サラリーマンはダサい!安定志向の大企業・公務員がクソつまらない人間ばかりになる驚きの仕組みとは?

大企業勤めってダサいですよね。

今どき、日本では大企業勤めのサラリーマンですら安定しないのに、安易に「大企業行っておけば間違いない!」という感じで、つまらない人生を歩んじゃう新卒生が多くて笑っちゃいます。

あえて言いましょう。

大企業勤めは、もっとも平凡で退屈な人生の選択肢です。

私も大企業勤めの友人がたくさんいますが、口を開けば仕事の愚痴ばっかり、名刺と肩書きがなければ話せないようなつまらない人間ばっかりですw

「こいつ会社の肩書きないとしゃべれんのか?」という人ばっかりで「うわあ、大企業勤めの人間ってつまんなw」と内心で見下してますからね。

つまらない人間になりたくなければ、大企業勤めは20代のうちにやめましょう。

スポンサーリンク

日本の大企業は時代遅れの大人しかいない!

日本の大企業には、時代遅れの大人ばかりしかいません。

日本の大企業の提供するサービスや商品を見ていればわかりますが、時代遅れで魅力のないモノばかりですからね。

未だに化石を売っている感覚で、仕事している原始人ばっかりです。

つまらない人間が経営する、つまらない会社に勤める、つまらない会社員が創り出す商品やサービスが、つまらない時代遅れなものになるのは当然です。

また、実際私は大企業勤めの方と仕事で関わることもありますが、これまたつまらない人間ばっかりで呆れますね。

営業トークからビジネスマナーまで、何もかもテンプレ安定志向の人ばかりで「ああ、こいつ仕事つまらなそうにやってんなw」と、一緒に仕事したくなります。

大企業勤めは会社に寄生してるだけの中身なし!

大企業に勤めている人間は、会社に寄生しているだけの中身なしだらけです。

大企業勤めは自分のことを「すごい」「大企業勤めはステータスだ」と感じているのかもしれませんが、今どき大企業勤めであることを堂々と告白するなんて「私は時代遅れの人間だ」「私は会社の肩書きがなければ何もない人間だ」と言っちゃうようなもんですからねw

お前、会社の後ろ盾がなければ何も出来ないんじゃねえのw」と、内心では嘲笑ってます。

これは何も個人の感想ではなく、一般論としても当たり前のように思われていることです。

大手企業の「シャープ」が買収された際に、リストラされた社員の再就職が難航したことは話題になりましたよね。

いくら大企業勤めの人間でも、会社をクビにされれば、ただの無能な無職に落ちぶれる可能性は誰にでもあるのです。

企業の人事もバカではないので「私は東証一部の大企業に勤めていた!」なんてアピールだけでは、どこにも雇ってもらえませんからね。

大企業勤めのステータスなんて、その程度の価値ですw

現実を見ましょう。

大企業勤めはつまらない価値観の人が多い!

大企業勤めの人間は、つまらない価値観の人間が多いですよね。

「収入が安定しているから勝ち組だ!」
「東証一部、大企業勤め以外負け組。負け組がオレに嫉妬してるだけ」
「大企業勤めなら将来安泰!老後も安泰!」

中高年ならともかく、若い世代でも定年退職後の老人並の感性の人間ばっかりで、正直アクビが出ちゃうレベルですw

こんなつまらない価値観の人間が会社を経営して、商品やサービスを提供するから、日本の市場や技術はドンドン外資系に食われていくんです。

大企業勤めで若くして化石のような価値観になってしまうことは、人生においてはすさまじまでの損失です。

大企業に勤めてみても、収入と社会的地位以外は何も得られません。

人間的にもっと成長したければ、大企業勤めは早いうちに卒業しましょう。

大企業勤めはこの先生き残れない!

大企業勤めは、この先どんどん生きるのが苦しい世の中になっていきます。

今どき、大企業でブラック勤務・過労死は当然ながら、中高年になって「将来安定だ!」と確信した瞬間、リストラにあって無職のおじさんになってしまうリスクも高くなっていますからね。

そもそも、大企業勤めの大半が「ウチの会社はクソだ」「ウチの会社はセンスねえなあ…」なんてわかりきった上で、嫌々しょうがなく働いているレベルの社員ばかりですから。

そんなつまらない人間ばかりが集まっている会社が、つまらない企業になって、経営が傾くのは当然の成り行きなのです。

大企業は若いうちに卒業しよう!

つまらない大人になりたくなければ、大企業は出来るだけ若いうちに卒業しましょう。

大企業に勤めておけば、つまらない人間になる代わりに安定した収入や地位が与えられますが、それも今は安定しなくなってきていますからねw

日本の経済を支えている自動車業界ですら、世界の電気カーシェア率や人工知能車の普及によっては、数十年後は安泰とは言い切れなくなっています。

まあ、今どきの若者で「大企業に勤めておけば、将来安泰だ!」と寝ぼけているバカはそう多くはないはずでしょうが、もし少しでも「このまま大企業勤めでいれば大丈夫でしょw」なんて油断しているなら、一度本気で転職を考えてみるといいですよ。

もし転職活動を通して「ウチの会社は安定している」「今の会社で頑張るべきだ」と知れれば、本当の意味であなたは大企業勤めに向いていることもわかりますからね。

大企業からもっと挑戦できる会社に転職するならエージェントに相談しておこう!

ダサい大企業勤めを辞めるなら、転職エージェントでプロのキャリアアドバイザーに相談してみるといいですよ。

なんだかんだで「大企業勤め」というのは、若いうちなら結構なステータスになるので、転職先は選び放題と言ってもいいです。

もし今より高みを目指せたり、働きがいのある転職先が見つかれば、果敢に挑戦したほうが、経験値もより多く得られることでしょう。

このまま、大企業勤めを続けていても、つまらない中高年になってつまらない人生を歩む未来しか待っていません。

将来、40代近くになって「オレは何やってんだ…」と後悔してしまわないためにも、20代のうちに大企業からの転職を真剣に考えてみましょう。

今どき、転職を考えたこともない大企業勤めとか、終わってますからねw

自分の可能性を知るためにも、一度転職エージェントでしっかりプロの話を聞いてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました