大卒フリーターがマジでヤバイと思った話。甘い考えではこの先生きのこれないぞ

「大学卒業したけど、フリーター」

そういう人は、決して少なくはないと思います。

今の日本では「大学に通うことなんて当たり前」ですので、それ自体は珍しくもありません。

だいたい、大学は「勉強しに行く場」ですので、一定数就活に失敗してしまう人が出てくることは、致し方ありません。

ある側面から見れば「時代に合っていない・キャリア教育をしない教育機関も悪い」とも言えるのですから。

その証拠に「高学歴ニート」「高学歴ワーキングプア」「ポスドク」など、学歴があってもいい仕事にありつけない人も、多数存在します。

…が「社会のせいだ!」「教育のせいだ!」と叫んでみても、自分を変えることは出来ません。

自分を変えるためには、一にも二にも”行動あるのみ”です。

と言っても、おそらく大卒フリーターの方は「そんなことはわかってても、どうすればいいかわからない…」とお悩みのはずです。

というわけで、この記事では大卒フリーターがヤバイ理由と、その状況から抜け出す方法をご紹介していきます。

大卒フリーターがヤバイ理由とは?

私自身のフリーター経験も鑑みて、大卒フリーターがヤバイ理由は以下の通り。

  • 学歴・知識・教養が一切活かせない仕事が多い
  • キャリア・スキルが身につかない
  • 周りがフリーターだらけなので意識が低くなる
  • 世間からナメられがち
  • 給料が上がりにくい
  • 社会的信用が低い
  • 恋愛・結婚に格差が生じる

以下の項目にて、個別に詳しく解説していきます。

学歴や知識・教養が一切活かせない仕事が多い

大卒フリーターがヤバイ理由は、フリーターは「誰でも出来る仕事」ばかりですので、学歴や知識・教養がまったく活かせないところにあります。

これが原因で「せっかくいい大学出たのに、フリーターなんてもったいない」などとも言われるのです。

よく「勉強なんて役に立たない!」なんて言いますが、日本の教育というのはよく出来ていて「社会に出れば、気づかぬうちに役に立つ」ものばかりなのです。

それが大卒フリーターはどうでしょうか。

いい大学を高い学費払って卒業していると言うのに、フリーターなんていうしょぼい環境に甘んじて、満足していしまっているのです。

何が言いたいのかと言うと「やれば出来るのに、挑戦さえしないのが”大卒フリーター”の正体」ということ。

まさに「宝の持ち腐れ」ってヤツ。

宝の持ち腐れ

宝の持ち腐れとは、役に立つものや、すぐれた才能を持っていながら、それを活用しなかったり、発揮せずにいることのたとえ。

出典:宝の持ち腐れ-故事ことわざ辞典

フリーターではキャリア・スキルが身につかない

大卒フリーターがヤバイのは、フリーターとして働くだけではキャリアやスキルが身につかないからです。

今の時代、日本の会社は社員教育する余裕がないので、フリーターみたいな非正規社員は「自分で努力や勉強しない奴は、知らん」という態度で扱ってきます。

そこに気づけないと、いつまで経ってもフリーターレベルの仕事から抜け出せません。

芥川賞受賞作品の「コンビニ人間」にて、そこに気づかないままフリーターとして独身の40代を迎えたおばさんの末路が、面白おかしく描かれていますが、これはフリーター経験者からすればまったく笑えない話です。

もちろん、フリーターしながら転職活動を行い、勉強したり資格取得に励んだり、あるいは起業のために努力していれば、得るものはあります。

しかし、コンビニ人間の主人公のように「漠然とフリーターとして仕事し続けるだけの人生」を送っていると、気づいたときには取り返しのつかない事態になってしまう時代なのです。

周りがフリーターだらけで意識が低くなる

大卒フリーターがヤバイ理由は、周りがフリーターだらけで意識が低くなるということです。

関連:意識の低い人と職場の特徴5つ。意識の低い職場で働くデメリットとは?

正直、いい大学を出ている30代~40代ぐらいの人で「なんで、この人正社員目指さないんだろ…?」と感じる方も、私がフリーター時代に結構関わりました。

別にその人は能力が低いわけでもなく、人格に致命的な問題があるわけではありません。

むしろ「いい人」ばかりでした。

じゃあ、そういう人の何が悪いかと言うと「意識が低い=成長する意志や向上心がない」ということです。

大人になると「人の良さ」だけでは、やっていけないのです。

これは、レベルの高い環境で働いてみなければ、実感できません。

普通の大卒正社員は、レベルの高い先輩や上司や取引先と切磋琢磨しながら、日々自分の価値を高めています。

その結果、キャリアや経歴も評価され転職先も選び放題、人間力も上がって人としての徳も上がり、さらには社会的評価も上がり、収入も上がっていきます。

一方で、大卒フリーターは人間力も大して上がらないし、給料も低いままで、30代ぐらいになっても「学生気分で学生レベルの仕事をしている人」だと他人に思われるようになるのです。

…もちろん、そうじゃないフリーターの人もいますが、世間はそういう厳しい目でフリーターのことを判断してくるのが、残酷なまでの現実です。

世間からナメられがち

大卒フリーターがヤバイ理由は、世間からナメられまくりだという点にあります。

大卒フリーターが世間からナメられている具体例

  • 正社員の連中から内心見下されていて、だんだん付き合いに誘ってもらえなくなる
  • 雇っている会社にもナメられているので、給料も待遇も上がらないまま
  • 親戚や家族からも、厄介者扱いされるようになる
  • 異性からも「え?その歳でフリーターなの?」と偏見で見られやすい
  • 生活レベルも上がらないままなので、見た目や趣味レベルも低いまま

言い換えるのであれば「世間体が悪くなる」とも言えますね。

仮に大卒フリーターでも、副業して正社員以上に稼いでおけば「勝手に言わせておけ。自分の方が稼いでいる!」と余裕を持てますが、そうでなけば、嫌でも世間体はつきまといます。

もし仮にあなたが「世間体なんて、一切気にならない」と思うほどメンタルが図太いのであれば、一生フリーターでも幸せに生きられるかもしれませんが、そうでなけば年をとる毎に「もっと若いうちに行動しておけばよかった…」などと後悔するハメになります。

なぜなら、転職は年齢を重ねる毎に不利になるため、貴重な若い期間にフリーターなんて甘えた生き方をしていると、再起不能になるからです。

以下に20代の転職情報をまとめていますが、本当に「20代のうちに行動しておかないと、ヤバイ」ということが見えてくるはずです。

関連:【決定版】20代の転職事情まとめ。自分に合った転職情報が見つからない人は読んでおこう!

給料が上がりにくい

大卒フリーターは、なんと言っても「給料が上がりにくい」という点が、非常にヤバイです。

とくに目先の利益しか気にしない「フリーターの方が正社員より稼げるじゃん!」と思っている人は、大卒でも頭悪すぎてヤバイです。

具体的には「求人票に書かれている給料額」しか見ていない人。

そういう人は、大卒時点の初任給だけで見て「フリーターの方が稼げるじゃん!」と錯覚しやすいのです。

しかし、正社員は年々給料が上がっていく上に、年2回のボーナスで100万円ほど支給されるので、早ければ25歳前後で年収が逆転します。

東洋経済誌の「四季報(業界地図)」のデータを見ればわかりますが、以下のように年収は年齢が上がるに連れて上昇していくのですが、大卒レベルの知能があれば、こういった事実や統計データの読み方はわかりますよね。

画像出典:「会社四季報」業界地図2019

また、生涯年収で考えてみれば、その差は歴然です。

以下の、フリーターの生涯年収を見てみてください。

画像・データ出典:ハタラクティブ(人材会社)

高卒で正社員になった人ですら生涯年収は2億円を越えていますが、フリーターは1億円を越えることはできません。

そして、今や少子高齢化で年金支給も危うい時代ですので、老後の生活がどうなるかと言えば、みすぼらしく「若い頃にもっと努力しておけばよかった…」と後悔しながら、政治に文句垂れるだけの人生しか待っていません。

社会的信用が低い

大卒フリーターは、当然ながら社会的信用が低いです。

ここで言う信用とは「この人は悪いことをしないから安心だ」とかそういう学生レベルの話ではなく、もっと社会的な「この人は今までこれまでの社会的責任を負ってきた実績がある」という意味での信用です。

社会的信用が低いと、以下のようなデメリットを被ります。

  • ローンの融資を受けにくい(とくにマイホーム・学費ローンなど)
  • クレジットカードが作れない(作れるとしても一部のしょぼいカードのみ)
  • 他人に仕事を頼んでも肩書きがないので見向きもされない(フリーランスとして独立もしにくい)
  • 転職活動で不利になる(能力・スキル以上に、信用が得られない)

こういった社会の実態を知らずに「自分はまだ若いからなんとかなる!」「自分は何にでもなれる!」「オレはまだ本気出していないだけ」と慢心していると、30代ぐらいからは取り返しのつかないことになります。

実際、若手未経験者向けの「既卒・第二新卒・フリーター向けの就職支援サービス」でも、30代以降は対象外となりやすく、30代以降でまともな経験がない人間は社会的に信用されにくいことがわかってきます。

そういう人は、よほどの努力家か運がなければ、消去法で非正規社員を選ぶ未来しか待っていません。

恋愛・結婚に格差が生じる

大卒フリーターは、恋愛や結婚において、格差に巻き込まれやすくくなります。

恋愛だけならともかく、結婚を前提に考えると「フリーターの低収入・不安定さ・信用のなさ」が、嫌でも障壁となってきます。

実際、世の中「女は男を金とステータスでしか見ていない」です。

また、女性であればフリーターで居続けると、そもそも高収入・社会的ステータスのある男性との出会いに恵まれず、低収入の男性の中から相手を選ばざるを得ません。

関連:女性フリーターは早いうちに絶対就職しておいた方がいい理由。20代のうちならまだ間に合う可能性大!

「ロミオとジュリエット」でも格差間の愛が叫ばれていましたが、現実はもっと残酷なのです。

そういう意味でも、フリーターという環境に甘え続けることは、オススメできません。

大卒フリーターは若いうちに正社員にならないとヤバイ

以上のように、フリーターとしての生活を続けていると歳を重ねるに連れて、正社員との”差”を実感する機会が多くなってきます。

仮に読者のあなたが「自分は一生フリーターで食いつないでやる!」「何歳までも安い賃金で働き続けてやる!」という覚悟でフリーターという生き方を選んでいるのであれば、私は止めません。

しかし「なんとなく正社員になるのが嫌だから…」とか「やりたいことや夢が見つからないから…」とか、その程度の理由でフリーターという生き方を選んでいるのでしたら、今すぐにでも行動しないと、マジでヤバイです。

※やりたいことが見つからない方へ

「やりたいことが見つからない…」「夢や目標がない…」なんていうのは当たり前で、そういう人ほど正社員になって方が、色々悩まずに楽です。詳しくは以下の記事で。

関連:だまされるな!「やりたいことを仕事に」「好きな事を仕事に」「夢を叶えよう」というのは信じないほうがいい

もっと具体的に言うと「フリーターのままじゃ、ダメだ…」と悩んでいる、あなたのことです。

なぜかと言うと、世間や一般的な社会人は、フリーターに対して「今まで何してきたの?」と厳しい偏見を持っているからです。

これは本当に転職活動を実際に行ってみて、世間と関わってみないと実感できません。

「今まで何やってきたの?」
「フリーターとして遊んできたんでしょう?」
「フリーターの仕事なんて誰でも出来るしなあ…」

…など、フリーターを経験したことがない正社員様が、何度も何度も偏見でフリーターの生き方を否定してきます。

そこで心折れて就職・転職を挫折してしまい、フリーター地獄から抜け出せない人も、かなり多いです。

ですので、私は「フリーターのままじゃダメだ!」と思っている方には、今すぐにでも行動していただければ…と願っております。

フリーター・ニート(既卒・第二新卒)

本気で就職・転職したい方必見!

最近では若手不足に伴い、フリーター・既卒・第二新卒・大学中退者向けの就職支援サービスが充実してきています。

ハローワークと違い、民間企業がビジネスでやっているサービスなのでサポートの質や内定率が高く、就職・転職後のアフターフォローもバッチリです。

就職支援サービスで受けられるサポート内容の例

  • 面談の指導や模擬練習
  • ビジネスマナー・身だしなみなどの基本講座
  • 履歴書・職務経歴書なしで直接応募可能
  • 事前に推薦状を書いてもらえるので面談に自信がなくてもOK
  • 内定後のアフターフォローもしっかりしてくれるので安心
  • 無料なので納得できる求人がなければいつでも利用をやめてOK

これらのサービスは最初から最後まで無料で受けられるので、就職や転職でお悩みの方は登録して使っておくといいでしょう。

「なぜ?無料なの?」と不安な方もいるかもしれませんが、それは紹介先企業が費用を負担しているからで、それだけ人材採用の経費をかけている優良企業が多いということです。

