来るはずです。

…まあ、面接とかいう真面目ぶった態度で建前並べるクソ茶番については、プロから素直に指導受けておけばOKなので、しっかりするべきところはしっかりしておきましょう。

関連:面接が怖いニートが絶対に失敗しないためのマニュアル。面接に行きたくないなら読んでおこう。

「スーツ姿とかダセえ!」「面接でペラペラ建前しゃべるのアホくさい」みたいな気持ちはわかりますが、基本をしっかりしておくだけで「お、こいつ社会人になる気あるんやな」と思われるのであれば、これほどチョロいものもありません。

面接官も腹の底では「地雷人材とったら自分が文句言われるから…」みたいにプルプル震えているので(そこまで考えていない場合も…)、結局は「模範解答言えて、身なりもしっかりしているか?」みたいな減点方式になるんですけどね。

仮に読者の方で「いや、まさか社会がそんなに適当なわけねえだろ…」「もっと真面目にやらんとダメでしょ…」と思っているのであれば、一つだけいいことを教えてあげます。

こんなクソサイトでも、多数の人材サービス会社の広告を掲載しているんですよ?

つまりは、そういうことです。

多少人格に問題があろうが、口が汚かろうが、やるべきところでしっかりしておけば仕事なんかどうにかなるということです。

まとめ:第二新卒なら「前の職場よりもマシな職場」を探そう!

第二新卒層の方は、とにもかくにも「前の職場よりもマシ」という考え方で次の仕事を見つけ出すことがポイントです。

…ていうか、最近はクソみたいな条件の仕事が多すぎて「どっちのクソがマシか?」という状態になっているので、判断基準として「前よりマシ」がある第二新卒層は断然転職先探しに有利だとも言えます。

これが現実見えてない頭お花畑なニートですと「年収500万以上!超絶クリエイティブな仕事!自宅から出なくていい!」とか言い出すから、もはや手に負えない。

そして、第二新卒の最大の強みは「前の職場を辞めた経験を、フルに活かせる」というところ。

今回紹介したような方法を使えば、アピール方法も広がるはずです。

第二新卒の方で仕事選びに迷っている方は、ぜひとも己の失敗や挫折経験を糧に、次の仕事につなげるために柔軟な考え方をしてみてください。

第二新卒が転職で失敗したくないなら就職支援サービスの利用がオススメ

この記事はいかがでしたか?

もし読者が第二新卒の方で、転職に失敗したくないと考えているのであれば、就職支援サービスのご活用をオススメいたします。

就職支援サービスは転職エージェントと違って、事前の面談・カウンセリングに時間をかけてくれるので、より利用者目線に沿ったアドバイスと求人の提案に期待できます。

ニート訴求

とくにオススメの就職支援サービスは、以下の3社です。

オススメNo.1!

いい就職ドットコム

→解説記事はこちら

  • 中堅企業の紹介多め
  • 正社員求人限定
  • ブラック企業徹底排除
  • サイト登録式で求人情報閲覧可能
  • カウンセリング(電話可)などのサポートが充実
  • 創業者に既卒経験ありで利用者目線
  • 2001年からの長い運営実績のある老舗
効率NO.1!

ハタクティブ

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 書類選考なしで面接可能
  • 全国に面談拠点あり
  • 電話面談・Skype面談対応
  • 契約・派遣社員の求人あり
DYM就職

→解説記事はこちら

  • 効率重視、登録1分で完了
  • 全国に面談拠点あり
  • 最短1週間の内定実績あり
  • 中堅~ベンチャー企業多め
  • 一部、上場企業の求人も

これらの就職支援サービスは、無料で登録できて就職先が決まるまで丁寧にサポートしてくれます。

なぜ、無料なのか?

理由は単純で「企業側がお金を払ってでも、将来性のある若者を採用したい」と考えているからです。

人材会社の運営する就職支援サービスでは、人件費に余裕のある企業ばかりなので、ブラック企業はなく、働きやすい企業と出会える確率がグッと高くなります。

また、利用者にすぐ辞められたら就職支援サービス側の信用にも関わるので、対応が丁寧で、決して強引な勧誘や無理な就職を押しつけてくることはありません。

途中で利用をやめることもできるので「思ってたのと違う…」「いい仕事を紹介してもらえない…」と思った場合も安心です。

とくにこれらの就職支援サービスは「既卒・第二新卒・フリーター・ニート」といった、レールから外れた人向けのサポートを行っているサービスで、読者と同じような悩みを持つ人を数多くサポートしてきた実績もあります。

さらに就職支援サービスは効率面も重視しているので、履歴書作成の手間がかからず、すぐに面接に行き着くことも多いので、就職活動で余計な手間をかける時間も省けます。

もちろん、面談のアドバイスもしっかりと行ってくれるので、安心して利用できますよ。

無料でここまでサポートしてくれると「怪しい…」と思う方もいるでしょう。

しかし、日本は若手が不足していて、それだけ「お金と時間をかけてでも、しっかりと若い人材を採用したい」と思っている企業が多いということです。

これらのサービスをしっかり活用しておけば、今まで1人で抱え込んで悩んでいたことがバカバカしくなるほどスムーズに就職・転職先が決まりますので、ぜひ登録だけでも済ませておいてください。

※現在は景気がよく買い手市場で非常に内定がもらいやすく、紹介してもらえる求人も多いので、早めの行動をオススメします。

その他の就職支援サービス

日本では20代の若手人材が不足しているため、上の3社以外にもきめ細やかな対応に期待できる就職支援サービスが登場しております。

以下に紹介する就職支援サービスは人を選ぶ反面、自分に合ったものを使えば意外な天職にも出会えるチャンスですので、気になる方はチェックしてみてください。

ウズキャリ

20代の若手でとくにIT・WEB業界に興味があるなら「ウズキャリ」がオススメ。

ウズキャリの特徴は、ざっと以下の通り。

ウズキャリの特徴

  • 社長がニート・フリーター経験ありのため、利用者目線に沿った運営方針
  • IT・WEB系の紹介に強い
  • 面談に平均20時間もかけるほど対応が丁寧
  • 若手中心のベンチャー企業のため、20代目線に近いサポートに期待できる
  • 「ウズカレ」という研修講座を受けた上での就職も可能

良くも悪くも「若手中心のITベンチャー」という会社なので、気になった方は使っておくといいでしょう。

※当サイトの読者限定で、ウズキャリ様より「Amazonギフト券2,000円分」のキャンペーンの案内を頂いております。利用される方はぜひご活用ください。

Amazonギフト券獲得の流れ

  1. 会員登録をする
  2. 本人確認の電話の際に【キャンペーンコード「uz20」】伝えていただく
  3. 面談後、3週間以内にAmazonカードをメールにて送付

JAIC(ジェイック)

20代向けの就職支援サービスとして根強い実績を持つのが「JAIC(ジェイック)」です。

JAIC(ジェイック)の特徴

  • 正社員の紹介限定(他業者だと契約・派遣がある場合も)
  • 研修・講座でビジネスマナーなどを徹底指導してくれる
  • 全国展開
  • 地方から東京までの交通費と宿泊費を全額支給

ウズキャリとは対照的で、古風な体育会系の就職支援という感じです。

また、JAICの場合は「研修や講座でみっちり社会人の心構えを作った上で、就職先を紹介」という方針ですので、効率面はやや劣ります。

社会人としての心構えや基礎をしっかり身につけた上で、腰を据えて働ける会社を探したい方であれば、使っておきたいサービスです。

就職Shop

あのリクルートの手がける既卒・第二新卒向けの就職支援サービスが「就職Shop」です。

就職Shopの特徴

  • 求人数最多
  • 人柄重視の小さめの企業の紹介多数
  • ただし、拠点での面談参加は必須

リクルートらしく、圧倒的求人量はあるものの、面談参加重視な点で、やや効率性には欠ける印象。

GEEK JOB(ギークジョブ)

東京近郊在住の方で、未経験からIT・WEB業界のプログラマー・エンジニアを目指したい方は「GEEK JOB」がオススメ。

GEEK JOBの特徴

  • 20代なら無料で本格的なプログラミング研修が学べる
  • IT・WEB業界で働くために必要なコミュニケーションスキルも学べる
  • ただし、東京都内の拠点に通う必要あり

GEEK JOBは、プログラミング研修を学んで本格的にプログラマー・エンジニアを目指したい方なら、非常に向いているサービスだと言えます。

もちろん、最初は無料で体験講座を受けてから、長期間の研修を受けるかどうか判断することも可能ですので、気になる方はぜひ参加してみてください。

TokyoDive(トーキョーダイブ)

東京への上京就職を考えている方なら「TokyoDive」もオススメ。

TokyoDiveの特徴

  • 地方在住でも、東京都内の仕事を紹介してもらえる
  • 東京の住まいを無償で提供してもらえる
  • ただし、派遣社員の紹介も多め

TokyoDiveの魅力はなんと言っても「東京の住まいも無償で提供してもらえる」という点にあり、上京就職を考えている方にとっては非常に心強いサービスだと言えます。

ただし、難点は派遣社員の紹介もあるところで、東京都内で正社員として長く働ける職場を探たい方にはやや不向きかも。

逆に「派遣社員でもOK」という方であれば、TokyoDiveは非常に魅力的です。

地方住まいの方でも、まずは電話面談と履歴書送付からでもサポートを受けられますので、興味のある方は使っておくといいでしょう。

東京みらいクルー

こちらも東京での就職・転職を考えている人にオススメの「東京みらいクルー」。

東京みらいクルーの特徴

  • 東京都内の正社員求人を中心に紹介してもらえる
  • 東京の不動産物件も同時に紹介してくれる

TokyoDiveはかなり緩めの感じのサービスですが、東京みらいクルーは正社員求人中止なので誠実な印象が強めです。

欠点としては、まだ運営期間が短く、知名度が低いところ。

そのため、あまり具体的な信用できる口コミ・評判も出回っていない点には注意。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職系Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

現実の転職はクソ、これからはVR世界での転職の時代

これが新時代の転職活動だ!!!!

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。