また、よく「就職や転職を急かされそうで怖い」「強引に勧誘されたらどうしよう…」「説教されたら嫌だなあ…」と不安の方もいるでしょうが、そういった人材を無理に企業に紹介してもすぐ辞められては困るため、事前の面談やカウンセリング、さらに企業との面接もじっくり時間をかけてくれる業者がほとんどです。

なぜかと言うと、既卒・第二新卒層向けの就職支援はビジネスとしてはあまり効率がよくない一方で「長く働ける人材が欲しい」「ポテンシャルのある人をじっくり育てたい」という会社からは需要があり、時間をかけた方が結果として利益や満足度につながるからです。

ですので、まずは気軽に相談するつもりで、利用してみてください。

とくに、当サイトでオススメしたい優良な就職支援サービスは以下の3つです。

就職ShopオススメNo.1…大手リクルートグループ運営のため信頼性バツグン。求人数が圧倒的に多い。人柄・人間性重視の会社の紹介が多い。→「就職Shop」の解説はこちら

ウズキャリオススメNo.2…第二新卒の経歴を持つ社長が運営する、ベンチャー系人材サービス。面談に平均20時間をかけるほど、対応の丁寧さに力を入れている。→「ウズキャリ」の解説はこちら

DYM就職オススメNo.3…全国展開している就職支援サービス。最短1週間で就職先が決まることもあるので、早く正社員になりたい方にはオススメ。→「DYM就職」の解説はこちら

就職・転職支援サービスの登録方法と使い方のコツ

紹介した就職支援サービスは、職務経歴書の記入が不要なので登録1分で終わります

ただし、登録するだけで終わっては、優良企業を紹介してもらえない可能性も大きいです。

なぜなら、登録後にまったく返信をしない人が多いため、業者側も登録者のモチベーションを試しているからです。

ですので、既に登録段階で選考が始まっているぐらいに考えておくといいでしょう。

具体的には、以下のポイントに気をつけておけば、しっかりとサポートしてもらいやすくなりますよ。

  • 登録後の返信メール・電話対応をしっかりしておく
  • 担当者から直接連絡が届くので、すぐに返信をしておく(平日中に返答すると相手も対応してくれやすい)
  • 面談や説明会の紹介があったら積極的に参加しておく(服装指定がなければ私服でも可)
  • どうしても面談に参加できない場合は、代わりに参加できそうな日を伝えておく
  • わからないことがあったら、メールの担当者や公式サイトの問い合わせから聞いてみることも大事

以上のことはビジネスでは当たり前のことですが、意外と出来ていない方も多いです。

しかし、上のような”基本”が出来るだけで一歩リード出来ますので、就職・転職に意欲がある方はしっかりとしておきましょう。

このサイトの情報を参考に、一人でも多くの読者が就職・転職のきっかけにしていただければ、うれしい限りです。

その他の人材サービス

その他にも、20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに向けた人材サービスが、多数登場しています。

JAIC(ジェイック)…既卒・第二新卒向けの、営業職特化の就職支援サービス。研修が厳しいことで有名だが、その分、社会人としての心構えやビジネスマナーが身につく。→「JAIC」の解説記事はこちら

ハタラクティブ…都内近郊の求人に強みを持つ、既卒・第二新卒向けの人材サービス。中卒者など、対応してくれる範囲が広いところが強み。→「ハタラクティブ」の解説記事はこちら

TokyoDive無料で東京都内の住まいを無償提供してくれる上に仕事を紹介してくれるサービス。20代の若者から30代前半までがサポート対象。→「TokyoDive」の解説記事はこちら

東京みらいクルー東京都内の求人と都内の不動産物件を紹介してくれるサービス。TokyoDiveと違い、住まいは自費負担。→「東京みらいクルー」の解説記事はこちら

テンプスタッフ…全国展開の国内最大手の人材派遣会社。派遣社員に興味があるなら、使っておこう。→「テンプスタッフ」の解説記事はこちら

JOBNET(マンパワーグループ)…アメリカ発の派遣会社。こちらも全国展開。英語系のキャリア支援に強みを持つ。→「JOBNET(マンパワーグループ)」の解説記事はこちら

色んな方の悩みや需要に応えられるサービスも多いので、気になるものがあったら解説記事を参考にしてみて、ぜひ利用を検討してみてください。

関連コンテンツ